Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  P「汝は人狼なりや」春香「ですよ!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
人狼SSでこんなにドキドキしたのは久しぶりです。描写や説明も丁寧なので、
人狼って聞いたことあるけどプレイしたこと無いという人や熟練者までバッチリ楽しめる良作乙!


1: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 14:09:48.46 ID:iaYfW3yOO

軽く前置き

・アイマスキャラが「汝は人狼なりや」というゲームをするSSです

・今回、都合により美希、あずさ、律子は不参加です

・ルール説明がありますので、人狼を知らない人でもなんくるないです

・みんな初心者です

・安価はありません

・その他質問などあればいつでもどうぞ






2: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 14:11:01.13 ID:iaYfW3yOO

春香「汝は人狼なりや、ですか?」

P「そ。俺も何度かやったことあるんだけどさ、なかなか奥が深くて面白いゲームだぞ」

千早「それで、何故今からそれを?」

真美「たしかレッスンの予定だったよね? 真美的には面白そーだから嬉しいんだけどさ」

P「レッスンだぞ、これも。演技力レッスン」

真美「レッスンならちかたないね」

千早「レッスンなら納得です」

やよい「それじゃあ早速、やりましょー!!」

響「おーーーー!!!」

伊織「……で、ルールは?」

P「ああ、今から説明する」





3: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 14:12:52.74 ID:qNzJ4RON0

P「舞台はとある一つの村。仮に765村としよう」

P「765村には普通の村人たちに紛れて、『人狼』っていう人の姿を模した狼が何匹か潜んでいる」

P「このゲームはその『人狼』陣営と『村人』陣営に分かれて行われるんだ」

千早「いわゆるチーム戦、ということでしょうか」

P「そうなるな。それぞれに勝利条件があって、それを満たしたチームの勝ちになる」

P「人狼側の勝利条件は、『村の乗っ取り』。村人の人数が人狼の人数と同じかそれ以下になれば勝ちとなる」

P「村人側の勝利条件は、『人狼の殲滅』。全ての人狼がいなくなれば勝ちとなる」

春香「えっとつまり、人狼は村人を、村人は人狼を頑張って減らしていけば良いんですね」

亜美「……どーやって?」

P「夜に行われる『襲撃』と昼に行われる『処刑』だ」

P「人狼側は毎晩村人の一人を選び、噛み殺す。これが襲撃」

P「そして村では昼に全員で議論をし、投票によって疑わしい一人を殺す。これが処刑」

P「村人はいかに人狼を見抜き処刑できるか。人狼はいかに村人を欺き処刑を免れるか。それがこのゲームの鍵となる」

伊織「なんか物騒ね……アイドルがやるゲームなの?」

雪歩「ちょ、ちょっと怖いですぅ」

P「まぁ、これもレッスンだ。精神力レッスン」

伊織「レッスンならしょうがないわね」

雪歩「うう、レッスンということなら……」

P「とりあえず大まかな流れはだいたいこんな感じだ。次に役職について説明する」

やよい(ちんぷんかんぷん……)

伊織(って顔してるわね、やよい)





4: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 14:16:07.91 ID:qNzJ4RON0

P「役職はゲームを始める際それぞれにランダムに割り当てられるもので、プレイヤーはその役職に応じたプレイングが求められる」

P「最初に誰がどの役職を引くかで、ゲームの流れの8割が決まると言っても過言ではない」

やよい「なるほど……やくしょくがじゅうようなんですね!」

響「うん、ヤクソクを守るのは大切だよね! 自分分かるぞ!」

真「二人ともすごいなぁ。ボク、もう混乱してきたよ」ハハハ

千早(この三人でもちゃんと出来るゲームなのかしら……最悪高槻さんだけでも私がフォローしないと)

P「えー……それじゃ、村人陣営の役職から順に説明していくぞ」


P「まずは『村人』。何の特殊能力も持たない、普通の村人だ。でもだからこそ推理に集中できるってのもあるし、優秀な村人は村人陣営の要にもなる」

春香「普通が一番ですよね、プロデューサーさん!」


P「次に『占い師』。毎晩生存者の中から誰か一人を占って、『人狼』か『それ以外』かを知ることが出来る。超重要役職だ」

P「占い結果は、人狼じゃない場合全て『村人』として扱われる。別に役職を知ることが出来る能力ってわけじゃないからな」

亜美「チョー重要役職……うん、亜美にピッタリだね!」


P「次に『霊能者』。毎晩、その日に処刑した人物が『人狼』だったかどうかを知ることが出来る」

貴音「霊界に通ずる者。なんとも、面妖な役職ですね」


P「そして『狩人』。毎晩誰か一人を選び、人狼の襲撃から守ることができる。自分は守れないから、あまり目立たないようにするのがポイントだ」

真「狩人かぁ。かっこよくて良い感じですね!」


P「とりあえず以上だ。本当はもっと色んな役職があるんだが、今は俺も合わせて11人しかいないし、こんなもんでいいだろ」

伊織「美希は爆睡してるし、あずさは道に迷って今富士山にいるらしいし、律子は事務仕事で忙しいものね」

P「ああ。ま、今回は最初だから慣れるためにもシンプルな方がいいしちょうどいい」

P「それじゃ続いて人狼陣営の方を説明する。といっても二つだけだけどな」





5: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 14:19:24.69 ID:qNzJ4RON0

P「一つ目は『人狼』。毎晩襲撃により人を一人殺せる、このゲームのメイン的な存在だ」

P「人狼は仲間の人狼が誰かを知ることが出来て、夜、襲撃前に人狼同士で会話をすることが出来る」

P「つまり作戦を練ることが出来るわけだ。誰を襲撃するかとか、誰が占い師を騙るかとか、な」

真美「占い師をカタール? うあうあ~、そんなイタリアンな言葉使われても分かんないよ~!」

P「騙るってのは……簡単に言うと、自分の立場を偽るってことだ」

P「人狼であることを隠して占い師を演じる。そうすることでゲームを有利に進める作戦ってやつだな」

P「このゲーム、占い師は本来一人しかいないはずだが、自称占い師は何人も出てきたりするわけだ。村人はその真偽を見極めなければならない」

千早「なるほど……そういうゲームなのね」

P「ああ。もちろん占い師以外にも、霊能者や狩人を騙ることも出来る。だから自称特殊役職持ちが出てきても盲信は危険、ってことだな」


P「二つ目は『狂人』。こいつは人狼陣営なんだが、村人なんだ」

響「……? つまりは、どういうこと?」

P「勝利条件は人狼チームと同じだが、勝利条件以外は普通の村人と同じってこと。誰が人狼かは分からないし、占われても村人と判定される」

P「人狼側も誰が狂人かは知らないから、うっかり襲撃されないよう人狼だけにうまく自分が狂人だと気付かせるのが理想的だ」

P「村人の立場から人狼を勝利に導く、とても難しい役回りだぞ」

伊織「へぇ、やり甲斐ありそうじゃない」

雪歩(私には無理そうかも……)

