Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  こずえ「ふわぁー……ぷろでゅーさー、いそがしいのー?」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
この、ほわほわというかふわふわというか。ほのぼの空間に囚われた人は、もはや脱出不可能。
みんなでほわほわして暮らすこととなるのだ。こんな子供が管理人の元に生まれてきてくれたら乙!


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/07(日) 17:15:14.09 ID:KPgSawEx0

モバP「ごめんな。ちょっと仕事が立て込んでてな……」

こずえ「うーうん。わかったー。……こずえ、じゃまにならないように……してるねー」

モバP「それもいいけど、他に事務所に誰かいるかもしれないな。見回ってみるのはどうだ?」

こずえ「おさんぽー?」

モバP「そんなものかな。事務所内だけど」

こずえ「わかったー。おさんぽ……してくるのー」






2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/07(日) 17:29:17.75 ID:KPgSawEx0

こずえ「ふわぁー……だれかいるのー?」

瑞樹「あら、こずえちゃんじゃない。どうしたの?」

こずえ「おさんぽー」

瑞樹「散歩? いつもP君と一緒にいるのに」

こずえ「ぷろでゅーさー……いそがしいのー……」

瑞樹「なるほど。それで一人なのね。わかるわ」

こずえ「みずきはー……なにしてるの―?」

瑞樹「私? 台本を読んでいるのよ」

こずえ「だいほんー?」

瑞樹「そうよ。今度のお仕事のね」

こずえ「なんでー?」

瑞樹「なんで読んでいるかってことね。わかるわ」

こずえ「わかるわー?」

瑞樹「お仕事で失敗しないためよ。失敗したら、周りに迷惑かけちゃうもの。わかるかしら?」

こずえ「うーん……」

瑞樹「さすがにわからないかしら」

こずえ「わかるわー」

瑞樹「あら、偉いわね」

こずえ「こずえ、えらいのー?」

瑞樹「ええ。ちゃんと理解できるのはすごいことなのよ」

こずえ「こずえ、わかるわー」

瑞樹「そうね。あ、暇ならこずえちゃんにできそうな子役があるのだけれど、やってみる?」

こずえ「こやく……わかるー?」

瑞樹「ええ。こずえちゃんならきっとわかるわ」

こずえ「わかったー。わかるわー」





こずえ「ふわぁー」

モバP「おう、こずえお帰り」

こずえ「ぷろでゅーさー、しごとおわったのー? わかるわー」

モバP「おう、終わったぞ。……ん?」

こずえ「ひまになったんだぁー。わかるわー」

モバP「た、たしかに暇だけど……」

こずえ「とまどってるー? わかるわー」

モバP「ちょっと、瑞樹さーん!?」





3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/07(日) 17:44:49.40 ID:KPgSawEx0

こずえ「ふわぁー……まただれかいるー」

桃華「あら、遊佐さん。どうしましたの?」

こずえ「おさんぽちゅーなのー……」

桃華「それでしたら、わたくしとお茶をしませんこと?」

こずえ「おちゃー……のむー」

桃華「それでは淹れてきますので、座って待っていてくださいな」

こずえ「わかったー。……ももかー」

桃華「なんですの?」

こずえ「たかくてー……すわれないのー」

桃華「あら、ごめんなさい。気が回りませんでしたわ」

こずえ「んーしょー……」

桃華「ああ、危なっかしいですわね。後ろから支えてあげますわ」

こずえ「わー……ありがとー」

桃華「ふぅ、では、少々お待ちになってくださいまし」

こずえ「わかったー。まつー」



桃華「お待たせしましたわ。こちら、渾身の一淹れですわ」

こずえ「……ももかー」

桃華「香りもいいでしょう?」

こずえ「うんー。ばらのかおりー。すきー」

桃華「ふふ。嬉しいことを言ってくれますわね」

こずえ「だけどー……」

桃華「あら、なにかご不満でも?」

こずえ「あつくてー……のめないー」

桃華「……なるほど。では、失礼してふーふーシて差し上げますわね」

こずえ「わーい」

桃華「ふーふー……」

こずえ「………ももかー」

桃華「どうかしまして? これで飲みやすくなったと思いますわ」

こずえ「ママみたーい」

桃華「……褒め言葉として受け取って良いものか悩みますわね」





こずえ「ママー」

モバP「え、こずえのお母さんが来てるのか?」

桃華「もう、その呼び方はやめてくださいまし」

モバP「ああ……」





4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/07(日) 17:54:02.99 ID:KPgSawEx0

こずえ「ふわぁー……あーつーいー……のー」

ライラ「暑いでございますねー」

こずえ「とけるのー……」

ライラ「アイスでも召し上がりますか―?」

こずえ「あいすー……たべるー……」

ライラ「ライラさんの秘蔵の逸品でございます。プロデューサー殿に教えてもらったものですよ―」

こずえ「つめたーい」

ライラ「アイスでございますから」

こずえ「あまーい」

ライラ「バニラでございますから」

こずえ「おいしー」

ライラ「プロデューサー殿が選んでくれたものでございますから」





こずえ「ぷろでゅーさー」

モバP「おう、どうした?」

こずえ「あいすー……おすそわけー」

モバP「おう。くれるのか。こずえは優しいなぁ」

ちひろ「(いいなぁ。私も食べたいなあ)」

ライラ「ちひろさんも食べるでございますか?」

ちひろ「うっ……分かっちゃいました?」

ライラ「物欲しそうな視線を感じましたでございます。いりますか?」

ちひろ「あら、いいんですか?」

ライラ「一人で食べるのも良いですが、みんなで食べるのもおいしいですので」

みんな「「「「おいしー」」」」





5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/07(日) 18:05:40.70 ID:V9Kc3wHkO

……天使ッ!!





6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/07(日) 18:29:25.78 ID:KPgSawEx0

こずえ「あいこー……なにしてるのー?」

藍子「あ、こずえちゃん。一人ですか?」

こずえ「うんー。ぷろでゅーさーがいそがしいからー、おしごとまでおさんぽなのー」

藍子「そうですかー。でも一人だと心配ですね……」

こずえ「こずえ、しんぱいー?」

藍子「そうですねー。……あ、そうだ。こずえちゃん、私と一緒に写真でも見てみませんか?」

こずえ「しゃしんー?」

藍子「うん。お仕事の写真とか、風景とかいろいろあるんですよー」

こずえ「んー……みるー……」

藍子「はい。じゃあ……私の上に座りましょうか」

こずえ「わかったー。……んー」

藍子「こずえちゃん?」

こずえ「ぷろでゅーさーみたいー」

藍子「Pさんですか?」

こずえ「ふらっとー」

藍子「―――」

こずえ「あいこー?」

藍子「はっ。な、なんでもありません。さあ、見ていきましょうか」

こずえ「あいこがうつってるー」

藍子「これはPさんに撮ってもらったものですね」

こずえ「こっちはおはなー?」

藍子「休日に植物園に行った時のですね」

こずえ「……でっかいかぼちゃー」

藍子「ハロウィンのときのですね。美穂ちゃんかわいかったなぁ……」

こずえ「ふわぁー……おもいで、いっぱいー?」

藍子「そうですね。写真自体が思い出をカタチにするものなので。こずえちゃんも一枚撮りましょうか?」

こずえ「うんー。とるー」

藍子「じゃあ、撮りますよ―」





こずえ「みてーみてー」

モバP「んー? 写真か。こずえが写ってるな」

こずえ「あいこにとってもらったー」

モバP「なるほど。それで写真か」

こずえ「でもねー。あいこ、あわててでていっちゃったー」

モバP「のんびりしすぎたのか……」





7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/07(日) 18:43:51.83 ID:KPgSawEx0

