Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  美希「シャボン玉の中にある小さな液体の粒について調べるのー」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
なんだこの事務所!?(驚愕)シャボン玉の中に液体の粒なんてありましたっけ・・・?
なんて感想が吹き飛んでしまうほどの事務所。これは移籍も視野に入れた方が・・・乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 13:44:05.64 ID:wqQQ1QWI0

美希「あふぅ」

美希「最近アイドルより研究がしたい気分なの」

P「はやく仕事に行けよ!」ゴフッ

美希「うっっ……」

美希「うん…いってくるの」ポロポロ

P「くそっ無駄な労力働かせやがって」

高木「きみぃ…静かにしたまえ、みな、疲れているのだよ」

P「はい、すみません」

高木「ふぅん…気をつけたまえ、最近アイドル達からちょくちょく話を聞くことがあってねぇ」






2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 13:49:25.42 ID:wqQQ1QWI0

P「くそが………ったく、何かねぇのか」

P「…ん?」

亜美「あーもう少しだったのに!」

真美「まだまだですなぁ亜美隊員!」

P「おい」

亜美「……わっ」

真美「に、兄ちゃん?」

P「……」

P「そのゲーム機寄こせ」

真美「う、うん」

亜美「……」スッ

P「………」

P「ちっ…」

ガッシャァァァンン!!!

亜美「!!!」

真美「うっ…」

P「あーすっきりした」

真美「うぅ……う」

亜美「……ひどい」

社長「ちょっときみぃ!」





3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 13:54:24.61 ID:wqQQ1QWI0

P「はい」

社長「確かに事務所で機械で遊ぶのはあまり良くない」

社長「しかし…やり方ってものがあるだろう!」

P「すいませんでした!」

社長「……」

社長「分かってるならいいのだよ、私はもうここを離れるから、あとは頼むよ」

P「はい、お気をつけて」

社長「うむ」

ガチャ…バタン

P「……」

P「……ちっ」ギロッ

亜美「!」

真美「に……」





4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 14:00:40.39 ID:wqQQ1QWI0

P「……」スタ…スタ…

亜美「わ…ご……」

真美「兄ちゃん…謝るよぅもうゲームしないから」

P「……」スタ…スタ…

亜美「ご…ごめん…なさい」

真美「もうゲームしないから!兄ちゃん!」

P「……」スタ…スタ…

亜美「ごめんなさい!ごめんなさい!」

真美「もうやらないから許して!」

P「……」ピタッ

P「ふんっ!」

バシィィィッッ……!!

亜美「うっ………!!」

真美「わっ」

P「……」スタスタスタスタ…

亜美「うっ…いた…い」

真美「あ、あみ?」

亜美「うぅ……ごみぇんなさいぃぃ…いぃぃ」ポロポロ

真美「あみぃ」ポロポロ





6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 14:12:55.85 ID:wqQQ1QWI0

春香「ただいま戻りました」

P「おい」

春香「……」

P「昨日のあの様はなんだ」

春香「……」

P「次あんなミスを犯したら…」

P「……っ!」

ガガァァン!!!

