Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  伊織「これは友達の知り合いから聞いた話なんだけど…」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
どこかで聞いたことがあるような、それでいて知っている話とはちょっと違うような。
どちらにしろ、怖いのは変わらないのかもしれません。でも、ちょっと遭遇してみたい乙。


3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 00:28:35.50 ID:FG/rku5Ho

亜美「う~…暑いYO~!暑すぎだYO~!」

あずさ「スタッフさんは空調の不具合だって言ってたけど…いつになったら直るのかしら~?」

伊織「まったく、この伊織ちゃんをなんだと思ってるのかしら!控室のクーラーが壊れてるなんて前代未聞よ!」

律子「仕方ないわよ… まあ幸い、本番までまだ時間もあることだしゆっくり直るのを待ちましょう」






4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 00:29:57.66 ID:FG/rku5Ho

亜美「暑いのに変わりはないじゃん!アイスとかないの~!?」

律子「今さっき食べたばっかりじゃない… 我慢しなさい!」

亜美「うあうあ~!あんなんじゃ足りないYO~!亜美はもっと芯から冷やしたいんだYO!」

あずさ「あらあら… でも私も、これはちょっと暑いと思うわ~」





5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 00:31:28.32 ID:FG/rku5Ho

律子「今年は暑いですからね… 正直、私もアイスぐらいじゃあんまり涼しくならなくて…」

伊織「…そうだわ!いい方法があるわよ!」

亜美「え!?なになにいおりん?」





6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 00:33:15.12 ID:FG/rku5Ho

伊織「ええ、…これは私の友達の知り合いから聞いた話なんだけどね…」

あずさ「あら、怪談?伊織ちゃん、得意よね~」

亜美「あう~…二十の意味で古典的だよいおり~ん…」

律子「二重の意味、ね。まあいいんじゃない?伊織の怪談話は一級品だものね」

伊織「にひひっ!じゃあ話すわよ?」





7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 00:34:58.59 ID:FG/rku5Ho

あるところに、長年連れ添った仲の良い女の子たちがいたの。

その二人は一緒に住んでたんだけどね、
年を取って、もし死んでしまったらどうしよう、一人になったらどうしようと考えるようになったの。

だから二人は、

「片方が先に死んだら、さみしくないように壁に埋めよう」

って約束していたのね。


律子(その発想がすでに怖いわね…)





8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 00:36:23.57 ID:FG/rku5Ho

しばらくして、一人が死んでしまった。

もう一人はとても悲しんだけれど、約束通り、その遺体を壁の中に埋めたわ。


それから毎日、夜中になると決まって壁の中から声がするようになったの。

「…こだ… ……ん…どこだ… ……は…」





9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 00:38:16.83 ID:FG/rku5Ho

何かを、誰かを探すような声…ぐるると、唸るような音もしたそうよ。

もう一人はいつもそれに答えていたの。

「大丈夫だぞ、自分はここにいるからな!」

ってね。





10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 00:40:22.27 ID:FG/rku5Ho

でもある時、どうしても用事で出かけなければいけなくなったから、村の若い女の子に留守を頼んだの。

女の子が留守をしていると、いつものように声がした。

「…はどこ…… ……んはど…だ…」

「はいはい、私はここにいるの、大丈夫なの」

最初のうちはそうやって答えていたわ。





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 00:42:01.70 ID:FG/rku5Ho

けれど、その声は止むことはない。何度も、何度も呼びかけてくる。

眠りを邪魔された女の子はイライラして叫んだわ。

「うるさいの!眠れないの!私は代わりなの!もう寝たいから静かにするの!」

すると、壁の中から死んだはずの女が飛び出したのよ!





12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 00:43:40.18 ID:FG/rku5Ho

バターン!!!

「「「「ひぃっ!?」」」」





13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 00:45:26.30 ID:FG/rku5Ho

「RA-MENは!」 「どこだ!」


「「「「!?」」」」


「ここでTOUJO! 銀髪のOUJO! 真にMENYO! 貴音C-JO!」

「食すNIJURO! 異常なZORYO! 壁から72か呼ぶGENCHO!」(くっ!)

(ジュ~イ ジュイジュイジュ~イ ギュッギュギュッギュッギュギュッギュッゥ!)

「税金増額! えんげる上昇! 替え玉大変! 食事の時間!」

「芸能世界を生き抜き! おでん屋台で息抜き!」

「どこだRA-MEN表示偽装MONDAI! そんな毎日りあるなSONZAI!」

「AH FU!(FU!) AH FU FU FU FU!」





14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 00:47:35.81 ID:FG/rku5Ho

伊織「」

亜美「」

あずさ「」

律子「」





15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 00:49:21.58 ID:FG/rku5Ho

祭りは終わらない。
この世に留まり続けるものなど一つもなく、時だけが平等に、残酷に、砂のように流れていく。
私達はなぜ生きるのだろう。その答えはきっと、初めからそこにあったんだ。

なぜかサングラスをかけ、ワイングラスを持った貴音。
ラジカセを持ち、ハム蔵を頭に乗せたままの直立不動、真顔の響。
秒間20往復のヘドバンを見せる美希。

祭りは終わらない。時だけが無常に過ぎていく。



最後に私が見たのは

「関係なかったじゃない… 関係なかったじゃない…」

ひたすら震える何かの影だった。





16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 00:51:06.70 ID:FG/rku5Ho

はい、以上です。
やりたかっただけ。
お目汚し失礼しました。





17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 00:58:30.48 ID:FG/rku5Ho

ネタかぶりとかあったらごめん。
C-JOが言いたかった。





18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 01:09:54.15 ID:j/0qTQGuo

乙です





19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 01:20:32.44 ID:cqAEtA1E0

本物のヒップホップが、ここにあるのだ





20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 04:26:40.68 ID:E7iKzJm8O

わかってたのに堪えられなかった

な千関無






元スレ:伊織「これは友達の知り合いから聞いた話なんだけど…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1412263614





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。