こずえ「……だれもいないー?」

周子「うえっ!? って、こずえちゃんかー。ビックリさせないでよ。もー」

こずえ「しゅーこだー。なにしてるのー?」

周子「んー、未来を憂いている、かな」

こずえ「んー?」

周子「はっはっは、こずえちゃんには早かったかな」

こずえ「ぷろでゅーさーがさがしてたよー?」

周子「げっ……」

こずえ「つたえてくるー」

周子「ストップ、こずえちゃん」

こずえ「すとっぷー?」

周子「止まってってこと」

こずえ「わかったー。とまるー」

周子「いい? 今プロデューサーとはかくれんぼをしてるの」

こずえ「かくれんぼー……こずえもやるー」

周子「そっかー。それならここにいるといいよ。ここはプロデューサーもめったに来ないからね」

こずえ「そうなのー?」

周子「屋上なんてやたらと出ないからねー」

こずえ「………」

周子「さーて、いつ見つけてくれるのかなー」

こずえ「しゅーこ、たのしそー」





モバP「おお、こずえ。こんなところまで出歩いてたのか」

こずえ「ぷろでゅーさー、のどかわいたー……」

モバP「最近何かと出歩いてるもんな。俺が言ったからかもしれないが。ま、それなら給湯室行くか」

こずえ「ってしゅーこがいってたー」

モバP「OK、こずえ、周子はどこにいる?」





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/07(日) 19:58:44.55 ID:KPgSawEx0

こずえ「ねむいー」

美優「こずえちゃん? 一人でおでかけかしら?」

こずえ「ねむいのー」

美優「あら。もしかして仮眠室に行くところだった?」

こずえ「かみんしつー?」

美優「お昼寝するところよ。もしかして知らない?」

こずえ「おひるねはー……そふぁーでしてるのー」

美優「ああ、あそこの。……気持ちいいのはわかるけど、お昼寝するにしてもきちんとしたところで寝たほうがいいのよ」

こずえ「そうなのー?」

美優「無理な体制で寝ちゃうと疲れちゃうから」

こずえ「んー……こずえ、つかれないよー?」

美優「こずえちゃんは身体がちっちゃいからかもしれないわね」

こずえ「そうなのー?」

美優「私はこのあと時間が空いてるし……よければ一緒にお昼寝する?」

こずえ「するー」



IN 仮眠室

こずえ「みゆー」

美優「どうしたの?」

こずえ「になからきいたー」

美優「仁奈ちゃんから?」

こずえ「ひざまくらが、とってもきもちいーって」

美優「ああ……こずえちゃんもしてほしいの?」

こずえ「してほしー」

美優「ふふ。はい、どうぞ」

こずえ「わーい」





こずえ「みゆにひざまくらしてもらったのー」

モバP「ほほー。どうだったんだ?」

こずえ「すぐにねちゃったからわかんないのー」

モバP「気持ちよかったんだろうなぁ」

こずえ「ふわふわだったよー」

モバP「(俺も膝枕してほしい……)」





10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/07(日) 19:56:47.10 ID:KPgSawEx0

仁奈「できたでごぜーますよ!」

こずえ「ふわー? なにがー?」

仁奈「杏おねーさんのきぐるみを作ったでごぜーます1」

こずえ「おおー。ぱちぱちー」

仁奈「会心の出来でごぜーますよ!」

こずえ「……きてもいーいー?」

仁奈「どうぞでやがります! 杏おねーさんになった気分を味わってくだせ―!」

こずえ「……んー。むずかしいー」

仁奈「手伝うでごぜーますよ」

こずえ「おー。じゃすとふぃっとー」

仁奈「こずえおねーさんと仁奈は身長が一緒ぐらいでごぜーますから!」

こずえ「あんずにへんしーん」

仁奈「どうでやがりますか!?」

こずえ「……だるーい」

仁奈「!?」

こずえ「こずえはもう働かないぞ―」

仁奈「!?!?!?」

こずえ「こずえはあめをしょもうするー」

仁奈「こずえおねーさんが杏おねーさんみたいになりやがりました!?」





こずえ「ぷろでゅーさー」

モバP「どうしたー? って、なんだそのきぐるみ!? 杏か……?」

こずえ「こずえはいんぜいでいきていくんだー」

モバP「……は?」

こずえ「あめをくれるまでここをうごかないぞー」

モバP「……杏になりきってやがる」

この後、このきぐるみは封印されました。





14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/07(日) 21:22:06.47 ID:KPgSawEx0

こずえ「あー……かれんだー」

加蓮「っ!? なんだ、こずえちゃんかー」

こずえ「かれん、こそこそしてるー」

加蓮「うっ……ちょっとね。みんなには内緒にしててくれる?」

こずえ「ないしょ……こずえにもー?」

加蓮「んー……こずえちゃんはいいかな」

こずえ「ふたりだけのひみつー?」

加蓮「そうだね。二人だけの」

こずえ「ひみつってなにー?」

加蓮「いやー、最近忙しくって。あんまり食べられなかったから無性に食べたくなったんだ、これ」

こずえ「おおー……いいにおいー?」

加蓮「うん。このジャンクな匂いがたまらないよね」

こずえ「じゃんくー?」

加蓮「まあ、美味しい物って思えばいいよ」

こずえ「じゃんくは……おいしいー?」

加蓮「そうそう。こずえちゃんも食べてみる?」

こずえ「おー。こずえもたべるー」

加蓮「それじゃ、このポテトを」

こずえ「あーん」

加蓮「あーん」

こずえ「……しなしなー」

加蓮「しなしなだよね。だけど、それが逆にいいっていうか」

こずえ「んー……よくわからない」

加蓮「こずえちゃんには早かったか―」

こずえ「でも……なんだかいい気分ー」

加蓮「そっかそっか。こっちのハンバーガーも食べてみる?」

こずえ「おー。たべるー」

加蓮「ふふふ、こずえちゃんも良さがわかってきたかな?」

モバP「おまえな……自分で食べるのはいいが、こずえまで引き込むなよ」

加蓮「げっ」

モバP「げっ、じゃない。こずえも、そんなに食べると夕食が食べられなくなるぞ」

こずえ「かれんー。ぽてとー」

モバP「ハマってる!?」





15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/07(日) 21:37:11.28 ID:KPgSawEx0

輝子「今日も、みんな元気だな」

こずえ「しょーこー、はっけんしたー」

輝子「フヒッ!? こ、こずえか……。わ、私に何か用か?」

こずえ「しょーこ、なにしてるのー?」

輝子「と、友達のお世話だ」

こずえ「ともだちー? ともだち、ここにいるのー?」

輝子「あ、ああ。これらがマイフレンズたちさ」

こずえ「……きのこだー」

輝子「こ、ここにいる以外にも、いっぱいいるぞ」

こずえ「……ひじょーしょく?」

輝子「フ、フレンズは食料じゃないぞ!?」

こずえ「たべられないのー?」

輝子「いや、全部食用だけど……」

こずえ「たべるのー?」

輝子「いや、食べないぞ? みんな、大事な友だちだからな」

こずえ「……しょーこ、おせわがんばってるー」

輝子「ここに持ってきてるのは私だからな。お世話はちゃんとしないとな」

こずえ「こずえもやりたいー」

輝子「そ、そうか。それなら、ここに一つ、手頃なフレンズがいるから、こずえに譲ろう」

こずえ「わーい」




モバP「最近キノコが増えた気がするんですが、なにか知りません?」

ちひろ「さあ……? ただ、輝子ちゃんだけじゃなくて――」

モバP「ん?」

こずえ「ふわー」

モバP「こずえ!? おまえどこから出てきたんだよっ」

ちひろ「こずえちゃんも居座るようになったことでしょうか」





17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/07(日) 23:50:52.15 ID:KPgSawEx0

