Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  真美「ね→ね→、枕営業ってどういう意味なの?」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
純粋って良いですね。罪無し。完全無罪です。管理人も枕営業してみたい(錯乱)
実際の芸能界にはあるのでしょうか。これは確かめるべく、芸能界に入らねば乙!


3:プロローグ 1/13:2014/08/21(木) 23:27:47.51 ID:X2dk5fxa0

やよい「まくらえーぎょー?」

貴音「はて……?」

響「うーん、自分も聞いたことないぞ」


真美「うあうあ→、全滅だYO! 事務所のみんななら知ってると思ったのに~」






4:プロローグ 2/13:2014/08/21(木) 23:29:07.73 ID:X2dk5fxa0

貴音「それは、どのような状況で言われたのでしょう?」

真美「えっとねー、真美のクラスの男子がニヤニヤしながら、「双海も枕営業とかやってんのかー?」って」

やよい「うぅー、それだけじゃわかんないよ」

響「他には何か言ってなかったか?」

真美「ええっと~……あっ! 「プロデューサーと寝て仕事もらってるんだろー?」とか言ってた!」





5:プロローグ 3/13:2014/08/21(木) 23:29:53.04 ID:X2dk5fxa0

貴音「プロデューサーと……」

やよい「寝る?」

響「あっ……!」///

真美「なになに、ひびきん? なにかわかったの?」

響「ええっ!? いや、その、えっと……!」///





6:プロローグ 4/13:2014/08/21(木) 23:30:54.09 ID:X2dk5fxa0

貴音「はて……響、なにやら顔が赤いようですが」

やよい「だいじょうぶですか?」

響「う、うがーっ!」///

真美「枕営業がなにかわかったんなら、YOU、言っちゃいなYO!」





7:プロローグ 5/13:2014/08/21(木) 23:31:36.13 ID:X2dk5fxa0

響「……いや、えっと、もしかしたら、なんだけど……」

真美「うんうん」

響「枕営業っていうのは……」

貴音「枕営業とは……?」





8:プロローグ 6/13:2014/08/21(木) 23:32:15.86 ID:X2dk5fxa0

響「仕事を取ってきてくれる人に、『膝枕』とか『腕枕』をしてあげるってことなんじゃないか……?」





9:プロローグ 7/13:2014/08/21(木) 23:32:42.72 ID:X2dk5fxa0

真美「……」

貴音「……」

やよい「……」


響「あっ、あっ、やっぱり違っ……!?」





11:プロローグ 8/13:2014/08/21(木) 23:33:26.30 ID:X2dk5fxa0

真美「それだよひびきん!! 枕+営業! 間違いないよ!!」

やよい「そっかぁ、そういうことだったんだぁ!」

貴音「なるほど、すべて合点がいきました。響、感謝いたします」


響「そ、そうかな!? えへへ、やっぱりそうだったかぁ!」///





12:プロローグ 9/13:2014/08/21(木) 23:34:03.78 ID:X2dk5fxa0

真美「さっすがひびきん、完璧ですなー! ぃよっ、完璧しまんちゅ!」

やよい「うっうー! 響さん、輝いてます!」

貴音「まこと、素晴らしく明晰な頭脳です」


響「そ、そんなに褒められると……えへへぇ♪」///





13:プロローグ 10/13:2014/08/21(木) 23:34:55.05 ID:X2dk5fxa0

真美「とゆーことは、兄ちゃんと寝てお仕事をもらうっていうのは……」

貴音「ええ。わたくしたちのため身を粉にして働いてくださっているプロデューサーに枕営業をして……」

やよい「いっぱいいっぱい、元気になってもらうってことですねっ!」