P「占い師を騙るのが一般的だが、自信があれば好きなプレイングをすればいい」


P「以上、六つの役職で行う。11人だから、村人5人、人狼2人、占い師1人、霊能者1人、狂人1人、狩人1人ってとこだな」

P「後はそうだな……とりあえずそろそろ移動するか」

伊織「移動?」

P「ああ」


P「専用の、レッスン場にな」





6: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 14:23:07.57 ID:qNzJ4RON0

~人狼専用ルーム~


P「ここがレッスン場だ!」

やよい「わぁー! 広いですー!」

春香「真ん中に円卓みたいなのがある! あそこでやるのかな?」

千早「その奥には電話ボックスほどの大きさの個室が20ほど。やけに凝ってるわね」

P「昼の会議はその円卓で、夜の行動はそれぞれの個室で行うことになる。すごいだろ?」

亜美「うんうん、メッチャわくわくしてきたよー! まだルールほとんど分かってないけど」

真美「ねぇ兄ちゃん~、もう説明とか聞くの疲れたし、とりあえずやってみよーよ!」

P「えっ、んー……そうだな。色々覚えるにはまずやってみるのが一番の近道だし」

P「じゃ、早速やってみるか。夜の人狼の襲撃からゲームはスタートするから、まずはそれぞれ自分の名前のプレートがかかった個室に入ってくれ」

P「既に役職は割り当てられていて、個室内にあるモニターに自分の役職が表示されてるはずだから、あとはモニターの指示に沿って行動してくれ」

春香「あの個室一つ一つにモニターがあるんですか?」

P「ああ。で、モニターに『2日目の朝になりました。プロデューサーが無惨な姿で発見されました』みたいなのが表示されたら出てきてくれ。その後はまた軽く説明する」

伊織「あ、アンタはそういう役なのね」

P「ゲームマスター兼初日犠牲者だ。プレイヤーが一度も議論せず終わるのは可哀想だからな」

P「ちなみに一日目の夜だけは狩人も護衛はできない。襲撃対象が俺に固定されてるからな」

千早「事件が起きるまでは狩人も普通に過ごしてるってことかしら」

P「そういうことだな。じゃ、前置きは終わり。ゲームを始めよう」

亜美「よーっし! 一番乗りもらったー!」ダダダ

真美「あっずるい! 真美もー!」ダダダ

高槻「えと……こ、個室に入れば良いんですね!」スタスタ

伊織(大丈夫かしら)スタスタ


スタスタスタ・・・

ガチャッ



P「……みんな入ったな」


P「よおぉぉぉぉし!! レッスンと称してアイドルたちと人狼することに成功!! 楽しむぞおおおおおおおお!!!!!」





7: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 14:24:55.13 ID:qNzJ4RON0

~春香の個室~


春香「どれどれモニターは……っと、あった」


   あなたの役職は
   “ 村 人 ”
     です
            』

春香「うん、そんな気はしてた」

春香「村人ってことは今は何もしなくていいってことだよね。人狼だったら今頃会話とかしてるのかな?」

春香「この部屋完全防音みたいだし、なんか静かで退屈かも」

春香「あ、モニターの右下に時間が表示されてる。朝がくるまで三分くらいあるみたい」

春香「三分かー。何して待ってようかなー」

春香「……歌っちゃおっかな」キョロキョロ

春香「……」

春香「追いかけて♪ 逃げるふりーをして♪」

―――――――――――――――



春香「ドラマ~が~始まる~~ぅ♪」

春香「ふぅ……あっ、画面変わった」



   二日目の朝になりました。
    “ プロデューサー ”
  が無惨な姿で発見されました。
                』

春香「プロデューサーさぁぁぁぁぁぁん!!!!!!!!」

春香「なんで死んじまったんだよぉぉぉぉぉぉ!!!!!」


春香「…………」

春香「さて、行こ」ガチャ





8: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 14:26:50.58 ID:qNzJ4RON0

~円卓~

P「みんなお帰り。どうだった?個室」

伊織「やけに狭かったけど、椅子もあったしまぁ許容範囲ね」

雪歩「私はあの部屋、好きでしたよ。すごく落ち着けました」

亜美「モニター以外なーんもなくてつまんなかったよ~」

真美「ねぇ兄ちゃん、あれタッチパネル対応っぽいし、ゲームとか付けちゃおうよ~」

P「無茶言うなよ。ウチの所有物じゃないんだし」

真美「えー」

真「プロデューサー、この後はたしか、誰を処刑するかの議論をするんでしたっけ?」

P「ああ。ここからは五分間の議論タイムだ」

P「占い師や霊能者は自分の役職を公表しても良いし、人狼や狂人は自分たちが有利になるようどんどん嘘をついていい」

P「役職とかをカミングアウトする時は出来れば『CO』って表現をしてくれ。表現は統一したいからな」

春香「シーオー、ですか?」

P「ああ。カミングアウトの略で、例えば占い師が占い結果を発表する場合」

P「占いCO! 高槻さんは人狼だったわ!(裏声)」

P「みたいな感じで」ハハハ

やよい「わっ、私人狼じゃないですー!」

響「やよいは人狼じゃないぞ!」

伊織「やよいが人狼なわけないじゃない!」

千早「プロデューサー、ふざけてるんですか」

P「い、いや、例えばの話だ。完全にランダムだし、やよいにも人狼になる可能性があるってことだよ」

P(この子らこわい)

貴音「……それで、初日犠牲者であるプロデューサーの役職は、どのようになっているのですか?」

P「あ、うん、そうそう。本来は占い師や霊能者などが初日犠牲者になってしまうこともあることもあるが……今回は分かりやすくするため村人で固定だ」

P「よって今からやる議論開始時点では、どの役職の人間も必ず存在することになる。それを公表するかどうかは別としてな」

貴音「なるほど……ありがとうございます」

P「議論中はゲームマスターである俺は一切口を出さないから、お前たちだけで存分に疑い合って、好きなように話し合ってくれ」

P「議論が終了したら、また個室に戻って投票タイム。最も多くの票が集まった者が処刑されることになる」

P「……議論に関してはこんなもんか。誰か、質問とかあるか?」

「………………」

P「……良さそうだな」

P「以後、俺は義務的なアナウンスしかしないからな。ルール説明はこれで終わり。翌日からは、朝になったらすぐ議論に移ってもらう」

P「それじゃあ、始めてくれ!」パンッ





9: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 14:28:16.67 ID:qNzJ4RON0

~二日目、昼~


   議 論 開 始 !



春香「じゃ、えっと……どうしよっか?」

伊織「とりあえず占い師は名乗り出た方が良いわよね? 現時点で、唯一情報を持ってる役職なんだし」

真「でも、すぐ名乗り出ちゃって大丈夫なの? 人狼に狙われちゃうんじゃ」

伊織「狩人がいるでしょ。そいつが守れば良いのよ」

千早「それもそうね。それに狩人が守っているかもしれないと思わせるだけで、人狼も手を出しにくいでしょうし」

伊織「そういうこと。……ってことで」


伊織「占いCO! やよいは村人よ!」


真「!」

響「おおっ」

亜美「いおりんが……」

真美「占い師ぃ!?」

亜美「……なーんか似合わないね、真美」ヒソヒソ

真美「うんうん、『占いなんてバカバカしいわ。自分の道は自分で切り開くものなのよ!』とか言ってそーなのにね」ヒソヒソ

伊織「聞こえてるわよ。地味に似てて腹立つわねそのモノマネ」

伊織「占った理由は、念のためよ。万が一やよいが人狼だとしたら、普通に処刑なんて出来るわけないし、村の負け確定だもの」

伊織「でもそうじゃなくて良かったわ。もしかしたら狂人かもしれないけど……処刑する必要はないわね。にひひっ」

やよい「伊織ちゃん、ありがとう! えっと……」


やよい「村人COです!」ドヤッ


伊織「それ、言わなくていいから」

やよい「へ?」





10: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 14:30:42.85 ID:iaYfW3yOO

真「ちょ、ちょちょちょっと待ったぁー!」

雪歩「真ちゃん、どうかしたの?」

真「伊織、占い師って言ったよね?」

伊織「ええ。この私が765村の最重要役職についてあげたんだから、喜びなさい♪」

真「そ……」


真「それは違うよ!!」



真「占いCO! 春香は村人だったよ!」



春香「!」

響「ええっ!?」

やよい「え、えと……どういうことでしょう?」

雪歩「真ちゃんが本物の占い師ってことじゃないかな?」

伊織「本物は私よ」

千早「真と水瀬さん、どちらかは偽者……ってことになるわね」


真「占った理由は大したことじゃないんだけど……人狼が似合いそうなのは誰かなーって考えたら、この中では春香が一番しっくりきたんだよね」

真「結果は村人だったけどそれはそれでしっくりくる不思議。とにかく、ボクが本物の占い師だからね!」


伊織「へ~え、良い度胸じゃないの」

伊織「この私という真占い師を前にして、騙りにくるなんてね!」

真「そっちこそ偽者だろ! ボクが真だ!」

真美「うーん、どっちが真なのかな?」

貴音「伊織と真、どちらが真か……真、難しきことです」





11: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 14:32:05.75 ID:qNzJ4RON0

響「……! ねぇねぇ、これ伊織と真、どっちかは偽者なんだよね?」

響「だったら両方処刑しちゃえば良いんじゃないか? 順番に! そしたら人狼陣営が確実に一人減るんだし!」

響「うんうん、これは完璧な作戦さー!」

伊織「それはないわね」

真美「うん、ありえないっしょ→」

響「えっなんで?」

伊織「それで人狼を処刑できるならまだしも、私の予想では真は狂人よ。プロデューサーも狂人は占い師を騙るのが一般的って言ってたでしょ?」

伊織「占い師は村陣営の要。人狼側は占い師がいなくなることを一番望んでるわけだし、そう簡単に失うわけにはいかないのよ」

伊織「ま、私としては真だけなら処刑しちゃっても構わないけどね」

真「良くないよ! ボクが本物なんだから!」

千早「まぁ……もし占い師が本物と狂人の組み合わせだったら、両方処刑なんてそれこそ狂人の思う壺でしょうね」

千早「占い師を減らせるだけじゃなく、人狼を死なせずに貴重な処刑回数を二回も使わせられるんだから」

響「なるほど……じゃあダメだな。ごめんみんな、無駄に時間使わせちゃって」

真美「……とか言っちゃって」

真美「本当はそれも計算ずくなんじゃないの?」チラッ

響「へっ?」

真美「会議をエビカツに進めさせないための、人狼の作戦なんでしょ? 真美にはわかんだかんね!」

響「じっ、自分は人狼じゃないぞ!」

真美「必死で否定するところがますます怪しい! これはもう確定っぽいよー! 大人しくオキナワにつけー!」

響「違うってばー! 信じてよ~!」

春香「うーん……でも響ちゃんなら本気で村のためと思って言っててもおかしくないからなぁ」

伊織「微妙なところね。占い師を消したい人狼目線にも見えるけど……あと真美、エビカツじゃなくて円滑、オキナワじゃなくてお縄ね」

貴音「響も怪しいですが……真美が処刑先を誘導しているようにも見えますね」

雪歩「たしかに、ここまで強く言ってると……」

真美「うええっ!?」





12: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 14:34:18.49 ID:qNzJ4RON0

亜美「真美もひびきんも……っていうかみんな怪しく見えてきたよ~!」

雪歩「誰が味方か分からないなんて、怖いゲームだよね」

やよい「うう、誰かは人狼なんですよね……?」

春香「とりあえず、今日の投票は占い師以外の好きなところに入れればいいのかな?」

千早「そうね。占い師と……あと春香と高槻さんの少なくともどちらかは人間で確定だし、この二人も候補から外すべきね」

貴音「つまり処刑候補は亜美、真美、雪歩、千早、響、私……の六人でしょうか」

亜美「誰に投票しよっかなー」

伊織「狩人は誰を守るか、よーく考えなさいよ。私か真、信じられる方を選びなさい」

真「ボクが本物だからね! 狩人の人も、そこんとこ忘れないようにね!」

春香(怪しいところ……うーん……)

雪歩「……あっ」


P「ここまで。部屋に戻って投票してくれ。処刑後はまた夜時間になるから、それぞれの行動をしてもらう」

P「言い忘れてたが誰が誰に投票したかは全員に公開されるから、それも意識するようにな」

P「議論時間だけが勝負じゃない。全ての時間が結果に繋がってくると思え」





13: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 14:36:06.64 ID:qNzJ4RON0

~春香の個室~

春香「うーん……」

春香「名前がずらーーっと並んでるね。で、この中から処刑したい人を選んでタッチしろ、と」

春香「うう、難しいなぁ。響にしようかと思ってたんだけど……うーん」

春香「雪歩にしようかな。そんなに強い意見を出してない人ほど逆に怪しいっていうか」

春香「最後に『あっ』とか言ってたのも何かあざといなぁ。言い残したことがありますよーって思わせて投票を逃れようとしてる狼の策略っぽい」

春香「うん、雪歩にしよう。違ってたらごめん!」スッ

春香「…………」

春香「あ、全員投票終わったみたい」



  天海春香(0) →萩原雪歩
  如月千早(0) →四条貴音
  菊地真(0)  →我那覇響
  萩原雪歩(2) →双海真美
  水瀬伊織(0) →萩原雪歩
  高槻やよい(0)→双海真美
  我那覇響(3) →双海真美
  四条貴音(1) →双海真美
  双海亜美(0) →我那覇響
  双海真美(4) →我那覇響

     投票の結果
    “ 双海真美 ”
    が処刑されました
              』


春香「マミった」





15: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 14:37:28.84 ID:iaYfW3yOO

春香「この名前の後の括弧の中身が投票された数なのかな。私だけじゃなくて、伊織も雪歩に入れたみたいだね」

春香「で、ここからまた三分の夜時間か。長いなぁ……」

春香「…………」

春香「いや、長くないか」

春香「さっきとは状況が違うもんね。昼の議論で誰が何を言ったか……今、誰が誰に投票したか……色々考えないと」

春香「村人の推理が重要なんだもんね、うん。私がこの765村を導かなくっちゃ!」

春香「えーと投票結果は……千早ちゃんだけ貴音さんに入れてるね。なんでだろ? …………はっ!!」

春香「そうか、あずささんいないからこの中で一番、千早ちゃんにとって……」

春香「って、そんなわけないか。真美が怪しく見えたのもよく考えたら貴音さんの一言がきっかけだし、それが票の誘導に見えたとか、そんな感じかな」

春香「決定打にはならないけど、票を入れた理由に関しては私もあんまり人のこと言えないよね。まだまだ情報も足りないし、誰に入れてもおかしくないか」

春香「次は占い師について考えてみよっと」

春香「伊織か真だったらどっちかと言うと真の方が本物っぽいかなぁ。私を村人だって言ってくれたし」

春香「もちろんそれだけで決め付けはしないけど、もしそうだとすると伊織は人狼か狂人。だとしたらやよいは…………」


―――――――――――――――



春香「……あ、朝になったみたい」

春香「えーとどれどれ……」



   三日目の朝になりました。
     “ 天海春香 ”
  が無惨な姿で発見されました。
                』


春香「あ、天海春香さん、お疲れ様でーす」

春香「さーて、メインヒロインの名推理、炸裂ですよ、さく……」

春香「………………」




春香「……なぬ?」





22: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 17:44:56.24 ID:hxkTtX/X0

~三日目昼、円卓~


  議 論 開 始 !


