Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  モバP「そうか、夜更かししてるから飛鳥の胸は」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
誰もいないところで、相手のコンプレックスや身体的特徴をつぶやいてもセクハラにならない・・・!
のでしょうか。もちろん誰にも聞かれていないことが前提ですが。体のことは放っておいて!乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 01:21:15.29 ID:lj/e84nV0

飛鳥「…………………」

P「小さ、さあって今日も仕事だ仕事!」

飛鳥「待って」






4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 01:31:50.00 ID:lj/e84nV0

P「ん? おお、飛鳥いたのか」

飛鳥「白々しいな。さっき横目でボクがいるのを一瞥しただろう」

P「気のせいだよ気のせい。さて今日のスケジュールは」

飛鳥「待とうか。幸い時間はあるし、キミにはぜひ聞きたいことが出来たんだ」

P「俺に? 今すぐ?」

飛鳥「うん、可及的速やかに」

P「まあいいけど……何だ?」

飛鳥「さっき、ボクが何だって言ったのかな?」





6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 01:42:52.30 ID:lj/e84nV0

P「飛鳥が何だと言われても、飛鳥は飛鳥だよ」

飛鳥「そうじゃない。P、キミは先ほど何かを独りごちていたよね。それもボクが来ると同時に口をつぐむような事を」

P「そうだったかなー。飛鳥の聞き間違いなんじゃないか?」

飛鳥「いや、そんなはずはないんだ。あれが幻聴だとしたらあまりにキミの声に現実感が伴い過ぎていたから」

P(聞こえてたくせにどうしても俺の口から復唱させたいらしいな)

飛鳥「さあP、遊びはここまでだよ。キミはさっき、何て言ったんだい?」

P「それは……」

飛鳥「……」

P「飛鳥はよく夜更かししてるよなって」

飛鳥「そこじゃない」





9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 01:54:48.62 ID:lj/e84nV0

P「そこもどこも、俺はお前の夜更かしについて独り言を吐いてただけだぞ」

飛鳥「そうだけど、それだけじゃないだろう? キミはその情報をもとに何か分析していたみたいだったが」

P「そうだったか? どんな?」

飛鳥「ボクが夜更かしをしているからといって、こう、ボクの身体的特徴に結論付けていたじゃないか」

P(あーこれ逃げられそうもないな)

飛鳥「もう一度聞くよ。夜更かししているボクの、どこが、何だって?」

P「……」

飛鳥「まさか黙秘権を今さら主張しないだろうね?」

P「わかったわかった、確かに言ったよ。言いましたとも」

飛鳥「ほう、何て言ったのかな?」

P「飛鳥は夜更かししてるから胸が小さいんじゃないか、って」

飛鳥「……やはり聞き間違いなんかじゃなかったようだね」

P「うん、まさかふと思いついたこと口走ったらタイミング悪く本人に聞かれるとは思わなかった」

飛鳥「そうか……」

P(? 怒るでもなく、哀しむでもなく、飛鳥が複雑な表情をしてて反応しづらいな)





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 02:07:52.81 ID:lj/e84nV0

P「えーと、とりあえず謝る。失礼なこと言った自覚はある」

飛鳥「……ねぇ。この際だから聞くけど、ずっとボクの胸は小s、大きくないと思ってたんだね?」

P(言い直した?)

P「ん、控えめな方だとは思ってた」

飛鳥「ずっと?」

P「スリーサイズに変更がなければ」

飛鳥「……」

P「どこ行くんだよ」

飛鳥「いいだろう、それなら証明してきてあげる。キミの認識を改めてやろうじゃないか」

P「それはいいけど、どこへ?」

飛鳥「どこだっていいだろう? 少しばかり、自分の身体に真相を聞いてみるだけさ」

P(言うやいなや、メジャーを片手に部屋を出ていく飛鳥の後ろ姿はとてもシュールに映った)



飛鳥「…………」

P(なお、結果は聞くまでも無い模様)





