Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  P「不思議な話」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
夏真っ盛り。少しでも涼をとりたいのは皆同じ。怖い話で涼しくなるなんてエコですが、
ちょっと寒すぎるんですが・・・。特に、最後のお話は怖すぎて怖すぎて乙!


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 00:44:30.38 ID:BUsk+QUpO

日常以上ホラー以下のようなオムニバスをいくつか

全員分はありません






2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 00:45:46.22 ID:BUsk+QUpO

春香「桜」





3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 00:47:10.30 ID:BUsk+QUpO

これは、私の小さい頃の話なんだけどね。

家族で、お花見に行った時の話。

私は覚えてないんだけど、お母さんから聞いたの。

「ねえおとうさん、これなぁに?」

お父さんに肩車されてる私が、上を指差して言ったんだって。

「春香、これは桜だよ」

「あれも?」

今度は、その隣を指差すの。

「そうだとも」

「あそこのも? 全部桜ってゆうの?」

辺りを見回して、そう言うの。

「そうだよ」

お父さんは答える。

そして、私は訊いたんだ。

「じゃあ、このいっぱいあるピンクの木は、なんて言うの?」

って。

私はいったい、何を指差してたんだろうね?





4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 00:48:41.65 ID:BUsk+QUpO

あずさ「訪」





5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 00:49:49.70 ID:BUsk+QUpO

あら? 雨、降ってきちゃいましたね。

見てる分にはいいんですけどねぇ。

やっぱり、外に出ないといけない時は嫌ですよね~。


それはそうと。

この前も、雨降りましたよね? あの時の話なんですけど。


その日は私、家に帰るのが結構遅かったんです。
家って言っても、マンションですけど。

遅くにマンションに着いて、エントランスに入ったんですよ。

そしたら、雨の日ですから、割と濡れてたんですね。

でも、普通そういうのって入り口付近だけじゃないですか?

そうじゃなかったんです。

よく見ると、一人分の足跡が続いてたんです。

靴の跡じゃなくて、足跡が。


最初は、特に気にしなかったんです。

それが、エレベーターの前まで続いてたのも。
エレベーターの中にまでついてたのも。

けど、エレベーターを降りた時、その足跡がまだ続いてるのを見た時、少し怖くなって。

歩き始めながら、薄々思い始めたんですよ。

もしかしてこの足跡、私の部屋の前まで続いてるんじゃないかしら……って。





6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 00:51:21.75 ID:BUsk+QUpO

案の定、その足跡は、私の部屋の前で途切れていました。

しばらく迷ってからドアを開けると、やっぱり足跡がありました。

それは、部屋の方に続いてました。

靴を脱いで、奥に進むと、部屋の真ん中で、足跡は大きな水溜まりに変わってました。

それはまるで、人のような形だったんです。

サスペンスドラマでよく見るような、手を伸ばしながら倒れた人のような形の、水溜まりでした。

私は、とっさに手の伸びている方向を見ました。

すると、そこには……。

……ってあら?

すいません、もう時間なんで、次のお仕事に行ってきますね?

え? そこに何があったか……ですか?

大した物じゃありませんでしたよ?

除湿機です。
私、その日の朝、動かしっぱなしで家を出てたんです。

たぶん、そのせいで、水溜まりになっちゃったんだと思います。

あれが何で、どうして私の部屋に来てたのかは分かりませんけど……なんだか可哀想な気もしますよね~。





7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 00:52:20.44 ID:BUsk+QUpO

響「匂」





8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 00:53:32.50 ID:BUsk+QUpO

ねえ、ちょっと……いい?

自分の服の匂い、嗅いでみてくれないか?

え? 響はいい匂いだから気にするな?

ち、違う! そういうことじゃないぞ!

じゃあ、どんなことかって?

……とにかく、嗅いでみてよ。


どう? なんか変な臭いしない?

しない? 本当に?

しない?




……そっか、なら、いいよ。

ごめんね、変なことで時間とらせて。

うん、やっぱり気のせいだよね。

みんなにも訊いてみたけど、みんなそう言ってるし。

…………。

え? いや、大丈夫だぞ。

大丈夫、大丈夫だってば。

…………。

この前、自分、沖縄のロケに行ったでしょ?

あの時からなんだ。


ねえ、もう一回だけ、嗅いでみてくれない?

臭い、しない?

しないか?

海の匂い、しないか?





9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 00:54:38.39 ID:BUsk+QUpO

真「音」





10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 00:55:42.42 ID:BUsk+QUpO

プロデューサー! プロデューサーぁ!

聞いてください! 昨晩、おかしなことがあったんです!

え? 深呼吸……ですか?

