Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  雪歩「阿部さん?」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
ウホッ!スレタイから漂う危険な匂い。そしてこの世にホ○が嫌いな女性などいない。
よって、ここは女性と一部のオマイラによる饗宴の場となること間違いなし。乙。


2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 00:20:47.13 ID:29WSfbxq0

亜美・真美「……」ジー

P「どうしたんだ?」

亜美・真美「……」

P「足を組んで?」

亜美・真美「……やらないか?」

P「はぁ?」






3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 00:21:59.97 ID:29WSfbxq0

亜美「兄ちゃん知らないのー?阿部さんだよ」

P「いや、知ってるけど」

真美「ホントにー?知ってたらその返しはないと思うけど」

P「俺は一般人の普通の反応だと思うけどな」

亜美「いやいや、ありえないっしょー!!知ってたら絶対言っちゃうよね?真美?」

真美「うんうん。絶対、条件反射で言っちゃうっしょー」

P「分かった知らないとして何て言うんだ?」

亜美・真美「それを亜美(真美)達に言わせるつもり?」

P(「やらないか?」の方はいいのか?)

亜美「それじゃあ、最初から行くよ。兄ちゃん!!」

P「お、おう」

亜美・真美「……やらないか?」

P「ウホォ!!いい男!!」





4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 00:25:33.09 ID:29WSfbxq0

亜美「で、出るらしいよ」

真美「んなわけないじゃん。噂っしょ?」

亜美「でも、クラスで見た子がいるんだって?」

雪歩(亜美ちゃんと真美ちゃんは何を話してるかな?)

亜美「ホントだって!!阿部さんが出るんだよ!!」

雪歩(アベさん?)

真美「嘘だ~。亜美、騙されたんだって」

亜美「だってクラスの子が阿部さんが掘ってるのを見たって言ってたもん!!」

雪歩(掘る?……土木関係の人なのかな?)





7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 00:31:22.42 ID:29WSfbxq0

真美「見た子って誰?」

亜美「由美って子」

真美「絶対嘘じゃん!!」

亜美「嘘じゃないんだって!!由美、真剣そうな顔で「凄い穴掘りだった、魂が熱くなった!!」って言ってたし」

雪歩(魂が熱くなる穴掘り!?)

雪歩「あの亜美ちゃん」

亜美「ゆ、ゆきぴょん!?・・・…」

真美(やば・・・…事務所でしていいい話じゃなかったかも)

雪歩「その阿部さんって人の話もっと詳しく聞かせてくれませんか?」

亜美・真美「え!?」





8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 00:32:31.34 ID:29WSfbxq0

阿部さん「……ふぅ」

真美「ホントにいたんだ・・・…」

亜美「でしょ!!嘘じゃないんだって!!」

雪歩「あの人が阿部さん……」

真美「でも、この後どうするの?」

亜美「う~ん。実在するのは分かったしお菓子でも買って帰る?」

雪歩(阿部さん…魂が熱くなる穴掘りをする人……)

雪歩「」スッ

亜美・真美「ゆ、ゆきぴょん!?」





9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 00:35:47.04 ID:29WSfbxq0

雪歩「あ、あの?初めまして・・・」

阿部さん「ん?なんだい僕に用かい?」

雪歩「私、萩原雪歩と言います。あなたは阿部さんで間違いないのでしょうか?」

阿部さん「ああ、僕が阿部高和だが?」

阿部さん(おいおい、いい男をさがしてたら女が来たよ…早くどっかに行ってくれないかな)

雪歩「実は今日は頼みたいことがあって・・・…」

阿部さん「頼みたいこと?」

雪歩「はい!!」

阿部さん「やるやらないは別にして一度聞いてみようじゃないか・・・ハハハ」

雪歩「あの、こんな事プロの方に言っていいのか分かりませんけど・・・…」モジモジ

阿部さん(何か難しいことなのか?)

雪歩「私に阿部さんの穴掘りを見せてください!!」

阿部さん「はぁ!?君、正気かい!?」





10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 00:36:20.75 ID:euILJKCW0

あっ





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 00:38:11.92 ID:xdWfsRla0

(あかん)





12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 00:40:39.98 ID:29WSfbxq0

雪歩「はい!!出来れば私も一緒にやってみたいのですが」

阿部さん「いやいや、無理だ!!僕は男としかしない趣味なんだ」

雪歩「確かに男の世界(土木関係)なのかもしれません・・・でもそれが好きな女の子だっているんです!!」

阿部さん「なんだって!?」

雪歩「私は本気です!!阿部さんの・・・魂が熱くなる穴掘りが見たいんです!!そして私も同じ場所に立っていたいんです!!」

阿部さん(この娘の目・・・…本気だ……)

真美「まさかゆきぴょんが腐女子だったなんて……」

亜美「男の人が苦手って大好きじゃん!?大好物じゃん!?」





13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 00:43:02.92 ID:29WSfbxq0

阿部さん「いや待ってくれ。君にはドリルがないじゃないか」

雪歩(ドリル・・・この人はドリルで穴を掘るんだ)

雪歩「私はこれ(スコップ)です」スッ

阿部さん「冗談を言うんじゃない!!出来るわけないだろ!?」

阿部さん(ケツが裂けるわ!!)