15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 02:29:58.13 ID:lj/e84nV0

P「いや、そんなに気にするなって。飛鳥はそういうこと気にしない方だと思ってたよ」

飛鳥「うん……でも、いざ指摘されてみたら自分でも意外なくらい動揺しているらしいんだ……」

P「そりゃ小さいって言われて良い気はしない部分だろうけどさ」

飛鳥「……そんなに大きくない? 普通より僅かに満たないくらいだと自分では思ってたんだが」

P「んー、じゃあ実数値を例に出してなるべく客観的に判断してみよう」

飛鳥「うん」

P「飛鳥はいま14歳で身長は154cmだよな?」

飛鳥「そうだね」

P「例えばな、うちのアイドルに飛鳥より3つ年下の11歳で身長も14cm低い、つまり140cmの子がいるんだが」

飛鳥「……」

P「なんと、スリーサイズ(75/55/78)が一致しているんだ」

飛鳥「っ!?」

P「くるみの例もあるし成長期、いや性徴期は人それぞれとはいえ、わかるだろう?」

飛鳥「……くっ!」

P「飛鳥、無意識のそれはいけない」





17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 02:51:48.32 ID:lj/e84nV0

飛鳥「P、夜更かしが原因だと断定しているようだが、根拠はあるのかい?」

P「寝る子は育つって言うしなあ、ああ諺ってだけじゃなくて成長ホルモンがどうたらこうたら」

飛鳥「なんだ、どこぞで見聞きした情報から結論を導いただけか。悪いが根拠としては薄い」

P「そうだな。俺もたいした知識は持ち合わせてないから、本当のところはちゃんと調べないとわからないけど」

飛鳥「けど?」

P「同じ17歳で明らかに健康そのものの生活送ってそうなきらりと、明らかに不健康そうな生活してるだろう杏を比べてみようか」

飛鳥「……。極端な例とはいえ妙な信憑性がある、そう言いたいんだね?」

P「あの2人は遺伝子レベルでああなった節が否定出来ないのも確かだがな」

飛鳥「つまりボクならまだ生活を改めることで成長を促す見込みがある、と」

P「まあな。ちなみに胸の大きさは15歳まででほぼ決まるらしいぞ」

飛鳥「あと、1年……」

P(なにやら考え込んでるようだ。もう少し大きくなりたいとか思ってるんだろうか)





18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 02:53:42.48 ID:lj/e84nV0

話の方向性がまとまってないので飛鳥の分まで寝てきます





19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 02:59:33.04 ID:FIM0d1Kx0

いや俺が寝よう





20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 02:59:50.60 ID:9IdUolJ4o

お前がおっぱい大きくしてどうする





29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 08:00:39.54 ID:ZT3GfGGDO

早く飛鳥の胸を揉みしだくんだ





41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 20:23:36.04 ID:lj/e84nV0

P「発想を換えよう。飛鳥は胸が大きくなりたいのか?」

飛鳥「どうだろう。足掻いたところでどうにもならないことだってあるしね、なるがままに受け入れるつもりさ」

P「じゃあ何の問題もないな。胸が小さかろうが大きかろうが、それは飛鳥が飛鳥であることに一片の影響も無い」

飛鳥「……そうだね。フフッ、ボクとしたことが些か冷静さを欠いて大事なことを見落としていたようだ。P、ありが」

P「俺はもう少しあってもいいと思うけd、あっ」

飛鳥「…………………」

P「あー……すまん、いや、でもこれは俺の好みってだけでスレンダーな飛鳥も魅力的だぞ。ファンも確実に増えていってるしさ」

飛鳥「……違う、そう言う問題じゃないんだ」

P「えーと、問題ってのはどういう?」

飛鳥「さっきのキミの一言はね、ボクを見る目として常に『もっと胸が大きければなあ』という視点があり続けるってことだろう? ボクが変わらない限り……!」

P「いや、その、そういうことにはなる、のか?」

飛鳥「そんなの、なんだかフェアじゃないと思わないか? 少なくともボクはキミに何らかの不満を抱いてなどいないのに」

P「……すまん」

飛鳥「どうやらキミと対等になるためには、ボクの胸は今のままじゃいけないらしいね」

P(何をそんなにムキになってるんだろう、なんて聞けそうもない雰囲気になってきたぞ)