やよい「おはようございまーっす! 朝でーす!」

響「春香が襲撃されたのかー。守られてなさそうなところ狙ったのかな?」

亜美「真美、お疲れ。亜美、真美の分まで頑張るよ!」

貴音「真美が処刑されましたか……人狼であれば良いのですが」

雪歩「うう、危なかった……もうちょっとで処刑されちゃうところでした」

亜美「そんじゃ、占い結果よろよろ~」



伊織「占いCO! 響は村人よ!!」
真「占いCO! 響は人狼だ!!」



響「!?」

亜美「おーっと、ダブルひびきん!」

千早「二人とも我那覇さん占いなのね」


伊織「占った理由は、昨日の発言。ただ単に響がバカなだけにも思えたんだけど、やっぱり村人目線には見えない提案だったから一応占ったわ」

伊織「結果は村人だったけど、狂人の可能性もあるかもね。だとしたら真は人狼……うーん、どうなのかしら」


真「ボクが占った理由もそんなところだよ。占い師を処刑したがるなんて人狼に違いないって思って占ったら的中! やーりぃ!」

真「ここで伊織がそんな占い結果を出してくるってことは、伊織も人狼なのかな? 響を庇おうったって無駄だからね」





23: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 18:06:33.95 ID:hxkTtX/X0

やよい「うう~、村人で人狼で……どっちなんですか響さん!」

響「自分は人狼じゃないぞ! ……ってことは真が偽者なんだね、うん」

真「往生際が悪いよ響! 諦めて今日は処刑されてよ!」

響「いや、そうはいかないさー。自分には処刑されるわけにはいかない理由があるからね!」

真「理由……?」

響「ふっふっふっ」


響「霊能COするさー!! 真美は人狼だったぞ!!」


真「!!」


雪歩「えっ!?」

貴音「なんと……響が霊能者、ですか?」

亜美「もしホントなら確かにまこちんは偽者ってことになりますなー」

真「違うって! ボクは本物だよ! みんな、人狼の響の言うことなんて信じちゃダメだよ!」

響「そっちこそ人狼でしょ! 人狼は真美と真、これに決まりさー!」

雪歩「あ、あのー」


真&響「「雪歩は黙ってて!」」


雪歩「……」


雪歩「黙らないっ!」

真&響「「!」」



雪歩「霊能CO! 真美ちゃんは村人でした!」





24: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 18:09:05.09 ID:hxkTtX/X0

響「え、雪歩が霊能者……? いやいやいや、違うでしょ! 霊能者は一人なんだぞ!」

雪歩「だ、だからそっちが偽者なんだよね響ちゃん」

真「そうそう。へへっ、雪歩はボクの味方みたいだね」

雪歩「うん、真ちゃん、頑張ろうね!」

雪歩「……ねぇみんな、やっぱりこれって昨日のうちに言った方が良かったのかな?」

雪歩「ごめんなさい、言いそびれちゃって……」

貴音「いえ、問題ありませんよ。結果を見ると危ういところでしたが、昨日の時点で雪歩が処刑される可能性は低かったように思われます」

貴音「それより、処刑される候補筆頭であった響が何故昨日名乗り出なかったのかの方が不思議ですね」

響「うう~……だって昨日はまだ誰も処刑してなかったし、霊能結果も出てなかったから言わなくてもおんなじだおんなじだって思って……」

響「伊織! 真が偽者ってことは、伊織は自分の味方だよね! 助けてよ~」

伊織「助けてって言われても、私視点アンタが本物って決まったわけじゃないからね」

響「え?」

伊織「アンタが狂人、真が人狼の可能性もあるってこと。雪歩がどうなのかは分からないけど」

伊織「私としても昨日の雪歩の最後の言い残しはあざといというか怪しいと思って投票したし、限りなく偽者に近いと思ってるわ」

伊織「それでもアンタが偽者の可能性もある以上、庇うつもりはないわ。助かりたいんなら、自分でなんとかしなさい」

響「うう……敵しかいないなんて、辛いぞ……でも、そうだね。頑張って自分が本物だって証明するさー!」

響「そうだ! 雪歩、昨日春香に票入れられてたよね?」

雪歩「えっ?」

響「分かったぞ! 雪歩は人狼で、春香に疑われててやばいと思ったから襲撃したんでしょ!」

雪歩「そ、そんなこと……」

響「怪しい……怪しいぞ! みんな、雪歩の方が自分より」

伊織「ま、どの道今日は響処刑で安定だと思うけどね」

響「え?」

貴音「異議なしです」

亜美「それしかないよね~」

響「えっ? えっ?」





25: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 18:10:39.85 ID:hxkTtX/X0

響「な、なんで? お願い、処刑しないで! なんでもするから!」

千早「……我那覇さんが本物の霊能者だとしても、もう仕事は終了しているのよ」

響「え?」

貴音「響、貴女は真美が人狼だと言いましたね。ならば残る人狼は一人」

貴音「その人物を処刑した時点で村人の勝利が決まるのですから、判断材料として霊能者の能力はもう必要ないのです」

響「あっ……そっか」

亜美「というわけで、じゃーねひびきん! 大丈夫、もし本物でもこの亜美が村を勝利に導いちゃうかんね!」

響「うう……仕事が終わっちゃってるんなら仕方ない、よね。みんな、後は任せたぞ!」

やよい「任せてください! 村人COです!」

千早「高槻さん頼もしい」

伊織「……」

響「最後に言うけど、本当に自分が本物だからね! 雪歩も後で絶対処刑してよ!」

響「絶対だぞ!」




P「そこまで!投票に移ってくれ」





26: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 18:12:37.20 ID:hxkTtX/X0


  如月千早(0) →我那覇響
  菊地真(0)  →我那覇響
  萩原雪歩(1) →我那覇響
  水瀬伊織(0) →我那覇響
  高槻やよい(0)→我那覇響
  我那覇響(7) →萩原雪歩
  四条貴音(0) →我那覇響
  双海亜美(0) →我那覇響

     投票の結果
    “ 我那覇響 ”
    が処刑されました
              』


――――――――――――――――――



人狼「……」

人狼「ここが……勝負所!」








   四日目の朝になりました。
     “ 菊地真 ”
  が無惨な姿で発見されました。
                 』





27: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 18:17:45.53 ID:hxkTtX/X0

~四日目昼、円卓~

  議 論 開 始 !


千早「みんなおはよう。これは……」

やよい「おはようございます! 真さんが本物だったんでしょうか?」

雪歩「真ちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!! うう、狩人は何をしてたんですか!」

雪歩「霊能COですぅ! 響ちゃんは人狼でした!」

亜美「まこちんがやられたか……奴は四天王の中でも最強」

亜美「マジやばい」

伊織「ちょっと……」


伊織「どういうことよ!!! これ!!!」


やよい「あ、伊織ちゃん偽者だったんですね! めっ、です!」

伊織「違うわよ! 成る程ね、そう思わせるための人狼の作戦ってわけ」

伊織「占い結果は亜美村人。でももうそんなの関係ないわ。私視点、もう全部分かっちゃったもの」

貴音「ええ、確かにそうなりますね」

亜美「くわしく」

伊織「これが人狼陣営の全てよ!」バン


人狼……真美、雪歩
狂人……真


伊織「真が襲撃されて人狼の線が消えて、雪歩も偽者だと分かった以上、この組み合わせしかあり得ないわ」

伊織「雪歩、狂人を犠牲にして自分を本物に見せようとするなんて、アンタにしては大胆じゃないの」

伊織「それともアンタのことだから、単に真を襲いたかっただけかしら?」

雪歩「そ、そんなことないもん! そりゃたしかに真ちゃんは襲いたいというかむしろ襲われる方がいいなっていうかなんというかあぅぅ」

雪歩「でも、ゲームにそういう私情は持ち込んだりしないから!」

貴音「雪歩、落ち着いて」

雪歩「あっ……す、すみません」

雪歩「えと……私と真ちゃんの視点も整理してみますね」

人狼……響、?(伊織?)
狂人……?(伊織?)

雪歩「うう、全然分かってなくてごめんなさい……」

千早「真から唯一村人判定されてる春香ももういないし……こっちの視点だと厳しいわね」

亜美「そいじゃ、今日の処刑はいおりんかゆきぴょん?」

伊織「私からで良いわよ、別に」

雪歩「えっ?」





29: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 18:26:58.36 ID:hxkTtX/X0

伊織「私は本物だし、今処刑されても終わるわけじゃない」

伊織「狂人ももういないし、後で雪歩を処刑してくれれば勝てるんだからそれでいいわ」

貴音「そうですね。雪歩の視点では、まだ人狼だけでなく狂人も生きていると考えられます」

貴音「今日雪歩が処刑されれば、明日の襲撃により残り4人になります。その中の2人が人狼陣営となると、村側は圧倒的に不利になるでしょう」

亜美「うーん、確かにどっち本物かはっきりしてないんなら、バランス考えるといおりん処刑した方がいいっぽいね」

亜美「終わらなかったとしても、どっち視点でも人狼一人と狂人一人いなくなることになるし、有利には違いないっしょ」

千早「そうね、今日は水瀬さんで」

千早「萩原さんを処刑するかどうかは、また明日考えることにしても間に合うわ」

雪歩「あぅぅ、出来れば処刑しないで欲しいんだけど……」

やよい「えーと、もし伊織ちゃんが人狼ならこれで勝ちですよねっ!」

伊織「終わらないわよ。雪歩を処刑するまでね」

伊織「私は十分仕事したわ。後は頑張んなさいよ! にひひっ」



P「ここまで。投票に移ってくれ」





30: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 18:30:26.40 ID:hxkTtX/X0


  如月千早(0) →水瀬伊織
  萩原雪歩(1) →水瀬伊織
  水瀬伊織(5) →萩原雪歩
  高槻やよい(0)→水瀬伊織
  四条貴音(0) →水瀬伊織
  双海亜美(0) →水瀬伊織

     投票の結果
    “ 水瀬伊織 ”
    が処刑されました
                  』


――――――――――――――――――



人狼「……」

???「……」




   四日目の朝になりました。
                  』




???「……よしっ」

人狼「!!」







   平和な朝を迎えました。
                  』





34: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 20:46:50.03 ID:hxkTtX/X0

~五日目昼、円卓~


  議 論 開 始 !