杏「………」

こずえ「あんずー」

杏「ねえ、なんで杏の横にひっつくわけ?」

こずえ「んー……なんでだろー?」

杏「分からないんだ……」

こずえ「あんずといると、あんしんするのー」

杏「安心……? ダメ人間が近くにいるからかな?」

こずえ「よくわからないけどー……あんずはあんしんなのー」

杏「杏はそんなこずえに疑問しか抱けないよ」

こずえ「ぎもんー?」

杏「分からないことばかりってこと。あー、考えるのもだるくなってきた」

こずえ「やすむー?」

杏「飴舐めて休む―」

こずえ「あんずー、こずえもあめほしー」

杏「はいはい。ほらこれ」

こずえ「あまいー」

杏「ミルクキャンディだからねー。うまうま」





モバP「……ちひろさん」

ちひろ「……なんですか?」

モバP「やる気が削がれていきます」

ちひろ「奇遇ですね。私もです」

モバP「あんなやりとり、見せられたらどうしようもないですよ……!」

ちひろ「なんで仕事してるんだろうって気にさせられますよね……」





20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/08(月) 00:25:20.03 ID:3JxSKnou0

こずえ「みみみんみみみんうーさみん」

菜々「こずえちゃんじゃないですか。嬉しいですねー。その曲、気に入っちゃいました?」

こずえ「あー、ななだー」

菜々「はーい。ナナですよ」

こずえ「ねーねー。おねがいがあるのー」

菜々「お願いですか? なんでしょう。ナナにできることならウサミンパワーで叶えてあげますよ!」

こずえ「うさみんせいに、つれてってー」

菜々「ウ、ウサミン星ですか……」

こずえ「うさぎさん、いっぱいー?」

菜々「う、うさぎさんというわけではなくて、ナナみたいな人間のような容姿をした人がいるくらいですよ」

こずえ「んー? うさぎじゃないのー?」

菜々「ご、ごめんなさい。うさぎじゃないんですよー」

こずえ「そっかー……」

菜々「(……これで諦めてくれましたかね?)」

こずえ「でも、うさみんせいに、つれてってー」

菜々「(の、乗りきれていないっ!?)」

こずえ「うさみんせい、たのしそー」

菜々「うっ……そ、そうだ! ウサミン星に行くには、大人にならないとダメなんですよ!」

こずえ「おとなー?」

菜々「は、はい。ウサミン星まで行くのは体力がいりますので!」

こずえ「こずえー、れっすんしてるよー?」

菜々「えーっと、えっとー……ま、まだ足りないみたいですねー。ウサミン電波が受信できていないようなので」

こずえ「ふわー……ざんねんー」

菜々「こ、こずえちゃんが大人になったら連れて行きますから!」

こずえ「そっかー。おとなになれば……いいんだー」

菜々「って、あれ? こずえちゃん、どこ行くんですか? ……諦めてくれたんでしょうか」





こずえ「ぷろでゅーさー」

モバP「んー? ちょっと仕事してて手が放せないけど、なんだー?」

こずえ「こずえをおとなにしてー」

モバP「ぶーっ!?」

ちひろ「プロデューサーさん……あなたって人は」

モバP「何か分かりませんけど、絶対勘違いですからね? だから携帯取り出すのやめてくださいよーっ!?」

こずえ「ぷろでゅーさー、たいへんー?」

モバP「悪意のないその無垢な心に責任なんか押し付けられないからなぁ! 自分で何とかするしかないですよねぇ!」





34:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/09(火) 00:28:08.67 ID:OOYAMBf00

瞳子「ふぅ……」

こずえ「とーこー。どーしたのー?」

瞳子「ああ、こずえちゃん……。いえ、ちょっとね。アイドルについて考えていたのよ」

こずえ「あいどるー? こずえもあいどるだよー」

瞳子「そうね。あなたのように無垢でいられたらもっと楽だったんでしょうけれど」

こずえ「むくー?」

瞳子「今のこずえちゃんみたいなことよ」

こずえ「あー、おはなだー」

瞳子「(こずえちゃんには難しかったようね)そう、お花ね」

こずえ「いろーいっぱいー」

瞳子「フラワーアレンジメントっていうのよ。そうね、この前夕美ちゃんと凛ちゃんが持ってきた花がこの辺りに……あったあった」

こずえ「おー、たいりょーだー。あれんじー……するのー?」

瞳子「一緒にやってみる?」

こずえ「やるー」





こずえ「できたー」

瞳子「あら、かわいらしいわね」

こずえ「うまく……できてるー?」

瞳子「ええ。初めてとは思えないくらい。こずえちゃん、才能あるかもしれないわね」

こずえ「……とーこ、これーぷれぜんと……だよー」

瞳子「えっ?」

こずえ「げんき、だすのー」

瞳子「……ふふっ、ありがと。いっぱい元気でたわ」

こずえ「ほんとー?」

瞳子「ええ。次は二人で作りましょう。この事務所が埋まってしまうくらい飾りましょう」

こずえ「おー」





35:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/09(火) 00:32:36.09 ID:OOYAMBf00

茄子「~♪ あら、あれはこずえちゃん? 珍しいですね、外で見かけるなんて」

こずえ「うさうさみーんみーん」

茄子「もしもし、プロデューサーさん? ええ、こずえちゃんが。……なるほど、分かりました。私の方で見ておきますね」

こずえ「おかいものー」

茄子「どこまで行くんでしょう? ふふ、こうしていると娘が心配でこっそり跡を着けているお母さんみたいですね」

こずえ「ついたー」

茄子「商店街……?」

こずえ「りんごー、ころころ……ころがってきたよー?」

おばちゃん「あらー、わざわざありがとうねー。拾ってくれたの?」

こずえ「おとしちゃったー?」

おばちゃん「そうなのよー。せっかちで落としちゃったの」

こずえ「ひろうのてつだうー」

おばちゃん「あら、いい子ねー。ありがとー!」

こずえ「ぜんぶー……ひろえたよー」

おばちゃん「ありがとうねえ。このリンゴ、お礼にあげるわ」

こずえ「おー……いいのー?」

おばちゃん「ええ。お母さんに切ってもらって食べるといいわ」

こずえ「わーい。ありがとー」

茄子「あらあら。よかったですねー」



こずえ「おなかすいてるのー? これーたべるー? んー……くれるのー? ……ありがとー」

茄子「あら、今度はリンゴがおもちゃに?」



こずえ「これがほしーの? こずえはいらないからあげるー。おれいー? いらない……ふわー。え、わるいの? じゃー……もらうー」

茄子「……わらしべ長者を見ている気分です」



こずえ「ほしーなら、あげるよー。おれいー? こずえはもうおれいいらないー。……うーんうーん。おー……そのおかしほしー。ありがとー」

茄子「あら、お菓子になっちゃいました」

こずえ「おかいものにもどるー……あれー、おかしかいにきたのに、もってるよー?」

茄子「……ふふっ。そういうことですか。こずえちゃーん、こんにちはー」

こずえ「あー、かこだー。みてみてー。おかしー」

茄子「あら、よかったですねー」

こずえ「いっしょにーたべよー?」

茄子「あら、いいんですか?」

こずえ「かこがーみててくれたからー」

茄子「あら、気づかれていたんですね。……じゃあ、ご相伴に預かりましょうか♪」





36:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/09(火) 00:56:03.29 ID:OOYAMBf00