44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 21:01:30.95 ID:lj/e84nV0

飛鳥「P、キミならバストアップに関する情報を知り得ているんじゃないのかい? 仕事柄として」

P「そんなことないって、男の俺がそんな実証しようもないこと知ってたってしょうがないだろう?」

飛鳥「しかしこの手の話題は男性の方が案外詳しいものだと聞いたが」

P「……うーん、興味関心が尽きないのは確かだけど。でも結局は童貞の妄想乙な与太話と切って捨てられる情報も多いぞ」

飛鳥「そういうものなのか」

P「まあな。例えば胸は揉まれれば大きくなるだとか」

飛鳥「よく聞くね。それも?」

P「基本的には嘘だって情報の方がありふれてる。あるいは効果があるような揉み方でないとむしろ萎む恐れがある、だそうだ」

飛鳥「一概には嘘と言えない、ということかな」

P「さあな。どの道目に見えて効果が現れるまで続けるってのはな、リスクもあるわけだし」

飛鳥「可能性として考慮しておく、ぐらいに留めておこうか。P、他には?」

P「他にはって、まさか本気なのか?」

飛鳥「……情報収集くらいはいいだろう? 後学のためにさ」

P「とはいえ俺も詳しくないから聞かれても答えられないぞ。自分で調べるかもっと適切な人材に尋ねるかした方がいい」

飛鳥「それもそうだが、キミにはボクをやる気にした責務がある。最後まで付き合って貰わないと困るな」

P「えー……もうすぐ俺は仕事、飛鳥もレッスンあるだろ?」

飛鳥「今すぐでなくとも、情報収集自体はいつだって出来るはずだ。違うかい?」

P「そりゃそうだけど、とにかくこの話は後にしよう、今はお互いやるべきことがある。いいな?」

飛鳥「あぁ、構わない。じゃあ続きはまた後で」

P「……どうしてこうなった」





45:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 21:35:07.29 ID:lj/e84nV0

P「――というわけなんです」

ちひろ「ははぁ、プロデューサーさんのデリカシーのなさが飛鳥ちゃんを変えてしまったと」

P「はっきり言いますねえ。まったくもってその通りなんですが」

ちひろ「でも動機はどうあれよくある女の子らしい悩みですし、変な方向に暴走さえしないよう見守ってあげたらいいじゃないですか」

P「見守るだけならいいんですがね。飛鳥が納得いくまで付き合わされそうで」

ちひろ「これをチャンスとばかりに飛鳥ちゃんにいかがわしいことを」

P「していいならしますけど」

ちひろ「駄目です♪」

P「ですよね。何かちひろさんからも飛鳥に言ってやって下さいよ。もしくは効果のあるバストアップ情報を教えてください」

ちひろ「知りませんよ! ……プロデューサーさん? 何となく視線がいやらしいですよ?」

P「ああ、ちひろさんって飛鳥と身長同じくらいですよね。立場的にも飛鳥が頼ってきそうだなと」

ちひろ「私に面倒事押しつけようって意図が見え隠れしてる発言ですね!」

P「だってどうしようもないじゃないですか……男の俺が親身になる話でもないでしょう? それともやっぱり」

ちひろ「駄目です♪」

P「ぐぬぬ……」

ちひろ「ちなみに、プロデューサーさんは飛鳥ちゃんに胸が今よりあってほしいと思ってるんですか?」

P「そんなことないですよ。俺の好みの大きさではないってだけですし」

ちひろ「……ある意味それが一番残酷な一言だということに気づいてあげてください」

P「?」





46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 21:59:05.44 ID:lj/e84nV0

P「んー、仕方ない。一応調べてみるとしよう。こんな女性ばかりの職場で何を調べようとしてるんだろうな俺は……」カタカタ


バストアップ


P「あとは飛鳥の年齢も加味して」カタッ


バストアップ 思春期


P「検索っと。……うわぁ、やっぱり成長ホルモンとか女性ホルモンとかそんな話ばっかだな」

P「夜更かしが原因ってあながち間違ってないんじゃないか?」

P「あとは適当にそういうのを促す方法でも調べよう」カタカタッ ターンッ

P「……なになに、>>50がいいのか。へー、飛鳥に教えてみようかな」





50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 22:03:00.60 ID:vct49zjZo

からあげ





52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/01(水) 22:11:50.65 ID:gUHuwvVo0

リアルに効きそうな食べ物をw





54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/01(水) 22:12:37.79 ID:+2QssyGJo

バストじゃなくてウエストが増えそうな





60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/02(木) 21:19:04.77 ID:IXyHQJPJ0

