Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  真「駄目だ・・・、付いていけないよ・・・」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
物理的なものなら、付いていくのは何とかなります。ただ、勉強的なものや思想的な問題は、
頭の回転が悪い管理人では至難の業。オマイラ、簡単な方法とか知っていませんでしょうか乙。


1: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:13:27.84 ID:5Sak70NX0

朝、事務所

春香「お前は可愛い。みんなに愛される」

千早「……」

春香「天海春香は、可愛い!」

千早「……鏡の前で何してるの?」

春香「うわぁ!ち、千早ちゃん…。いるなら言ってよー!今のは忘れて!」ウヒャー

千早「ついったーに言うわ」

春香「やめて!」






2: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:16:54.03 ID:5Sak70NX0

千早「本当の処、何をしていたの?」

春香「えっと……これ、だよ」

千早「ああ、ライトノベルというやつね。これがどうかしたの?」

春香「これの主人公が自己暗示とかの催眠術を使うんだよね///」

千早「誰もいないはずだからって、やってみたのね…。春香らしいわ」

春香「えへへ……」





3: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:19:42.77 ID:5Sak70NX0

千早「そういえば机の上にたくさんの本があるわね」

春香「『ピヨピヨ+ブレイン』の全12巻だよ」

千早「春香がこんなに読書家だったなんて知らなかったわ」

春香「もー、馬鹿にしないでよ。中学生の頃の愛読書だよ」

千早「765プロに寄贈でもするの?」

春香「その発想は無かったよ千早ちゃん・・・。響ちゃんにあげようかなって。響ちゃんもたまに貸してくれるしね」





4: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:22:27.02 ID:5Sak70NX0

千早(春香からのプレゼント・・・羨ましいわ)

千早「ねえ春香。私もこれ欲しいわ。私こういうの一個も持ってないの」

春香「千早ちゃんのおねだりなんて珍しいね。でも、響ちゃんにあげるって言っちゃったし・・・」


事務所の外、入り口

真(あれ?今日は誰もいないはずなのに、話し声が聞こえる… 様子を伺ってみよう。泥棒かもしれない)





6: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:25:10.68 ID:5Sak70NX0

千早「そう……春香は我那覇さんを選ぶのね」ヨヨヨ

春香「な、何その言い方!?」ハルーン

真(春香と千早か。千早は、泣いてるのか?)

千早「じゃあ、想像してみて。華々しい結婚式場を」

春香「え?うん」

千早「白いウェディングドレスに身を包む、私と我那覇さんと、春香を!さあ、どっちを選ぶの?」

春香「どういう状況!?通常の三倍だよ!」

真(これって…修羅場?なんて、そんな訳ないか)





7: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:28:19.30 ID:5Sak70NX0

千早「どっちがいいの?」

春香「どっち?じゃないよ!千早ちゃんのそういうノリは冗談に聞こえないってば…」

千早「じょ、冗談だなんて…」シクシク

春香「もういいから!分かったよ。響ちゃんと話し合って決めていいよ」

千早「ありがとう春香」

真(とりあえず、響と千早が争っているみたいだ)





8: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:30:24.54 ID:5Sak70NX0

千早「そう言えば、さっきの鏡の前のあれは成功したの?」

春香「それは忘れてってば…。まあ実を言うと、中学生の頃からたまに試してるけど一回も成功しないんだよね」

千早「中二病というやつね」

春香「ま、まあね…。そうだ、千早ちゃんで試していい?」

千早「試すって、大丈夫なの?」

春香「私に任せて!」

真(何を試すんだろう…?)





9: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:31:42.72 ID:5Sak70NX0

春香「やってみようよ!これ、やられてる人は頭の中真っ白になっちゃって何も考えられなくなるくらい気持ちいいらしいよ。やみつきになるんだって!」

千早「本当に安全なの…?」

真(こ、これってもしかして恋人同士がやるやつなのか!?)