こずえ「ままゆーままゆー」

まゆ「まゆですよぉー」

こずえ「まあゆー?」

まゆ「ま・ゆ、ですよー」

こずえ「まゆだー」

まゆ「はい。まゆですよー」

こずえ「ままゆにききたいことがあるのー」

まゆ「結局元に戻るんですね……。はいはい、なんですかぁ?」

こずえ「ままゆはぷろでゅーさーのこと……すきなのー?」

まゆ「ええ、好きですよぉ」

こずえ「ぷろでゅーさーもままゆのことすきなのー?」

まゆ「どうでしょうか。少しでもそう思っていただけていたら嬉しいですねぇ」

こずえ「こずえはーままゆのことすきだよー?」

まゆ「あら、ありがとうございます。私もこずえちゃんのこと、好きですよぉ」

こずえ「そーしそーあいー?」

まゆ「そうですねぇ」

こずえ「こずえ……ぷろでゅーさーも、すきだよー?」

まゆ「あらあらぁ♪ これはかわいいライバルですねぇ」

こずえ「こずえ、まゆとらいばるなのぉー?」

まゆ「うふふ。もしかしたら、そうなるかもしれませんねぇ。数年後、同じことを聞けるのでしたらお相手になりますよぉ?」

こずえ「らいばるよりもーきょーりょくかんけー? がいいなー」





37:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/09(火) 00:57:14.22 ID:OOYAMBf00

こずえ「ぷろでゅーさー」

モバP「おう。珍しく暇になったから相手してあげられるぞ! で、なんだなんだ?」

こずえ「ぷろでゅーさーはこずえのことすきー?」

モバP「おう、大好きだぞ!」

こずえ「そーしそーあいだねー」

モバP「難しい言葉知ってるんだな」

こずえ「ままゆのことはー?」

モバP「ままゆ……? ああ、まゆのことか。もちろん、みんな好きだぞ」

こずえ「そーしそーあいー?」

モバP「そーだなー。アイドルのみんなとは相思相愛だな」

こずえ「……だってー」

モバP「? こずえ、いったい誰に話しかけてーー」

まゆ「うふふ♪ こずえちゃん、ありがとうございます」

モバP「デスクの下は隠れ家じゃないんだが……」

まゆ「おかげでいい台詞がとれましたぁ♪」

こずえ「ままゆー、わたしもききたいー」

まゆ「いいですよぉ。一緒に聞きましょうか♪」

モバP「まゆ、あまりどうこう言う気はないが、こずえまでそっちに引き込むのはやめろよ……?」

まゆ「うふふ、Pさん次第ですよぉ♪」





47:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/10(水) 01:04:55.83 ID:Ye2NMn0Y0

こずえ「おーさんぽーおーさんぽー」

聖來「わんこーっ、そんなに急いでどうしたのさーっ!?」

こずえ「……わんこー?」

わんこ「わんっ!」

こずえ「おー。のせてくれるのー?」

聖來「はあはあ……まったくもー、勝手に走って行っちゃうんだから……って」

こずえ「せーらーだー」

聖來「こずえちゃんじゃん。って、わんこ。もしかして、こずえちゃん見つけたから?」

わんこ「わふっ」

こずえ「せーらー、みてみてー」

聖來「うわ、ぴったりで乗れてるね……わんこ、重くないの?」

こずえ「おもくないってー」

聖來「うーん、危ないから降りてほしいんだけど……」

こずえ「へーきだよー?」

聖來「まあ、わんこも辛くなさそうだけど……わんこー、さっきみたいに走ったらダメだからね?」

こずえ「しゅっぱーつ」

聖來「わわっ、だからいきなり走っちゃダメーっ!」

こずえ「はやいはやーい」

ずでんっ。

聖來「ほらーっ! やっぱり落ちてるー! 大丈夫―!?」

こずえ「えへぇ、たのしーねー」

わんこ「わふっ♪」





モバP「そりゃ犬の散歩はいいけど」

聖來「うう、ごめんなさい」

モバP「年長者として……というか、飼い主として、もう少し躾はしっかりとな?」

聖來「肝に銘じます……」

モバP「まあ、こずえも気にしてないようだからいいんだけどな。今後の課題ってことで」

こずえ「たのしかったー」(ぼろぼろ

わんこ「わふっ」

 その日から事務所の近隣で、犬の上に小さな女の子がのっかって散歩している姿が散見されるようになりました。





48:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/10(水) 01:17:18.02 ID:Ye2NMn0Y0

裕子「むむむー……えいっ」

こずえ「ふわー。……なにもーおきないよー?」

裕子「おっかしいですねー? これで浮くはずなんですが……」

こずえ「おかしいねー?」(ふわふわ

裕子「ええ……ん?」

こずえ「どーしたのー?」(すとん

裕子「……いえ、見間違いですね。こずえちゃん。今度こそ成功させますからね。見ててくださいっ」

こずえ「おー、おーえん……するよー」

裕子「むむむ~……サイキック、レビテーション!」

……しーん。

こずえ「れびてーしょーん」(ふわふわ

裕子「わ、私には小さな子どもに夢を見させてあげることもできないんですか……!」

こずえ「ゆっこー……げんきだしてー」(ふわふわなでなで

裕子「うぅ、こずえちゃんは優しいですね。その優しさを糧にして、今度こそこずえちゃんにサイキックドリームを見せてあげますよ!」

こずえ「そのいきだー」

裕子「いきますよ、こずえちゃん。一緒に力を合わせて!」

こずえ「おー」

裕子「パワーをサイキックに!」

こずえ「ぱわーをさいきっくにー……ふわぁ。ねむぃー」

しーん……。

裕子「こ、これでもダメなんですか……! 昨日、誰もいないところで、確かに成功したというのに! って、あれ、こずえちゃん? うぅ、見限られちゃいましたか」




こずえ「ぷろでゅーさー」

モバP「あれ、こずえ? どうしてここにいるんだ? 今日は裕子とレッスンじゃなかったのか?」

こずえ「えっとねー……ねむたいとおもったらー……ここにいたのー」

モバP「は、はあ? よくわからんが、眠たいなら仮眠室か」

こずえ「ここでねるー」(ふわふわ

モバP「ソファは寝る場所じゃない……ぞ……」

こずえ「ふわぁ。おやすみぃー……」

prrrr......!

