Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  P「やばい、尿漏れしそうだ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
尿漏れ、頻尿の強い味方、ハル○ンケア!しまった!○で囲んでも普通に商品名です?!
幸運なことにまだ一度も飲んだことはありませんけど、将来はお世話になるのでしょうか乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/14(火) 08:35:31.52 ID:7Cxufcq8O

P「ハルルンケアーッ!」






2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/14(火) 08:42:15.91 ID:7Cxufcq8O

P「くそっ、ハルルンケアがないっ!」

P「このままではまずいっ、漏れる!」モジモジ

伊織「すぐそこにお手洗いあるでしょうが」

P「馬鹿野郎!」

伊織「えっ」

P「頻尿、尿漏れときたらハルルンケアだろうが!」

伊織「漏れるならトイレでしょ……」

P「くっ、わかってないなぁ」モジモジ

伊織「なんであんたに呆れられなくちゃいけないのよ」

P「ハルルンケアが目の前にいる」

伊織「春香ね」

P「そうなったら意地でも漏らせなくなる。自力で尿結石作り出して詰まらせてでも止めるだろ!?」

伊織「悪いわね。あんたの言ってること良く解らないわ」

P「えー」モジモジ

伊織「それよりそのモジモジウザったいのよ! 行くか漏らすかはっきりしなさいッ!」





3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/14(火) 08:46:58.57 ID:7Cxufcq8O

P「えっ……伊織ってそういう趣味だったのか」モジモジ

伊織「はぁ?」

P「男が漏らすの見て興奮するとかいう――」

伊織「するかぁッ!」ガンッ

P「ふぉぅっ!?」

ゲシッゲシッゲシッ

P「やめっ、ぁ、だめっ」

伊織「この変態変態変態変態ぃーっ!」

P「ま、待て伊織それ以上は――」

ゲシッ.......チョロッ

P「ぁ……イェーィ」

しょわーッ

ギャァァァァァァァァァァ





4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/14(火) 08:54:37.95 ID:7Cxufcq8O