やよい「おはようございまーす! ……平和な朝、ですか?」

千早「狩人がやってくれたのね」

貴音「これは嬉しきことですね。少し余裕ができました」

雪歩「えっと……まだ終わってない時点で言わなくても分かると思いますけど、伊織ちゃんは村人でした」

雪歩「やっぱり狂人でしたね。これであとは人狼だけですぅ」

亜美「問題は人狼が誰かってことだよね。いおりんが本物ならゆきぴょんが人狼。これは良いとして」

亜美「もしゆきぴょんが本物なら、この四人のうち誰か全然分かんない……って感じだったけど」

亜美「フィフティーフィフティー! 答えは二つに絞られたっぽいよ!」

貴音「!」

やよい「??」

千早「ということは……」

亜美「んっふっふ~」





亜美「狩人CO! 昨日は千早お姉ちゃんを守ったよ!!」




亜美「つまり! これで襲撃を防げたってことは……千早お姉ちゃんは村人ってことであーる!!」


貴音「なんと」

やよい「亜美が狩人だったの!?」





35: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 20:50:18.77 ID:hxkTtX/X0

千早「亜美……ありがとう。これで私たち二人は確実に村人と言えるわね」

千早「一応聞くけれど、高槻さんと四条さんは狩人ではないわよね?」

やよい「村人COです!」キリッ

貴音「ええ、私も普通の村人です」

千早「そうよね。もし亜美が人狼なら、このタイミングで出てくるのは自殺行為」

千早「今は5人なのだから、後から本物が出てきたとして、二人とも処刑する余裕があるもの」

千早「つまりこの状況で出てこられるのは本物の狩人だけってことになるわ」

亜美「さっすが千早お姉ちゃん! 分かってくれて嬉しいよ~」

雪歩「えっと、亜美ちゃんと千早ちゃんが村人陣営確定ってことは……」


雪歩「やよいちゃんか四条さんが」

貴音「雪歩かやよいが」

やよい「雪歩さんか貴音さんが……」


雪歩&貴音&やよい「「「人狼……!」」」


亜美「三人のうち人狼は一人。処刑出来るチャンスは二回だし、結構イケるっぽいよね」

亜美「どーしよっか千早お姉ちゃん?」

千早「……亜美は、どうしたいの?」

亜美「亜美は……」

亜美「とりあえずゆきぴょんかな? 亜美、ずっといおりん本物っぽいと思って守ってたんだよね」

亜美「昨日は処刑したけど、やっぱりまだいおりん信じたいなーって思ってるんだ。まこちんより言ってることしっかりしてたし、どーかな?」

千早「そう……」

千早「分かったわ。今日は萩原さん処刑で」

雪歩「えっ!?」





36: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 20:53:02.85 ID:hxkTtX/X0

亜美「おっ、いいの?」

千早「ええ、私もそれが一番だと思っていたから」

雪歩「だ、ダメだよ! 私は本物の霊能者だし、私以外の二人を処刑すれば勝てるのに……」

雪歩「第一、響ちゃんが本物だって本当に思ってるの!?」

千早「……分からないわ。水瀬さんも我那覇さんも、信じられるかどうかなんて」

千早「だから今日貴女を処刑して、ハッキリさせるのよ」

雪歩「!」

千早「貴女を処刑してもゲームが続くなら、水瀬さんと我那覇さんは偽者で確定する。これは大きな判断材料になるわ」

千早「高槻さんと四条さんのどちらを処刑してもこの情報は得られないのよ。だから本当に霊能者だとしても、従ってくれないかしら」

千早「村のために、ね」

雪歩「そ……そういうことなら……」

亜美「う、うんうん。そゆこと。あ、亜美も全くおんなじケンカのイモトに考えてたよ、うん」

千早「それを言うなら見解のもとね、亜美」

千早「じゃあ、今日の処刑は萩原さんで。みんな票を合わせて」

やよい「わかりましたー!」

貴音「ええ、承知致しました」

亜美「おけおけー!」

亜美「……頑張ってね、千早お姉ちゃん」

亜美「もしこれで終わらなかったら千早お姉ちゃん的にメッチャ辛い展開になるっぽいけど、まぁなんとかなるよ!」

千早「……そうね」

千早「お疲れ、亜美」



P「時間だ。投票に移ってくれ」





38: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 21:00:39.22 ID:hxkTtX/X0


  如月千早(0) →萩原雪歩
  萩原雪歩(4) →四条貴音
  高槻やよい(0)→萩原雪歩
  四条貴音(0) →萩原雪歩
  双海亜美(0) →萩原雪歩

     投票の結果
    “ 萩原雪歩 ”
    が処刑されました
              』


――――――――――――――――――




千早(……終わらない)

千早(はぁ、やっぱりこうなるのね)

千早(高槻さんか四条さんが人狼で……相方は我那覇さん、狂人は水瀬さん)

千早(高槻さんか四条さんが…………高槻……さん…………)

千早(高槻さんが……人狼?)

千早(考えたくない、そんなの……うう……)

千早(ううっ……うううう…………)

千早(うっうー)

千早(ううー…………)



――――――――――――――――――



   四日目の朝になりました。
     “ 双海亜美 ”
  が無惨な姿で発見されました。
                』





39: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 21:02:57.85 ID:hxkTtX/X0

~六日目昼、円卓~


  議 論 開 始 !


千早「二人とも、おはよう」

千早「当然亜美が襲撃されるわよね……分かっていたけれど」

やよい「貴音さん! あなたが人狼だったんですね!」

貴音「やよい、どうやらそのついんてーるの中には獣の耳が隠れていたようですね」

千早「今日、二人は互いに票を入れると思うけれど……最後に決定するのは私」

千早「こんなにプレッシャーがかかる位置に残ってしまうなんて……くっ」

千早「でも、悩んでいても仕方ないわ。昨日考えてみたことを言っていくわね」

千早「まず四条さん。最初の議論で、さりげなく我那覇さんを庇ってたように見えました」

  貴音『響も怪しいですが……真美が処刑先を誘導しているようにも見えますね』

千早「我那覇さんが人狼と分かった今、やっぱりあれは仲間だから庇ったんじゃないかと思ってるのだけれど、どうかしら」

貴音「私は決して響を庇っていたわけではありませんよ。あの時点でも響を疑っていましたし、それでも真美の方が怪しいと感じたまでです」

貴音「その翌日以降は響を疑ってかかりましたし、私が人狼ならば仲間の響を陥れることはしないはずでは?」

  貴音『それより、処刑される候補筆頭であった響が何故昨日名乗り出なかったのかの方が不思議ですね』

千早「……たしかに、そうかもしれないですね」

やよい「でもでもっ、私が村人なんだから人狼は貴音さんしかいないはずなんですっ」

千早「……」

千早「一応昨日、高槻さんの発言も思い出してみたわ」

やよい「あ、はい! 私は人狼っぽいこと言ってないはずですよ!」

千早「たしかに、言ってなかったけれど……」


  やよい『村人COです!』ドヤッ
  やよい『え、えと……どういうことでしょう?』
  やよい『おはようございまーっす! 朝でーす!』
  やよい『任せてください! 村人COです!』
  やよい『村人COです!』キリッ


千早「ごめんなさい、こんな言い方したくないけれど」

千早「そもそも……」


千早「なかったの……なんというか、中身のある発言が」

やよい「えっ!」





40: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 21:04:58.29 ID:hxkTtX/X0

貴音「それは恐らく、人狼故にでしょうね。ボロを出さないように発言を抑えていたのでしょう」

やよい「うう~、ごめんなさい、難しくって、あんまり付いていけてなかったんです」

千早「高槻さんはかわいいからそれで良いと思うのだけれど、発言から判断出来ないとなると……ちょっと困ったわね」

貴音「千早、どうかその愛くるしい姿に惑わされないでください。やよいは人狼なのです」

千早「う……」

貴音「状況をよく分かっていない村人の振りをして、ここまで生き延びてきたのです」

貴音「やよいならではの作戦に、私たちはまんまと嵌ってしまっていたのですよ」

千早「……」

貴音「貴女がここまで生き残っているのも、貴女なら自分を処刑しないでくれるだろうと考えたからかもしれませんね」

貴音「私とやよいの二択に持ち込めば、自分を残してくれるだろうと……」

千早「……」

千早「…………!」

千早「そうね……現に私はどうしても高槻さん寄りに考えてしまっている。確信が持てない限り、高槻さんを処刑しないつもりでさえいた」

千早「高槻さんは純粋で可愛いから当然なのだけれど、私がそう考えていることも高槻さんは知っているはず」

貴音「そう、それが狙いなのでしょう」

千早「だったら……」

千早「なんで私を襲撃したのかしら……?」

貴音「……!」

千早「今のこの状況……私への襲撃を亜美が防いでくれたことで私が確定村人という立ち位置にいる」

千早「つまり人狼は私を狙っていた。人狼が高槻さんなら、味方するであろう私を狙うかしら?」

貴音「……ではやはり、あまり考えていなかったのでしょう。考えてみれば、やよいがそこまで計算高いとは思えませんし」

千早「ええ、そうでしょう。誰を襲撃したら自分にとって有利に動くか……そんなことを考えるのは、高槻さんには少し難しいのかもしれない」

千早「でも……貴女は違う。そうでしょう?」

貴音「え?」





41: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 21:06:29.77 ID:hxkTtX/X0

