Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  モバP「どうやら凛に嫌われたみたいなんだが……」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
CGプロ創世記から活動する凜に嫌われてしまうとは。Pとしてヤバイ。ホントヤバイ。
誤解があるのなら是非解くべきなのですが。本音は、関係修復しないとCGプロがヤバイ乙!


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 19:44:22.66 ID:ZSY6iPOdo

奈緒「……なぁ加蓮、プロデューサーは何を言ってるんだ?」

加蓮「暑さにでもやられたんじゃない?」

奈緒「なるほど……プロデューサー、冷たいお茶でも飲むか?」

P「あの……ちゃんと聞いてもらいたいんだが。お茶は飲むけど」

加蓮「聞いてる聞いてるーそれは大変だねー」

P「雑誌を読みながらじゃなくてだな……」

奈緒「ほらプロデューサー、お茶。まだお茶のおかわりあるからな?」

P「いや、お茶より話をだな……」

奈緒「まぁまぁ。とりあえず一息入れなって」

P「………………」

加蓮「そうそう。飲んだらちゃんと話は聞いてあげるから」

P「………………」ゴクゴクゴクッ






2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 19:45:14.78 ID:ZSY6iPOdo

奈緒「おっ、良い飲みっぷりだなプロデューサー」

加蓮「……これでもし奈緒がお茶に変なもの入れていたら……ごくり」

奈緒「入れてねぇよ!?」

P「ごふっ!? な、奈緒……お前まさか……」ガクガク

奈緒「だから入れてないって!? ってか、こぼしてるよ、プロデューサー!?」

加蓮「それでなんだっけ? 凛に家まで押しかけられたって話?」

P「いや、そんなこと一言も言っていない――」

奈緒「か、加蓮っ!?」

加蓮「あっ…………ウン、ソウダネ、ソンナコトまだヤッテナイヨネ?」

P「まだ!? まだっていつかやる予定なのか!?」

奈緒「あはは……そんな訳あるわけないだろ……」

P「なぜ目を逸らす!?」ガーン





3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 19:46:00.26 ID:ZSY6iPOdo

加蓮「で、凛がどうしたって?」

P「……いや、だから凛に嫌われたみたいだって」



奈緒「プロデューサーが?」



加蓮「凛に?」



奈緒・加蓮「嫌われた?」





4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 19:46:44.75 ID:ZSY6iPOdo

P「ああ……」

奈緒・加蓮「……………………」

P「???」





奈緒・加蓮「…………ぷっ」

P「!?」





5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 19:48:01.25 ID:ZSY6iPOdo

奈緒「あははははははははっ!」

加蓮「~~っ、くっ、~~~~っ」プルプル

P「…………」

奈緒「あ、あの凛が……あの凛がプロデューサーを嫌うって! あははははっ」

加蓮「あの……ふふっ……あの凛が……プロデューサーをっ……くくっ……お、お腹痛いっ!」

P「…………」

奈緒「プロデューサーと一緒に居るとき、尻尾が付いていたら思いっきり振ってそうなあの凛がっ……ぷぷっ」

加蓮「他の子がプロデューサーに頭を撫でられてるのを羨ましそうに見てるあの凛がっ……あはははっ」





6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 19:49:16.58 ID:ZSY6iPOdo

P「そんな風には見えなかったが……いや、それはともかく、凛が――」

加蓮「無い無いっ! プロデューサー、ホントに暑さにやられちゃった?」

奈緒「そうだよ、プロデューサー。相談って何かと思ったら……ぷふっ!」

加蓮・奈緒「あははははははははっ」バンバン

P「……」イラッ



P「………………二人ともマストレさんの地獄の特訓とフリフリ衣装で営業だな」ボソッ

加蓮・奈緒「!?」

加蓮「ぷ、プロデューサー!? じょ、冗談だよね?」ヒクヒク

奈緒「ふ、フリフリ衣装……ぱ、パワハラだっ! 卑怯だぞ、プロデューサーっ!///」

P「嫌なら……わかってるよなぁ」ニヤァ





7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 19:50:05.26 ID:ZSY6iPOdo

加蓮「うわぁ……ドン引きだよ、プロデューサー」

奈緒「まるで悪役だな……子供が見たら泣くぞ」

P「まぁ、冗談はともかくマジなんだって」

加蓮「とは言ってもねぇ。とてもじゃないけど想像できないよ?」

奈緒「だな。プロデューサーが凛に嫌われる、ねぇ……うーん」

P「でも実際反応がだな……素っ気無いと言うかなんと言うか」

加蓮「じゃあさ、私たちに見せてよ。凛がそっけないところ」





8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 19:51:56.27 ID:ZSY6iPOdo

P「そうだな……それが早いか。しかしどういうところを見せれば良いか……」