P「」ボロッ

伊織「ま、まさかこの私がこんなやつに汚されるなんて……」

P「は、はじけるレモンの香り。キュアレモネ」

伊織「あ゛?」

P「すみません。ケバい方でした」

伊織「喧嘩売ってるの?」

P「流石エース様は格が違――」ゴスッ

伊織「うっさい! だいたいねぇ事務所ではもう春香に関しての会話禁止ってルール忘れたの?」

P「それは……」

伊織「最近、春香はレッスン後にレッスン場ではなく、ネット喫茶とかのシャワー室使うようになったし」

P「………………」

伊織「あんたのこと――」

P「言うな」

伊織「プロデュー――」

P「聞きたくないっ」

伊織「プロデューサーって呼び捨てどころか、すみません。とか、あの。とかで呼ぶようになってるじゃない」

P「ぐふっ」バタッ





11: ◆Uj66a4ANfQ:2014/10/14(火) 18:42:08.47 ID:R/8H1XeSO

>>7訂正


伊織「それもこれも、春香のリボンをどうこうするだの、プロデューサーSONだのと」

伊織「変な話したのが原因なんでしょ?」

P「は、春香がそういったわけじゃないしぃ? 違うかもしれないしぃ?」ゴンッ

P「おうふっ」

伊織「子供か!」

伊織「あんたのせいで春香との距離がどれだけ開いたか……」グスッ

P「…………すまん」

伊織「すまんで済んだら警察は要らないわよ!」

P「……でも話に付き合った自分の責任」

伊織「解ってるわよそんなこと!」

P「逆ギレ!?」

伊織「自分が悪いってわかってる! だからイライラすんのよ!」

P「…………伊織」

伊織「でもあんたを見てて思った」

P「?」

伊織「もう戻れないならいっそ突き抜けてしまっていいんじゃないのかと」

P「伊織っ」

伊織「ルールなんてしった事じゃない、そんなもの突き破って春香で会話しても良いんじゃないかって!」

P「おおっ」

伊織「ハルルンケアについて……詳しく話そうじゃない!」バンッ

P「おうっ!」





13: ◆Uj66a4ANfQ:2014/10/14(火) 19:01:08.30 ID:R/8H1XeSO

伊織「さっきは春香ってことにしたけど、ハルルンケアって一体なんなの?」

P「ハルルンケアとはずばり春香の体――」

伊織「液とか言ったら殴るわよ?」

P「えー」

伊織「えーじゃないわよ! これが収録ならスポンサーに怒られるわよ!?」

P「収録じゃないしぃ?」

伊織「たとえに決まってるでしょ。とにかく駄目ったらダメなの!」

P「わかったわかった」

伊織「解かれば――」

P「春香のおしっこだ」

伊織「セイッ」ブンッ

P「!」





14: ◆Uj66a4ANfQ:2014/10/14(火) 19:15:33.12 ID:R/8H1XeSO

P(伊織は掛け声とともに、深く腰を落とし、床を踏みしめ)

P(刹那の間もなく、親指以外を丸め、手のひらの腹を突き出した右手を俺めがけて放ってきた)

P(掌底打ちだと判断するまでそう時間はかからず)

P(ふっ、甘いな。なんて余裕ぶった笑みを浮かべた俺だったが、伊織はさらに上手だった)

P(体重を乗せた左足で地面を勢いよく蹴り、俺との距離を一瞬で詰めたのだ)

P(それはさながら冲捶のごとく滑らかで隙などなく、それだけでも躱すことは無理だと悟った)

P(しかし……伊織は突き出していた右手を戻すことなくドリルのように捻りつつ、掌底を正拳へと推移させ――)


ドゴッ!


P「がはっ」ドサッ

伊織「変態ッ!」

P「」ピクピク

伊織「せめて[ピーーー]しなさいよ! [ピーーー]を!」





15: ◆Uj66a4ANfQ:2014/10/14(火) 19:22:11.22 ID:R/8H1XeSO

P「……すま、なかった」

伊織「スマンで済んだら警察いらないのよ」

P「わかった! 春香のおし――を採ってくるから!」

伊織「フンッ」ブンッ

P「っと」サッ

伊織「……で、なんでそれがハルルンケアなわけ?」

P「その説明は必要か?」キリッ

伊織「次は界王拳やるわよ?」

P「オーケー解った説明する。ハルルンケア……まぁ、当人がいればそれで十分なんだが」

伊織「だが?」

P「それだと気を引きたくてお漏らししちゃう可能性もあるだろ?」

伊織「尿結石どこいったのよ」

P「それはそれ。これはこれだ。尿漏れプレイってのもあるだろ?」

伊織「知らないわよ!」





16: ◆Uj66a4ANfQ:2014/10/14(火) 19:29:46.62 ID:R/8H1XeSO

P「まぁとにかく、気を引きたかったり、そういうプレイでしちゃう可能性もあるんだ」

伊織「……ないだろうけどあるとして。それで?」

P「そこでハルルンケアの出番! 匂いだけでも元気に起立! 出る心配はなしだ!」

伊織「…………………」

P「…………………」

伊織「………………」ス.....ッ

P「oh……慈悲は?」

伊織「なしッ!」

ドゴッ

伊織「ったく、ハルルンケアっていうから」

伊織「もっとマシなことだと思ったのに」

伊織「………………」

伊織「そろそろ成分不足してるのよねぇ……」ジッ

用具入れ「……………………」

伊織「まっ、良いけど」





17: ◆Uj66a4ANfQ:2014/10/14(火) 19:40:58.80 ID:R/8H1XeSO

伊織「でもあんたのハルルンケアが正しいとしてよ?」

P「ぉ、おう」

伊織「あんたの場合、別のもん出すでしょうが」

P「…………………」

P「…………」

P「……た、確かに!」

用具入れ「ッ!?」

伊織「でしょ? じゃぁ何の効果もない。むしろアウトじゃない」

P「伊織の会話がアウトだけどな」ドヤッ

伊織「ふーん」スッ

P「ジョークジョーク! イッツジョーク!」

伊織「……だからもっと別のものが必要だと思うのよ」

P「別のもの?」

伊織「そう。自分に効果がなきゃダメ。だから自分が何かを飲まないといけないっていう概念を取り払いましょ」

P「つ、つまり……?」

伊織「ハルルンケアに飲んでもらうのよ!」バンッ

用具入れ「ガンッ」イタッ....