すぅ……はぁ……。

すぅ……はぁ……。

……それじゃあ、えっと、昨晩のことなんですけど。

昨日ボクは、いつも通り日付が変わる前に寝たんです。

なのに、何故か昨晩に限って夜中に目が覚めちゃったんですよ。

時計を見たら二時だったから、もう一回寝ようと思ったんですけど……その前に、トイレに行くことにしたんです。

でも、そう思って廊下に出た時、聞こえてきたんですよ。

女の人の、苦しそうな声とか。

それと、ぐちゅっ、とか、ぐちゃっ、って水音とか……。

それから、何かがギシギシって軋む音とかもして……!

ボク、もう怖くて怖くて……!!

ねえこれ何の音だったんだと思います!? プロデューサー──

……って、なんで頭撫でるんですか?

え? 真は可愛いなぁ……?

って! いきなり何言ってるんですか!?

両親に訊いても、気にしないで寝ろって言われたからプロデューサーに訊いたのに……あぁもう!

プロデューサーのばかぁ!!





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 00:56:32.58 ID:BUsk+QUpO

貴音「麺」





12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 00:58:06.47 ID:BUsk+QUpO

以前、わたくしが体験した話です。

その日、わたくしは街中を散歩しておりました。

しかし、何故か突然、とてもお腹が空いてきたのです。

ですから、どこか食事のできる店に入ろうと思ったのですが、そういう時に限って見つからず。

結局、三十分ほど歩いて、ようやく一軒見つけることができたのです。

店に入ると、客はおらず、ただ店主が一人。

それでも、空腹に耐えられなかったわたくしは、一杯のらぁめんを注文致しました。

しばらくして出てきたのは、いたって普通のらぁめん。

それでも、空腹は最高の調味料と言うように、そのらぁめんは大層おいしゅうございました。

ですが、ひとつ、違和感に気づきました。

減らないのです。

食べても、食べても、減らないのです。

どれほど食べていたのかは定かではありませんが、ゆうに一時間以上は食べていたでしょう。

流石に、わたくしも満腹感を覚え、

「もし、店主殿。申し訳ありませんが、残してもよろしいでしょうか……」

と、言いながら、顔を上げたのです。

すると、店主は、

「お代は結構ですよ」

と言うのです。

わたくしは驚いて、断ろうとするのですが、店主は、

「お代は結構ですよ」

と言って、頑なに代金を受け取ろうとしないのです。

余りに受け取りを拒むので、遂にわたくしは、代金を叩きつけて帰ってしまいました。





13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 00:59:20.76 ID:BUsk+QUpO

その帰り道、わたくしは、急に気分が悪くなり、こらえきれず、嘔吐してしまいました。

わたくしの口から出てきたのは、大量の麺。


ではなく。


大量の、髪の毛でした。 


長くて黒い、艶々とした、髪の毛。

驚いたわたくしは、即座に引き返し、先程まで食事をしていた店に向かいました。

しかし、再び店の扉を開いたわたくしの目に映ったのは、もう何年も人が出入りしていない様な、荒れた光景でした。


今はもう、その店の場所も、店主の顔も、思い出すことはできません。

ですが、ぽつんと置かれた、髪の毛が入った丼、それと、その傍に置かれた代金だけは、未だにはっきりと思い出せるのです。





14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 01:00:21.05 ID:BUsk+QUpO

やよい「埋」





16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 01:02:07.73 ID:BUsk+QUpO

私、お家の裏の空き地で、家庭菜園してるんです。

いろんなお野菜を植えたりしてるんですけど、これが結構、食費の足しになるんですよ?

ところで、二年ほど前のある日、その空き地の隅っこの土が、一度掘り返した後みたいになってたんです。

誰かが何か埋めたのかなーって思ったんですけど、掘り返すのもよくないと思って、そのままにしておいたんですよ。

そしたら、畑が駄目になっちゃったんです。

どういうことかというと、お野菜が実らなかったり、全然美味しくできなかったりしたんです。

それで、ずっと困ってたんですけど……。

最近、また普通にお野菜が実るようになったんです。

あれ? って思って、空き地の隅っこを見たら、穴ができてたんです。

まるで何かが、土から這い出た跡のような穴が。


結局、何が埋まってたんでしょうか?





15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/19(火) 01:00:49.68 ID:hcSI00T50

こわい





17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 01:02:27.06 ID:ql5RilBL0

ゾクゾクする





18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 01:02:57.80 ID:BUsk+QUpO

伊織「喰」





21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 01:05:32.64 ID:BUsk+QUpO

あんた、私の家に来たことあったわよね?

