Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  モバP「浪漫と現実のボーダー」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
小説の中の登場人物のように、素敵な恋愛が出来たらとか、異世界に召還されたりとか。
そんな想いはなかなか実現しません。心待ちにしているんですが。特に異世界召還。乙!


2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:32:38.61 ID:81x77Pr3O

事務所

P「あれ?」

ちひろ「あ、お帰りなさい。どうかされました?」

P「あ、いや、森久保はどこかなって」

ちひろ「え?さっきまでいたと思うんですけど…」

P「入れ違いですかね?」

ちひろ「どうでしょう…?」

P「まぁ、いいですよ。別に急な予定があるわけでもないですし」

ちひろ「そうですか?」

P「えぇ」

P「さてと……ん?」






3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:33:55.44 ID:81x77Pr3O

ちひろ「どうかしましたか?」

P「いや…なんでもないです」

ちひろ「そうですか」

P「なぁ?」

「……」ビクッ

P「なにしてんだ?」

「……」

P「隠れようとしても見えてるぞ」

乃々「もりくぼいぢめダメゼッタイ…です」

P「別にイジメてるつもりはないんだけどなぁ」

ちひろ「そんな所にいたんですか…」

P「あ、見つかった」

乃々「あう…もうダメです。おに、あくま、プロデューサーさん、ちひろさんに…」

P「俺達をそこに並べるなよ…」

乃々「ま、まさか…もっと酷いこと
を…?」ジワ

P「どうしてそうなる」

乃々「うう…もう私は逃げられないの…」





4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:34:49.34 ID:81x77Pr3O

P「最初から袋小路にいるのに何を言ってるんだ…」

乃々「あ、もりくぼはここに住みますので」

P「いつまでも事務所にいれるな」

乃々「いるだけですけど」

乃々「あ、ここで出来る仕事ならしますけど…」

P「机の下でも出来る仕事か」

乃々「あ、やっぱり、嘘です。ごめんなさい」

P「ん?いいのか?」

乃々「えっと…本気で見つけてきそうですし…」

ちひろ(なんとなく分かりますその気持ち)