響「ぐっすり眠れたら、仕事もすっごく頑張れるもんな!」





14:プロローグ 11/13:2014/08/21(木) 23:36:12.16 ID:X2dk5fxa0

やよい「そういえばプロデューサー、最近ぜんぜん眠れてないって言ってました……」

真美「あ、真美もそれ知ってる! たしか、不妊症っていうんだよね?」

響「それだとなんか、プロデューサーがすごく斬新な生き物みたいになっちゃうぞ……」

貴音「不眠症、ですか。どうりで近頃、目の下にひどい隈をつくっているわけです」





15:プロローグ 12/13:2014/08/21(木) 23:38:39.64 ID:X2dk5fxa0

真美「今まではしてなかったようなお仕事のミスも、するようになってるよね」

響「よく考えなくても、自分たち9人を竜宮小町と並ばせるって、とんでもないことだもんな……」

やよい「やっぱりプロデューサー、私たちのためにずっと無理してるんだ……」

貴音「……いけず、です」





16:プロローグ 13/13:2014/08/21(木) 23:39:30.95 ID:X2dk5fxa0

真美「よーし、こうなったら真美たちで、兄ちゃんに枕営業して元気になってもらおう!」


 「「「おーっ!!」」」





17:やよい枕 1/11:2014/08/21(木) 23:47:56.23 ID:X2dk5fxa0

やよい「プロデューサー! おはようございまーっす!」ガルーン


P「おはよう、やよい」

やよい「じー」

P「ど、どうした? 俺の顔になにかついてるか?」

やよい「プロデューサー、お昼ごはんはもう食べましたか?」

P「え、ああ……。ほら、いま食べるところだよ」

やよい「……コンビニのおにぎり1個と、栄養ドリンクですか?」

P「最近あんまり食欲がなくってさ……あはは」





18:やよい枕 2/11:2014/08/21(木) 23:48:50.45 ID:X2dk5fxa0

やよい「私のお昼ごはんと、交換しましょう! はい、お弁当です!」

P「えっ!? いや、やよいにこんなの食べさせるわけには……」

やよい「もう、プロデューサー!」ズイッ

P「うおっ」ビクッ

やよい「だったら、私に食べさせてもいいような、ちゃんとしたごはんをプロデューサーも食べてくださいっ!」

P「……! ……あ、ああ……そうだよな。すまない」





19:やよい枕 3/11:2014/08/21(木) 23:49:49.24 ID:X2dk5fxa0

やよい「じゃあ今日は、私のお弁当を食べてくれますか?」

P「……ああ、わかったよ。それじゃあ今日は、やよいの好意に甘えさせてもらおうかな」ニコッ

やよい「うっうー! 好きなだけ甘えちゃってくださいっ!」ペカー

P「じゃあ……」スッ

やよい「あっ、ごはんはあっちのソファで食べましょう!」

P「……? ああ、わかったよ」





20:やよい枕 4/11:2014/08/21(木) 23:50:50.80 ID:X2dk5fxa0

・・・・・・


やよい「お弁当、どうでしたか?」

P「ああ、すごく美味しかったよ! やっぱり手料理っていうのは温かみが違うな!」

やよい「えへへ、喜んでもらえてうれしいです!」

P「じゃあ、そろそろ仕事を……」

やよい「あっ!」ギュッ

P「……やよい?」





21:やよい枕 5/11:2014/08/21(木) 23:52:08.21 ID:X2dk5fxa0

やよい「ど、どうしても、今やらなきゃ大変なお仕事なんですか?」

P「え? いや、そんなことはないけど」

やよい「じゃあプロデューサー、ソファにこうやって座って……」グイグイ

P「ちょ、や、やよい……?」

やよい「こうして、横になってください」グイッ

P「な、なにやってるんだ? これじゃ、まるで……」


やよい「はいっ! 『膝枕』です!」ニコッ





22:やよい枕 6/11:2014/08/21(木) 23:54:49.44 ID:X2dk5fxa0