春香「……っ!!」

P「……」

P「…こうだからな」

春香「……はい」

P「……くそ」

スタスタスタスタ…

春香「……」





7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 14:19:50.99 ID:wqQQ1QWI0

真美「亜美、だいじょうぶ?」

亜美「うん……も…平気」

春香「……ふぅ」

真美「……」

真美「…はるるんおかえり」

春香「ぇえ?……うん」

真美「……」

春香「…なに」

真美「この前兄ちゃんに蹴られたお腹…だいじょぶ?」

春香「え……あぁうんもう大丈夫だから」

真美「……」

春香「……」

春香「もう………なに?」

真美「今兄ちゃんに言われたのって顔?」

春香「あぁ…聞いてたの」

真美「うん」





8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 14:26:23.91 ID:wqQQ1QWI0

春香「どうだろうね…まぁ、顔は無いんじゃないかな、アイドルできなくなるから」

真美「そう…だよね」

春香「……」

春香「……それで」

真美「えっ」

春香「もう話は終わり?」

真美「…うん」

春香「…」ガタッ

スタスタ…

真美「……」

真美「……」

真美「……亜美」

亜美「…ん…?」

真美「さっきの所痛くない?」

亜美「…うん」

真美「……」

真美「何かあったら真美に言うんだよ?」

亜美「うん……ありがと」





9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 14:27:40.40 ID:aEy1wDb+0

開くスレを間違えたかな…





10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 14:29:26.35 ID:CdGgW4hho

なんだこの事務所は





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 14:40:43.13 ID:ir30pd1Ao

Pは屑だが、社長は超無能だな





12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 14:43:15.42 ID:wqQQ1QWI0

P「うーし、仕事やるか」スタスタ…

亜美「……」

真美「……」

ガチャッ

律子「あー…ダメだったわ」

P「やっときたのか」

律子「やっとって…そんなに時間経ってたんですか?」

P「……」チラッ

律子「……」チラッ

律子「1時間…ですか、はぁ」

P「それで、出なかったのか」

律子「もう全然出ませんよ、あぁ…お腹がつかえる、口で言うのもアレですけど、これじゃあ仕事に集中できませんよ」

P「……」

P「薬…飲むか」

律子「いいんですか?」

P「その変わり」

律子「あぁ分かってますよ、高いんですよね? 今日の分の仕事引き受けますから、それより出ないほうが精神的に辛いんです」

P「分かった」ガタッ

スタスタ…





13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 14:49:28.21 ID:wqQQ1QWI0

P「……」コトコトコトコト

亜美「……」

真美「……」

律子「あぁ……プロデューサー殿から薬を頂いた時は楽に出るんですけど、また出なくなるんですよねぇ」

P「だからあまり薬に頼るなよ、こういうのは自然に治さないといけないんだ」

律子「分かってますけど…」

律子「まだですか?」

P「あぁ、もう少しで」

律子「しかし、何でまた出なくなるんですかねぇ」

P「……」

P「……」ニヤッ

P「……」スッ

P「できました」

コトッ

律子「あぁ助かります」





14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 14:54:48.24 ID:wqQQ1QWI0

律子「仕事で忙しくてなかなか病院にもいけませんし…ふぅ」ズズッ

P「大丈夫、生活に気を付けていれば治るから」

律子「……」

P「どうだ?」

律子「あぁ…でそうです」ガタッ

スタスタ…ガチャ、バタン

P「よし、じゃあ今日の仕事の分を…よっと」ガタッ

P「ふぅ…」

亜美「……」

真美「……」

P「ん?」チラッ

亜美「……!」ビクゥ

真美「……」サッ





16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 15:04:58.50 ID:wqQQ1QWI0

P「ふっ…………」

P「あぁ…変な真似はしないほうがいいぞ」

亜美「……」

真美「……」

P「……」

P「ん?」スッ

P「これは…なんだ」

P「…シャボン…液?」

亜美「…あ」

P「……」チラッ

亜美「……」

P「……」

P「ふんっ」ボフッ

P「ちっ……暇だな」





17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 15:09:12.07 ID:wqQQ1QWI0

P「何もすることがないとそれはそれでな……」

P「……」

P「高木の手伝いでもいくか…」

P「久しぶりに気合い入れるか!」

P「よっと………お前ら大人しくしとけよ、何かあったら…分かってるよな?」

ガチャ…バタン

亜美「……」

真美「……」

亜美「真美」

真美「…ん?」





18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 15:13:13.14 ID:wqQQ1QWI0

亜美「口に出したらいけないんだけどね」

真美「うん」

亜美「……」

亜美「…つらい」

真美「……」

真美「……」

亜美「…真美?」

真美「……」ポロ…ポロ…

亜美「……」

真美「はる…るんは?」ポロ…ポロ…

亜美「亜美の他に誰もいないよ」

真美「……」

真美「うぅ……うぅ…」

亜美「……」トントン





19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 15:17:59.08 ID:wqQQ1QWI0

ガチャ…

律子「あぁ…すっきりしたわ」

律子「あら、プロデューサー殿はどうしたの?」

亜美「……」

真美「……」

律子「まぁ…それよりも」

律子「さっ、仕事に取り掛からないと」

律子「……」

亜美「……」

真美「……」

律子「……」

亜美「……」

真美「……」





21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 15:22:50.62 ID:wqQQ1QWI0

律子「……」

律子「なかなか終わらないわねぇ」

律子「……」

律子「……」

律子「……」






美希「ただいまなのー!」

律子「あぁおかえりなさい」

美希「ふんふん…楽しみだな」

美希「ステージを飾ってたシャボン玉、とってもキラキラしてたの」

美希「ん………」

美希「……」

美希「律子…さーん、ここにあったもの知らない?」

律子「えぇ、知らないわよ」

美希「……あ」

亜美「……」

真美「……」





22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 15:31:39.27 ID:wqQQ1QWI0

美希「……」

亜美「……」

真美「……」

美希「………………」



美希「ゴミ…箱」

美希「……」スタスタスタスタ

美希「ふっ……ふ」ガサゴソ

美希「…くっ……ふっ」ガサゴソ

美希「あっ…あったの…!」スッ

美希「……えっ」

…グシャリ…

美希「……」

美希「そんなの……酷いの」

美希「容器ごと壊れてるの…」

美希「ミキの楽しみなのにぃ!」

律子「ちょっと…どうしたの?」

美希「……」タッタッタッ

律子「ちょっと…」

ガチャ、バタン!