10: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:34:12.67 ID:5Sak70NX0

春香「一回だけ!一回でいいから!お願い!」

千早「全く、しょうがないわね……」

春香「じゃあ、ソファに座ろ。リラックスしてね。」

千早「ええ…。道具は使うの?」

春香「そういうのもあるみたいだけど…。後で作ってみようかな」

千早「怖いわね…。痛くしないでよ」

春香「それは千早ちゃんしだいだね」

千早「何だか緊張するわ」

春香「私もだよ。あ、上着脱がせようか?」

千早「お願いするわ」

真(うわぁ、絶対そうだよ。やる気だよ事務所で…。春香と千早はそういう関係だったのか…。あれ?でも、さっき響もどうこうとか…)モンモン





11: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:36:55.06 ID:5Sak70NX0

春香「よーし、頑張るぞ!…あれ?真?」

真「うわぁっ!!!ばれた!」パリーン

千早「おはよう、真。ドアの前で何をしているの?」

真「いやっ!別に!まだ何もみてないよ!」

春香「そうだ。今から真に凄いもの見せてあげるよ」

真「ハァ!!??いいよ嫌だよ!」

千早「それなら真も一緒にやらない?いれてあげるわ」

真「『挿れる』!?千早は生えてるの?!いいよ別に!ボクはしばらくその辺走ってくるから!ごゆっくり!」ドヒューン

千早「…どうしたのかしら?真」

春香「朝から元気だね」





12: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:39:31.26 ID:5Sak70NX0

春香「では、目を閉じてください」

千早「はい、いいわよ」

春香「いいですか~?私が、3つ数えて手を叩くと~千早ちゃんは~」

千早(…これは、ただ命令してるだけなんじゃないかしら)

春香「猫になります!」

千早「!?」

春香「3!」

千早(春香のあどけない期待が声で分かる…)

春香「2!」

千早(まあ、さっきは失礼な対応しちゃったし…)

春香「1!」パン

千早(のってあげましょうか…)





13: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:41:45.61 ID:5Sak70NX0

千早「…」ネコメ

春香「…」ワクワク

千早「に、にゃん」

春香「おお!」

千早「にゃんにゃん!」

春香「お手!」

千早「にゃん」ポム

春香「首さわさわ!」

千早「にゃ…ちょっと!」

春香「耳の穴に指をズボッ!」

千早「春香!」

春香「あれ?千早ちゃんだ」

千早「当たり前でしょ!」





14: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:43:55.41 ID:5Sak70NX0

春香「やっぱり、失敗してたの?」

千早「むしろあれで成功すると思ったの?馬鹿みたいよ?」

春香「…じゃあ、千早ちゃんは素面でにゃんにゃん言ってたの?」

千早「そうなるわ///」

春香「えへへ、ありがと」





15: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:46:33.49 ID:5Sak70NX0

春香「でも私には催眠術は向いてないかな…」

千早「こういうことは信じてないとダメなんじゃない?」

春香「千早ちゃんは信じてないの?」

千早「ええ。しかも普通の人には無理じゃないかしら」

春香「どういうこと?」

千早「嘘みたいに馬鹿で単純な人じゃないと駄目ね」

ドアバーン

響「はいさーい!!」





16: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:49:55.44 ID:5Sak70NX0

響「ねえwwwちょっと聞いてよwwwさっきwww

  落ちてる犬の糞を華麗にかわしてwwwww

  もう、自分ったらほんとに完璧さー!って思ったけど

  犬のしっぽを踏んじゃってwwww

  逃げたんだけどめちゃくちゃ追いかけてきてwwwww

  尻をガブだよwww尻をwwww」

春香「面白い朝だったね」アハハ

千早「もう…私たちは仮にもアイドルなのよ?」

春香(千早ちゃん。響ちゃんに催眠術試効くかな?)

千早(効くと思うわ)





17: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:53:04.49 ID:5Sak70NX0

春香「響ちゃーん。こっちにきて!」

響「え?何?」

千早「ソファに座って?」

響「おしり痛いんだぞ…まあいいか!」

春香「目をつむってください」

響「何するの?寝起きドッキリ?」





18: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 06:56:31.76 ID:5Sak70NX0

春香「貴方はだんだん眠くなりま~す」

響「ちょっと、なにこれ?」

春香「眠くな~る」

響「なん…なの…」

春香「眠くな~る」

響「Zzz…」クテー





19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/20(水) 06:59:33.94 ID:5Sak70NX0

千早「何だか罪悪感がするわ」

春香「でも私、三回お願いしただけだよ?」

千早「よく今まで無事に生きてこれたわね。すごい」

春香「何しよっか」

千早「考えてなかったの?」

春香「本当にかかるとは思わなかったから…」

千早「…!いい事思いついたわ」





20: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:02:35.78 ID:5Sak70NX0

千早「あなたは目が覚めて一番に見た人を大好きになります」

春香「ちょ、ちょっと!」

千早「抑えきれないくらい好きになります」

春香「そんなことしたら響ちゃんがクレイジーサイコレズになっちゃうよ!」

千早「私が相手になるから大丈夫よ」(これで私が好かれれば春香の本がもらえる!)