P「おいおい、こんなところ誰かに見られたら……!」

やよい「だいじょうぶです! もしプロデューサーを叱ろうとする人がいたら、私が叱っちゃいます!」

P「……やよい?」

やよい「プロデューサーは、私たちのためにいつもいつも、がんばってくれてます」

P「……あ、ああ」

やよい「だけどそのせいで、最近あんまり眠れてないんですよね?」

P「それは……」

やよい「私たちのためにがんばるプロデューサーのために、私もプロデューサーのためにできることをしたいんですっ!」





23:やよい枕 7/11:2014/08/21(木) 23:55:53.49 ID:X2dk5fxa0

P「それで、膝枕なのか?」

やよい「はいっ! 起こしてほしい時間があったら言ってください!」

P「……じゃあ、2時には起こしてくれ」

やよい「うっうー! わかりました! それじゃあ、毛布をかけて……それから真美がくれた、このアイマスクを付けてください!」

P「わかった……ん? これ……なんか温かいな」

やよい「す~っごく気持ちいいので、よく眠れるらしいです!」

P「たしかに気持ちいいな。……ほんとにありがとな、やよい」

やよい「プロデューサーこそ、いつもありがとうございます!」





24:やよい枕 8/11:2014/08/21(木) 23:56:52.64 ID:X2dk5fxa0

P「いや、俺は……」

やよい「私たちが有名になれたのも、楽しくお仕事できるのも、全部プロデューサーのおかげなんですよ?」

P「……!」

やよい「プロデューサーには、すーっごく感謝してて……あの、だから、ちょっとでもこうやって、恩返しさせてほしいんです」

P「……ありがとう。その言葉だけで救われるよ。ちょっと泣きそうだ」





25:やよい枕 9/11:2014/08/21(木) 23:57:47.53 ID:X2dk5fxa0

やよい「えへへ♪ 私たちもプロデューサーを支えたいんです。だから今は、なにも心配しないで、ゆっくり休んでくださいね」

P「ああ……わかった。そうさせてもらうよ」

やよい「私、弟たちの面倒を見てるので、寝かしつけるのは得意なんですよ?」ポン…ポン…

P「……そうだな、ぐっすり眠れそうだ」

やよい「おやすみなさい、プロデューサー」ナデナデ

P「おやすみ、やよい」





26:やよい枕 10/11:2014/08/21(木) 23:58:37.88 ID:X2dk5fxa0

・・・・・・


やよい「プロデューサー、プロデューサー」ユサユサ

P「んん……あれ?」パチ

やよい「おはようございます、プロデューサー」ニコッ

P「おはよう、やよい。……まさか本当に寝てしまうとは」ムクッ

やよい「すっきりしてもらえましたか?」

P「身体がすごく軽いよ。頭も冴えたし、これなら仕事も捗りそうだ」

やよい「それはよかったです! それじゃあ元気になったお祝いに……」スッ

P「ああ!」スッ





27:やよい枕 11/11:2014/08/21(木) 23:59:06.62 ID:X2dk5fxa0

やよい「ハイ、ターッチ!」


やよい&P「いぇい!」パチンッ


P「よぉし、このお礼は仕事で返すからな、やよい!」

やよい「うっうー! 枕営業、成功ですーっ!!」

P「えっ」





29:まみ枕 1/8:2014/08/22(金) 00:04:08.95 ID:izf+/mcw0

真美「兄ちゃん兄ちゃん! 昨日、やよいっちと枕営業したんだって?」

P「ちょっ、おま……!?」ガバッ

真美「もがふがっ!?」

P「真美……それ絶対に外で言うんじゃないぞ」ギロッ

真美「え、なんで?」





30:まみ枕 2/8:2014/08/22(金) 00:06:25.75 ID:izf+/mcw0

P「やよいに枕営業のことを吹き込んだのは真美らしいな?」

真美「えっと、枕営業の意味がわかんなかったからみんなに聞いたら、ひびきんが……」

P「あいつ……」