雪歩(出来るわけない!?……スコップじゃ歯が立たないほど固い地面なんだ・・・…)

雪歩「分かりました。本番では去年の誕生日に親から送られた特注の物(ドリル)を用意します」

阿部さん(親からだと!?どんないったい教育をしているんだ!?)





14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 00:47:17.10 ID:29WSfbxq0

阿部さん「君の熱意は伝わった…特別に見ることは許可しよう」

雪歩「ありがとうございます!!」

阿部さん「だが一緒に掘りはしない。これは遊びじゃないし相手にも失礼だ」

雪歩(相手?…この人は地面を戦う一人の人間に例えているんだ…すごいなぁ)

雪歩「わかりました。十分です」

阿部さん「分かってくれたか。それでは物陰にでも隠れていなさい!!」

雪歩「は、はい!!」サッ

雪歩(って…条件反射で茂みに隠れちゃったけど……なんで隠れなきゃいけないんだろう?)

真美「どうすんの亜美!?このままじゃ・・・…亜美?」

亜美「どしたの?」

真美「その手に持ってるカメラは何?」

亜美「え?真美も阿部さん好きでしょ?だから同類だよね?」

真美「え?」亜美「え?」





17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 00:53:25.28 ID:29WSfbxq0

マッチョ「ふぅふぅ・・・」タッタッタ

阿部さん「・・・…やらないか?」

雪歩(すごい筋肉・・・完全に同業者の人だ……)

マッチョ「お?阿部さんじゃないか。今日も獲物を探してるのかい?」

阿部さん「ああ、そうなんだが。今日はなかなか見つからなくてな。どうだい?そこらで1プレイ?」

雪歩(1プレイって遊び感覚で誘っちゃうんだ…ホントに穴掘りが好きなんだなぁ)

マッチョ「う~ん。まあ、たまには阿部さんに付やってやるか・・・前と同じで公園のトイレにするかい?」

阿部さん「いや、この季節はトイレは暑いだろ。開放感もあるし木の陰でしようじゃないか?」

阿部さん(今日はギャラリーもいるしね)

真美「亜美どういう事?お姉ちゃんに話して」

亜美「いやだから真美もBL好きなんじゃ?」

真美「え?」亜美「え?」





18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 00:58:36.70 ID:29WSfbxq0

ピピピピピ…

マッチョ「お?時間か」

阿部さん「おいおい携帯の着信は切っておけよ」

マッチョ「悪い阿部さん。大胸筋にプロテインをあげる時間なんだ」

阿部さん「…・・・糞!!それじゃしかたないな」

マッチョ「ホントにすまない…今度会った時は最高のプレイをしてやるよ」

阿部さん「ふっ、楽しみにしてるよ・・・」

マッチョ「じゃあな阿部さん」

阿部さん「ああ、またな」

雪歩(これが穴掘りで生まれる友情かぁ…憧れちゃうなぁ)





20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 01:02:22.26 ID:29WSfbxq0

阿部さん「すまない。今日は中々相手が見つからないようだ」

雪歩「あの、一つ質問いいですか?」

阿部さん「なんだい?」

雪歩「一人で掘る事って出来ないのでしょうか?」

阿部さん「!?」

阿部さん(一人で掘る?ダッチ○イフの事か!?)

阿部さん「君に一つ言っておく。この行為は神聖なものなんだ!!一人でなんかできるわけないだろ!!」

雪歩「す、すいません。私、何も知らなくて・・・…」

阿部さん「分かればいいんだ。分かれば」

阿部さん(見込みのある娘だと思ったが、やはり女。夢も希望もないな)

雪歩(穴掘りも千差万別。人には人のやり方とプライドがあるもんね)

真美(まさか亜美が腐女子だとは思わなかった・・・…)

亜美(まさか真美がノーマルだとは思わなかった・・・…)





23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 01:04:52.83 ID:29WSfbxq0

阿部さん「話は代わるが、僕は今日中々パートナーが見つからないみたいだ。そこで逆に君の穴掘りと言うものを僕に見せてくれないだろうか?」

雪歩「私の穴掘りを?」

阿部さん「ああ、実は女の人の穴掘りを見たことがなくてね。後学の為に見せてもらいたいのだが駄目かい?」

雪歩「駄目だなんて!?私頑張っちゃいますぅ!!」スコップスゥー

阿部さん「だからそれを出すのはやめてくれ!!」

雪歩「す、すいません。いつもの癖で」ペコペコ

阿部さん(癖って……どんな感覚してるんだこの娘は!?)

