Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  さやか「ねぇ杏子の様子がおかしいんだけど」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
たしかに!おかしいと言うより偽物なのではないかと疑うレベル。キャラ違いすぎます・・・。
高校デビューとか。・・・中学生か。イメージチェンジは大幅に行われると戸惑うレベル乙!


1:名無しさん@おーぷん:2014/10/16(木) 23:05:54 ID:mnDaidyRO

杏子「御機嫌よう、皆様」

ほむら「ぶふぉ」

まどか「えっ?どうしたの杏子ちゃん」

マミ「耳が変になったようね」

さやか「ちょ!みんな現実見て!コレ杏子よ!」

杏子「まぁ、さやかさん、人をコレ呼ばわりなんてひどいですわ」

さやか「誰だお前!」

杏子「杏子ですわ」






4:名無しさん@おーぷん:2014/10/16(木) 23:07:24 ID:mnDaidyRO

さやか「いや、昨日会ったらこんなふうになってて」

ほむら「それにしても気持ち悪いわね」

まどか「そ、そんなこと言ったらダメだよ!」

マミ「あ、佐倉さんおかわりいる?」

杏子「いえ、もうお腹いっぱいです」

さやか「誰だお前ええええ!」

杏子「だから佐倉杏子です!」





6:名無しさん@おーぷん:2014/10/16(木) 23:09:30 ID:mnDaidyRO

マミ「えっ?なんでこんなふうになっちゃったの?」

ほむら「絶対ですわなんて言わないキャラよね」

さやか「つーか、なんでシスターの衣装なんだよ!ホットパンツはどしたぁ!」

杏子「あんなはしたないもの履いていられません」

さやか「シスターのほうが目立つわ!」

まどか「わぁ、杏子ちゃんその格好可愛いね」

さやか「こっち来いまどか!」





7:名無しさん@おーぷん:2014/10/16(木) 23:11:26 ID:mnDaidyRO

さやか「やばいってやばいってこんなの杏子じゃないわ」

マミ「そうは言ってもねぇ」

ほむら「本人の好きにさせてもいいじゃない」

まどか「杏子ちゃーん、ポッキーあーん」

杏子「はむっ」

まどか「・・・・」

杏子「どうしたんですの?まどかさん」

さやか「マジでこっち来いまどか!」





8:名無しさん@おーぷん:2014/10/16(木) 23:13:05 ID:mnDaidyRO

マミ「だいたいなんでこんなことになったのよ」

さやか「知りませんよ!昨日出会ったらいきなりさやかさんとか呼び出したんですよ!」

ほむら「キャラ替えよ、きっと粗暴ツンデレキャラに飽きたのね」

まどか「杏子ちゃんの武器って何で槍なの?」

杏子「さぁ、分かりませんわ」

さやか「まどかぁぁぁぁあ!!!」





9:名無しさん@おーぷん:2014/10/16(木) 23:15:13 ID:mnDaidyRO

まどか「ウェヒヒ、はしゃいじゃって」

さやか「うるさい!」

ほむら「しかし、この杏子戦えるの?」

マミ「まぁ魔法少女としての素質はあるから戦えないことはないと思うけど」

まどか「杏子ちゃん、魔女と戦える?」

杏子「嫌ですわ、争いはしない主義ですの」

さやか「うわぁぁぁぁ!!」





10:名無しさん@おーぷん:2014/10/16(木) 23:17:27 ID:mnDaidyRO

ほむら「どうしましょうかしら?」

マミ「本人の好きにさせてもいいけれど美樹さんがねぇ」

さやか「いや!どうみてもキャラ替えとかのレベルじゃないでしょ!」

さやか「誰?これ誰!?」

まどか「ねぇねぇ、どうして杏子ちゃんの槍はあんなに長いの?」

杏子「分かりませんわ、リーチの問題だと思います」

さやか「うるせぇ!」





11:名無しさん@おーぷん:2014/10/16(木) 23:19:44 ID:mnDaidyRO

ほむら「つまりさやかは納得行かないのね?」

さやか「そらそうでしょ!つーかあんたらこれが魔女の攻撃だとか考えないわけ!?」

杏子「魔女ならここ一週間出会ってませんよ」

マミ「らしいわ」

さやか「マジかよ、なんなんだよ」

まどか「どうして杏子ちゃんの瞳はそんなに真っ直ぐなの?」

杏子「さぁ、普通にしているだけですよ」





12:名無しさん@おーぷん:2014/10/16(木) 23:21:57 ID:mnDaidyRO

ほむら「・・・・まぁ、杏子が不抜けているとわたし達にも危害が及びかねないわね」

マミ「そうねぇ」

さやか「ねぇ、杏子、あんたほんとどうしちゃったの?」

杏子「?」

さやか「いつもはもっと乱暴なキャラだったじゃんか」

杏子「いえ、そんなことありません」