P「まぁ、考えれば色々あるかなと」

乃々「いやなんですけど」

P「とりあえず、そこから出ないか?流石に少し話辛いんだけど」

乃々「分かりました…」





5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:36:26.60 ID:81x77Pr3O

乃々「太陽が眩しいんですけど…」

P「どれだけあそこにいたんだよ」

乃々「えっと…プロデューサーさんが出ていってからですけど」

P「数時間単位か」

乃々「狭い場所は落ち着くからで他意はないんですけど」

P「ん?」

乃々「な、なんでもないです…むーりー」

P「何が無理なんだ。とりあえず仕事だぞ」

乃々「無理なんですけど…」

P「無理でも何でも連れていくからな」ギュ

乃々「もりくぼを逃がさないつもりですね…」

P「そういうことだ。それじゃ行ってきます」

乃々「あーれー…」

バタン

ちひろ「アイドルの仕事は無理って言ってますけど、誰かが嫌いって訳じゃないみたいですね」

ちひろ「と言うか、わざわざプロデューサーさんの机じゃなくても仮眠室にいれば何も言われないと思いますけどねぇ…」





6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:37:24.60 ID:81x77Pr3O

車内

P「一つ聞いていいか?」

乃々「な、なんですか…?」

P「アイドルは好きなのか?」

乃々「アイドル…ですか?」

P「あぁ、アイドルだ」

乃々「好きですけど」

P「お。本当か?」

乃々「嘘ですけど」

P「なんだ嘘か」

乃々「えっと、嘘じゃないですけど…。自分でやるのは好きじゃないんですけど…」

P「あらま」

乃々「いつも私は訴えてるつもりなんですけど」

P「まぁなぁ…」

乃々「少しは響いて欲しいと思ってるんですけど」

P「奇遇だな。俺も思ってる」

乃々「…え?」





7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:39:15.91 ID:81x77Pr3O

P「森久保がもっと楽しく活動して欲しいなとな」

乃々「それは痛いくらい伝わってて、怪我しそうなんですけど…」

P「そうか」

乃々「そうです」





8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:40:12.62 ID:81x77Pr3O

P「話変わるんだけどさ」

乃々「帰っていいってお話ですか?」

P「いや、休みの日って何してるのかなって」

乃々「えっと…」

P「ただの世間話だ。深い意味はないよ」

乃々「休みの日はですね…。漫画を読んだり、お昼寝してます」

P「お、漫画読むのか」

乃々「プロデューサーさんが読むような漫画は読まないと思うんですけど…」

P「割と俺はなんでも読むんだけどな」





10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:41:01.91 ID:81x77Pr3O

乃々「少女マンガを読んでるプロデューサーさんはちょっと想像したくないんですけど」

P「へぇ、少女マンガを読むのか」

乃々「もりくぼは読んでも違和感がないと思いますけど…」

P「まぁ、確かに」

P「イメージなんだけど、やっぱり少女漫画ってイケメンがとの恋話が多いのか?」

乃々「イケメンか知りませんけど…恋の話は多いと思います…」

P「やっぱり、森久保にも憧れてるシチュエーションとかあるのか?」

乃々「ないですけど…。あってもプロデューサーさんには教えないんですけど」

P「そうか。残念だ」

乃々「全然残念そうじゃないんですけど」ムー





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:41:51.29 ID:81x77Pr3O

P「それじゃ行ってこい」

乃々「ついてこないんですか?」

P「平気だろ?」

乃々「私が逃げるかもしれないんですけど」

P「森久保はそんなことはしないだろ」

乃々「どこからそんな自信が…」

P「俺は森久保のプロデューサーだからな」

乃々「答えになってないんですけど」

P「なってないか?」





12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:42:45.36 ID:81x77Pr3O

乃々「私のことを一番知ってるのは私なんですけど…」

P「分かった分かった。それじゃ行くぞ」

乃々「あっ」

P「どうした?」

乃々「流石に手を引っ張られると幼稚園児みたいで恥ずかしいんですけど」ポッ

P「だって逃げるんだろ?」

乃々「み、皆に観られてるんですけど…あう」カァァ

P「それじゃ一人で行ってこい」

乃々「なんだか言い様に扱われてる気がするんですけど…」

P「気のせいだ」





13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:43:49.62 ID:81x77Pr3O

事務所

P「ただいま帰りました」

ちひろ「お疲れ様です」

乃々「……むーりー」

P「お疲れ様。気を付けて帰れよ」

乃々「はい。さよなら。明日からもう来たくないんですけど」

P「また明日な」

乃々「…はーい」