律子「……」

律子「どうしたのかしら…っていけないいけない、仕事が終わらないわ」

律子「あぁもう、今日に限って量が多いのよ」





23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 15:37:00.55 ID:wqQQ1QWI0

律子「あぁ……終わらないわ!」

律子「……」

律子「……」

亜美「……」

真美「……」

亜美「帰る?」

真美「まだいる」

亜美「うん」

律子「……」

律子「あぁ……もう」

律子「……」

律子「……」





24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 15:39:27.49 ID:wqQQ1QWI0

律子「……」

亜美「……」

真美「……」

亜美「もう夕方だね」

真美「うん」






ガチャ…

社長「いやぁ助かったよ!」

P「ほんとですか!?」

社長「あぁほんとうさ、ちょうど人手が足りなくて困っていたところなんだよ」





25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 15:49:40.71 ID:wqQQ1QWI0

社長「まったく、私はできる部下を持って幸せだなぁ」

P「あ、ありがとうございます!」

社長「しかし…事務所は君がいなくて大丈夫だったのかい?」

P「ああ、静かにしろと言ってあるので…律子」

律子「…はい」

P「皆はちゃんと静かにしてたか?」

律子「えぇ、あぁはい…とても静かでしたって、あんたたち…まだいたの?」

亜美「……」

真美「……」

社長「ほう…律子君も気づかないほど静かとは」

社長「なるほど、今朝は君を叱ってしまったが、あれはアイドルの諸君のためにしていたことなのか、どうりで静かにしているわけだ、助かるよ」

P「いえ、それほどでも」

社長「最近は天海君も仕事に熱心だそうだ…これは、君の給料についてまた考えないといけないかもしれないなぁ」

P「そんな…恐縮です」

社長「あっはっは…それじゃあ私はもういく、あとは頼んだよ」

P「はい、お疲れ様でした!」

社長「うむ」

ガチャ…バタン





26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 16:02:47.12 ID:wqQQ1QWI0

P「しゃぁ!」

P「これでまた給料アップ間違いなし…だな」

P「ん、お前ら帰らないのか?」

亜美「……」

真美「もうちょっとだけいる」

P「そうか…どうでもいいが、問題だけは起こさないでくれよ、お前らそんな稼いでねぇんだし…っといけない、今のは無しな」

P「それじゃ、帰るか」スタスタ…

P「……」

P「挨拶しろよ!」バンッ

亜美「お、お疲れ様でした!」

真美「お疲れ様でした!」

P「ったく」

ガチャ…バタン





27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 16:11:03.65 ID:wqQQ1QWI0

律子「……」スヤスヤ

亜美「……」

真美「……」

ガチャ…

小鳥「お疲れ様で〜す」

真美「…来た」

亜美「ピヨちゃん!」

小鳥「わぁ、亜美ちゃん真美ちゃん!?」

真美「もう、待ってたんだよ帰ってくるの」

小鳥「なに、また何かプロデューサーさんと揉め事があったの?」

亜美「…うん」

真美「実はね…」





28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 16:16:37.45 ID:wqQQ1QWI0

小鳥「……」

小鳥「…そう、辛かったわね」

亜美「……」

真美「……」

小鳥「分かったわ…私からまたプロデューサーさんに言っておくわね、みんなのことを考えてくれるようになると良いわね」

亜美「…うん」

真美「……」

小鳥「もう、大丈夫よ…信じていればいつか必ず変わる日が来るから」

亜美「…うん」

真美「…ありがと」

亜美「じゃあもう帰るね」

小鳥「うん、また明日ね」

ガチャ…バタン

小鳥「……」





29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 16:25:26.15 ID:wqQQ1QWI0

小鳥「……ふぅ」

小鳥「律子さん、こんなところで寝ていたら風邪ひきますよ?」

小鳥「……」

小鳥「はぁこりゃ酷いわね」

小鳥「……」

小鳥「亜美ちゃん、真美ちゃん」

小鳥「あの人の行動にはやり過ぎなところがあるのは認めるわ」

小鳥「でもね…」

小鳥「あの人のおかげで春香ちゃんも美希ちゃんも他のみんなも売れてるのは確かなの」

小鳥「あの人がいないと、この事務所はやっていけないの」

小鳥「……」

小鳥「一時期はプロデューサーさんにいろいろと接してあげたんだけど、無理そうだわ」

小鳥「言っても聞かないし…意味ないし」

小鳥「これ以上は私の身が持たないし、私も生活をやっていかないといけないから、自分の身は自分で守りなさい」

律子「……」スヤスヤ

小鳥「……」

小鳥「……」

小鳥「……」

小鳥「……これでも」

小鳥「あの子達は、私を信じていてくれるのかしら」







30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 16:28:46.23 ID:EWo7CqLBo

なんだこりゃ





31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 16:31:27.59 ID:MJEz6NU20

こわひ





32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 16:41:02.11 ID:CdGgW4hho

プロデューサーさんっ!ブルーな気持ちですよっ!





33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 21:43:16.18 ID:LePXv6VDO

スレタイ詐欺じゃないか!






元スレ:美希「シャボン玉の中にある小さな液体の粒について調べるのー」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413607435





  

【 関 連 記 事 】


たまにギスギスした話を読みたくなることはあるけど、それはお互い対等にやり合うのが面白いのであって
ただ単に暴力的な上司にパワハラされる話は胸糞悪いだけ

何故まとめたし
[ 2014/10/26 01:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。