奈緒「……プロデューサー、凛のやつの送り迎えをするなんてどうだ?」

加蓮「あっ、良いね! 今日は凛一人で仕事のはずだし二人っきりになれるよ」

P「ふむ……行きは他の仕事で無理だけど帰りなら行けそうかな?」

加蓮「あはっ、決まりだね! 乙女な凛が見れるね、カメラカメラ」イソイソ

奈緒「撮る気かよ……凛のやつ、可哀想に」





9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 19:52:54.52 ID:ZSY6iPOdo

P「でも凛には必要ないって言われそうだな……うわっ、想像しただけで胃がっ」キリキリッ

奈緒「胃って……どんだけだよプロデューサー」

加蓮「気にし過ぎだって。凛もきっと喜ぶと思うよ?」

奈緒「うんうん、そうだよプロデューサー」

P「……送り迎えだけで喜んでくれるか? どんな感じに?」

加蓮「どんな感じって……ねぇ?」

奈緒「うん? そうだなー凛なら――」





10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 19:53:54.98 ID:ZSY6iPOdo

―想像―


P「凛、ちょっと良いか?」

凛「うん、何、プロデューサー?」パタパタ

P「凛はこれから仕事で、現場には一人で行くんだよな?」

凛「ふふっ、そうだけど何? 心配してくれてるの?」

P「当たり前だろ……凛は俺の大切なシンデレラなんだからなっ」キリッ

凛「ぷ、プロデューサー……///」キュン

P「凛――」


―想像終了―





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 19:55:19.89 ID:ZSY6iPOdo

P「うん。ちょっと待って?」

奈緒「何だよ、プロデューサー? まだ途中だろ?」

P「えっと……うん……ちょっと確認なんだが……」

加蓮「えっ……今ので何かおかしなところあった?」

P「始めの凛がパタパタってのは何だ?」

奈緒「えっ? 尻尾を振ってる音だけど?」

加蓮「だよね?」

P「そ、そうか……じゃ、じゃあ、次の確認。今出てきた二人は誰だ?」

奈緒・加蓮「凛とプロデューサー」

P「ねぇよ!? 俺はそんな気障な台詞言わないし、凛もそんなちょろくないだろっ!?」

奈緒「そうかなぁ? こんな感じだと思うけど……」

加蓮「まぁまぁ、それじゃあ続き行くね?」





12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 19:57:29.18 ID:ZSY6iPOdo

―想像―


P「それで凛。今日は仕事が終わったら迎えに行くからな?」

凛「ホント!? 迎えに来てくれるの!?」パァァァ

P「ああ、凛も頑張ってるからな。帰りに時間があるならどこか寄って帰ろうか」

凛「あっ、じゃあ私行きたいところがあるんだけど良いかな?」

P「行きたいところがあるのか。遠くないところだったら良いぞ」

凛「うん、大丈夫だよ。遠くは無いから」

P「そうか。で、どこに行きたいんだ?」





13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 19:58:15.67 ID:ZSY6iPOdo

凛「お城みたいなホテル」キリッ





14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 19:59:01.93 ID:ZSY6iPOdo

P「はははは、確かに遠くは無いかもな。帰るのが遅くなるだけで」

凛「ふふっ、もちろん親には遅くなるって連絡しておくよ」

P・凛「あははははははははは――」


―想像終了―





15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 19:59:52.78 ID:ZSY6iPOdo

加蓮「って感じかな?」

P「ねぇよ!?」

奈緒「妥当なところだな……うん、想像できる」

P「!?」

加蓮「ホテルがあれなら、プロデューサーの部屋でも良いけど?」

奈緒「あー、その選択肢もアリだな。凛だし」

P「…………お前たちの中で凛はどんなキャラなんだよ……」

加蓮・奈緒「プロデューサー大好きっ子」キリッ

P「…………お、おう」

奈緒「おっ? 凛の声が聞こえるな。休憩所に居るみたいだ」

加蓮「私たちはこっそり見てるから、プロデューサー、凛を誘ってみてよ」

P「…………お、おう」





16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:00:31.52 ID:ZSY6iPOdo

P「あー、凛、ちょっと良いか?」

凛「うん、何、プロデューサー?」

P「凛はこれから仕事で、現場には一人で行くんだよな?」

凛「…………うん……そうだけど?」

P「……………………だ、だよな」

凛「…………それがどうかしたの?」

P「きょ、今日は仕事が終わったら迎えに行こうか?」

凛「えっ」

P「えっ」ビクッ





17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:01:13.83 ID:ZSY6iPOdo

凛「……………………」


P「……………………」ドキドキ


加蓮・奈緒(……………………)ドキドキ





18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:01:55.24 ID:ZSY6iPOdo