さやか「そんな事あるわ!」

まどか「さやかちゃん、大声出したらダメだよぉ」





14:名無しさん@おーぷん:2014/10/16(木) 23:24:07 ID:mnDaidyRO

杏子「・・・・私は生まれた時からこの喋り方でしたよ?」

ほむら「・・・・」

マミ「・・・・嘘をついてるって感じじゃないわね」

さやか「いや嘘でしょう!」

マミ「いえ、ほんとにそう思い込んでいるような・・・・」

まどか「杏子ちゃんはどっちでも可愛いよ」

杏子「ふふ、ありがとう、まどかさん」ナデナデ

まどか「ウェヒヒー」





15:名無しさん@おーぷん:2014/10/16(木) 23:26:20 ID:mnDaidyRO

ほむら「チッ」

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「QB」

QB「呼んだかい?」

ほむら「・・・・これはどういうことなの?あなたの仕業なの?」

さやか「あんた杏子に変なことしたんじゃないでしょうね」

QB「やだなぁ、言いがかりだよ」

QB「そもそも僕らは君達の人格をどうのこうの出来るような力は持ち合わせていないよ」

ほむら「・・・・隠してることはないでしょうね?」

QB「やれやれ」

マミ「あるのね?」





16:名無しさん@おーぷん:2014/10/16(木) 23:29:53 ID:mnDaidyRO

QB「君たちは本当に察しが悪いよね」

さやか「なんだと?」

QB「彼女は本気で自分の事をシスターだと思い込んでいるんだよ?」

杏子「生粋のシスターですわ」

さやか「うるさいわ」

QB「もしくは僕達が杏子は元々乱暴な性格だったと思い込まされている」

QB「どちらにしても思い込みを強制する力だよ」

まどか「杏子ちゃん杏子ちゃん」

杏子「ふふふ、呼びすぎですよまどか」

ほむら「黙りなさいアホシスター」





17:名無しさん@おーぷん:2014/10/16(木) 23:32:40 ID:mnDaidyRO

マミ「つまり何が言いたいの?」

QB「だからここ最近魔女にはであっていないんだろう?」

QB「そしてマミやさやか、ほむらの魔法じゃ人に思い込みを強制させる力なんてない」

QB「対して佐倉杏子の魔法はなんだったかな?」

ほむら「・・・・」

さやか「・・・・は?まさか・・・・」

QB「そう、その通り」

QB「彼女は自分で自分に幻覚魔法をかけている」

QB「・・・・理由はわからないけどね」

さやか「そんな・・・・」





18:名無しさん@おーぷん:2014/10/16(木) 23:38:37 ID:mnDaidyRO

ほむら「馬鹿じゃないの?そんなもの憶測の域を出ないし、第一メリットがないじゃない」

QB「・・・・さぁ、メリットがあるかどうかは佐倉杏子にしか分からないよ」

ほむら「・・・・」

QB「じゃあ僕は消えるよ、ここにいるとまたスペアが減ってしまいそうだからね」

さやか「・・・・はぁ、結局どういうことなのよ」

マミ「QBの言ったことをまとめると佐倉さんは自分にシスター佐倉の性格を幻覚で植え付けたってこと?」

さやか「でも杏子って固有魔法使えないんじゃ・・・・」

ほむら「・・・・でも今は使えている」

ほむら「大丈夫、原因がわかるなら解決方法もきっと見つかるわ」

さやか「そだね・・・・」

まどか「どうして杏子ちゃんはカッコいいの?」

杏子「今はかっこよくなんてないですわ」

さやか「しつけぇよ!!!!」





20:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 00:15:44 ID:mufdsvKC6

マミ「暁美さん」

ほむら「ええ、気付いているわ」

さやか「まったく、杏子が大変だって時に」

杏子「あらあら、大変ですわね」

さやか「あんたも行くんだよ!」

杏子「どうしてですの?」

さやか「・・・・は?どうしてって・・・・」

杏子「争いは何も生みませんよ」

さやか「・・・・あんたマジで言ってる?」

杏子「?」

杏子「マジも何も争うことによって何が生まれますの?」

マミ「・・・・」

ほむら「・・・・」

まどか「・・・・」





21:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 00:19:29 ID:mufdsvKC6

さやか「人を殺す魔女をほっておくのかって聞いてるんだ」

杏子「・・・・そういう意味じゃありませんわ」

杏子「きっと双方にとって利益になる落としどころというものが・・・・」

さやか「そんなもんがあったら!!!!」

さやか「あんた一人ぼっちじゃなかっただろ!!!」

マミ「・・・・美樹さん、言い過ぎよ」