飛鳥「首尾はどうだい?」

P「ぼちぼちかな。どうもからあげが良いらしいぞ」

飛鳥「からあげ? 理由、あるんだろうね」

P「鳥肉がいいってことらしいぞ。で、普段口にしやすいからあげ」

飛鳥「……P、今後のボクの昼食はなるべくからあげ弁当にしよう。この身を以て実証するんだ」

P「えっ、それはさすがに飽きないか?」

飛鳥「鳥肉がメインのお弁当があるというならそれでもいいよ」

P「……たしかにメインとなるとな。ロケ弁とかもう全部、なるべく手配しとく方向でいいのか?」

飛鳥「あぁ、構わない」

P「食べ過ぎて太って増やす、なんてオチはやめてくれよ?」

飛鳥「そんなヘマはしないさ。頼んだからね」

P「こんなんで大きくなるなら苦労しないと思うがなあ……それより飛鳥は何か情報手に入ったのか?」

飛鳥「うん。これは>>63に聞いたんだけど、>>68が効果あるみたいだ」





63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/02(木) 21:25:01.90 ID:LiTrY3NF0

めありー





68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/02(木) 21:28:44.85 ID:UEIklocbo

鯖読み





72:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/02(木) 21:54:36.92 ID:IXyHQJPJ0

飛鳥「メアリーに聞いたんだが、鯖読みがいいらしい」

P「おい」

飛鳥「ボクとしたことが盲点だった……彼女の着眼点には敬意すら覚えるね」

P「まて、それは根本的な問題が残ったままだぞ」

飛鳥「聞いてくれP。そんなことはわかっているんだ。でも、キミはボクの胸を見たことはあるかい? 触れたことさえないはずだ」

P「そりゃ当然だろ。でもそれが何だっていうんだ?」

飛鳥「そう、つまり近しい異性であるところのキミもボクの胸を観測している訳じゃない。なのにどうして大きくないと言える?」

P「何となく外観でわかるだろう?」

飛鳥「でも正確にはわからない。ただキミは75という数字に踊らされているに過ぎないんだ」

P「ほう……」

飛鳥「言わばシュレディンガーの猫さ。箱の蓋を開けるまで――服を脱ぎ去るまでボクの胸の大きさなんてわからない!」

P「飛鳥、飛鳥。冷静になろうか」

飛鳥「うん」

P「既にお前のプロフィールは世間に公表されている……その手はしばらく、使えない」

飛鳥「……」

P「鯖読むにしたって限界はあるしな。飛鳥の言うとおり、この業界にはありふれてるしバレる心配もそうないが」

飛鳥「…………。P、タイムマシンを出してくれ。出会いの日からやり直そう」

P「落ち着け」





76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/02(木) 22:18:29.66 ID:IXyHQJPJ0

P「からあげでも食って今日は休め。な?」

飛鳥「……そうする。ボクはボクでまた聞き込みを続けるから、キミはキミで調べておいてくれ」

P「了解だ。あまり期待するなよ?」

飛鳥「あぁ、わかってる」

P(……うーん、飛鳥が納得するまで終わらない流れなのかこれは)



P「…………」カタカタッ

P(家に帰っても俺は何を調べてるんだろう。似たようなことばかり出てくるしなぁ)

P(そうだ、俺も誰かに聞いてみようかな。なるべくそういった努力してそうな人がいい。セクハラ? 知るか)

P(電話してみよう。……>>79に聞いてみるぞ)





79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/02(木) 22:21:09.60 ID:qf4pguAd0

清良さん





86:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 19:48:23.25 ID:RnYw08Na0

P「もしもし、突然すみません」

清良『いえ、それよりもどうかしましたかプロデューサー?』

P「ええとですね。ちょっと医学的見地からアドバイスを頂きたいなと思いまして」

清良『急用なんですか? どうされました?』

P「実はバストアップについてなんですが……あれ、もしもし。清良さん?」

清良『す、すみません。確認なんですがそれってどなたの悩みでしょう?』

P「え、ああ、もちろん俺じゃないですよ? 俺が余計なこと言ってしまったばかりに手伝わされてまして」

清良『わかりました。と言っても、お力添え出来るかは保障しかねますが』

P「難しい話ではありますしね、デマでもホラでも何でもいいんですよ」

清良『さすがに嘘をお教えする訳には……でも、そうですね。個人差もありますし、その方はおいくつで?』

P「14歳ですね。思春期真っ盛りですから一応は伸び代あると思うんですよ」

清良『なるほど……月並みなことを言わせてもらえば、生活習慣が特に大事な時期ですが』

P「ですよねえ。でもさらに何かこうしたらいい、ってのはありませんかね? 無茶ぶりなのはわかってますが何でもいいんです」

清良『うーん……>>89、とか?』





89:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 19:56:20.43 ID:AgJcUHVFO

豆乳を飲む





93:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 20:18:12.34 ID:RnYw08Na0