凛「べ、別に…………迎えはいらないよ」プイッ

P「えっ」

凛「用ってそれだけ?」

P「お、おう」

凛「じゃあ、私、台本のチェックがあるから」スタスタ

P「……………………」





19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:02:54.41 ID:ZSY6iPOdo

P「……………………」

加蓮「………………えっ……嘘…………今のホントに凛?」

奈緒「ぷ、プロデューサーっ!? 凛があんな反応するなんて何をしたんだっ!?」

加蓮「あのそっけない態度……よっぽどのことだよね……」

P「……………………」

奈緒「……プロデューサー?」





P「……………………」ポロポロ

奈緒「泣いてるーっ!?」





20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:03:54.64 ID:ZSY6iPOdo

加蓮「だ、大丈夫? プロデューサー?」

P「うえっ……うぐっ…………ううっ」

奈緒「え、えーと、ぷ、プロデューサーが忙しいから遠慮したんだって! ……たぶん」

P「な、奈緒ーっ」ガバッ

奈緒「ぷ、ぷ、プロデューサー!?///」

P「だよな!? 凛が気を使っただけだよな!?」グイグイ

奈緒「ちょっ!? 抱きつくなぁ!? か、加蓮、見てないで助けろっ!?///」

加蓮「私だってプロデューサーのこと心配したのに……」ボソッ

奈緒「かれーんっ!?」

加蓮「知らなーい、それに奈緒も嬉しそうだし?」

P「奈緒ーっ!」クンカクンカ

奈緒「ひゃんっ!? ぷ、プロデューサーっ、匂いを嗅ぐなーっ!?///」





21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:04:48.92 ID:ZSY6iPOdo

P「フーー、スッとした」スッキリ

奈緒「はぁはぁ…………ひどいセクハラを受けた……ん?」



加蓮「●REC……」ジー



奈緒「おいっ!? い、い、いつから撮っていた?」

加蓮「あっ、もう終わり? …………うん、よく撮れてる。ふふっ」

奈緒「なぁっ!? 消せっ! 映像も記憶からもっ!?」ガバッ

加蓮「ちょっ!? ど、どこ触ってるの奈緒!? わ、わかったからっ!」

奈緒「じゃあ早く渡せっ! さもないと酷いぞっ!」

加蓮「ひゃあっ!? ちょっと奈緒!? これ以上はプロデューサーに見えちゃうっ!?」



P「…………………………ふむ…………加蓮はピンク……そういうのもあるのか」





22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:06:08.65 ID:ZSY6iPOdo

加蓮「うぅ……プロデューサーに見られた……もうお嫁にいけない……ぐすっ」

奈緒「わ、悪かったって……謝るからさ、泣くなよ」オロオロ

加蓮「うぅ……こうなったらプロデューサーに責任とってもらってお嫁さんに――」

奈緒「それは駄目だろ」キッパリ





加蓮「…………お嫁さ――」

奈緒「駄目だろ」フルフル





23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:07:11.90 ID:ZSY6iPOdo

加蓮「…………」

奈緒「…………」







P「あの……そろそろ良いかな? かなり脱線しているんだが……」

加蓮「……お昼奢りで許す」

奈緒「よし、わかった」





24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:08:01.62 ID:ZSY6iPOdo

P「でだ、どう思う?」

加蓮「どうって……ねぇ?」

奈緒「凛があんな反応をするなんて……何か心当たりが無いのか、プロデューサー?」

P「ふむ……アレか……いや、アレはちゃんとフォローしたし……じゃあアレか?」

加蓮「心当たりあるんだ……」

奈緒「それもいくつかあるんだな……」

P「…………やっぱり何かして嫌われたんだ」ズーン

加蓮「あらら、落ち込んじゃった」

奈緒「まったく、しょうがないなプロデューサーは」

加蓮「そう言って母性本能が刺激されている奈緒であった」

奈緒「ばっ!? 違うよ!? べ、別に慰めたいなんて思ってないしっ!?///」





25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:08:52.01 ID:ZSY6iPOdo

P「…………よしっ」ガタッ

加蓮・奈緒「???」








P「ちひろさんに辞表を出してくるっ」

加蓮・奈緒「!?」

P「二人とも、世話になったな……今までありがとう」ニッコリ

加蓮「ちょっ!? ちょっと待ってよ、プロデューサー!?」グイッ

奈緒「プロデューサー! 落ち着きなって!?」ガシッ





26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:10:02.33 ID:ZSY6iPOdo

P「放してくれっ、凛に嫌われているなら事務所には居られないっ!」

加蓮「まだ嫌われたって決まってないでしょ!?」

奈緒「そうだよプロデューサー! まだわからないって!」

P「…………」ピタッ

加蓮・奈緒「???」








P「そ、そうかな? まだ決まってない? 大丈夫だよな? な? な?」

加蓮・奈緒(落ち着いたのは良いけど……何かイラッとくる)