14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:44:35.32 ID:81x77Pr3O

ちひろ「お疲れ様です」

P「いえいえ。楽しいもんですよ」

ちひろ「凄いですね」

P「いやいや。あ、お茶ありがとうございます」

P「そう言えば、ちひろさんは少女マンガとか読みますか?」

ちひろ「漫画ですか?最近は読まないですね…」

P「そうですか…」

菜々「お疲れ様でーす」

P「あ、菜々さん。いいですか?」

菜々「はい?」





15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:45:37.85 ID:81x77Pr3O

菜々「うーん。ナナも最近のを読んでるってわけじゃないですけどね」

P「やっぱり結構古い奴を読んでるんですか?」

菜々「古いって言ってもちょっと前ですけどね。ナナは17歳ですし」

P「そうですね」

菜々「でも、今も昔も女の子は王子様を待ってるんだと思いますよ」

ちひろ「あ、確かにそういう話が多いですよね」

菜々「女の子はいつまでもキラキラしたい乙女なんですよね」

ちひろ「分かります分かります!」

P「そういうものなんですねぇ」

菜々「と言うか、いきなりなんでそんな話を?」

P「いや、ちょっと森久保がですね漫画をよく読むそうで」

菜々「あ、なるほど。そういうことでしたか」

ちひろ「乃々ちゃんってそういう所は乙女チックなイメージですね」

菜々「あ、ちょっと分かります。キュンってのに弱い気がしますよねー」





16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:46:08.24 ID:81x77Pr3O

P「あ、そう言えばそろそろレッスンの時間ですね。送りますよ」

菜々「あ、すみません」

P「いえいえ。それでは行ってきます」





17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:47:00.57 ID:81x77Pr3O

車内
菜々「ウッサミーン♪」

P「さっきの話の続きなんですけど」

菜々「はい。なんですか?」

P「菜々さんもやっぱり王子様を待ってるんですか?」

菜々「へ?」

P「あ、いや、ほら、そういう話だったじゃないですか」

菜々「あー、そうですね。はい。そうですよ。子供っぽいですかね?」

P「そうは思いませんけどね」

菜々「そうですか?」

菜々「ま。あれですね。ナナの場合は王子様って言うより彦星様ですけどね」

P「名前と掛けましたか」

菜々「えぇ、欲を言えば、一年に一回じゃなくてその何倍も何十倍も振り向いて欲しいんですけどね」

P「菜々さんにそう言って貰える人は幸せですね」

菜々「そ、そうですかね」

P「えぇ」

菜々「いつか、思いは届くって信じてますからっ!ウーサミンっ!」





18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:48:03.10 ID:81x77Pr3O

P「ハイっ!」

事務所

P「杏仕事はどうした?」

杏「今日は仕事ないよ」

P「そうだったか悪いな」

杏「あら、信じてくれるんだ」

P「なんだかんだで信頼はしてるからな」

杏「…ふーん」

P「ほれ」

杏「ん」

ちひろ「仲良いですよね二人共」

杏「そう?」

P「そうですか?」





19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:49:02.26 ID:81x77Pr3O

ちひろ「えぇ、信頼関係が出来てるというか」

杏「だってさ」

P「まぁ、やることはやるって分かったんで」

杏「いいのかな?そんな甘やかすようなこと言っちゃって?」

杏「杏はどんどん怠けるよ?コーラで溶ける歯くらい早く」

P「分かり辛いな」

杏「自分で言っててそう思った」

ちひろ「なんだか乃々ちゃんとのやり取りも苦じゃない理由が分かった気がします」

P「杏で慣れたってわけじゃないと思うんですけどね」

杏「杏は唯一無二の存在だからねー」

P「三人も四人もいたら俺が倒れる…」

杏「杏が一人だということに感謝するんだね」





20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:50:05.67 ID:81x77Pr3O

翌日

乃々「そう言えば聞いたんですけど…」

P「なにをだ?」

乃々「菜々さんと、杏さんと私でライブをやるって…」

P「あぁ、そうだな」

乃々「もりくぼも入ってるんですけど…」

P「そりゃアイドルだからな」

乃々「むーりー。いぢめカッコ悪いんですけど」

P「まぁ、そう言うなって。ファンの為だ」

乃々「私のファンなんて…」

P「結構いるみたいだぞ」

乃々「え…」

P「あぁ」

乃々「……」

P「森久保乃々のことは森久保より知らないかもしれないが、アイドルとしての森久保乃々に関しては俺の方が知ってるさ」

乃々「真顔でそんなこと言われても困るんですけど…」

乃々(恥ずかしいんですけど…)カァァ

P「あ、それで、これが衣装な」

乃々「ふ、フリフリなんてむーりー」