真美「なんかまずいの? 真美も兄ちゃんに枕営業してあげるよ?」

P「……はぁ。まぁやよいも真美も、俺のためを思ってそう言ってくれてるんだよな」

真美「そ→だよ? あったり前田のクラッカーだYO!」





31:まみ枕 3/8:2014/08/22(金) 00:07:25.60 ID:izf+/mcw0

P「でもこれからは、不用意に枕営業って言葉は使わないようにしてくれ。誰かに意味を聞くのも絶対ダメだ。いいな?」

真美「え→? なにそれ、気になるよ~!」

P「い・い・な!」

真美「ぶ~、わかったよー。そのかわりっ!」グイッ

P「うおっ!?」

真美「今日は真美と寝てもらうかんね→!」





32:まみ枕 4/8:2014/08/22(金) 00:08:29.64 ID:izf+/mcw0

・・・・・・


真美「うーん、ちょいとソファじゃ狭いかもねぃ」モゾモゾ

P「なぁ、真美……さすがにこれはちょっと」

真美「も~、兄ちゃんってば甲斐性増しなんだからっ!」

P「増えてるぞ」

真美「やよいっちとは寝たのに、真美とは寝れないの!?」

P「さっきから言い回しに語弊がありすぎるぞ!?」





33:まみ枕 5/8:2014/08/22(金) 00:09:51.26 ID:izf+/mcw0

真美「も→、兄ちゃんは黙って真美と寝ればいいの! はい、アイマスク装着!」スッ

P「わ、わかったよ」ゴソゴソ

真美「そんで目覚ましをセット! んっふっふ→、準備満タンだよ兄ちゃん!」ギュッ

P「万端な……。ところで真美、どうしてやよいと違って、『腕枕』なんだ?」

真美「だっておんなじじゃつまんないでしょ? それじゃあ誰がやっても同じになっちゃうし」

P「うーん……しかしソファでこれじゃ、ほとんど添い寝だぞ……?」





34:まみ枕 6/8:2014/08/22(金) 00:11:15.03 ID:izf+/mcw0

真美「いっつも真美たちのために頑張ってる兄ちゃんに、真美からの小粋なプレゼントだYO!」

P「あはは……そりゃ嬉しいな」

真美「でしょでしょ? それとね、パパから聞いたんだけど、褒められてから寝ると、疲れがすごく取れるんだってさ」

P「ああ、なんか聞いたことがあるような気がするな。ポジティブな気分で寝ると体に良いって」

真美「だから真美が褒めてあげるYO! 兄ちゃんは偉いよー? お仕事がんばってるし、真面目だし、メガネだし、ヘタレだし」

P「おい」

真美「それに真美のことを、真美として見てくれるし」

P「……真美?」





35:まみ枕 7/8:2014/08/22(金) 00:12:29.24 ID:izf+/mcw0

真美「真美だってね、誰にでもこういうことしてあげるわけじゃないよ。兄ちゃんだから、枕営業してあげるんだよ」ナデナデ

P「……言葉選びのせいでいろいろ台無しだけど……気持ちはすごく嬉しいよ。ありがとな」

真美「んっふっふ→、だから今日はぐっすり眠ってね。おやすみ、兄ちゃん」

P「ああ……おやすみ、真美」

真美「―――それが彼の、最期の言葉だったのだ……。 完」

P「おい」





36:まみ枕 8/8:2014/08/22(金) 00:13:50.86 ID:izf+/mcw0

・・・・・・


真美「うあうあ→、左腕の感覚がないYO!」

P「すまん、途中までは首を浮かせてたんだが……」

真美「それって、兄ちゃんがぐっすり眠れたから、真美の腕が痺れたってこと?」

P「まぁ、そうなるか……」

真美「んっふっふ→、それじゃあトクベツに許してしんぜよう!」

P「有り難き幸せです」ペコッ

真美「まったく、せくちーな真美が枕営業してあげたんだから、お仕事ちゃんと頑張ってよね!」

P「ああ! ……って、なんかこの会話おかしくないか……?」





37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/22(金) 00:18:45.48 ID:wNmNKd5co