27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:11:04.49 ID:ZSY6iPOdo

P「それで嫌われてないってどうやって調べれば良いと思う?」

奈緒「そうだなー、もう凛に直接聞いちゃうか?」

P「直……接?」ガクガクガクガク

奈緒「!? 震えすぎだよプロデューサー!? どんだけだよ!?」

P「だって……もし直接嫌いって言われたら…………あっ、死んじゃう」

奈緒「わかったって、直接聞いたりしないからさ? な? プロデューサー」

加蓮「じゃあ、どうしよっか……あっ」

奈緒「お? 何か良いアイディアでも思いつたか、加蓮?」

加蓮「うん。ねぇ、プロデューサー上着を貸してよ」

P「上着? 別に良いけど……どうするんだ?」

奈緒「あっ」

加蓮「奈緒は気づいたみたいだね。そうだよ、上着を凛の傍に置けば――」





28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:11:45.15 ID:ZSY6iPOdo

―想像―

凛「あれ? こんなところにプロデューサーの上着が……」

凛「ふーん、これがプロデューサーの上着?……まあ、悪くないかな……」クンカクンカ

―想像終了―





29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:12:41.66 ID:ZSY6iPOdo

P「雑!? 想像が雑すぎる!?」

奈緒「なるほどなぁ……さすが加蓮、隙が無い。すぐ思いつくなんて、なかなかできることじゃないよ」

P「どこがっ!?」

加蓮「でしょー、付き合いも長いしね」

P「俺も付き合い長いけど、そんなとこ見たこと無いぞっ!?」

奈緒「まったく……トライアドプリムスは最高だなっ」

P「何で良い話風になってんの!?」

加蓮「まぁまぁ、プロデューサー。もし本当に嫌いだったら嗅いだりしないよ」

奈緒「そうそう。凛が嗅いだら嫌われてないってことだって」

P「嫌われていなかったとしても、どうなのそれって……」

加蓮「よしっ、じゃあこっそり仕掛けてくるね」

奈緒「ああ! こっそりだな!」

P「…………不安だ」





30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:13:31.60 ID:ZSY6iPOdo

凛「……ふぅ、ちょっと休憩しようかな」

凛「……あれ? ここに置いてあるのプロデューサーの上着、だよね?」

凛「さっきまで無かったのに……いつから有ったんだろ」

凛「…………」






凛「誰も、居ないよね?」キョロキョロ

加蓮(よしっ、嗅いじゃえ! 凛!)

奈緒(誰も見てないぞっ! 行けっ、凛!!)

P(目の前で匂いを嗅がれるのって何か複雑な気分だ)





31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:14:19.22 ID:ZSY6iPOdo

凛「プロデューサー……///」ギュッ











P・加蓮・奈緒「えっ!?」ガタッ

凛「えっ?」

P・加蓮・奈緒「あっ」





32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:15:05.88 ID:ZSY6iPOdo

凛「………………」

P「………………」

加蓮「………………」

奈緒「………………」









凛「……いつから居たの?」

P「…………は、始めから?」





33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:16:06.61 ID:ZSY6iPOdo

凛「ふーん……社長って今居るかな?」

奈緒「…………い、居るんじゃないか?」

凛「そう……」

加蓮「しゃ、社長に何か用でもあるの?」

凛「うん、挨拶しときゃなきゃ」

P「あ、挨拶?」








凛「今までお世話になりましたって、ちゃんと言わなきゃ」キリッ

P・加蓮・奈緒「!?」

凛「さてと……ちょっと行ってくるね」キリリッ





34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:17:09.28 ID:ZSY6iPOdo

P「お、落ち着け凛! 早まるなっ!」

加蓮「そうだよ、凛! 落ち着きなって!」ガシッ

奈緒「一旦座ろうか!? なっ? 凛!?」ガシッ

凛「放ーしーてーっ! あんなところ見られたら事務所に居られないー!」

加蓮「ああもうっ! プロデューサーと似たような反応してっ!」

凛「…………」ピタッ

奈緒「ど、どうしたんだ凛? 急に止まって……」







凛「ふ、ふーん、プロデューサーと…………ふーん///」

加蓮・奈緒(…………この面倒くささ、いつもの凛だ)





35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:17:49.94 ID:ZSY6iPOdo

凛「それで……何で見てたの?」ムスー

P「そ、それは……」

奈緒「ほら、プロデューサー。もう直接聞いちゃいなって」

P「お、おう。…………さ、最近……凛が素っ気無いと思うんだが」

凛「…………そ、それは」

加蓮・奈緒(…………ごくり)






P「……いやっ、気のせいなら構わないんだけどなっ!?」

加蓮・奈緒(ヘタレたーっ!?)