21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:50:49.28 ID:81x77Pr3O

乃々「心があと一押しで折れるんですけど…」

P「大丈夫だって」

乃々「むーりー」

P「頼む」

乃々「……」

乃々「正直、私アイドルに向いてないと思うので辞めてもいいと思うんですけど…」

乃々「プロデューサーさんとなら…少しだけ、いえ、頑張りますけど…」

P「森久保…」

乃々「とりあえず、この衣装を着ない方向で行きたいんですけど…」

P「そこは、ほら、頑張ろう」

乃々「むーりー」





22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 12:51:20.48 ID:81x77Pr3O

ライブ当日

P「ほら飴」

杏「ん」

P「これでアンコール分はあげたろ?」

杏「まぁ、後の分は成功報酬ってことにしとく」

菜々「ドキドキですね!」

乃々「ドキドキじゃ済まないんですけど…」   





23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:14:32.09 ID:RfxikrrxO

P「さっ、頑張ってこい!」

菜々「頑張りましょうね二人共!」

杏「まぁ、飴の分は」

乃々「む、むーりー」





24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:15:20.55 ID:RfxikrrxO

ちひろ「始まりましたね」

P「はい」

ちひろ「演目としては三人で歌ってそれから個々人でソロでしたっけ?」

P「その予定ですね」

ちひろ「乃々ちゃんは大丈夫でしょうか」

P「大丈夫でしょう。頑張るって言ってくれましたから」

ちひろ「なら平気ですかね…」

P「無理と言いつつ、練習はちゃんとやってましたからね」

ちひろ「そうなんですか?」

P「えぇ、一回だけ本当に辞めるか?って聞いたことがありまして」

ちひろ「はい」

P「そしたらなんて言ったと思います?」





25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:16:13.78 ID:RfxikrrxO

ちひろ「え?えーと…『ほ、ほんとに辞めますよ? 本当にいいんですね?』とかですか?」

P「中々いい読みですね」

ちひろ「伊達に観察してませんからね」
P「ですけど、答えはですね」

乃々『逃げたいんですけど…、逃げたらちょっと後悔しそうで…』

ちひろ「…意外にしっかりしてるんですね」

P「えぇ、だから今は何も心配してません」





26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:16:50.68 ID:RfxikrrxO

ワーワー
ちひろ「確かに問題ありませんでしたね」

P「そうですよね。ちょっと行ってきます」

乃々「あ…」チラ

P「お疲れ様。最高だったぞ」ガシガシ

乃々「髪型が崩れるんですけど…」

P「あぁ、悪いな」

乃々「強引なのは嫌いじゃないですけど…あ、今のは忘れて欲しいんですけど…」

P「分かった分かった」

乃々「絶対分かってないんですけど…」
P「バレたか」

乃々「寧ろバレないと思ってた方が意外なんですけど…」





27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:17:24.86 ID:RfxikrrxO

乃々「……」チラ

P「どうした?」

乃々「なんでもないですけど…」

乃々「アンコール…」ボソ

P「そうか」スッ

乃々「えっと…今度は優しくしてくれると嬉しいんですけど…」





28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:18:13.15 ID:RfxikrrxO

車内
菜々「いやー、大成功でしたねー」

杏「疲れた…」

乃々「もりくぼはもう限界です…」

菜々「お二人も素晴らしかったですよ!」

P「そうだな」

杏「そらね」

乃々「か、買い被りすぎなんですけど…」

菜々「またまたー、これからも頑張りましょうね!」

乃々「えっと…はい」

P「……」





29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:19:19.41 ID:RfxikrrxO

菜々「あ、ナナはここで平気です」

杏「あれ?ウサミン星には帰らないの?」

菜々「今日はちひろさんの家に泊まる予定なんですよ」

P「そうなんですね。お疲れ様でした」

菜々「はーい」





30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:19:57.56 ID:RfxikrrxO

杏「それじゃ、おやすみ」

P「お疲れ様」

杏「二日後位に起こして」

P「明日の朝一で起こしてやる」

杏「うへぇ」





31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:20:31.39 ID:RfxikrrxO

P「お疲れ様」

乃々「お疲れ様…です」

P「今日は凄かったじゃないか」

乃々「そ、そこまでもりくぼが凄かったわけじゃ…」

P「ソロの歌は間違いなく森久保の実力だ。俺は良かったと思う」