ふぅ…





38:たかね枕 1/11:2014/08/22(金) 00:20:21.17 ID:izf+/mcw0

貴音「あなた様、本日はわたくしが枕営業をさせていただきます」

P「……もう深くは突っ込まないが、外で枕営業って言葉は絶対に使うなよ……?」

貴音「はて? あなた様がそう仰るのなら、そういたしましょう」

P「そうしてくれ……」

貴音「時に、真美から聞いたのですが」

P「うん?」





39:たかね枕 2/11:2014/08/22(金) 00:21:18.75 ID:izf+/mcw0

貴音「どのような『枕』となりあなた様を癒すのかは、その者のもっとも魅力的な部位でするのが常だとか」

P「あ、あいつ余計なことを吹き込んで……!」

貴音「そこでお聞きしたいのが、あなた様から見て、わたくしの肉体でもっとも魅力を感じる部位はどこなのでしょうか?」

P「いや、あのな貴音……やよいと真美のおかげで、じつはもう疲れはだいぶ取れたんだ。だから……」

貴音「なるほど、そういうことでしたか」

P「わかってくれたか、貴音」ホッ

貴音「……わたくしの肉体に興味などないと、わたくしとは寝たくないと……そうおっしゃるのですね」シュン

P「あれ、ぜんぜんわかってなかったぞー?」





40:たかね枕 3/11:2014/08/22(金) 00:23:40.09 ID:izf+/mcw0

貴音「しかし、わたくしを一番近い場所で見てきてくださったあなた様にそのように言われてしまうと、アイドルとして……」

P「いやいや! 貴音はすごく魅力的だと思うぞ! 大人っぽいし、髪も綺麗だし! ミステリアスだし!」

貴音「では、もっとも魅力的な部位はどこでしょうか?」

P「えっと、それは、その……」チラッ

貴音「……今」

P「いや、見てないぞ!? 全然、尻なんて見てない!!」





41:たかね枕 4/11:2014/08/22(金) 00:24:24.09 ID:izf+/mcw0

貴音「765プロのアイドルの中では、すりぃさいずのひっぷが抜きんでていることは存じておりましたが……面妖な」

P「そ、その、なんというか、すまん……。だが俺はいいと思うぞ。魅力的だと、思う」

貴音「では、あなた様。こちらへ」グイッ

P「えっ……!?」





43:たかね枕 5/11:2014/08/22(金) 00:25:52.90 ID:izf+/mcw0

貴音「上司に臀部を向ける非礼は承知の上。ですがこれも全ては、あなた様の快眠のためなのです」ゴロン

P「貴音……? なにやってるんだ?」

貴音「そふぁに、うつ伏せとなりました。こうしなければ『尻枕』はできませんので」

P「尻枕!? おまっ……正気か!?」





44:たかね枕 6/11:2014/08/22(金) 00:26:43.01 ID:izf+/mcw0

貴音「無論です。それともやはり、不快でしょうか?」

P「いや、そんなことはないが……むしろ貴音が不快だろう」

貴音「不快であれば、このようなことはいたしません。他ならぬあなた様のためとあらば、喜んで尻を差し出しましょう」

P「これは誰かに見られたら通報されるんじゃないのか……?」

貴音「そうなればわたくしが庇いますので。あなた様はなにも心配いりません。ただ疲れを癒してほしいだけなのです」

P「……貴音」





45:たかね枕 7/11:2014/08/22(金) 00:27:58.97 ID:izf+/mcw0

貴音「おなごにここまでさせたのです。あなた様も腹を決めてください」

P「……本当に、いいんだな?」

貴音「はい。枕が高くて首を痛めてはいけませんので、わたくしの太ももの間に身体をおさめてください」

P「…………こ、こうか?」ゴロン

貴音「んっ……心地は如何でしょう?」

P「後頭部越しではあるが、ふわふわで、むちむちで、正直たまらん」