千早「四条さん、最初の投票、私が誰に入れたか覚えてますか?」

貴音「……私、ですね。自分が入れられたのですから、当然覚えております」

千早「正直に言うと、あの時はそこまであなたを疑っていたわけではありませんでした。なんとなく人狼っぽい、くらいの認識でしかなかったですし」

千早「でも……あなたから見れば、唯一票を入れてきた私は、あなたを疑っているという印象が強かったんじゃないですか?」

貴音「たしかに、そう感じた部分はあります。でもそれなら一番狙いやすい最初に襲撃すれば良かったのでは?」

千早「それだと露骨すぎるでしょう。あそこですぐに私を襲撃したら、あなたが怪しく見えてしまうかもしれませんし」

千早「だから少し遅れて私を襲撃し、結果防がれてしまった……違いますか?」

貴音「違います」

貴音「千早、よく考えてください。貴女の推測はそうであってほしいという希望でしかありません」

貴音「このゲームにおいて役職の割り当ては完全にランダム。やよいが人狼の可能性にも目を向けてください」

貴音「私を処刑すれば、私たちは負けてしまうのですよ?」

千早「……たしかに、負けるでしょうね」

千早「あなた達人狼チームが」

貴音「だからっ……!」

貴音「……千早、貴女が何故そこまで私を人狼と決め付けているのか、理解できません」

貴音「私は常に村のために発言してきました」

  貴音『その人物を処刑した時点で村人の勝利が決まるのですから、判断材料として霊能者の能力はもう必要ないのです』

  貴音『今日雪歩が処刑されれば、明日の襲撃により残り4人になります。その中の2人が人狼陣営となると、村側は圧倒的に不利になるでしょう』

貴音「人狼の響や、狂人の伊織の処刑を促すこともしてきました。人狼ならそんなことはしません」

貴音「千早、貴女は意地になっているだけなのではありませんか?」





42: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 21:09:05.28 ID:hxkTtX/X0

千早(確かに、意地になってしまっているだけかもしれない)

千早(だって私には、どうしても高槻さんが人狼には見えないから)

千早(でもこのまま四条さんに投票して仮に勝てても、納得してもらえないでしょうね)

千早(理由が、根拠が……薄すぎる)

千早(どうすれば……)

やよい「……」

やよい「あの、千早さん。もういいです。庇ってくれてありがとうございます」

千早「……え?」

やよい「やっぱり、自分で話さなきゃダメかなーって。私が村人だって一番知ってるのは私なんだもん」

やよい「だから……」

やよい「がんばって、自分で村人だってしょうめいしてみせます!!」

千早「高槻さん……!」

貴音「……」

千早(そうね……私が何を言っても仕方ないわ)

千早(これは高槻さんと四条さんの戦い。私はその流れに身を任せるだけ)

千早(この立場に必要な意識は中立。片方に肩入れするのは良くないし、私が高槻さんの代わりに弁解するのは良くないわね)

千早(それに私が話すことで、高槻さんがゲームに参加するのを妨げていたのかもしれない……ダメね、これじゃ)

千早(見守るわ、高槻さん。あなたの話に、ちゃんと耳を傾けないとね)

千早(高槻さん、がんばって!)

貴音「では、証明してみてください。貴女の全力をもって」

やよい「はいっ!!」



やよい「あの、私、最初に部屋に入ったらモニターがあって、わぁーってなったんですけど、モニター見てみたらあなたは村人ですって出てたんです」

やよい「それで私村人なんだって思って、大事な役じゃなくてほっとしました!部屋から出ても私は村人で、あ、伊織ちゃんも私のこと村人だって言ってくれたんですよ」

やよい「私嬉しくって、いぇい!って思いました!でも伊織ちゃんは偽者だったんです。伊織ちゃんは偽者でも私は偽者じゃないんですよ。村人なんです」

やよい「あとあと、夜の時間ってありますよね!あの時間に人狼は村人をしゅうげきするんですけど私はしませんでした。何故だと思いますか?村人だからです!」

やよい「みんながどんどん襲撃されちゃって、私も村人だからいつ襲撃されるかなーってちょっと怖かったんですけど、なんと、ここまで生き残ることができました!うっうー!」

やよい「えへへ、終わりでーす!」





43: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 21:10:30.33 ID:hxkTtX/X0

千早「…………」

貴音「…………」

やよい「? どうしました?」

千早「……」

千早「なるほど、理に適っている気がするわ」

貴音「気のせいかと」

貴音「千早、先入観を抜きにして考えてください。これまでの発言内容から、私とやよい、どちらが人狼なのか」

貴音「私が村人であるというあぴーるはもう済みました。後は千早の判断に身を任せるだけ」

貴音「これから投じられる貴女の一票は、村人陣営を代表する一票なのです。やよいが可愛いからなどという理由だけで、どうか決めないでください」

千早「……」

千早「これしか、ないみたいね……」

千早「ごめんなさい高槻さん」

やよい「へ?」

千早「今日の投票は、貴女に入れるわ」

やよい「え……」

やよい「えええええええっ!!!」

貴音「そう……それで良いのです」

やよい「そ、そんなぁ……」

やよい「うう……ごめんなさい、みんな……わたし…………」

千早「…………」




P「ここまで。部屋に戻って、最後の投票をしてくれ」





44: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 21:13:28.95 ID:hxkTtX/X0

貴音「……」スタスタ

貴音「……」ニヤッ



ガチャッ



千早「……」



ガチャッ



投票中……







  如月千早(0) →四条貴音
  高槻やよい(1)→四条貴音
  四条貴音(2) →高槻やよい



     投票の結果
    “ 四条貴音 ”
    が処刑されました
                    』



貴音「えっ」










   人狼の殲滅に成功しました


     村人の勝利です!
                   』





46: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 21:21:59.34 ID:hxkTtX/X0

P「終~了~~~!!!」


ガチャッ


千早「勝ったわよ、みんな!」グッ

春香「やったね千早ちゃん!」

やよい「うっうー! ありがとうございます!」

真「へへっ、やっぱり正義は勝つんだね!」

雪歩「楽しかったね真ちゃん」

亜美「いや~、これは亜美のおかげで勝てたみたいなもんっしょ! ね、真美」

真美「うんうん! モニターで見てたけど、チョーかっこよかったよ! 良いですなー狩人」

真美「……ま、次は真美もそれ以上に大活躍するけどね!」

亜美「んっふっふ~、じゃあ亜美はそれ以上に特大活躍しちゃうよ?」


伊織「……負けたわね」

響「負けたな……もうちょっとだったんだけど」

伊織「仕方ないわ。アンタも結構頑張ってたわよ」

響「本当? あっはははー! 自分、完璧だからな!」

伊織「完璧からは程遠かったけどね」

響「あう」ガクッ

伊織「それにしても狂人って難しいのね……あれで良かったのかしら」

P「良かったと思うぞ。信用されてたし、狩人の護衛を引き付けてたし、初めてでよくあそこまで出来たな」

伊織「そっ、そう? まっ、私なんだから当然よね! にひひっ」

真「うう、ボク偽者っぽかったかなぁ」

春香「私から見たら本物っぽかったよ、真」

雪歩「うん、私も信じてたよ」

真「春香、雪歩……ありがとう。よーし、次はもっと頑張るぞー!」

貴音「…………」





48: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 21:25:46.14 ID:hxkTtX/X0

貴音「千早……」

千早「! 四条さん」

貴音「あの……聞き間違えだったのでしょうか。やよいに投票すると言ったはずでは……」

P「ああ、そうだよな。貴音も頑張ってたし、俺も見てて人狼チームの勝ちかと思ったんだが……千早、なんでだ?」

千早「……最後の最後、高槻さんに投票すると言ったあとの二人の反応を見ていたんです」

千早「高槻さんは本当に村人らしい反応だったわ。心の底から村の皆に申し訳ないって顔をして……人狼にはあんな反応出来ないんじゃないかしら」

千早「高槻さん。最初はあなたはこのゲームに向いていないんじゃないかって思っていたけれど、そんなことはなかったわ」

千早「人を欺いたり蹴落としたりする能力はこのゲームで最も重要な要素なのかもしれない。でも、純粋に素直であることも、立派な強みになるんだと思う」

千早「あなたが最後まで素直だったから、それが私に伝わってきたから、私はあなたへの投票を考え直せたのよ」

やよい「えへへ……ありがとうございます、千早さん」

千早「そして四条さん。あなたはギリギリまでポーカーフェイスを保っていましたが…… 個室に入る直前、笑いましたね」

千早「してやったり、といった顔で。安堵からくる村人の笑顔には見えなかったので、投票したんです」

貴音「そんなところまで見られていたとは……油断しました」

千早「人は勝利を確信した瞬間に最も気が緩むもの。そこに賭けてみました」

千早「議論の時間だけが勝負ではない。プロデューサーも言っていましたよね」

P「あ、ああ……しかしまさかそんなところを見るとはな」

貴音「見事です、千早。私の完敗のようですね」

春香「千早ちゃんすごい……私が千早ちゃんの立場だったら多分……」

春香「やよいに投票するのはかわいそうだから普通に貴音さんに入れて勝ってたかな」

伊織「私もそうしたでしょうね」

響「自分でもそうしたかも」

真美「あれ? これ千早お姉ちゃんじゃなくても大体勝ててたっぽい?」

亜美「よっわ! お姫ちんよっわ!」

貴音「……やはりやよいを残したのが最大の失策だったのでしょうか」シュン

P(うんうん、何人か不安な子もいたが、みんなちゃんと人狼出来てるじゃないか)

P(これなら……)





49: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 21:29:13.18 ID:hxkTtX/X0

春香「プロデューサーさん、もう一回やりましょうよ、人狼!」

真美「そうだよ~! 真美とはるるん、すぐ終わっちゃったから物足んないよ~」

春香「そうそう! 霊界だっけ? モニターを通して見てるのも結構楽しかったけどね」

貴音「霊界……? なんですかそれは」

伊織「処刑や襲撃で死亡したプレイヤーは霊界ってとこに行った扱いになって、モニターで円卓の様子が見られるのよ」

響「ずっと個室の中だったけど、霊界にいるプレイヤーとは通話状態になってたからお喋りできて楽しかったぞ。貴音も次死ねば分かるさ!」

貴音「ふふ、次はそのような楽しみ方も良いかもしれませんね」

雪歩(死ぬのはちょっと……)

亜美「ってなわけで、兄ちゃん、次いってみよー!」

千早「プロデューサー、良かったらゲームマスター変わりましょうか? 大体は分かりましたし、プロデューサーも是非……」

P「あー……」

P「ごめん、時間だ。今日はもう終わり。このレッスン場、使える時間が限られてるんだ」

亜美「えー」

春香「そんなぁ」

P「まあまあ。また次の機会をお楽しみに、ってことで」

真「やりたかったなぁ、もう一回」

雪歩「残念ですぅ」

P(本当はレッスン場なんかじゃなく、単なる予約制のレジャー施設なんだけどな)

P(人狼をこのメンバーでやってみたくてついレッスンなんて嘘ついちゃったけど、みんな満足そうで何よりだ)

P(もののついでだ。本当にレッスンってことにして、ここの使用料金は経費で落としてもらおう。うん)

春香「……ねぇプロデューサーさん」

P「ん?」

春香「次にやる時は、美希たちも一緒にみんなでやりましょうね!」

春香「みんな揃って人狼ですよ、人狼!」

P「……ああ」

P「そうだな!」

P(人狼は、予想以上にアイドルたちに好評だった。このゲームは人数が増えるほど複雑になるが……この様子なら、問題ないだろう)

P(次は役職に妖狐や共有者が追加されることになるな。本格的な人狼はこれからだ)

P(楽しみだな……みんなで、人狼!)