乃々「そ、そうですか…」





32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:21:19.89 ID:RfxikrrxO

乃々「ぷ、プロデューサーさんは、どうしてそこまで私に期待するんですか?」

P「ん?」

乃々「正直他の方に力を入れた方がいいと思うんですけど…」

P「乃々には乃々の魅力があるからな。他のアイドルにはない勿論、他のアイドルにも良い所は一杯あるが乃々の魅力は乃々しか持ってないからな」

乃々「あっ、名前…」

P「あ、悪いな」

乃々「あ、別に名前を呼んじゃ嫌なんて一言も言ってないんですけど…」

P「そうか?」

乃々「そうなんですけど。なんですか?いぢめる気ですか?」





33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:21:49.38 ID:RfxikrrxO

乃々「あ、あの、プロデューサーさん」

P「どうした?」

乃々「えっとですね、その、いつも…色々…」

P「色々?」

乃々「…あう。繰り返さないで欲しいんですけど。オウムですか」ジー

P「悪い悪い」

乃々「結局いつも言えませんから気にしなくてもいいですけど…」





34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:22:17.01 ID:RfxikrrxO

P「そう言えば、ライブをやって色々な人から応援されてるって分かったか?」

乃々「それは分かりましたけど…」

P「自分が思ってる以上に乃々は人気があるんだ。自信を持てなんて大それたことは言わないけど、この事実は知って置いて欲しいかな」

乃々「……」

P「これからも頑張れよ乃々」

乃々「むーりー」





35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:22:57.19 ID:RfxikrrxO

乃々「…前にもりくぼがどんな漫画読むかって話題があったんですけど、覚えてますか?」

P「あぁ」

乃々「えっと…簡単に纏めると、女の子の好意に男の子は中々気づかないんです」

P「あらま」

乃々「でも、偶に無意識にドキってすることをしてくるんです」

P「そうなのか」

乃々「その男の子がクラスで一番のイケメンって訳でもないないんですけど」

P「でも、その人しか分からない魅力があるんだな」

乃々「そうだと思うんですけど…。でも、一番のイケメンじゃないですけど、競争相手はやっぱりいるんです…」

P「まぁ、漫画的にはそうじゃないとな」





36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:23:57.46 ID:RfxikrrxO

乃々「女の子同士は皆仲良しで誰とくっ付くんだろ?って所で今止まってる話なんですけど…」

P「中々青春だな。その男の子も好きって好意には気づかなくても仲が良い程度には考えてそうだしな」

乃々「そうだと思いますけど…」

P「その漫画読んだことないけどさ、そのヒロインの子もあと一歩踏み出したら物語は大きく動くかもな」

乃々「……?」

P「浪漫と現実の差なんて一歩踏み出すかどうかだと思うんだよな」

乃々「一歩踏み出すのは難しいと思うんですけど」

P「半歩でもいいかもな」

乃々「零歩はダメですか?」

P「そのままだと、何も変わらず鈍感な男の子には気づいて貰えないだろうな」

乃々「……」





37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:24:42.21 ID:RfxikrrxO

P「そう言えば」

乃々「なんですか?」

P「前にも聞いた話なんだけどさ。自分の知らない自分を知った上で聞きたいんだけど」

乃々「なんか怖いんですけど…」





38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:25:29.20 ID:RfxikrrxO

P「アイドルは好きか?」

乃々「……」

乃々「えっと…嫌いじゃない…じゃなくて。好き。です」

乃々「あ、えっと、嘘じゃないです…多分」ボソボソ

乃々(もりくぼも半歩だけ踏み出してみますけど、もう半歩は暫くむーりー…)





39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 14:25:55.51 ID:RfxikrrxO

終わりです。
見てくださった方ありがとうございました





40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 15:14:34.16 ID:p+A/+Usdo

乙です





41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/02(火) 16:17:48.38 ID:suVfDWAx0








元スレ:モバP「浪漫と現実のボーダー」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409628700





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。