貴音「それは、なによりです……」///





46:たかね枕 8/11:2014/08/22(金) 00:29:35.08 ID:izf+/mcw0

P「この状態もそうだが、なによりここまでしてくれる貴音の信頼と厚意が、なによりも嬉しいよ。ほんとにありがとう、貴音」

貴音「それほどの恩を受けてきたと思っております。あなた様は謙遜されるでしょうが」

P「……それが俺の仕事で、夢だからな」

貴音「わたくしたちは一蓮托生、二人三脚でここまで参りました。なればこそ、あなた様だけが大変に疲弊しているというのは皆、我慢ならないのです」





47:たかね枕 9/11:2014/08/22(金) 00:30:31.80 ID:izf+/mcw0

P「お前たちに気を遣わせてるようじゃダメだな」

貴音「気遣いくらいはさせてほしいものです。仲間、ですので」

P「……ああ」

貴音「あいますくをどうぞ」スッ

P「ありがとう。それじゃあ、もしも誰かに見られたら、くれぐれもフォローを頼むぞ……」

貴音「お任せください。あなた様は、何事も心配なさらずにおやすみください」

P「ああ……じゃあ、おやすみ、貴音」

貴音「おやすみなさいませ、あなた様」





48:たかね枕 10/11:2014/08/22(金) 00:31:47.36 ID:izf+/mcw0

・・・・・・


貴音「よくおやすみになれましたか?」

P「自分でも、あの状況でよく眠れたものだと感心したよ。これも貴音の包容力(意味深)のおかげかな」

貴音「そう言っていただけてなによりです。寝返りをうたれた時は驚きましたが……」

P「それはすまなかった……。しかしお前たちのおかげで、最近は調子もずいぶんと戻ってきたよ。身体も仕事もな」





49:たかね枕 11/11:2014/08/22(金) 00:33:26.32 ID:izf+/mcw0

貴音「自宅で眠れるようになっても、遠慮などせずに呼びつけてもらって構いません。いつでもわたくしの尻を使ってください」

P「お、おう……」

貴音「こうしてあなた様と寝て、癒すことができたことを思えば、枕営業とはまこと、素晴らしいものですね」ニコッ

P「その言い回しだと、素直に頷けないんだよなぁ……」

貴音「はて?」





50:ひびき枕 1/12:2014/08/22(金) 00:39:41.68 ID:izf+/mcw0

響「プロデューサー、はいさーい!」ピョコッ

P「とりゃ」ビシッ

響「むぎゃっ!? ……ど、どうしていきなりデコピンするんだぁ!?」

P「お前が真美たちに、枕営業の間違った意味を教えたことはわかってるんだぞ」

響「まちがった……意味……?」





51:ひびき枕 2/12:2014/08/22(金) 00:40:25.11 ID:izf+/mcw0

P「はぁ……。いいか、教育に悪いからあいつらには黙っておいたが、響にだけは枕営業の正しい意味を教えておくぞ」

響「ど、どういう意味なの……?」

P「耳貸してくれ」スッ

響「う、うん」スッ

P「………………。……、………………」ゴニョゴニョ

響「うん……うん……えっ? ……あっ……ええええっ!?」///





52:ひびき枕 3/12:2014/08/22(金) 00:41:43.26 ID:izf+/mcw0

P「というわけだ、わかったか? あいつらはお前の適当な言葉を信じて、枕営業をしようだとか言いまわってたんだぞ」

響「う、うがーっ!! これじゃ自分たち、変態だぞ!!」///

P「わかったら、あいつらにそれとなく枕営業という言葉は使わないように言い含めておいてくれ」

響「わ、わかったぞ……うぅ」///

P「これからは、よく知りもしない言葉を適当に使ったりはしないこと。生放送とかでは特にな」

響「……はい……ごめんなさい」シュン