18: ◆Uj66a4ANfQ:2014/10/14(火) 19:48:18.12 ID:R/8H1XeSO

伊織「どうよ! 名案でしょ!」

P「……はぁ?」

伊織「な、なによ」

P「自分で何言ってるのか解ってるのか?」

伊織「わ、解ってるわよ」

P「ほう? じゃぁハルルンケアに飲んで貰うってなんなんだ?」ジロッ

伊織「だ、だから自分勝手いう常識を取り払ったというか……なんというか……」

P「そんなのただの携帯トイレだろ!」バンッ

用具入れ「ソコッ!?」

伊織「ぁっ……」

P「そんなものをハルルンケアに飲ませるなんて犯罪だ!」

伊織「っ……常識を取り払うことに気を使いすぎたわ」

P「分かればよし。次の案は?」

バタンッ!

千早「はい!」





19: ◆Uj66a4ANfQ:2014/10/14(火) 20:00:55.38 ID:R/8H1XeSO

伊織「千早!? あんた話聞いてたの?」

千早「まぁ……大体の話は聞いてるわ。いえ、聞こえたって言った方が良いかしらね」ジィッ

用具入れ「………………」

P「なるほど。そういうことか……犯罪だぞ?」

千早「ふふっ、バレなければいいんです。バレなければね」キリッ

伊織「それであんたにとってにハルルンケアは?」

千早「ずばり春香の下着よ!」ファサッ

P「!」

伊織「なっ……」

千早「今はもう手に入れるのが難しくなった春香の下着。それを履いた状態ならもう……ね?」

伊織「た、確かにそれなら……生理でも血一滴たりともたらせない……」

P「千早! そのハルルンケア売ってくれ! 言い値で買う!」

千早「ふざけないでください。プライスレスです。マスターカードでも買えません」

P「なん……だと……」ガクッ

伊織「というか履く気なの? あんた」





20: ◆Uj66a4ANfQ:2014/10/14(火) 20:20:07.48 ID:R/8H1XeSO

P「当たり前だろ? 何のための下着だよ」

伊織「あんたのことだからかぶるのかと」

P「…………………」

伊織「否定しなさいよ!」

千早「とにかく、ハルルンケアとはつまり春香の下着のことなのよ。解ったかしら水瀬さん」

伊織「悔しいけど……そうね。その通りだわ」

千早「ちなみにこれよ」ガサッ

P「持ってるだと!?」

千早「ハルニストたるもの、準備は怠らないべきです」

P「そ、そう……だな」

伊織「お金では買えないような貴重品」

伊織「まるで貼ってるかのような肌へのフィット感。滑らかな触り心地」

伊織「……これが、ハルルンケア」

千早「あっ、それ高槻さんのだった」

伊織「はぁっ!? あ、あん……あんたやよいにまでっ!」





21: ◆Uj66a4ANfQ:2014/10/14(火) 20:24:39.15 ID:R/8H1XeSO

P「貼ってるかのようなフィット感(笑)、滑らかな触り心地(笑)」

伊織「キーッ!」

P「やよいのはちょっとごわごわしててハンドタオルみたいなんだよ。安物だからな」ドヤッ

千早「それでついつい、顔を吹きそうになっちゃうんですよね」

P「そうそう! タオルの代わりに頭にかぶったりな」

千早「ええ!」

伊織「………………」

伊織「……通報するわ」

P「なにっ!?」

千早「血迷ったの!?」

伊織「それはあんたたちでしょうが!」

伊織「春香ならいざ知らずやよいにまでッ!」ピポパ....