モバP「……ああ、裕子か? おい、おまえまたサイキックとか言ってエスパー云々やったんじゃないだろうな? あ? なんで分かったかって? あのな――!」





49:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/10(水) 01:26:24.75 ID:Ye2NMn0Y0

こずえ「……ふわぁ?」

芳乃「……おやぁ?」

こずえ「はじめましてー?」

芳乃「初めましてでございますがー、初めましてのようには思えないのでしてー」

こずえ「きぐーだー。こずえもなのー……」

芳乃「奇妙な縁もあることですのでー、今後とも―よろしくなのでー」

こずえ「なのでー」



こずえ「よしのー」

芳乃「ぼぉー?」(ほら貝

こずえ「こずえもやるー」

芳乃「ぼぉー」(ほら貝

こずえ「ちいさいの、あるんだぁ?」

芳乃「ぼぉ」(ほら貝

こずえ「わぁーい」

芳乃「ぼぉ♪」(ほら貝

こずえ「いっしょにふくのー」

芳乃「ぼぉーぼぉーぼぉおおぉぉーっ」(ほら貝

こずえ「ぼぉーぼぉー……わぁ、つかれたー」

芳乃「ぼぉっ!?」(ほら貝



奈緒「なあ、あれはツッコんでもいいのか?」

モバP「俺に聞くな」





50:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/10(水) 01:27:43.97 ID:Ye2NMn0Y0

芳乃「失せ物、ですか」

こずえ「うんー」

芳乃「それでそなたではなく、わたくしを頼りに来たということでー?」

こずえ「ぷろでゅーさーが、よしのーならみつけられるってー」

芳乃「期待されることは、吝かでもないのでして―。して、肝心の失せ物とはどのようなものでして―?」

こずえ「えっとねー」

芳乃「ふむふむ?」

こずえ「よしのー」

芳乃「わたくしでしてよー」

こずえ「よしのー」

芳乃「……ふむ?」

こずえ「さいきんよしのーと……あそんでないのぉー」

芳乃「……なるほど。確かにそなたには解決できないものでしたか。最近アイドルという仕事にも興味が湧いてきたこともありましたゆえ」

こずえ「こずえ、さみしいでしてー」

芳乃「それではー、今日は一緒に遊ぶのでして―」

こずえ「わーい」

芳乃「何をして遊ぶか、決めましょう―」

こずえ「えーっと、えっとー……」

芳乃「(……最近、わたくしも働き詰めだったのをそなたも気づいていたから、でしょうかー? それならば中々隅に置けないのでしてー)」



ちひろ「あっれー?」

モバP「どうしました?」

ちひろ「スタドリの倉庫の鍵を探しているんですが……」

モバP「それなら芳乃に見つけてもらったらどうですか?」

ちひろ「そうですね。……そして今更ながらに使えるものは使うスタンスのプロデューサーさんと私って、端から見たらかなり黒いですよね」





60:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/11(木) 00:19:42.25 ID:U6r/PWyB0

茜「おはようございます!」

こずえ「げんきいっぱいー。おはよー」

茜「おはようございます! こずえちゃんも元気そうで何よりです!」

こずえ「うんー。こずえはいつもげんきー」

茜「元気なのはいいことです! それにしても、今日はいい天気ですね!」

こずえ「あついくらーい」

茜「こんな日は外で走るに限りますね!」

こずえ「こずえはぁ……ちょっとよくわからなーい」

茜「そうですか? 暑い中走ると元気がでますよ!」

こずえ「つかれないのー?」

茜「疲れますが、元気が出ます!」

こずえ「おー……こずえもやってみるー」



茜「ファイオーファイオー!」

こずえ「ふぁいとーおー」

茜「どうですか、こずえちゃん!」

こずえ「やっぱりあついー」

茜「走っていれば気になりませんよ!」

こずえ「ふわぁ……ねむいー」

茜「むむっ。それでは背中に乗りますか!? こずえちゃんくらいならいい運動になりますから!」

こずえ「おんぶー?」

茜「はい! 事務所に戻るまで寝ていてもかまいませんよ!」

こずえ「わーい」



ちひろ「プロデューサーさん、最近近隣の住人から電話がかかってくるんですよ」

モバP「アイドルたちが何かやらかしたんですかね?」

ちひろ「いえ、最近茜ちゃんとこずえちゃんが一緒にいるよねーと言う話で」

モバP「こずえも最近仲良くなったアイドルが増えたよなぁ。いいことじゃないか」

ちひろ「いつもこずえちゃんが背中にいるそうです」

モバP「タクシーか何かかよ」





61:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/11(木) 00:32:29.44 ID:U6r/PWyB0

こずえ「しあわせはーあるいてこーないー」

ほたる「……ですよね」

こずえ「おー、ほたーるー。いたー」

ほたる「おはようございます。こずえちゃんが会いに来るなんて何の兆しでしょうか?」

こずえ「ぷろでゅーさーがねー、ほたるーよんでこいだってー」

ほたる「そういうことでしたか。じゃあ、後から行きますので」

こずえ「……えー」

ほたる「あ、あの、こずえちゃん?」

こずえ「いっしょに……もどろーよー」

ほたる「えっと、一緒だと不幸なことが……もしかしたらこずえちゃんにね?」

こずえ「こずえはきにしないよぉー?」

ほたる「私が気にするんですよ……」

こずえ「うぅ~……」

ほたる「わ、分かりましたから! 一緒に行きますから泣かないでください!」

こずえ「やったー」

ほたる「…‥うぅ、私が泣きたいです」



こずえ「おー、ばななのかわだー」(つるんっ

ほたる「こずえちゃん!? なんでこんなあからさまなものが……」

こずえ「かなだらいだー」(ゴァンッ

ほたる「なんでそんなものが用意されてるんですかっ!?」

こずえ「おへやまちがえたー」

ほたる「これはなにも……ないですよね?」

こずえ「ごきぶりだー」

ほたる「きゃああぁぁっ!?」



こずえ「ついたー」

ほたる「はぁはぁ……」

モバP「ずいぶん疲れてるみたいだけど、何があったんだ……?」

こずえ「んーとね、たのしかったー」

ほたる「た、楽しかったんですか……?」

こずえ「ほたるといっしょだとー……いつもとちがうからー」

モバP「まあ、こういう風に不幸っぽいものを不幸って捉えない奴もいるんだ。周りに甘えられるときは甘えておけよ」

ちひろ「プロデューサーさんがちゃんとアフターケアを……!?」

モバP「俺だって人間です」

こずえ「あるいてとってきたよー。しあわせー」





63:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/11(木) 00:50:22.77 ID:U6r/PWyB0

こずえ「みすてーりあーす……」

音葉「ミンストレル、ですよ」

こずえ「みやこー?」

音葉「ミステリーでもないですよ」

こずえ「おとはー、なにきいてるのー?」

音葉「(普通に脈絡なく戻りましたね)この事務所の鼓動を」

こずえ「こどー?」

音葉「人がいる場所はその場所が生きているということ。この場所は実に活気に満ち溢れていてよい響きが聞こえてきますから」

こずえ「ひびーきー……」



モバP『杏ー! またおまえは寝てばっかりー!』

杏『いいじゃんかたまにはーっ!』

モバP『森久保ぉ! おまえは仕事だぞゴルァ!』

乃々『む、むぅーりぃー』

モバP『輝子ぉ! いったいどれだけ持ってくるんだよぉ!?』

輝子『フヒッ。……無論、埋まるまで?』



こずえ「きこえて……きたよー」

音葉「いえ、あれらとはまた違うものです……」

こずえ「そーなんだー」

音葉「ええ。こずえはまだ、自分の響きも満足に認識できていないでしょう? まずはそこまで大人になってみることです」

こずえ「おとなになったらわかるー?」

音葉「私には聞こえてきます。ここまで無限の可能性が秘められた響きを私は知りません」

こずえ「おおー。こずえ、じつはすごいー?」





68:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/12(金) 00:23:03.39 ID:RXoX4W8z0