P「豆乳ですか。これもよく聞きますが根拠があるんですね?」

清良『豆乳、というより大豆製品に含まれるイソフラボンが女性ホルモンに似た作用をするんです。過剰摂取は厳禁ですが』

P「なるほど。となると豆腐とか納豆でもいいんですか?」

清良『そうなりますね。ただ豆乳の方が気軽に口にしやすいと思いまして』

P「へー……わかりました。さすがというか、あなたに相談して正解だったかもしれません」

清良『これぐらいならお安い御用ですよ♪』

P「どうもありがとうございます。これで俺の役目も終われそうです」

清良『あ、かといって必ず効果が表れるというものではないことは最初に伝えてくださいね?』

P「わかってますとも。それじゃあお休みなさい、今度何か改めてお礼しますので。……ええ、ではでは」

P「ふぅ、からあげはともかく豆乳は効果期待出来そうだな。万が一努力が無駄になったとしてもこれなら諦めがつくだろう」

P「もう俺に出来そうなことはないよな? あとは飛鳥次第、ってことにしてもらいたいものだ」

P「……今日はもう寝よう」





94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 20:38:24.48 ID:RnYw08Na0

P「――という訳で、豆乳が俺のファイナルアンサーだ」

飛鳥「豆乳か……大豆、ね」

P「正直これで駄目ならもう見込みがないと思ってもいいんじゃないか?」

飛鳥「不吉なことを言わないでいただこう。しかし身体を作るのはやはり食なんだね、勉強になったよ」

P「あとは夜更かしもなるべく避けるべきだな。するなとは言わないが」

飛鳥「わかってるさ。……P、きっとキミを見返してみせるから」

P「俺はアイドルとして成長してくれさえしたら他には何も望まないぞ」

飛鳥「大きくなった暁には不要になる下着をキミにあげるよ」

P「頑張れ飛鳥、応援してる!」

飛鳥「……冗談に決まってるだろう」



そして1年後、飛鳥の胸は>>98
①大きくなりすぎた
②程よく成長した
③かわらない。現実は非常である





98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 20:40:03.26 ID:Q677frfmO

2





99:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 20:41:37.48 ID:NDdGEm7eo

やったぜ。





101:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 20:44:28.11 ID:VFocHsato

女性ホルモンか





102:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 21:01:53.97 ID:RnYw08Na0

P「……ワンサイズくらいは上がったのか?」

飛鳥「まぁ、そんなところかな」

P「成長期だしな。効果の程は定かじゃないけど、どれくらい実践してたんだ?」

飛鳥「臥薪嘗胆の日々だったよ。でも決して無駄なんかじゃなかったと思う」

P「それは俺も思うよ、若いのを抜きにしても肌とか綺麗らしいじゃないか」

飛鳥「ボクにとっては所詮ただの副産物でしかないけど、羨ましがられるというのは中々な居心地だね」

P「このままグラビアとかモデルとかそっちの路線で食っていけそうだな。いやはや、動機はともあれよくやったよ」

飛鳥「ボクの描いていた結末とはまだ程遠いが、少しは見返せたかい?」

P「充分。おみそれしました」

飛鳥「フフッ、その言葉はまだ早いよ。ボクは人の可能性を信じてる。これからも成長していけるはずさ」

P「そうか? まあ止めはしないけど、これからも頑張ってくれ」

飛鳥「? Pにしてはつれない態度だね。大きい方がいいって言ったのはキミじゃないか」

P「そうだっけ?」

飛鳥「そうだよ」

P「いやあ、俺も成長というのかどうかはわからないんだが――いいよな。ちっぱい」

飛鳥「………………、えっ?」




終わり





103:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 21:02:24.21 ID:WbcrgvLDO

素晴らしい





105:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 21:04:28.39 ID:WbcrgvLDO

しょうがないから飛鳥の胸は俺が揉むしかないね





106:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 21:06:57.95 ID:RnYw08Na0

なお①の場合は豊乳党の教祖に、③の場合はPの手を借りて強硬手段に そんな感じになってました

それではHTML出してきます





107:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 21:09:50.88 ID:gyyo5+Tl0

やっぱり3がよかったな






108:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 21:12:00.95 ID:BAwFB7Hl0


面白かった





109:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/03(金) 21:13:32.13 ID:C+Bw4Mlzo

おっつおっつ






元スレ:モバP「そうか、夜更かししてるから飛鳥の胸は」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1412094065





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。