ほむら「やめておきなさい、さやか」

杏子「何を言われても私はもうこの槍を振るうことはありません」

杏子「こんなもの」カラーン

さやか「・・・・なっ・・・・!」

杏子「もうこの槍は私には必要ありません」

さやか「・・・・」

さやか「・・・・あっそ、いいよもう」

さやか「行こう?マミさん、ほむら」





22:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 00:22:47 ID:mufdsvKC6

まどか「杏子ちゃん・・・・」

杏子「いいんですのよ、まどかさん」

杏子「これが父上の説いた道ですもの」

まどか「・・・・」

杏子「その父上の道に沿うことこそ、最上の幸せですわ」

まどか「・・・・そう、かもね」

杏子「・・・・どうして私はこんなものを振るっていたのか理解できませんわ」

杏子「きっと人を傷つけるというのに」

まどか「・・・・杏子ちゃんは・・・・」

杏子「え?」

まどか「ううん、なんでもないよ」

杏子「ふふ、変なまどかさん」





23:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 00:25:48 ID:mufdsvKC6

さやか「くそおおおおおおお!!」

ほむら「さやかっ!急ぎすぎよ!」

さやか「仕方ないでしょ!前衛が一人減ったんだから!」

マミ「・・・・暁美さん、美樹さん大分無茶な戦い方をしているわ」

マミ「・・・・私もあなたもいつも以上に注意を払っておきましょう」

ほむら「・・・・分かったわ」

さやか「りゃぁぁぁぁああ!!!」

魔女「グオオオオオオオオオ!!!!」

ほむら「・・・・」





24:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 00:28:36 ID:mufdsvKC6

ほむら「・・・・なんとか、倒したわね」

さやか「はぁっ!はぁっ!」

マミ「・・・・美樹さん・・・・」

さやか「・・・・ばか」

さやか「ばかっ!!」

さやか「杏子のばかぁぁぁぁ!!」

ほむら「・・・・」

マミ「・・・・」

さやか「うわぁぁぁぁぁ・・・・」





25:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 00:30:42 ID:mufdsvKC6

杏子「・・・・これを置きに来ましたわ、父上」

杏子「ええ、もう必要ないんですの」

杏子「まぁ槍なんて生み出そうと思えばいくらでも生み出せるんですけど」

杏子「誓いとしてこの槍をおいていきますわ」

ほむら「・・・・」

杏子「盗み聞きなんて趣味が悪いですわ」

ほむら「・・・・本当に魔女と戦わないつもり?」

杏子「ええ」

ほむら「・・・・」





26:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 00:33:23 ID:mufdsvKC6

ほむら「ソウルジェムの浄化はグリーフシードでしかできない」

ほむら「そして前に話したとおり濁りきるとあなたは魔女になってしまうわ」

ほむら「それでもいいというの?」

杏子「それが父上の説いた道ですもの」

杏子「きっとそこにも意味がある」

ほむら「・・・・そう」

ほむら「なら、何も言わないわ」

ほむら「ただ1つ」

ほむら「さやかとしっかり話をしておきなさい」

杏子「・・・・」





27:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 00:35:22 ID:mufdsvKC6

さやか「・・・・」

さやか「・・・・」

さやか「・・・・なんだよ、あいつ」

さやか「・・・・」

一人ぼっちは寂しいもんな

さやか「あんなこと言っておいて・・・・」

さやか「・・・・」

『少しお顔をお借りしてもよろしいですか?』

さやか「・・・・!」

『何の用よ、こっちは用なんて無いんだけど』

『何も争おうというわけではありません』

さやか「・・・・」





28:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 00:38:28 ID:mufdsvKC6

さやか「・・・・どうしてこんな所に・・・・」

杏子「私の教会ですの、って一度来たことがありましたね」

さやか「・・・・」

杏子「少しお話をしようと思いまして」

さやか「・・・・」

杏子「あなたはどうして戦うんですの?」

さやか「・・・・!」

杏子「・・・・私のように争いを捨て、すべてを受け止めれば・・・・ほら」

杏子「ソウルジェムはほとんど輝きを失わない」