心「シュガーハートビーム☆ 黙って拍手しろ」

こずえ「こころー、おつかれさまー」

心「うん、こころじゃないからね? 誰かなーこころって教えたの?」

こずえ「えっとー……わすれたー」

心「ちっ。……でで、どしたのさー」

こずえ「これー」

心「お、タオルありがとねー。はぁとの気力も回復したよー」

こずえ「やったー」

心「で、一人で来るなんて何か用でもあるんでしょ―? 今ならしゅがーはぁとがなんだってあまーく叶えちゃうよ!」

こずえ「ぷろでゅーさーがかまってくれないのー」

心「おっけー。こんな小さい子放って仕事してるプロデューサーは今度〆るね☆」



こずえ「ねーねー」

心「どしたの? はぁとさんにお任せ?」

こずえ「こずえもびーむだしたいー」

心「そ、そっか。……ビームかぁ。こ、こずえちゃんなら魔法少女で魔法使えるんだしいいんじゃないかなー?」

こずえ「びーむがいー」

心「お、おう。いつになく真剣だなぁ。しゃーない、はぁとも気合入れるよ!」

こずえ「おー、おしえてくれるのー?」

心「もちろん! ただし、この光線は見えないから気をつけるんだぞ☆」

こずえ「わかったー。きをつけるー」



こずえ「ぷろでゅーさー」

モバP「んー?」

こずえ「こずこずびぃむー」

モバP「………」

こずえ「どうー? きいたー?」

モバP「お、おう! 効いたぞ、しっかり! 今にも倒れちゃうかもな」

こずえ「あれー? かいふくするようにしたのにー」

モバP「お、おー? なんだか急に力が湧いてきたぞ―! 今ならどれだけ仕事があっても頑張れそうだー」

こずえ「せいこーしたー」

ちひろ「じゃあこちらの書類もおねがいしますね」

モバP「ファッキンちっひ」





70:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/12(金) 00:37:07.12 ID:RXoX4W8z0

時子「……豚に頼まれてしまって断りづらい状況だったとはいえ、これはないわね」

こずえ「むちだー」

時子「こら、やめなさい。危ないでしょうに」

こずえ「あぶないのー?」

時子「絡まって自分で解けなくなったらどうするのよ」

こずえ「………」

時子「……ちょっと、なんなのよ」

こずえ「とっきー、じつはやさしー?」

時子「やさしくなんてないわよっ。というか、そのとっきーって何なのよ」

こずえ「とっきーはとっきーだよー?」

時子「くっ、この私が他人のペースに乗せられているですって!? 否! そんなことありえないわ!」

こずえ「とっきー、むちってたのしーのー?」

時子「お子様には分からないわ」

こずえ「むー……」

時子「……何よ?」

こずえ「みんなそーゆーのー」

時子「当たり前よ。あなたは子どもなんだから」

こずえ「はやくおとなになりたいなー」

時子「あと十年待ちなさい」

こずえ「とっきー」

時子「なんなのよ。やけにかまってくるじゃない」

こずえ「むちってたのしーのー?」

時子「ええ。あなたも豚相手に振るえばその素晴らしさが分かると思うわよ」





こずえ「ぷろでゅーさー」

モバP「今から外回りなんだけど……すぐ終わる話か?」

こずえ「ぷろでゅーさーはむちにうたれてきもちいーのー?」

モバP「時子ーっ! おまえに頼んだ俺がバカだったあああぁぁぁっ!」





73:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/12(金) 00:56:26.59 ID:RXoX4W8z0

雪美「………」

こずえ「………」

雪美「ペロ、かわいい?」

こずえ「……かわいー」

雪美「よかった……。なでてみる?」

こずえ「いいのー?」

雪美「ペロも、イヤじゃない……って言ってるから」

こずえ「おー。じゃーなでるー」

なでなでなでなで

雪美「ペロ……嬉しそう」

こずえ「さらさらー」

雪美「………」

こずえ「………」

雪美「あ……あの……」

こずえ「いっしょにー……おひるねするー?」

雪美「………」

こずえ「おしゃべりでもー……いいけどー?」

雪美「……寝る。ペロも一緒に寝る? ……そう。……一緒に、寝るって」

こずえ「おー。じゃーかみんしつだー」

雪美「(一緒にいても、Pみたいに、苦しくない……)」



モバP「あー、今日は徹夜かなぁ。の前に、少し寝ておくか……って」

雪美・こずえ「「すぅーすぅー」」

モバP「……俺はソファで寝ることにするかな」





74:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/12(金) 01:02:41.31 ID:RXoX4W8z0

こずえ「ふわぁー」

みちる「フゴフゴ?」

こずえ「ぱんがー……いっぱいー」

みちる「フゴフゴ(お一ついかがですか?)」

こずえ「でっかーい……」

みちる「フゴゴ(では、半分あたしが食べてあげますね)」

こずえ「ありがとー……おおー。おいしー」

みちる「フゴゴフゴ♪(当然です。愛情がこもっていますからね!)」

こずえ「みっちー」

みちる「フゴ?(なんでしょう?)」

こずえ「こずえも……つくりたーい」



ちひろ「プロデューサーさん。なんでこずえちゃん、あれでみちるちゃんの言葉わかるんでしょうか」

モバP「俺のほうが知りたいくらいですってば」



みちる「では頑張って作りましょう!」

こずえ「おー」

みちる「とはいえ、一から作るのは大変なので、生地は既に作ってきました」

こずえ「てまいらずー?」

みちる「本当に一から作りたくなったら大原ベーカリーへどうぞ!」

モバP「子ども相手に宣伝するな」

みちる「では、この程よく醗酵したパン生地を好きなカタチにこねましょう!」

こずえ「なんでもいいのー?」

みちる「はい。いっぱい好きなものを作ってしまいましょう!」

こずえ「おー」



こずえ「やけたよー」

みちる「上手に焼けましたね!」

モバP「で、何故見せにくる?」

みちる「フゴフゴフゴゴ(こずえちゃんがどうしてもと)」

モバP「おまえは辛抱しなさすぎ」

こずえ「ぷろでゅーさーに、これー」

モバP「お……おおー? これは俺か?」

こずえ「がんばったー」

モバP「おお。うれしいな。ありがとうなー。大事に食べるぞ」

こずえ「うん。たべてー……ちるちるー。これもーたべるー?」(プロデューサーパン×いっぱい

みちる「いただきます! フゴゴフゴフゴゴゴゴ!」

モバP「……俺が食われていくところを見て無性に悲しくなったんだが」

こずえ「つくるのたのしかったー」





89:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/13(土) 01:14:16.94 ID:JxSWzik30