53:ひびき枕 4/12:2014/08/22(金) 00:42:18.35 ID:izf+/mcw0

P「でもそのおかげで、俺もすごく助かったからな。おかしな話だけど、一応礼を言っておくよ。ありがとな、響」ナデナデ

響「へっ!? ……あぅ」///

P「さ、仕事仕事」スタスタ

響「ま、待ってよ!」ガシッ

P「ん?」





54:ひびき枕 5/12:2014/08/22(金) 00:43:37.76 ID:izf+/mcw0

響「まだ自分だけ……してないよね」

P「してないって、枕営業のことか?」

響「うっ……!? そ、それはもうナシ!」///

P「べつに無理しなくたっていいんだぞ?」

響「いいの! プロデューサーにお世話になってるのはホントだし、自分も、その……したい……ぞ」///

P「……響」

響「こっち来てっ!」グイッ

P「うわ、おい……!」





55:ひびき枕 6/12:2014/08/22(金) 00:44:18.43 ID:izf+/mcw0

・・・・・・


響「はい、寝て!」グイグイ

P「わ、わかったから押すなって」ポスッ

響「…………。」

P「響?」

響「『膝枕』と『腕枕』と……あと、びっくりしたけど『尻枕』なんてのもやったんだよね……?」

P「あ、ああ」





56:ひびき枕 7/12:2014/08/22(金) 00:45:00.45 ID:izf+/mcw0

響「じゃあ……じゃあ自分は……えいっ!」ギュッ

P「ひ、響……? これは?」

響「『抱き枕』だぞ! 自分は完璧だから、全部が魅力的でしょ? だから、全部なんだぞっ!」

P「………………。」

響「うがーっ! な、なんか言ってよ!」///





58:ひびき枕 8/12:2014/08/22(金) 00:47:20.85 ID:izf+/mcw0

P「そうだな、響は完璧だよ。これはもう、今までで一番安眠できそうだ」ギュッ

響「ぁ……ほ、ほんと?」///

P「ああ、間違いない。響はお日様の匂いがするな……この女の子の匂いのおかげで、俺はぐっすり眠れてるのかもしれないな」

響「えへへ……。自分を抱いて、ぐっすり寝てね?」

P「お前たちにここまでしてもらえるなんて、今まで頑張ったかいがあったよ。ほんとにありがとうな」





59:ひびき枕 9/12:2014/08/22(金) 00:48:33.06 ID:izf+/mcw0

響「お礼を言うのは自分たちの方だぞ。でも、あんまりそういうのを面と向かって言う機会ってないから……」

P「まぁ、そうだよな。距離が近いほど、お礼って言いにくくなったりするもんな」

響「うん。だからみんな、枕営業なんてただの口実で、プロデューサーのためになにかしたかったんだぞ」

P「……そうだったのか」





60:ひびき枕 10/12:2014/08/22(金) 00:49:12.71 ID:izf+/mcw0

響「だから……はい、アイマスク。ぐっすり眠って、元気になってくれると嬉しいぞ」ニコッ

P「ああ、お言葉に甘えさせてもらうよ」

響「おやすみ、プロデューサー」

P「おやすみ、響」ギュッ





61:ひびき枕 11/12:2014/08/22(金) 00:49:58.72 ID:izf+/mcw0

・・・・・・


響「調子はどう? 元気出た?」

P「ああ、今までで一番元気になったかもしれないな」

響「えへへ、当然だぞ! なんたって自分、完璧だからなっ!」ニコッ

P「そうだな、完璧な枕営業だったよ」

響「うがーっ! そ、それはもうナシだってばー!」///





62:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/22(金) 00:50:26.74 ID:wNmNKd5co

(寝られるわけない)