杏子「・・・・これは素敵なことではなくて?」

さやか「・・・・」





29:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 00:41:07 ID:mufdsvKC6

さやか「・・・・」

さやか「舐めるな」

さやか「ソウルジェムが綺麗だから何よ!」

さやか「ほむらだってマミさんだってどれだけ濁っても光を失わない!」

さやか「あんたは逆だ!」

さやか「ただ綺麗なだけだ!」

杏子「・・・・争うな、それが父の最後の教えですもの」

さやか「・・・・はっ」

さやか「教え教えって、馬鹿じゃないの?」

杏子「・・・・何ですって?」





30:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 00:43:23 ID:mufdsvKC6

さやか「私は今のあんたより」

さやか「前のギラギラしてたあんたの方がよっぽどその父上とやらの道に沿ってたと思うけどね!」

杏子「父上が争いを望んでいたと?」

さやか「ほら、やっぱりばか」

さやか「そんなのことも分かんないようならアンタもうホントにダメだよ」

杏子「・・・・耳障りですわね」

さやか「・・・・こっちこそ」

杏子「もう、会いたくないですわ」

さやか「・・・・!」

さやか「・・・・こっちこそ!」





32:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 00:46:19 ID:mufdsvKC6

杏子「・・・・どうしてでしょうね」

杏子「あれほど父上を冒涜された上に暴言まで吐かれて」

杏子「最低な方だと思っているのに」

杏子「・・・・どうしてこうも辛いんでしょうか」

杏子「・・・・父上、教えてくれませんか?」

杏子「そう、ですわね」

杏子「・・・・」

杏子「・・・・もう、いない」





34:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 00:50:55 ID:mufdsvKC6

さやか「・・・・来たね」

ほむら「・・・・ええ、この前より相当強いわね」

マミ「美樹さん、あまり無茶しないでね?」

さやか「大丈夫っすよ、マミさん」

さやか「もう、大丈夫ですから」

マミ「・・・・」

ほむら「・・・・」





36:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 00:54:38 ID:mufdsvKC6

QB「やぁ、杏子」

杏子「あら、QB、御機嫌よう」

QB「僕らには御機嫌も不機嫌もないよ」

QB「それより魔女を倒しに行かないのかい?」

杏子「争いはいけませんわ」

QB「・・・・そうかい」

杏子「あなたも前と今の私が異なっているとお思いですか?」

QB「そうだね、言葉遣いや仕草なんてまるで別人だよ」

杏子「そうですか」

QB「だけど、本質は変わらない」

杏子「え?」





37:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 00:58:46 ID:mufdsvKC6

QB「ただ君の中での父上の教えとやらが変わっただけだ」

杏子「・・・・?どういう・・・・?」

QB「君はね、僕らから見ても芯の強い人間だよ」

QB「そんな君が、前の君が父上の教えとやらを蔑ろにすると思うかい?」

杏子「・・・・私は・・・・」

QB「確かに前の君は野蛮で粗暴で暴力的だった」

QB「でも躊躇い無く進むことかできたのは支えがあったからだと思うよ」

杏子「今の私は・・・・」

QB「間違っちゃいないさ、君は今も忠実に教えとやらに沿っている」

QB「愚直なほどに沿っている」





38:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 01:02:05 ID:mufdsvKC6

杏子「・・・・なら・・・・」

QB「・・・・君は自覚がないだろうからヒントを上げるよ」

QB「君が変わったのは父親の日記を見てからだ」

杏子「・・・・日記・・・・そうよ・・・・!」

杏子「日記よ・・・・!」

QB「見落としてはいないかい?」

QB「見逃してはいないかい?」

杏子「・・・・私は・・・・」

QB「さぁ、早く答えを見つけるといい」

QB「君の答えはそこにある」





39:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 01:05:07 ID:mufdsvKC6

第一子が生まれた
とても可愛らしい女の子だ
名前は、杏子