こずえ「ふわー? みられてるー?」

小梅「お、おはよう……こ、こずえちゃん、一人、なの?」

こずえ「んーんー。こずえだけじゃないよー」

小梅「そ、そう。……Pさんいるのかな?」

こずえ「んーんー」

小梅「あ、Pさんじゃないんだ。じゃあ、乃々さんや輝子さん?」

こずえ「ちがうよ―」

小梅「うーん……わからない」

こずえ「ここにいるよー」

小梅「ここ?」

こずえ「うん。ここー」(宙を指さし

小梅「……こずえちゃん、見えてるの?」

こずえ「……? いるよねー?」

小梅「わぁ……♪ あの子も喜んでる」

こずえ「おー? こずえ、ふたりめなのー?」

小梅「見える人……初めて」

こずえ「こずえはふつーだよー……」

小梅「え? う、うん。私は……平気だよ?」

こずえ「こずえもー」

小梅「じ、じゃあ、一緒に……見よっか」

こずえ「おー」



こずえ「おおー。びっくりー」

小梅「………」(キラキラ

こずえ「……こわいのー?」

小梅「実はあの子、恐がりで……」

こずえ「しんどーぶるぶるー」

小梅「でも、いつもより楽しそう……♪」



モバP「あれ、どうして間空けて座ってるんだ?」

こずえ「ふわぁ、あけてないよー?」

モバP「へ?」

小梅「あの子が、いるの……」

モバP「なるほど。……って、こずえも見えるの!?」

こずえ「かわいーよー?」

小梅「あ、照れてる」

モバP「(時々こずえのことがよく分からなくなります。どうしたらよいでしょうか)」





91:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/13(土) 01:47:23.69 ID:JxSWzik30

こずえ「とみー」

里美「ないでしょー?」

こずえ「あのねー。おしえてー」

里美「はい、何をでしょうかー?」

こずえ「どーやったらぼんきゅっぼーんになれるのぉー?」

里美「ぼんきゅっぼーんですかぁ~」

こずえ「そー」

里美「んー、特に気にしたこともないので分かりませんねぇ」

こずえ「そっかー」

里美「あっ。でも~」

こずえ「なにかあるのー?」

里美「のびのびーと過ごせば、きっとよく成長するはずですよぉ」

こずえ「のびのびー……よくわからない」

里美「こずえちゃんはまだそういうのは考えなくてもいいと思いますよぉ」

こずえ「こずえもそーおもうー」





モバP「天然が二人いると、別次元に迷い込んだかのようになりますね」

ちひろ「まるで藍子ちゃんのゆるふわ結界みたいですよね」

モバP「アレよりたちが悪いのは、当人たちが全く気づいてないってことですね」





92:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/13(土) 02:08:09.93 ID:JxSWzik30

こずえ「れーこー」

礼子「あら? こずえちゃんじゃないの。どうしたのかしら。ここはあなたのいるような場所じゃないわよ」

こずえ「なにのんでるのー?」

礼子「あら、気になるなら飲んでみる?」

こずえ「のむー」

礼子「……なんてね。さすがにそこはわきまえているわよ」

こずえ「のませてくれないのぉ~?」

礼子「冷蔵庫にジュースがあったはずだからちょっと待っていなさい」

こずえ「わかったー」

礼子「はい。これで我慢しなさい。……それで、一人でどうしたのかしら?」

こずえ「んっとねー。わすれちゃったー」

礼子「子どもらしいわね。……こずえちゃんを見てると昔を思い出すわ」

こずえ「むかしー?」

礼子「私にも子どもの頃があったということよ」

こずえ「……そーぞーできないぃ」

礼子「そんなものよ

こずえ「こずえはれーこみたいになれるー?」

礼子「私? そうね……なろうと思えばなれるわよ」

こずえ「ほんとー?」

礼子「ええ。大人になるまでいっぱい経験を積めばね」

こずえ「けいけんってー?」

礼子「そうね。例えばプロデューサーを誘惑したり、ちょっと反抗したり……周りに迷惑をかけることも時には必要かもしれないわ」

こずえ「めいわくはーだめー」

礼子「ふふっ、大人になればわかる時が来るわ。そうね、例えばこんな風にね」



モバP「こずえー、そろそろ送っていくぞ―って、礼子さんいたんですか。もしかしてこずえの面倒見ててくれました?」

礼子「ええ。そうね。でもダメよ。こんな可愛い子を一人にしちゃ」

モバP「いやぁ、すみません。今度なにかお礼しないと」

礼子「礼、ね……じゃあ、あなたをいただこうかしら?」

モバP「ち、ちょっと!? こずえが見てるんですよーっ!?」

礼子「冗談よ。ふふ、慌てすぎよ、あなたは」

こずえ「おおー。なんとなくわかったー」

モバP「こずえ! それは分かっちゃいけない何かだからな!?」





93:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/13(土) 02:35:35.03 ID:JxSWzik30

きらり「あれー? 今日は杏ちゃんおやすみー?」

モバP「おう。すまんがこずえの面倒みてやっててくれないか?」

きらり「にょわー☆ こずえちゃーん、かわいーからぎゅ~ってしてあげゆー♪」

モバP「ほどほどにな」

こずえ「なんだかさむけがしたのー」

きらり「にょわー☆」

こずえ「……にょっわー」

きらり「おっつおっつ! 今日もこずえちゃんはかわゆーぃ☆」

こずえ「き、きらきらー……く、くるしい」

きらり「はぴはぴぎゅ~っ☆」

モバP「……やりすぎないようにな」



こずえ「……ぷろでゅーさー」

モバP「お? あれ、きらりはどうした?」

こずえ「ぬけだしたー」

モバP「あー……苦しかったか」

こずえ「かったー」

きらり「Pちゃん! こずえちゃんがいなくなっちゃったにぃ!」

こずえ「きらきらだー」

きらり「あーっ、みっつけた―! もう、心配したゅー!」

こずえ「く、くるしー……」

モバP「きらり、俺ご、と……締め付け、る、な……」



こずえ「きらきらー」

きらり「にょわ? こずえちゃーん、ハグハグすぅー?」

こずえ「うーうん」

きらり「こずえちゃん、最近つれないにぃ……」

こずえ「あのねー。やってほしーことがあるー」

きらり「きらりにできることならやっちゃうよー!」

こずえ「あのねー。かたぐるましてー」



こずえ「みろー。ひとがごみのようだー」

きらり「こずえちゃんがおっきいゅー♪」

こずえ「ぷろでゅーさーも……ちっちゃいのー」

きらり「天井にも手が届く―♪」

モバP「なんだかんだでこずえはきらりのこと気に入ってるんだよな……」





100:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/14(日) 00:59:40.15 ID:aYoRBd5E0

こずえ「たまたまー」

珠美「あ、なの、こずえ殿? その呼び方は止めてもらえると……」

こずえ「なんでー?」

珠美「なんだか珠美が子どもっぽく聞こえますし……」

こずえ「たまたまはこどもじゃないのー?」

珠美「うっ。こ、こんななりですが、珠美はれっきとした大人ですよ! 結婚だってできるんですから!」

こずえ「おー。そーなのかー」

珠美「そうなんです!」

こずえ「……そーみえなーい」

珠美「し、正直ズバッと言いますね……」

こずえ「でもー……かっこいいところ、あるよぉー?」

珠美「そ、そうでしょうか?」

こずえ「うんー。ぼーぶんぶん、かっこいーよー?」

珠美「ぼー? ああ、竹刀のことですね」

こずえ「こずえもぶんぶんしたーい」

珠美「そうですね。それではこれでどうでしょうか?」

こずえ「おー? しんぶんがまるまってくー」

珠美「はい、一丁上がりです」

こずえ「おー。ぼーになったー」

珠美「はい、こずえ殿の分です。一緒に振りましょう」

こずえ「おー」





101:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/14(日) 01:09:05.11 ID:aYoRBd5E0

こずえ「もーそー?」

日菜子「むふふ、想像と言って欲しいですね」

こずえ「こずえもできるー?」

日菜子「ええ。思うだけなら自由ですから」

こずえ「じゃーひなこがそーぞーするのをそーぞーするー」

日菜子「むふふ。楽しそうですね。どんな感じになるんでしょう?」

こずえ「んーっとねー。ひなこのそーぞーがぜーんぶ……ほんとになるのー」

日菜子「いきなり壮大でいいですね」

こずえ「そこから……こずえがほしーものをほんとにしてくれるのー」

日菜子「自分のためですか。それもまたよし、ですね」

こずえ「それでねー。……みんなでせんぷーき……あ゛ーってやるのー」

日菜子「考えるとシュールですが、それも面白そうですね」

こずえ「ひなこがみんなのためにせんぷーきをぽこぽこだしてるのー」

日菜子「……四次元ポケットか何かでしょうか?」

こずえ「あ、あとねー。ぷろでゅーさーもいっぱいにしてくれるのー」

日菜子「Pさんをですか。いっぱいのPさんはたしかに想像の中だけですねぇ」

こずえ「みんな、ぷろでゅーさー……すきだからー。みんなでわけるのー」

日菜子「そうですねぇ。人数分いれば日菜子も……」

こずえ「おーじさまもばっちしー」

日菜子「……ふふふ、こずえちゃんの想像は幸せいっぱいですね―」



モバP「俺も妄想に浸っていたい」

ちひろ「これ、次のイベントの企画書ですよ」

モバP「Oh...」





102:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/14(日) 02:03:11.20 ID:aYoRBd5E0

くるみ「うぅ……」

こずえ「くるみー……ないてるのー?」

くるみ「ぐしゅぐしゅ……そ、そんなことないもん」

こずえ「なくときはー……ぜんぶはきだしたらいいよーって、ぷろでゅーさーがいってたぁー」

くるみ「……ぷろでゅーしゃーが? それなら、吐き出してもいいかな?」

こずえ「どーんとこーい、なのぉ……」

くるみ「あのねー……また学校でお胸が大きいってバカにしゃれたの。くるみ、好きで大きくしたんじゃないのにぃ……」

こずえ「おー。……めだつー」

くるみ「うん。めだつのー」

こずえ「でも、みりょくてきだよー?」

くるみ「くるみはふつうが良かったのにぃ……」

こずえ「げんきだすのー」

くるみ「うん……くるみのほうがお姉ちゃんだもんね」

こずえ「………」

くるみ「こずえちゃん」

こずえ「そーだったのかー」

くるみ「ぐすん……別の意味で泣いちゃいたいよぅ……」





103:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/14(日) 02:10:27.13 ID:aYoRBd5E0

こずえ「ふみふみー」

文香「なんでしょう? ……こずえさん、できればその呼び方は誰か踏みつけているように聞こえるのでやめていただければと」

こずえ「ぷろでゅーさーをふみふみするのー?」

文香「……しませんよ」

こずえ「ごほんよんでー」

文香「本、ですか。でも手元にはこずえさんに読み聞かせるようなものは……」

こずえ「これー」

文香「絵本、ですか。……はい、いいですよ」

こずえ「わーい」

文香「……あの、こずえさん?」

こずえ「なーにー?」

文香「どうして私の膝の上に乗っているんでしょうか?」

こずえ「いつもこーしてるのー」

文香「……そういうことですか」

こずえ「……ぷろでゅーさーも、いいよーって……いうよー?」

文香「……少しあの人には近づかないほうがいい気がしてきました」

こずえ「んぅー?」

文香「いえ、こちらの話です。はい、読みますよ―」

こずえ「ぱちぱちー」

文香「むかしむかし、あるところに――」



文香「こうして、子どもたちはお庭にいっぱいのお花を咲かせることができました。めでたしめでたし」

こずえ「………」

文香「あら? こずえさん?」

こずえ「……すやー」

文香「寝てしまいましたか。……動いてしまうと起こしてしまいそうですね。続きでも読んでいましょう」



モバP「………」

ちひろ「あら、プロデューサーさん? 何見てるんですか?」

モバP「見てた、が正しいんですが。文香がこずえに絵本読んでたんですよ」

ちひろ「あら。あまり関わりなさそうなのに」

モバP「文香も子どもが好きだったりするのかも」

ちひろ「母性本能をくすぐられたのかもしれませんね」

モバP「俺も文香に音読してもらいたいものです」

ちひろ「それは?」

モバP「男が言われたい女の告白百選です」

ちひろ「それはセクハラです」





104:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/14(日) 02:21:14.15 ID:aYoRBd5E0

悠貴「……うぅ」

こずえ「ゆーきー。たべないのー?」(ぽりぽり

悠貴「……(こ、こずえちゃんが食べてるんだから、年長者としては食べないといけないのはわかってるけど)」

こずえ「……おいしいよー?」

悠貴「えいっ」

こずえ「おーたっべたー」

悠貴「……えぅー。苦いです……」

こずえ「がんばったー……ごほーびー」

悠貴「え、これは……こずえちゃんのじゃ?」

こずえ「ゆーきにあげるのー」

悠貴「うぅ、ありがとう。こずえちゃん優しいね」

こずえ「えへぇー」

悠貴「あっ。じゃあ、私はこの自家製のミックスジュースあげるねっ」

こずえ「みっくすのじゅーすなのぉー?」

悠貴「うん。生野菜よりおいしいよ。果物も入ってて摂取しやすいもん」

こずえ「おー。のむのむー」

悠貴「はい。気に入るといいんだけど」

こずえ「……おいしー」

悠貴「よかったー……」

こずえ「おやさい、いっぱいー……?」

悠貴「うん。だから身体にもいいし、そのまま野菜食べなくてもいいんだよ―」

こずえ「……いいわけー?」

悠貴「うっ……」

こずえ「でもおいしー」

悠貴「だ、だよね!」

こずえ「いっぱいのめばー……こずえもおおきくなれるー?」

悠貴「――っ!? 私の背が高いのは、それが原因っ!?」





105:1 ◆q9I8mmKJpA:2014/09/14(日) 02:27:14.70 ID:aYoRBd5E0

こずえ「ぷろでゅーさーぁー……まだいそがしいのー?」

モバP「よーやっと最近のイベント落ち着いてきたから、少し時間取れるようになってきたぞー。今まで寂しい思いさせてごめんなー」

こずえ「ううんー。みんな、おはなしおもしろかったー」

モバP「おお、そうかそうか。退屈しなかったのならいいことだ。……というか、毎日事務所に来なくてもいいんだぞ?」

こずえ「いやー……くるのー」

モバP「なんだ? 寂しいのか? かわいいやつめー」

こずえ「ぷろでゅーさーの……そばにいるのー……」(ぎゅっ

モバP「ちひろさん、このかわいいの持ち帰ってもいいですか?」

ちひろ「警察呼びますよ?」



おわれ。





107:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/14(日) 02:32:27.89 ID:tieReS2pO

乙!こずえちゃん可愛かった





109:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/14(日) 07:50:58.43 ID:2qjx14/w0

おっつし!
このこずえちゃんをなでなでしたいんですが、かまいませんね!






元スレ:こずえ「ふわぁー……ぷろでゅーさー、いそがしいのー?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410077704





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。