21: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:06:03.40 ID:5Sak70NX0

千早「あなたは手を叩いたら、目が覚めます。いいですか?3、2、1、パァン!」

響「……ん、あれ?寝てた?」

春香「こっちみないで!」

響「ええっ、何で!ひどい……ぞ……」メトメガアウー

春香「え?」

響「自分、こんなに恋をしたのは初めてだ///」

春香「ひ、響ちゃん///」





22: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:09:04.33 ID:5Sak70NX0

響「春香!春香!春香ぁ!」

春香「響ちゃんのようすがおかしいよ、千早ちゃん」

千早「そうね。というか、これはどうすれば元に戻るのかしら」

春香「考えてなかった!」

響「千早、今は春香と二人にしてくれない?」

千早「……じゃあ、春香からもらうライトノベルを私にくれる?私、こういうの一個も持ってないの」

響「あげるから、二人きりにして!春香!ここでする?」

春香「助けて!」





23: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:12:44.63 ID:5Sak70NX0

千早「当身」

響「はうっ」ガクリ

春香「力技!?」

千早「じゃあ、しばらくそこのコンビニに逃げるわ。目が覚めて私がいたら怒られちゃうもの」

春香「ええ~?」

千早「起きるまでに対策を考えるのね」

春香「う、うん」





24: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:15:02.07 ID:5Sak70NX0

春香「本当に行っちゃった…」

響「うーん、一体何が…」

春香「復活早いね…。あ!見られちゃマズイ!」

響「うわ!頭掴まないでよ!」

春香「大丈夫、私だよ」

響「春香?何してるの?あと、愛してるよ」

春香「駄目だった!」





25: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:18:05.09 ID:5Sak70NX0

春香「あ、催眠術かけなおせばいいんだ」

響「催眠術?自分に?」

春香「そう。よく聞いててね…?」

響「いいか?春香。そんなものにかかるのは、ウソみたいに馬鹿で単純な奴だけだぞ?」

春香「あなたはだんだん眠くなりまーす」

響「効かないってば…」

春香「眠くなりまーす」

響「効か…ない…ぞ」

春香「眠くなりまーす」

響「Zzz…」

春香「よっしゃ」





26: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:20:39.91 ID:5Sak70NX0

真「……おほん、おはようございーす!まこりんが来ましたよー!」

真「…終わった?」

真「いない…か。よし」

真「誰もいない……あれ、響?」

響「…」

真「寝てるの?いや、なんか変だ…。響!響!」ペシペシ

響「…」

真「起きろ!」パァン!

響「ん…あれ、真?」メトメガアウー

真「大丈夫?」

響「自分、こんなに恋をしたのは初めてだ///」

真「?」





27: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:23:06.55 ID:5Sak70NX0

響「真…愛って素晴らしいよね」

真「急になんだよ…。もしかして、好きな人が出来たの?」

響「うん。自分の、身近な人だよ」ウワメヅカイ

真「ええ~。誰かな」

響「もう!鈍感!」プイ





28: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:25:53.04 ID:5Sak70NX0

真「それってさ、ボクとか765プロのみんなが知ってる人?」

響「いるよ。その中に」

真「え?じゃあ、プロデューサー!?」

響「違うぞ!」

真「じゃ、じゃあ、社長なのか!?」

響「ふざけないでほしいぞ!」





29: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:28:30.29 ID:5Sak70NX0

真「?」(それだと、もう女の子しかいないけど…。)

響「真、一つ聞いていい?」

真「いいよ。何?」

響「同性愛ってどう思う?」

真(響もかよ!)





31: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:32:28.32 ID:5Sak70NX0

真「ああ、うん。まあ、珍しい事じゃないよ。14分の3だし。」

響「そうか!真に理解があってよかったぞ」

千早「あら?真が来ているわ」

真「あ…千早…お、おはよう。うん」

千早「我那覇さん、身体は大丈夫?」

響「身体?そういえば、ちょっと痛むかも…」

千早「完全にはいっちゃったものね…」

真「入った!?」

響「おしりも痛いし…」

真「そっちも使ったのか!?」

千早「起きてくれて安心したわ。春香から、起きないってメールが来たから」

真「気絶しちゃったの?ていうか、これ以上ボクに何を相談するつもり!?」





32: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:35:52.90 ID:5Sak70NX0

春香「あ!響ちゃん起きてる!千早ちゃんと真もいる!」

真「あ、春香…。おはよう。うん」

響「春香、おはよう」

春香「あれ?戻ってる?」

響「?」

春香「春香さんだよ?」ドヤ

響「??」

春香「メインヒロインの、天海春香だよ?」キャピ

響「まるで意味が分からないぞ!」

春香「よかったー。元通りか」

真(春香は千早が好きなんじゃなかったの?)