63:ひびき枕 12/12:2014/08/22(金) 00:50:45.60 ID:izf+/mcw0

P「はは、すまんすまん」

響「もう……」

P「とにかくおかげさまで元気になれたよ。また疲れたときは、もしかしたらお願いするかもしれないな」

響「うんっ! 自分たちはいつでもプロデューサーの『枕』になってあげるぞ!」

P「その言い回し、なんとかなんないかなー……」

響「う?」





64:エピローグ 1/6:2014/08/22(金) 00:56:30.49 ID:izf+/mcw0

やよい「プロデューサー、最近すっかり元気になりましたね!」

真美「せくちーな真美たちがあんなに尽くしてあげたんだから、そうじゃなきゃ困っちゃうYO!」

響「そうだぞ、せっかく自分の身体を抱かせてあげてるんだからね!」

貴音「よくよく考えてみれば、これだけのアイドルと枕営業をするのというのも贅沢な話ですね」





65:エピローグ 2/6:2014/08/22(金) 00:57:50.45 ID:izf+/mcw0

やよい「でもでも、私と寝てるときのプロデューサーの顔、ちょっとかわいいかなーって!」///

真美「さすがやよいっち、わかってますな→。無防備な顔って感じだよね」

響「表情だけじゃなくて、仕草とかもね!」

貴音「たしかに……あれが動物としての、もっとも飾らない姿なのでしょう」





66:エピローグ 3/6:2014/08/22(金) 00:59:19.34 ID:izf+/mcw0

真美「次に兄ちゃんが誘ってきたら、どうする? 誰が行こっか?」

やよい「わ、私がいいかなーって……えっと、じゅ、順番てきにっ!」///

響「えー? プロデューサーはきっと、自分を抱きたいって言うと思うぞ!」

貴音「むぅ……わたくしの尻が癖になったと言っておりましたから、きっとわたくしを求めてくださるはずです」





67:エピローグ 4/6:2014/08/22(金) 01:01:19.03 ID:izf+/mcw0

真美「んっふっふ→、甘いぜ皆の衆。このせくちーな真美の思春期バディに、兄ちゃんはメロメロなのさ……」

響「うがーっ! こうなったらプロデューサーに、誰と寝るのが一番気持ちいいか聞くしかないぞ!」

貴音「そうですね、本人に聞くのが一番いいでしょう。身体の相性というものもあるでしょうし」

やよい「カラダの相性……うぅー、あんまり気持ちよくないって言われたら、下半身を鍛えてみようかな……」





68:エピローグ 5/6:2014/08/22(金) 01:02:38.32 ID:izf+/mcw0

真美「よーし、じゃあさっそく兄ちゃんに、枕営業ならぬ枕取材、いってみよーっ!」


 「「「おーっ!!」」」





70:エピローグ 6/6:2014/08/22(金) 01:04:19.27 ID:izf+/mcw0

雪歩「……ひっ……ひぃぃぃ……!!!」ガタガタガタ




P「ん? どうしたんだ雪歩、そっちになにかあるのか?」ヒョコッ




雪歩「ッシャア!!」ブォンッ!!


P「エンッ!!!」ドムッ!!





71:完 :2014/08/22(金) 01:05:12.40 ID:izf+/mcw0

 お し り  ちん





73::2014/08/22(金) 01:07:08.45 ID:izf+/mcw0

こんなネタを、閃いてから書き終えるのに丸一日もかかるとは思いませんでした。

ところでこのSSとは全然まったく微塵も関係ありませんが、律っちゃんはあんなに爆発的に竜宮小町を売り出せるなんて、とんでもない敏腕プロデューサーですね。


ちなみに台詞はありませんでしたが、音無さんはずっと隣のデスクで仕事してました。



ではようやく投下も終わったことですし、そろそろいおり枕で寝たいと思います。

ここまでご覧いただきまして、ありがとうございました。





84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/23(土) 00:29:45.51 ID:2MqrBWwSo

枕営業ってそういう意味だったのか(錯乱)
乙!





74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/22(金) 01:08:49.10 ID:+hLkQiiio

乙おつ!





76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/22(金) 01:17:59.42 ID:9NyyaB+F0

面白かった 乙
けど枕営業って言葉にはどうしても抵抗感でるな





77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/22(金) 01:57:27.36 ID:uy8CZ4dso


真美は俺の腕枕で寝るといいよ





78:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/22(金) 02:14:35.58 ID:yU5wWTmgo

おつおつ

響を抱き枕にした時点で(下半身的に)逮捕待ったなしだな





82:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/22(金) 11:25:33.69 ID:Fw3SSZpAo

尻枕はヤバイ(興奮)





83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/22(金) 12:29:19.64 ID:jTSCbHjr0

乙!

ちょっとあずささんに胸枕してもらってくる





86:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/23(土) 02:06:16.19 ID:BYjrEYftO

真とやったら落ちる(意味深)






元スレ:真美「ね→ね→、枕営業ってどういう意味なの?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408630911





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。