50: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 21:33:56.43 ID:hxkTtX/X0

~765プロ~

P「というわけで、人狼をすることで演技力、精神力、トーク力、判断力、思考力などあらゆる面の成長が見込めるわけです」

P「つまりこれはレッスンなんですよ。経費で落ちますよね?」

社長「うーむ、そういうことなら……」

律子「騙されないでください社長。どう考えてもプロデューサーが楽しみたかっただけでしょうが」スタスタ

P「げっ律子」

社長「律子くん、いたのかね」

律子「話は聞いてましたよ? プロデューサー殿。貴重なレッスンの時間を使って、随分とお楽しみでしたねぇ?」

P「あ、あはは……や、やっぱりいいです社長。自腹でいいです、はい」

律子「で?」

P「……すみませんでした」

律子「それと?」

P「え? あーっと……もうこんなことしません」

律子「他には?」

P「えっ……」

律子「何か言い残したことは?」

P「」

律子「無いみたい、ですね」ニコッ

P「いっ……」

P「いやあああああああああああああああああああああっ!!!!!」






     数分後になりました

 プロデューサーが無惨な姿で発見されました




―――――――――――――――――――――





律子「……人狼、か」パッパッ

律子「プライベートでなら、いくらでも付き合うんですけどね」

律子「さぁて、仕事仕事っと」スタスタ




終わり





51:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/30(水) 21:38:21.97 ID:kFjuHaur0

おつおつ!

やっぱ人狼面白いなぁww





52: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 21:38:48.09 ID:hxkTtX/X0

終わりです
続編というか、本編?の方はまだあんまり考えてないのでいつになるか分かりませんが、いつか書き溜めてスレ立てようかと思います

一応これはこれで完結したつもりなんですが、おまけとかあった方が良いんですかね?
夜会話とか霊界とか





54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/30(水) 21:53:08.30 ID:kFjuHaur0

個人的にはおまけ書いてほしいですww

キャラの出番に偏りあったし…





55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/30(水) 22:05:27.19 ID:02UNs8oN0

人狼サイドと霊界は話がみたいね





56: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/07/30(水) 22:14:42.02 ID:hxkTtX/X0

じゃあおまけも軽く書きます
明日頑張る明日





59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/02(土) 16:50:22.63 ID:4nAlMwF00

おまけ


一日目、夜


~占い師~

真「えーと……あなたは占い師です……だって!?」

真「まいったなぁ。ボク頭使うゲーム苦手なのに、一番大事な役職についちゃったよ」

真「どうしよっかなぁ……わっ、占い対象を選択してくださいって」

真「え、どうやって……あ、タッチパネル式なんだ」ペタペタ

真「とりあえず雪歩……ああ違う、戻って……ああっ!?」

真「間違えて春香占っちゃった」

真「村人……へぇ……」

真「……」

真(占い師……なんて難しいんだ……!)



~狩人~

亜美「おっ狩人! よーし、全部守っちゃうよ!」

亜美「初日犠牲者は兄ちゃんだったよね」

亜美「……」

亜美「人狼に襲われる兄ちゃん。喉を掻っ切られ、足を引きずり逃げながら声にならない声で美少女狩人亜美に助けを求める。助けて亜美! 君だけが頼りだ!」

亜美「がしかぁし! 一方その頃亜美はサボっていた! チョー大人気ゲーム、アイドルマスターワンフォーオールに夢中になっていたのであーる!」

亜美「ガッシボカッ! 兄ちゃんは死んだ」

亜美「ごめんね兄ちゃん、マモレナカッタ……でもちかたないよね、アイドルマスターワンフォーオールが面白いのがいけないんだよ……」

亜美「完」

亜美「……冒頭のストーリーはこんなもんかな。んっふっふ~、我ながら上出来っぽいよ! ショーライ的には映画監督もイケるねこれは」

亜美「今頃みんな何してるかな。はるるんはどーせ村人で暇だから歌でも歌ってるとみた」

亜美「ドラマぁ~がぁ~はじまるぅ~~~~♪(REM@STER-A)」

亜美「みたいな(笑)」





60:酉忘れてた ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 16:52:34.24 ID:4nAlMwF00

~霊能者~

雪歩「霊能者……あんまり考えなくても良さそうだし、私みたいにダメダメでもなんとかなる、よね?」

雪歩「どうしよう、すぐに言った方が良いのかな? 私霊能者です! って」

雪歩「でもまだ誰も処刑してないし、何の情報も持ってないのに言っても意味ないよね……せめて次の日に」

雪歩「ああっ! でも私みたいに使えない人はすぐ処刑されちゃうかも……うう、だったらすぐに出た方が」

雪歩「いや、出たら出たですぐ狼さんにやられて終わりですぅ。狩人さんも私なんかより占い師の人守るだろうし……」

雪歩「ど、どうしよう……うう」



~狂人~

伊織「狂人、ね。ま、難しい役職らしいし、私以外には務まらないわよね」

伊織「シンプルに占い師を騙ってみようかしら。動きとしてはまずやよいに村人判定を出して……」

伊織「あとは議論しながら様子見て人狼っぽいところに村人判定出したりフォローしたりすれば良いのよね」

伊織「人狼には狂人だと気付かせて、狩人には本物と思い込ませる。これが出来たら完璧だけど……大丈夫かしら」

伊織「……大丈夫よね?」

伊織「大丈夫だよ伊織ちゃん(ウサ声)」

伊織「うんっ……!」





61: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 16:54:11.38 ID:4nAlMwF00

~人狼~

響「貴音がパートナーか。嬉しいぞ! 頑張ろうね!」

貴音「よろしくお願いします、響。私たちが人狼なのですね」

響「狼っぽくした方が良いのかな? わおーん!」

貴音「逆ですよ。狼っぽくない方が良いのです」

響「あ、そっか。任せといてよ! 自分、完璧だからな!」

貴音「ふふっ、頼りにしています。動きとしてはどうしましょうか?」

響「動き? んー……こんな感じ?」タタッ シュタッ

貴音「い、いえ、体の動きではなく、明日会議でどのように振る舞うかです」

響「も、もももちろん分かってたぞ! えーと……占い師、とかやればいいかな?」

貴音「そうですね。狂人が占い師に出ないようならばそうしましょう」

貴音「流石に狂人含めこちらの陣営が三人しかいない中で、占い師に二人も出るわけにはいきませんから」

響「なるほどー。じゃあ占い師が一人しかいなさそうだったら自分が騙ってみるね! やよいを村人って言っておけばいいかな?」

貴音「ええ、ではそのように」

響(やっぱり貴音、心強いぞ。これならきっとなんくるないさー!)

貴音(大丈夫なのでしょうか……)





62: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 16:56:05.40 ID:4nAlMwF00

二日目昼のあらすじ

伊織「私が占い師よ」
真「ボクが占い師だよ」
響「二人ともいらないんじゃん?」
千早「そうね我那覇さんなんて必要ない」
真美「だってひびきん人狼だもんげ!」
貴音「真美の誘導に見える」
雪歩「あっ」

真美処刑


二日目、夜


~占い師~

真「ボクが占い師……だよね、うん、やっぱり」

真「伊織のやつ、なんで偽者なのにあんな堂々としてるんだよ! 不安になっちゃったじゃないか!」

真「狩人、ちゃんとボク守ってくれるかなぁ。今日いきなり襲われちゃったらどうしよう」

真「とにかく、襲われたらその時はその時。今は占い師として結果を残さないと!」

真「響が怪しかったから占わないと。もう押し間違えないぞ……どうだっ!」タッチ

真「ふっ、タッチ成功。これくらいお手の物ってね! で、えーとなになに、我那覇響は……人狼です!? やーりぃ! 見つけた!」

真「ふー……これでなんとか仕事したことになるよね。あとは皆に信じてもらえるかどうか……」


~狩人~

亜美「真美隊員、君の死はムダにはしないよ……」

亜美「さて! ここからが亜美の護衛伝説の始まりだねっ!」

亜美「どっちが占い師っぽいかって言ったらやっぱいおりんかな。まこちんはなーんか後から便乗したっぽいし」

亜美「いおりん守ろっと。これで明日誰も死んでなかったら亜美の勝ちだよね」

亜美「占い師と霊能者はともかく、狩人は流石にCOしない方が良いよね。自分は守れないし、ソッコーで襲われちゃうよ」

亜美「正体不明の仕事人、双海亜美! 今日も人知れず平和を守る!」

亜美「護衛~♪ 護衛~♪ がんばーあってーゆーきまーしょっ♪」





63: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 16:57:55.09 ID:4nAlMwF00

~霊能者~

雪歩「あぶっあっぶなっ」

雪歩「し、死ぬかと思った……伊織ちゃんと春香ちゃん、二人も私に入れちゃうなんて」

雪歩「霊能者だって言うべきかどうかずっと考えてて、結局言えないままだったなぁ」

雪歩「やっぱり言った方が良かったよね。もし今日襲撃されたら……うう、みんなごめんなさい」

雪歩「えーと真美ちゃんは……村人かぁ。ごめんね真美ちゃん、私も入れちゃった」

雪歩「この失敗は取り返さないと……お願い人狼さん、私を狙わないでください……!」



~狂人~

伊織「初日の動きとしてはこんなものよね」

伊織「雪歩、役職持ち臭いわね……最後の発言、COしそびれたって感じだったし狩人ってよりは霊能者かしら」

伊織「やよいが人狼でもない限り、人狼もまだ私か真のどちらが本物かは分かってないはず」

伊織「だったら狙うのは霊能者の可能性のある雪歩よね。うまくいけば霊能者の立場を乗っ取ることも出来るし」

伊織「狩人は占い師を護衛するよう誘導しといたから、護衛されてる可能性も低いはずだしね」

伊織「人狼、気付いてるかしら。私の投票がアピールになってくれてたら良いんだけど」

伊織「響がちょっとわかんないわねー……人狼の気もするし、一応村人判定出しておきましょうか」

伊織「あとは臨機応変に。まあ、なるようになるでしょ」





64: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 16:59:31.31 ID:4nAlMwF00