P「ま、やめろ!」ガタッ

伊織「あ、警察ですか」ダッ

P「くっ……千早! おうぞ!」ダッ

千早「はいっ!」


ガチャッ、バタン……ダダダダダダダダダダッ





22: ◆Uj66a4ANfQ:2014/10/14(火) 20:32:47.48 ID:R/8H1XeSO

用具入れ「………………」

用具入れ「……………」


ガチャ


春香「……はぁ」キョロキョロ

春香「……どうしよう」

春香「最近プロデューサーさん頭おかしいよね」

春香「いや、みんなも。かな」

春香「……どうしてこうなったんだろ」

春香「私の魅力かなっ!」ドヤッ

春香「…………」

春香「そろそろ真面目に考えないとなぁ。みんなに言おうかなぁ。筒抜けだって」

春香「……そういえば千早ちゃんがなんか不思議なこと言ってたなぁ。聞こえたとか言いながら私の方……」ハッ

春香「ま、まさかっ」ガサゴソ

春香「変な会話発覚前にくれたキーホルダー……某少年探偵団みたいなものだと思ったら!」

春香「全部バレてたのが全部バレてたーッ!?」バキッ


……ガチャ

春香「!」





23: ◆Uj66a4ANfQ:2014/10/14(火) 20:38:28.19 ID:R/8H1XeSO

千早「そのとおりよ!」

春香「千は……如月さん」

千早「今までのは全部冗談。こういうネタでからかったら面白いんじゃないかっていうプロデューサーの謀略なの」

春香「……ほんとに?」ジッ

千早「そ、そんな疑うような目で見ないで」ドキドキ

春香「無理だよ! 私……信じられない。ジャージだって。下着だって。本当になくなってた!」

千早「……ええ。出来る限りリアルにするために盗ませて貰ったわ」ハァハァ

春香「……本当に冗談なの?」

千早「ええ」

春香「………………」

千早「……信じて。春香」

春香「千早ちゃん……」

千早「………………」

春香「………………」

春香「……ならなんで私の下着被ってるの?」





24: ◆Uj66a4ANfQ:2014/10/14(火) 20:46:34.92 ID:R/8H1XeSO

千早「ッ!?」バッ

千早「か、被ってな……ハッ」

春香「やっぱり、千早ちゃんのこと信じられない」

千早「くっ……」

春香「私……もうやだ。誰も信じたくない」

千早「春香!」

春香「こっちに来ないで変態!」

千早「はぅあ!」ドキドキ

春香「私もう、961プロに移籍してやる!」

千早「それはダメ! 色々とアウトだから!」

春香「じゃぁ876プロ!」

千早「……愛」

春香「えーっと……もう辞める!」ダッ

千早「春香ぁーっ!」ダッ


ガチャッ、バタン……





25: ◆Uj66a4ANfQ:2014/10/14(火) 20:47:00.30 ID:R/8H1XeSO

    ――――――――――

      ―――――――

         ―――





26: ◆Uj66a4ANfQ:2014/10/14(火) 20:55:27.29 ID:R/8H1XeSO

その後、アイドル天海春香は姿を消し――たわけもなく

765プロからいなくなるわけでもなく

今まで通り、765プロの天海春香として続いていくのだが

欲に塗れたアイドルたちはぷちになって代わりが生まれたとか

プロデューサーの頭がPへと変わり欲望が死ね規制されたとか

いろいろな噂が生まれたとかうまれていないとか


……真相を知るのは、春香だけである





27: ◆Uj66a4ANfQ:2014/10/14(火) 20:55:54.17 ID:R/8H1XeSO

終わり


正直一発ネタである





29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/15(水) 02:22:02.52 ID:GvpVjGjEo

乙です






元スレ:P「やばい、尿漏れしそうだ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413243331





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。