36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:18:49.18 ID:ZSY6iPOdo

凛「えっと……っきりだと……………………れば良いのか…………くて///」

奈緒「うん? 何だって?」

加蓮「聞こえないよ、凛?」

P「い、いや、無理に聞かなくても良いんじゃないかなーって」オドオド






凛「だから! 二人っきりだと! 意識しすぎて何を喋れば良いのかわからないんだって!///」

加蓮・奈緒・P「は?」

加蓮「じゃあ、プロデューサーのことは好きか嫌いかって言ったら?」

凛「好き」キリッ





37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:19:55.94 ID:NCWec7BjO

好きと即答できるのに…





38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:20:00.33 ID:ZSY6iPOdo

奈緒「えっと……じゃあ、さっきプロデューサーの迎えを断ったのって」

凛「誘ってくれたのは嬉しかったけど、顔がにやけるのが抑えきれなくて///」

加蓮「あー、にやけた顔を見られるのが嫌だったから断ったと……」

凛「……うん///」

加蓮・奈緒「…………」

凛「…………?」






加蓮・奈緒「めんどくさーい。あー、心配して損したー」

凛「!?」

加蓮「そもそも意識しはじめたきっかけは何なの?」

凛「……プロデューサーに誕生日を二人っきりで祝ってもらってから///」

加蓮・奈緒「へー……ふーん……二人っきりで……へー」





39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:20:53.59 ID:ZSY6iPOdo

P「そうか……凛に嫌われてたわけじゃないんだな」ポロポロ

奈緒「いや、嫌われてなかったのは良いけどさ、それだけで済ますのか?」

P「うん? それだけって……他に何かあるか?」

奈緒「えっ……だって好きって――」

P「あっ、なるほど。奈緒が言いたいことはこのままだと普段どおりに喋れないってことだな」

奈緒「えっ、ちがっ、えっ」

P「おーい、凛。ちょっと良いか?」

凛「えっ……私って面倒くさいの……えっ…………あっ、何? プロデューサー」



奈緒「えー、…………マジかー。えー」

加蓮「奈緒……プロデューサーも面倒くさいってこと知ってるでしょ?」

奈緒「……ああ、……納得した」





40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:21:34.67 ID:ZSY6iPOdo

P「でだ、凛。何を意識しているかわからんが、俺と普段どおりに喋れないんだな?」

凛「う、うん」

P「ふむ……凛」ナデナデ

凛「ぷ、プロデューサー!?///」

P「無理することはないぞ? 無理に喋らなくても、凛と居るだけで十分だしな」

凛「ぷ、プロデューサー///」キュン





加蓮・奈緒(やっぱりプロデューサーは気障な台詞言ってるし、凛はちょろいじゃん)





41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:22:18.09 ID:ZSY6iPOdo

凛「あっ、そろそろ時間だ。もう出なきゃ」

P「そうか、頑張って来い」

凛「うん、任せてよ」

P「帰りは迎えに行くから連絡してくれ」

凛「…………うん、するね///」






奈緒「今日も暑いなー。暑い暑いー」

加蓮「外より暑いんじゃない? ちひろさーん、クーラー今何度ですかー?」



ちひろ(こっちは仕事が忙しいんです……知りませんよ、いつものことですし)カタカタ





42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:22:59.33 ID:ZSY6iPOdo

P「あっ、凛!」

凛「? 何、プロデューサー」












P「そろそろ、上着を返してくれないか? 持って行かれると困るんだが」

凛「えっ!?」クンカクンカ

おわり





43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 20:24:19.26 ID:4VMFxIvLo







44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 21:00:37.46 ID:eB8qe4dR0

たまんねーな






46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/09(火) 22:53:09.47 ID:GvU71Aki0


ちょっと変わった凛かとおもったがいつも通りじゃねーか!!





47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/10(水) 00:22:06.54 ID:ELRQU3690


やっぱりクンカーが根強いな





48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/10(水) 00:54:26.39 ID:9X+0QuRUO

やっぱしぶわんは最高だな






元スレ:モバP「どうやら凛に嫌われたみたいなんだが……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410259452





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。