~人狼~

響「ごめん貴音! 自分、かなり疑われてるみたいだ」

貴音「そのようですね……なんとか生き延びることは出来ましたが、今夜占い師に占われるかもしれません」

響「どうしよ~。きょ、今日占い師を襲う!?」

貴音「ですがまだ、どちらが本物なのか確信が持てません。誤って狂人を襲ってしまってはいけませんし、狩人に護衛されている可能性もあります」

貴音「ここは春香を襲いましょう。村人判定されているところを減らせて、かつ狩人や霊能者の可能性もあるところです」

響「そっか。やよいは村人COしてたもんね。多分あれ本当だろうし、やよいは普通の村人。だったらどっちかというと春香の方がいいか」

響「で、自分占われたらどうすればいい?」

貴音「……生き残ることは諦めてください」

響「ええっ!?」

貴音「どの道、現状響が最後まで残るのは厳しいかと思われます。でしたらいっそ諦めることで勝利に繋げた方が良いかと」

貴音「まず、明日は霊能者を騙ってください。処刑される可能性は高いと思いますが、本物の霊能者の信用を少しでも落とすことが出来ればそれで十分です」

貴音「あわよくば本物を処刑することも出来るかもしれませんし」

響「なるほどー。わかった、やってみる!」

貴音「それと悪いですが、ここからは私は響を一切庇いません。むしろ処刑するよう促していきます」

響「えっなんで?」

貴音「響が人狼だとばれた時、私との繋がりを残さないためです」

響「うーん、わかったぞ。一人でも生き残れたら勝ちだもんね」

響「貴音、任せたぞ!」

貴音「任されました」



~真美~

真美「おお真美よ 死んでしまうとはなさけない」

真美「ほんとに情けないよ~! 真美ほどの最強ゲーマーがまさかこんな早く退場だなんて……普通の村人だからまだ良かったけどさ」

真美「っていうかこの後どうすんだろ? まさかゲーム終わるまでずっとこの部屋で放置!?」

真美「うあうあ~! そんなの暇すぎだよ~!! でも勝手に出て良いのかな? なんかモニターに指示とか……」チラッ

真美「ん? 画面変わってる……」

真美「霊界……だと?」





65: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 17:01:13.80 ID:4nAlMwF00

三日目昼・霊界


春香『……なぬ?』

真美『あ、はるるん!』

春香『あ、あれ? この声は……亜美?』

真美『真美だよ~ん』

春香『はは、何言ってるの。真美は死んだはずじゃ』

真美『んっふっふ~、そうだよ。ここは霊界。つまり……』

真美『はるるんも! 死んだってことさ!!!』

春香『な、なんだってー!?』


春香『……へ~え、こんな感じになるんだね、終わったら』

真美『うんうん。グループ通話?みたいな感じで、終わった人同士で喋れるっぽいよ』

春香『へー。モニターには円卓の様子が映ってるし、実況でもしてれば良いのかな?』

春香『あ、ちなみに真美なんだったの? 役職』

真美『言っちゃう方向? おけおけ~! 真美はなんと! 村人でしたー!』

春香『あちゃー! 流石に一回で人狼は当たらないか。私も村人だよ』

真美『まーでも狩人とかがやられなくて良かったよ。村人陣営、がんば~!』

春香『議論も始まってるね』


響「霊能COするさー!! 真美は人狼だったぞ!!」


春香『……』

真美『……』

春香『私の予想では、ヤツはクロだよ』

真美『あぁ……あのショーゲンからはウソの臭いがぷんぷんしやがるぜ』





66: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 17:02:59.29 ID:4nAlMwF00

雪歩「霊能CO! 真美ちゃんは村人でした!」


真美『こっちが本物だね』

春香『昨日の「あっ」って本当に言いそびれてただけだったんだ。私投票しちゃったよ』

真美『まー確かにゆきぴょんならそう言って役職持ちだって思わせる人狼ってのもジューブン有り得たからねぇ』

春香『あざとさが武器だもんね雪歩は。本当にしょうがないなぁ』

真美『お、おう』

春香『……あ、響ちゃん処刑の流れっぽい』

真美『よーしよし、良い感じ良い感じ』

春香『よしよし……うん、うん……よし!』

真美『よぉーし!! ひびきん処刑けってーい!』

春香『いぇーい! 人狼一人ご案内~!』

真美『狂人のセンもあるけどね』

春香『それ次第で伊織か真のどっちが本物か決まるんだよね』

真美『聞く?』

春香『聞いちゃおっか』


――――――――――――


響『あーあ、負けちゃったぞ。ん? 何これ、霊界……?』

真美『ようこそひびきん!』

春香『死後の世界へ!』

響『うおぁっ!?』





67: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 17:04:21.51 ID:4nAlMwF00

三日目、夜

~占い師~

真「あと一人、あと一人人狼を見つけたら勝てるんだ。絶対当てるぞー!」

真「ボクから見て伊織は人狼か狂人で決まりだけど……人狼の響に村人判定を出したあたりで味方の人狼の線が濃くなってきたね」

真「よし、伊織を占おう! 最後の人狼は伊織、お前だぁー!」タッチ

真「違った」

真「狂人だったのかぁ。くぅーっ、無駄に占っちゃったかも」

真「いや、狂人って分かっただけでもなんだかんだで推理の材料にはなるのかな? その辺はからっきしだから他の人に任せよう」

真「はぁ……誰なんだろ、人狼……」



~狩人~

亜美「昨日はまさかはるるんを襲撃するなんてね。フフフ、この亜美に恐れをなして占い師狙いを避けたようだな」

亜美「でも次は占い師を狙いにくる……そんな気がする……!」

亜美「というわけで、いおりん護衛っと。天才ミラクル美少女狩人双海亜美の腕の見せどころだよ!」

亜美「……まこちん本物じゃありませんように」





68: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 17:07:18.90 ID:4nAlMwF00

~霊能者~

雪歩「まさか偽者が出てくるなんて……ううぅ、この感じだと私も処刑されちゃいそう」

雪歩「処刑って、どんな感じなのかな? ハジキで一発、どきゅんと頭を……? それともやっぱりコンクリートで固めて東京湾に……」

雪歩「うう、怖いですぅ……こんなゲームアイドルがやるもんじゃな……あ、響ちゃん人狼だった。よっし!」

雪歩「これで真ちゃん本物確定だね。えへへ、良かったぁ。明日から一緒に頑張ろうね、真ちゃん」

雪歩「やっと一人、確実に味方って人が見つかった。嬉しいなぁ、真ちゃん……えへへ、真ちゃん……」


~狂人~

伊織「悪かったわ響……どうせ処刑は免れなかったし、フォローしても意味なかったのよ」

伊織「雪歩、やっぱり役職持ちだったわね。春香を襲ったってことは人狼は気付いてなかったみたいだけど」

伊織「明日はどうしようかしらね。村人っぽい千早あたりに人狼判定出そうかしら」

伊織「いや、真を襲撃する可能性もあるわね、このタイミング。そうなると…………うん、これじゃ無理が出るわ」

伊織「できるだけすぐには破綻しないように色んなパターンを考えておかないと……」



~人狼~

貴音「響、お疲れ様でした。後は私が頑張らなければなりませんね」

貴音「伊織は狂人として良い動きをしてくれています。占い師を狙うなら……彼女が狩人を引き付けてくれている可能性の高い今がべすとでしょうか」

貴音「……」

貴音「ここが……勝負所!」





69: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 17:08:42.02 ID:4nAlMwF00

霊界

春香『へー……』

春香『響ちゃん、やっぱり人狼だったんだ』

響『そうだぞ! もう一人はね……』

真美『おおっと! 流石にそれはネタバレが過ぎますぞひびきん』

響『え……ごめん、分かった。言わないぞ』

春香『もう良いんじゃない? ここまできたら、全部知っちゃっても』

真美『うーん、真美もそう思ってたんだけど……やっぱり人狼が誰か当てたくなってきたんだ』

真美『あ、朝が来たよ』

春香『……!』

真美『ありゃりゃ……狩人ミスったねこれ』

響『おお、やったんだな貴音!』

真美『占い師がやられちゃうとなると……ん、ちょっと待ってひびきん今』


真『ああーー! やられたー!』


真『ん? 何これ、霊界?』

春香『いやーやられたね真。貴音さんに』

真『春香!』





70: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 17:10:32.86 ID:4nAlMwF00

真『―――へー、霊界かぁ。終わった人も楽しめるってのは良いよね』

真『それにしても……はぁー、もう一人の人狼は貴音だったんだ。全然分からなかったよ』

春香『うまいよね。完全に響ちゃん見捨ててたもん』

真美『うんうん、もしかしたら最後まで分かんなかったかも。……ひびきんが言わなかったらね』

響『ごめん真美~! 自分、つい……』

真『まぁまぁ、全部知った上で見るのも楽しいんじゃない?』

真美『ぶーぶー! ……ま、それはそれとして、いおりん粘るねぇ』

響『すごいよね。なんか雪歩が人狼に見えてきたぞ』


伊織「私からで良いわよ、別に」


春香『おおう、潔い……本物っぽい……』

真『やっぱり敵わないなぁ、頭使うゲームじゃ、伊織には』

真美『高3が中3相手にそれってどうなのまこちん』

響『えーと、次は伊織がここに来るってことだよね』



――――――――――――



伊織『ふぅ、仕事終了っと』

春香『お疲れ~』

伊織『! なるほど、終わったらこうなるのね……真いる?』

真『……なに?』

伊織『本物なのに狩人から護衛されてなかったみたいだけど、今どんな気持ち? ねぇ今どんな気持ち?』

真『ああーっ!! うるさいなぁもう!』

真美『煽るねぇいおりん』





71: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 17:13:17.88 ID:4nAlMwF00