だったら分かると思うけど、うちの庭って、結構広いのよ。

庭師とかもいるんだけど、それでも管理しきれない部分がどうしてもできちゃうのよね。

しょっちゅうそこらのペットが迷い込んで住み着いたりしてるわ。

そういうわけで、この前執事に、犬が出るらしいから気をつけてって言われた時も、いつものことだと思ってたの。

だからつい忘れて、昨日、ジャンバルジャンの散歩してたのよ。

そういうのが出たら、すぐに猟師みたいなのがなんとかしてくれてたから、油断してたのかもしれないわね。

え? ジャンバルジャンって何? ですって?

私の飼ってる犬の名前よ。それくらい知っておきなさいよね。





22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 01:07:37.73 ID:BUsk+QUpO

それでね、歩き始めてしばらくしたら、ジャンバルジャンが止まったの。

そして、一歩も動かないのよ。

まるで、何かに怯えてるみたいに。

不思議に思ってると、変な音が聞こえてきたの。

ピチャ、とかなんとか。

とにかく、そういう音が。

ジャンバルジャンは動かないから、仕方なく、私一人で音の正体を確かめに行ったわ。

そしたら、女が一人、こっちに背を向けてうずくまってたの。

見慣れない後ろ姿だったから、

「誰?」

って訊いたのね。

そしたら、その女、そのまま振り向かないで、もの凄い速さで逃げ出したのよ。

四つん這いで。

あっという間に、茂みの中に入って行って、見えなくなったわ。

はっとして、その女のいた所を見たら、あったのよ。

血溜まりと、犬の死骸が。


すぐに家の中に戻ったわ。

そして執事に命じて庭をくまなく捜索させたんだけど、結局あの女は見つからなかった。

もうおちおち一人で出歩けやしないわ。

だって、顔も知らないあの女に、いつどこで出くわすか分からないのよ?

あの女が食べるのが、犬だけだとは……思えないでしょ?





23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 01:08:20.65 ID:BUsk+QUpO

雪歩「別」





24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 01:11:15.92 ID:BUsk+QUpO

それは、一人で事務所にいた時のことでした。

何気なく壁を見たら、白い壁に、黒い点があったんです。

なんだろう? まさか、ゴキブリ?

そう思って近づくと、それは、穴でした。

五百円玉くらいの大きさでした。

私は、目を、そっと近づけて、中を覗いてみました。

見えたのは、見慣れた765プロの事務所でした。

ただし、今の事務所よりも、もっと、ずっと、汚れて、荒れていました。

薄暗いその事務所には、人が、一人だけいました。

それは、私でした。

昔よく着ていた服を身につけて、誰もいない事務所で一人、お茶を飲んでいました。

疲れたような顔、目には隈、私よりも少し痩せた彼女は、とても悲しそうで。

そんな彼女を見ていると、突然、涙が溢れてきました。

自分でもよく分からなかったけれど、なんだか、申し訳ないような気持ちになっていました。

涙で歪んだ視界の中で、彼女は歌い始めました。

その歌声は、私の声とは、少し違う声でした。

ですが、そんなことは気にならず、私はただただ聴き入っていました。

どれくらい時間が経ったでしょうか。

気がつくと、彼女は歌うのを止め、こっちを見ていました。

すると、私は何故か眠くなりだし、目を開けるのも辛くなっていきました。

そんな中で、彼女は、口を開きました。

「─────。────」

私は、まどろみながらも、確かにその声を聞きました。



目を覚ました時、事務所にはみんなが揃っていました。

壁に目をやると、穴はなくなっていました。

夢のようなその出来事は、今でも私の胸に、深く、深く、刻まれています。





26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 01:13:44.13 ID:BUsk+QUpO

おまけ

小鳥「独」





28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 01:14:58.89 ID:BUsk+QUpO

「夏になると、怪談とかよく聞きますよね」

「そうですね」

「律子さんは、何か怖いものとかありますか?」

「うーん。強いて言うなら、この事務所ですかね」

「え?」

「あ、いえ、なんでもないですよ。それで? そういう小鳥さんは、あるんですか? 怖いもの」

「そうですねぇ……今は、ご縁が怖いですかね……」

「え? …………ああ、なるほど」





31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 01:15:57.50 ID:BUsk+QUpO

以上でおわりです
ありがとうございました





32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 01:16:46.83 ID:NRXuMj7Jo

乙です





30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/19(火) 01:15:31.51 ID:hcSI00T50

ぴよちゃん一番怖いんですが





33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/19(火) 01:18:39.50 ID:GuxzhdYDO

小鳥さん…誰か結婚してやれよ






元スレ:P「不思議な話」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408376670





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。