真美「亜美、お姉ちゃんと話をしよう」

真美(亜美をBLの世界から救い出さないと)

亜美「うん。ここはちゃんと話しておくべきだと思う」

亜美(話をするってことは真美も興味あるんじゃん)





25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 01:10:52.43 ID:29WSfbxq0

雪歩「それじゃあ、家にドリルを取りに行ってきます」

阿部さん「ああ、ここで待ってるよ」

雪歩「ありがとうございます。それじゃあ行ってきます」タッタッタ

真美「ここじゃなんだからファミレスで話そうよ」

亜美「徹底的に話をしないとね」

阿部さん「ふぅ行ったか…だが何もせず待つというのは……」

冬馬「ウホォ!!いい男!!」

阿部さん「退屈しなくて済みそうだな……」





26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 01:12:40.06 ID:29WSfbxq0

雪歩「すいません遅くなりました」ハァハァ

阿部さん「ふぅ…いや大丈夫だよ。実は君がいない間にパートナーが見つかってね」

雪歩「ええ!?先に掘っちゃたんですか!?」

阿部さん「すまない。だが一度起きた衝動は抑えることが出来ないんだ」

雪歩「なんだか分かる気もします」

阿部さん「そうか」

阿部さん(やはりこの娘、本物だな)





27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 01:16:24.31 ID:29WSfbxq0

阿部さん「それにしても君が持ってるその禍々しい物はなんだい?」

雪歩「これですか?これが私のドリルです!!」ニコニコ

阿部さん(ドリル!?)

阿部さん(正気かこの娘?)

阿部さん(ドリルと言ったって本物のドリルじゃないか!?)

阿部さん(こんな物をケツに入れたら一生使い物にならなくなるぞ!?)

阿部さん(ハッ!?まさか)

雪歩「大丈夫ですか?」オロオロ

阿部さん「ハァハァ…まさかな・・・…」

阿部さん「それじゃあ。・・・実践して見せてくれないか?」

雪歩「はい!!」ニコニコ





29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 01:20:29.58 ID:29WSfbxq0

雪歩「どうですかぁ?」ドドドドドドド・・・

阿部さん「…やっぱり」

雪歩「すいません。大きな声で喋ってもらえませんか?聞こえなくて」ドドドドドドド・・・

阿部さん「やはり女はたくさんだ…」

雪歩「すいません!!今なんて?」ドドドドドドド・・・

阿部さん「やはり女はたくさんだ!!!!と言ったんだよ!!!!!糞っ!!!!」スタタタタッ!!

雪歩「え!?なんで!?」ドドドドドドド・・・





30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 01:24:46.12 ID:29WSfbxq0

阿部さん「糞!!女なんて糞くらえだ!!お!?」

赤羽P「ん?誰ですか?」

阿部さん「……やろうか?」ニィ

赤羽P「いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」





31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 01:26:16.87 ID:29WSfbxq0

雪歩「阿部さん。どこに行ったんだろ?」

阿部さん「いくぞ!!」

赤羽P「あががががあああ・・・」ガクガク

雪歩「え?」

阿部さん「ふぅ」

雪歩「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」





32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/25(月) 01:28:14.32 ID:zmK30zoDO

バネPがやられたか…





33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 01:28:24.95 ID:29WSfbxq0

P「ただいま!!」

雪歩「あっ」ビクッ!!

バリンッ!!

雪歩「大切な湯呑が!?」

P「雪歩大丈夫か?」

雪歩「ぷ、プロデューサー、あ・・・」ゾワワワ・・・

P「どうしたんだ雪・・・」バチーン!!

雪歩「す、すいませんプロデューサー。わ、私、穴掘って埋まってますぅ!!」

真「雪歩ここは駄目だって!!」





34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 01:30:52.02 ID:29WSfbxq0

P「痛ててて…何がどうなってるんだ?」

千早「プロデューサー」

P「千早、どうかしたのか?」

千早「亜美達から聞きました。プロデューサーは中日ファンらしいですね。今まで5位の我が横浜ベイ○ターズを見て笑ってたんですね。軽蔑します」スタタタ

P「千早…違うぞ。俺はパリーグのオリックスファンだ・・・」

P(どうなってるんだ?亜美達から聞いたって言ってたが?いつものイタズラか?)

   





35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 01:32:18.57 ID:29WSfbxq0

亜美・真美「兄ちゃん~!!」

P「おい!?急に飛びかかるな!?」

亜美「千早お姉ちゃんに嫌われちゃったね」ニコニコ

P「やっぱりお前らの仕業か!!」

真美「もう千早お姉ちゃんは諦めるしかないねぇ」ニコニコ

P「おい、諦めるって何言ってるんだ?」





36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 01:34:04.82 ID:29WSfbxq0

亜美「それはねー真美」ニコニコ

真美「んっふっふ~内緒だよね」ニコニコ

P「おいおい、また何かたくらんでるな」

亜美(みんなの好感度を下げれば兄ちゃんは絶対男に走るっしょ→!!)

真美(こんな世界があったなんて。亜美、真美も協力するよ!!)


終わり





37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/25(月) 01:36:30.99 ID:uVi3DUl1O







39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/25(月) 01:40:04.64 ID:09MZAOY/O

あ、阿部さんいつの間に後ろn ンアー





42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/25(月) 01:54:27.64 ID:A1GFIMtDO

P…この双子殴って良いぞ!





46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/25(月) 08:45:06.96 ID:xdWfsRla0

雪歩が掘られる展開を期待してしまった…

罰として涼ちんに掘られてきます






元スレ:雪歩「阿部さん?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408893591





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。