四日目、夜


~狩人~

亜美「うあうあ~! 全っ然守れないよ~! もしこのまま負けたら戦犯亜美の予感……それだけはダメっしょ!」

亜美「いおりん処刑されちゃったし、誰守ろうかなぁ。ゆきぴょんは守る意味無いよね? 人狼かもだし」

亜美「占い師候補が村人判定出してるので残ってるのはやよいっちだけだけど……いおりんから見たら亜美も千早お姉ちゃんもお姫ちんも村人だしもう関係ないか」

亜美「一番村人っぽいのは……うーん…………やっぱやよいっち?」

亜美「と見せかけて! 千早お姉ちゃん護衛! 亜美はこれに賭ける!」

亜美「うう、もうわけ分かんないよぉ……いっそ亜美を襲撃してくれた方が気がラクだよ」

亜美「神様……ねぇ神様……お願い、亜美を戦犯にしないで……!」


~霊能者~

雪歩「伊織ちゃんは……村人……」

雪歩「やっぱり狂人かぁ。そうだよね、人狼だったらあそこであんなこと言えないよね」

雪歩「この感じだと私処刑されちゃうかなぁ。ど、どうしよう」

雪歩「えーと、残り5人で、今日誰かが襲撃されて残り4人」

雪歩「もし私が処刑されたら残り3人。襲撃で残り2人になって……人狼の、勝ち……!」

雪歩「ああ、もうダメですぅ……うう、ひっく、ごめんなさいぃ……」


~人狼~

貴音「……危惧すべきは、狩人」

貴音「これまでの死者の中で狩人の可能性があったならば、真美か春香のみ」

貴音「まだ生き残っている可能性も十分にありますね」

貴音「守るなら信用の高そうなやよいでしょうか。ではそこを避けて……亜美か、千早か」

貴音「どちらかがもし狩人ならば、その可能性は千早の方が高く見えます。ここを襲えば、問題ないはず」

貴音「そして亜美とやよいを説得し、雪歩を処刑……」

貴音「いける!」





72: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 17:14:47.36 ID:4nAlMwF00

霊界

伊織『貴音が人狼なのね。結構イケそうじゃない?』

響『うん! このままいけばきっと雪歩処刑で自分たちの勝利さー!』

伊織『……アンタが言うと不安になってくるわ』

響『なんで?』

伊織『アンタだからよ。それより、ここに狩人はいないのよね。だったらまだ油断出来ないわね』

響『そっか、守られたら……どうなるの?』

伊織『処刑できる回数が増えるのよ。雪歩を処刑しても、まだ続いちゃうってこと』

響『そ、それはまずいな……でも貴音なら、うまく狩人を避けてくれるさ!』

真美『あ、朝になったよー!』

真『どれどれ……!!』

春香『平 和 な 朝 を……迎えましたぁー!!!』

真美&真『『いぇーーーーい!!!』』


響『』

伊織『……嫌な予感が的中したわね』


真美『あっ! 狩人COだって! 亜美が狩人だったんだね』

真『ナイス! 亜美!』

春香『守ったのは千早ちゃん……よーし、これなら勝てるよ!』

伊織『一気に不利になったわ』

響『狩人って重要なんだな……』





73: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 17:19:56.38 ID:4nAlMwF00

真美『さて、ここでお姫ちん処刑できたら勝ちだけど……むむむ』


亜美「とりあえずゆきぴょんかな? 亜美、ずっといおりん本物っぽいと思って守ってたんだよね」


真美『ああーっ! 違うよ亜美! いおりんなんてどっからどー見ても偽者っしょ!』

春香『もうっ! 真美、双子テレパシーとか出来ないの!?』

真美『やってみる! 伝われ~伝われ~人狼は~お姫ちん~』

真『パワーが足りない! そんなんじゃ伝わらないよ!』

春香『ああっ雪歩処刑されそう!』

真美『うおおおおおおおおおっ!! 亜美~~~~~っ!! 届けぇぇぇぇぇ!!!!!』


千早「じゃあ、今日の処刑は萩原さんで。みんな票を合わせて」


真美『ああああああああああああああああああ』

真『ダメじゃないか真美! 雪歩処刑されちゃったよ!』

春香『何年双子やってるの! もう!』

真美『ごめんよぅ……ごめんよぅ……!』


伊織『……なにやってんだか』

響(楽しそうだなー)


――――――――――――


雪歩『あ、あれ、何これ霊界……?』

春香『雪歩! なに処刑されてるの!』

真美『そーだそーだ!』

雪歩『ええっ!? ご、ごめんなさい~』





74: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 17:21:13.99 ID:4nAlMwF00

五日目、夜

~狩人~

亜美「終わらない……ゆきぴょん本物確定かぁ」

亜美「もーっ、いおりんにまんまと騙されたよ! 結局狂人なんじゃん!」

亜美「今日は千早お姉ちゃん護衛っと。やられるのは亜美だろーけどね」

亜美「任せたよ、千早お姉ちゃん。やよいっちかお姫ちんか……人狼はどっちかだよ!」

亜美「……やよいっち人狼なら、もう無理かなぁ」

亜美「…………そうだ!」

亜美「どーせ死ぬって分かってるなら……死ぬのも楽しもっと!」


~人狼~

貴音「ついに、この時が来たのですね……」

貴音「襲撃先は亜美で。ここで奇策に走る意味はありませんね」

貴音「明日残るのは、村人確定の千早を除けば私とやよいのみ」

貴音「やよい相手に口撃するのは少し気が引けますが、勝負は全力で無ければ意味がありません」

貴音「散っていった響と伊織のためにも、私は負けるわけにはいかないのです」

貴音「勝負です! 高槻やよい!!」





75: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 17:23:01.45 ID:4nAlMwF00

霊界

雪歩『ごめんなさい、私が不甲斐ないばっかりに……』

真『仕方ないよ。雪歩じゃなくたって、あの状況じゃ処刑されてただろうし』

春香『問題はこの後だよね。貴音さんを処刑出来れば勝ち。やよいを処刑しちゃったら負け』

雪歩『まさか四条さんが人狼だなんて……びっくりですぅ』

真美『お姫ちんこーゆーのうまいよね~。いわゆるパーカーフェイスだかんね』

伊織『どんな顔よ。フード付きの顔なんて気味悪いわね』

響『伊織伊織、真美はきっとポーカーフェイスと間違えたんだと思うぞ!』

伊織『分かってるわよ!』

真美『あ、そろそろ朝だね。亜美くるかな?』

伊織『十中八九どころか、十中十亜美でしょうね』

春香『朝になったね。えーと……あ、やっぱり亜m』

亜美『ぐわあああああああああああああああああああああっ!!!!!』

春香『!?』

亜美『はぁ、はぁ……ゲホォッ、ポタポタッ! ちくしょう、ドジっちまった、ぜ……ポタッ! ポタポタ!』

響『ど、どうしたんだ亜美』

伊織『放っときなさい。遊んでるだけよ』

亜美『へへっ、情けねぇ……村人を守るどころか、テメェの身すら守れねぇ、なんて……な……ポタ……ポタ……』

真美『バカ! もう喋るな! 喋ると傷口が……』

亜美『俺ァもうだめだ……真美……頼み、が……あるポタ……』

真美『なっ、なんだ!?』

亜美『ぶ、無事人狼を殲滅できたら…………故郷の、ワイフ…………に……』

亜美『…………ん?』

亜美『真美?』

真美『真美だよー』

亜美『あれ? なんで真美の声聞こえんの? 幻聴?』

真『……いつも楽しそうだね、亜美』

亜美『まこちん! あ、よく見たら画面変わってるね。へー、霊界、ふーん、ほーお』

亜美『ってことは今の亜美の迫真の演技聞こえてたの!? どーだった? ハリウッド狙えるっしょ!』

伊織『……始まってるわよ、議論』

春香『見よっか』

亜美『あれー?』





76: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 17:24:14.34 ID:4nAlMwF00

春香『よーし、がんばれ千早ちゃん!』


千早「つまり人狼は私を狙っていた。人狼が高槻さんなら、味方するであろう私を狙うかしら?」


春香『いいよ! その調子!』

真『うーん、千早が優勢かな? よく分かんないけど』

伊織『っていうか何よこれ。千早、完全にやよいの味方じゃない』

真美『千早お姉ちゃんVSお姫ちんって感じですな』

雪歩『やよいちゃん、ぽかーんってしてるね』


貴音「人狼の響や、狂人の伊織の処刑を促すこともしてきました。人狼ならそんなことはしません」


真美『おおっ、お姫ちんも反撃するねー』

響『千早も迷ってる。これもしかすると……ねぇ! 伊織!』

伊織『……! いや、まだよ』

亜美『あっ、やよいっち喋るっぽい!』

春香『村人だって証明するって! 一体どんな奥の手が……』

春香『…………』

真美『…………』

伊織『………………』

響『…………か』

響『かわいいなぁ~やよいは!』

伊織『同意』

春香『ギュッてしたくなるね!』

雪歩『で、でもこれ証明になってないんじゃ……』

真『やよいのかわいさを証明しただけだったね』

真美『うあうあ~! こんなんじゃ千早お姉ちゃんくらいしか騙せないよ~』

亜美『充分だね』

春香『さて千早ちゃんの反応は…………』


千早「ごめんなさい高槻さん」

千早「今日の投票は、貴女に入れるわ」


皆『『『えっ!?』』』





77: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 17:25:09.88 ID:4nAlMwF00

春香『うそ……』

亜美『あの千早お姉ちゃんが……』

真美『やよいっちを……処刑?』

雪歩『ううぅ、千早ちゃんがトチ狂っちゃいましたぁ』

真『そんなぁ……』

伊織『こ、これって……』

響『勝ち……なのか?』

伊織『やるじゃない貴音!』

響『やった……やったぞーーーーーーーー!!!!!!』

響『自分たちの!!! 大勝利だぁー! あっはは』

春香『あ、貴音さん処刑された』

響『は…………?』

貴音『えっ』

伊織『あ…………』



P「終~了~~~!!!」



そして>>46へ……



終わり





78: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/08/02(土) 17:29:25.28 ID:4nAlMwF00

おまけってこんなんで良いんだろうか
まぁ終わりです

次やるなら
P「汝は人狼なりや」美希「なの!」
みたいなスレタイになると思います





79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/02(土) 17:55:37.86 ID:Zm9aNwF80

面白かった、ベネ!!

このままのスレで続行してもいいのよ…





80:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/02(土) 17:59:42.90 ID:wic31cMSO

乙です

伊織の狂人強いなぁ





81:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/02(土) 18:06:25.06 ID:oHipKIgDO

乙! おまけも面白かったよ!





82:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/02(土) 19:21:44.41 ID:Swoo/uqvo

人狼やりたくなった。初心者だけど。





83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/02(土) 20:22:40.48 ID:xFOmcrYd0

おつ!

続編楽しみだww






元スレ:P「汝は人狼なりや」春香「ですよ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406696988





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。