33: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:39:21.31 ID:5Sak70NX0

真「ちょ、ちょっと!急にいろいろ起こりすぎだよ。

 駄目だ・・・、付いていけないよ・・・。ちょっと風に当たってくるね」

響「真、どこ行くの?自分も付いていくぞ」

真「ちょっと一人にして?」ドヒューン

響「うん、分かった…」ショボン

春香「今日の真はなんか変だね」

千早「悩みがあるなら言えばいいのに」





34: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:42:04.34 ID:5Sak70NX0

響「あ、『ピヨピヨ+ブレイン』だ。春香が持ってきてくれたの?」

千早「ええ。でも私にくれるのよね?」

響「え?なんで?」

千早「さっき二人きりにしてあげたでしょ?」

響「何の話?」

春香「響ちゃん、さっきの覚えてないの?」

響「…?」

千早「そう…。じゃあ改めて、それを私に譲ってくれないかしら。私、こういうの一個も持ってないの」

春香「千早ちゃん、そこ押すよね。今日」





35: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:44:50.62 ID:5Sak70NX0

響「うーん、じゃあ、協力してくれたらいいぞ」

春香「何に?」

響「実は、自分、真に恋しちゃったんだ…。だから告白したいんだ」

千早「それはいいわね。協力するわ」

春香「ちょっと、千早ちゃん、もしかして催眠術がまだ解けてないんじゃ…」

千早「真には犠牲になってもらうわ」

春香「・・・まあいいいか」





36: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:48:10.27 ID:5Sak70NX0

響「もう今から告白しちゃうぞ!真呼んじゃう!」ポパピプペ

響「ねえ、成功するかな…?」

春香「私は応援するよ。うん」

千早「最悪の場合、真ならなんとか出来るわ。我那覇さんと同じタイプだもの」

春香「被害者が増える…」





37: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:51:00.31 ID:5Sak70NX0

真「ただいま」

響「真!おかえり!」

真「ちょっと待って。ボクから話していい?」

響「うん…」

真「やっぱりおかしいよ。いや、女同士は別にいいと思うけど」

響「だよね!」





38: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:53:15.17 ID:5Sak70NX0

真「冷静に考えるとさ、君たちの内一人は…二股かけてる訳だよね?」

春香(…真は何で怒ってるのかな?)

千早(…もしかして、ライトノベルの話じゃないかしら)

春香「ああ、真。それはね、最初は響ちゃんだけだったんだけど千早ちゃんもって言うから、じゃあ二人で話し合って決めていいよ、ってなったの」

真「何だよそれ、春香の意見は無いの?」

春香「私はどっちでもいいかなって…」

真「何だって!?モテるからって調子に乗るな、春香!」

春香(怒られた…)





39: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:55:54.16 ID:5Sak70NX0

真「いい?これは、裏切りなんだよ。それも大事な友達の間での、裏切りだ」

春香「う、裏切り!?」

真「そうだよ、いずれは響も千早も傷つけるんだ」

春香「そうかな?響ちゃんは許してくれるし、千早ちゃんはこんなの気にしないよ」

真「目を覚ませ!」パチーン!!

響「ビクッ」





40: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 07:58:33.81 ID:5Sak70NX0

春香「痛い!」

響「大丈夫か?春香」

春香「う、うん」

響「……春香ぁ」メトメガアウー

千早(……乗り代わったたわね)

真「ビンタしてごめん……」

春香「ううん、理由もなしにやる人じゃないよ。真は(多分)」





41: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 08:00:54.61 ID:5Sak70NX0

春香「うーん、じゃあ、やっぱり、響ちゃんにあげるよ。最初に約束したしね。」

真「あ、あげる?ああ、初めてとか?そう…。まあ、うん、いいと思う。響と千早もそれでいい?」

千早「春香がそう決めたのなら従うわ」

真「えらいよ。千早」

響「円満結婚って事?やったぞ!」





43: ◆tCWTMHEtKA:2014/08/20(水) 08:03:59.86 ID:5Sak70NX0

真「さあ、千早。春香と響を二人きりにしてあげようよ」

千早「いいわよ」

春香「どうして?」

響「逆に自分たちが仮眠室に行こうよ!」

春香「・・・?うん、分かった」

真「ごゆっくりー。鍵は閉めておくよ!」

アッーーーーーーー!






「眠れる部屋の4人」をアイマスのキャラでやりました。
DVDもあるので観てみてください。





44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/20(水) 09:12:36.95 ID:maWlZnMt0

おつ
中々ぶっとんでた





46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/20(水) 13:40:31.85 ID:CFyOjioc0

おつおつ!






元スレ:真「駄目だ・・・、付いていけないよ・・・」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408482797





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。