佐倉杏子だ
このような貧乏な家庭に生まれてこれからさぞ苦しむだろう
偏見の目で見られるかもしれないな
だがそんな事をもすべて許せる心をもって欲しい
争いを許せる心を持って欲しい

平和を守る心を持って欲しい




杏子「・・・・!」

杏子「・・・・やっぱり、これ・・・・」

杏子「・・・・次のページが・・・・ある・・・・!」



ただし・・・・





40:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 01:06:57 ID:mufdsvKC6

いつか杏子に平和よりも守りたいモノができたなら
その時は思う存分突っ走って欲しい



それが私の願いだ





「・・・・はは」





41:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 01:08:37 ID:mufdsvKC6

QB「どこへ行くんだい?」

「・・・・」

QB「それは捨てたんじゃなかったかい?」

「・・・・」

QB「間違ってはいないかい?」

「・・・・」

「私は・・・・」

「あたしは・・・・何一つ間違っちゃいなかった」

QB「そうかい」





42:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 01:12:22 ID:mufdsvKC6

さやか「・・・・くそぉ・・・・」

さやか「ここまで・・・・かあ」

さやか「・・・・ばーか」

さやか「何でこうなったのかなぁ・・・・」

さやか「・・・・あ、そっか・・・・」

さやか「・・・・私は、前のアイツが好きだったんだ」

さやか「・・・・憧れで、友達で、恩人で」

さやか「・・・・大好きだったんだぁ・・・・」ぽろぽろ

魔女「キャァァァァオオオオオオオオ!!!」

さやか「・・・・大好き」



キンッ!





43:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 01:16:06 ID:mufdsvKC6

「教えてくれてありがとな、まどか」

まどか「・・・・どうして槍が武器なの?」

「決まってる、多くの敵を薙ぎ払うためだ」

まどか「どうしてその槍はそんなに長いの?」

「そりゃあ、遠くの敵を穿つためさ」

まどか「どうしてそんなに真っ直ぐな瞳で見るの?」

「それはな」








杏子「あたしが今度こそ守りたいものから目をはなさないようにだ」





44:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 01:22:14 ID:mufdsvKC6

杏子「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!死にたいいいいいいい!!!」

マミ「ですわ」

ほむら「ぶっふぉ!」

さやか「ですのよ」

杏子「黙れえ!ぶち抜くぞてめぇら!」

さやか「あーやだやだ、結局勘違いで自分に幻覚とかアホらしくてやってられないですわ」

杏子「うわぁぁぁぁ!!」

杏子「というかお前ら助けてやったのに何だその態度はぁ!」

ほむら「あなたと相性が良かっただけでしょう?」

マミ「まぁまぁ、助けられたのは事実だわ」

杏子「へっ、いいよ、もう」

さやか「・・・・杏子」

杏子「・・・・あんだよ」

さやか「・・・・ごめんね、ひどいこと言っちゃって」

杏子「気にしてねーよ、さやばか」

さやか「・・・・ううん、でも・・・・」

杏子「・・・・じゃあさ、今度あたしがやばくなったら次はお前らが助けてくれよ」

さやか「・・・・え?」

杏子「いいだろ?」

さやか「・・・・うん!」

杏子「へへっ」







杏子(親父、見つかったよ、守りたい奴らが)





45:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 01:23:14 ID:mufdsvKC6

おやすみ 
クソスレは否めないがあんこちゃんをディスるのだけは許さない
見てくれたやつはありがとう
おやすみ





46:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 01:27:17 ID:mK3jf11hu

おやすみ~
おつやで





47:名無しさん@おーぷん:2014/10/17(金) 01:45:56 ID:jrQjPe2oy

イッチ乙
鳥肌たったわ楽しかったで
おやすみな






元スレ:さやか「ねぇ杏子の様子がおかしいんだけど」

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: