Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  P「やよいにお世話される日々」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
くっ!やよいにお世話される・・・羨ましくなんてないんだからねっ!(血涙)
幾らで雇うことができますか?言い値で払おうじゃないですか!だからお願いします乙!


2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 11:10:37.20 ID:25Uvze65o

P「お疲れ様、やよい」

やよい「あ、プロデューサー!お疲れ様です!」

P「はは、まだまだ元気みたいだな」

やよい「はい!」

P「うんうん、仕事のほうもいい感じだったし、この調子で次も頑張ろうな」

やよい「うっうー!がんばりまーす!」

P「さて、次は……うん、時間も空いてるみたいだし今のうちにやよいはご飯を食べてくれ。楽屋に弁当が届いてるはずだから」

やよい「はい!わかりました!」

P「よし、それじゃまた後でな」

やよい「プロデューサーはご飯は食べないんですか?」

P「いや、食べるよ」

やよい「……本当ですか?」

P「ん?どういう意味だ?」






3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 11:24:52.31 ID:25Uvze65o

やよい「小鳥さんに聞いたんですけど……最近、プロデューサーちゃんとご飯食べてないみたいだって」

P「……んー、まぁここのところ忙しかったからなぁ」

やよい「ダメですよ!ちゃんとご飯は食べないと!」

P「はは、大丈夫だよ、全く食べてないわけじゃないし」

やよい「でも……この前のお仕事の時だって……」

P「心配してくれてありがとな、でも、本当に大丈夫だからさ、この後もちゃんと食べるよ」

やよい「……それなら、いいんですけど……」

P「それよりも、やよいのほうこそしっかり食べて休まないとダメだぞ?」

やよい「は、はい」

P「うん、それじゃ、早いとこ楽屋に戻ってご飯を食べなさい」ポンポン

やよい「はい……わかりました」

P「俺は別でちゃんと食べるからな、それじゃまた後でな」スタスタ

やよい「……」ジー





4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 11:32:22.68 ID:25Uvze65o

P「(やよいにはああ言ったけど、正直飯を食べてる時間ももったいないからな……)」スタスタ

やよい「……」トテテ

P「(この時間で次のライブの企画書をチェックしないといけないし……)」スタスタ

やよい「……」トテテ

P「(まぁ大丈夫、俺にはこれがある!)」スタスタ

やよい「……」トテテ

P「(頼みますよ、カロリーメイトさん、それから栄養ドリンクさん)」ガチャ、パタン

やよい「……」ジー





6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 11:37:28.12 ID:25Uvze65o

P「うん、やっぱりポテト味が一番だな」モグモグ

やよい「……」ジー

P「さて、企画書企画書っと……」

やよい「……」ジー

P「ふ……これなら栄養を取りながらも仕事ができる、なんて素晴らしい作戦なんだ」モグモグ

やよい「……」トテテ

P「えーと、ここは……」

やよい「プロデューサー!!」ガチャ

P「何奴!?」ビクッ





7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 11:42:53.11 ID:25Uvze65o

やよい「……プロデューサー」

P「な、なんだ……やよいか、は、ははっ、どうしたんだ?車まで戻ってきたりして?」

やよい「……」チラッ

カロリー&ドリンク<やぁ

P「……や、やよい、これはだな……」

やよい「プロデューサー、嘘ついたんですね」

P「いや、ほら、ちゃんと食べてるぞ?」

カロリー&ドリンク<やぁ

やよい「嘘ついたんですね」

P「……はい」





8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 11:50:20.80 ID:25Uvze65o

やよい「私、ちゃんとご飯食べなきゃダメって言いました」

P「……はい」

やよい「でも、プロデューサーはちゃんとご飯を食べてませんでした」

P「……ちょっと、やりたい仕事もありまして、その、時間がもったいなくてですね……」

やよい「言い訳しません!」ビシッ

P「はい」

やよい「プロデューサーがお仕事頑張ってるのは知ってます。それが私達のためだってことも」

P「……」

やよい「でも、それでプロデューサーが無理したら、私はとっても悲しいです」

P「やよい……」





9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 11:58:41.82 ID:25Uvze65o

やよい「それでですね、考えちゃいました」

P「?何をだ?」

やよい「プロデューサーが無理しない方法です!」

P「……」

やよい「私が、プロデューサーのお世話係になります!」

P「え?」

やよい「私がプロデューサーのお世話をしてあげます!」

P「ちょ、ちょっと待て……」

やよい「だめです!もう決めちゃいましたから」

P「いや……」

やよい「そういうことなので、よろしくお願いします!」ガルーン

P「……お、おう」

―――
――






12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 12:11:36.65 ID:25Uvze65o

~数日後~

 ―高槻家―

かすみ「プロデューサーさん、ゆっくりしていってね」

浩太郎「ゆっくりしていけよな!」

浩司「ゆっくりー!」

長介「ねえちゃーん!この皿はこっちでいいのー?」

やよい「うん!ありがとう長介」

ワイワイガヤガヤ

P「……にぎやかだなぁ」

かすみ「いつもだよー」

P「ははは……」

浩太郎「プロデューサーの兄ちゃん!これ見て!」

P「どうしてこうなった」

―――
――






13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 12:18:52.98 ID:25Uvze65o

やよい「プロデューサーはいつも晩御飯とかはどうしてるんですか?」

P「え?えーと……もちろん自炊してだな……」

やよい「嘘はだめですよ」

P「は、ははは、何を言ってるんだやよい?う、うううううそなんてついてないぞ?」

やよい「……包丁を持つときの手の形を何ていうかわかりますか?」

P「え?て、手?」

やよい「はい、動物の手に例えるんですけど」

P「……ら、ライオンの手」

やよい「……カレーはどうやってつくるかわかりますか?」

P「……チンする」

やよい「……プロデューサー」

P「すみません」

―――
――






14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 12:27:15.40 ID:25Uvze65o

P「そして夕食に招待されたわけですはい」

長介「……一人で何か言ってるけど」

かすみ「そっとしておいてあげようよ」

やよい「みんなー!できたよー!」

浩太郎「やったー!」

浩司「やったー!」

やよい「プロデューサー!プロデューサーも早くこっちに来てください!」

P「お、おう」

やよい「それじゃあ、みんな手を合わせてー!」

一同「はーい!」

やよい「いただきまーす!」

一同「いただきまーす!」

―――
――






15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 12:39:52.10 ID:25Uvze65o

P「やよい、今日はありがとな」

やよい「いえ!また来てください!」

P「はは、うん、なんだかんだ楽しかったし、機会があったらまたな」

やよい「はい!」

P「それにしても、流石やよいの家なだけあって綺麗に片付いてたなー」

やよい「え?そうですか?」

P「うん」

やよい「いつも弟たちが散らかすから、そうでもないと思いますけどー……」

P「いやいや、家に比べたら全然だな……」

やよい「……プロデューサーのお家って、散らかってるんですか?」

P「ああ、すごいぞ、今なんて足の踏み場もだな……あ」

やよい「……」ジー

P「い、いやぁ、よく考えたら掃除したばっかりで綺麗だったなー、あはは……」

やよい「……」ジー

P「すみません」

―――
――






16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 12:45:23.42 ID:25Uvze65o

~数日後~

 ―P宅―

P「今日は、やよいが家にくる」

P「掃除をしに」

P「しかーし!今日の俺は一味違う!」

P「昨日のうちにある程度片付けた!散らばっていたものは押入れに突っ込んだ!危険物も隠した!」

P「みよ!この美しい部屋を!掃除の余地なんてありはしない!」

P「流石にそのままやよいに見せるわけにはいかなかったからな……だが!今のこの部屋に、死角は……ない!」

―――
――






17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 12:50:15.63 ID:25Uvze65o

ピンポーン

P「お、来たか」

P「はいはーい」ガチャ

やよい「うっうー!おはよーございますプロデューサー!」ガルーン

P「ああ、おはようやよい、わざわざすまないな」

やよい「いえ!私はプロデューサーのお世話係ですから!」

P「はは、うん、それじゃ、早速入ってくれ」

やよい「はい!おじゃましまーす!」

P「(ふ……きっとこの綺麗な部屋にやよいは驚くだろうさ)」





18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 12:55:53.72 ID:25Uvze65o

やよい「あれ?結構片付いてるんですね……」

P「だ、だろう?そうだろう?」

やよい「足の踏み場もないーって言ってたから、もっと散らかってるんだと思ってましたけど……」

P「はは、あれはちょっとしたジョークだよ」

やよい「そうだったんですかー」

P「ああ」ドヤァ

やよい「でも、まだまだ綺麗にできそうですね!」

P「え?いや、今でも充分だろ……?」

やよい「いえ!もっともーっと綺麗にしましょう!今日は徹底的にお掃除するつもりできましたから!」グッ

P「なん……だと……」





19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 12:59:18.04 ID:25Uvze65o

やよい「まずはー……」

P「な、なぁ……やよい……」

やよい「ここからみてみましょー!」

P「あ、ああ!やよい!そこはダメだ!その押入れは……!」

やよい「こういうところもちゃんとお掃除しないとだめなんですよー」ガラッ

ゴッチャァァァァ

P「」

やよい「……プロデューサー」

P「はい」

やよい「お掃除しましょう?」ニコッ

P「はい」

―――
――






20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 13:08:47.59 ID:25Uvze65o

やよい「うっうー!綺麗に整理できましたー!」

P「おお……」

やよい「ちゃんとお掃除すればきれいになるんですよ!」

P「なんということでしょう……家中の物という物を詰め込んでカオスだったあの押入れが……」

やよい「これで次からは綺麗に使えますね!」

P「やよいマジックで整理整頓された素敵収納に……」

やよい「それじゃあ次はお部屋のお掃除いってみましょー!」

P「おお!なんだか俺もやる気が出てきたぞ!」

やよい「どんどんいきますよー!」

P「おおー!」

―――
――






21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 13:15:13.66 ID:25Uvze65o

やよい「あれ?プロデューサー、何ですかこれ?」

P「ん?何かあったか?」

やよい「はい、ベッドの下に本みたいなのが落ちてるんですけど」

P「!」

やよい「どうしてこんな所にあるのかなーって」

P「(ベッドの下……普段は俺のバイブル置き場……つまり、導き出される結論は……)」

やよい「んしょ……」

P「(処理し損ねたA級危険物!!)」

やよい「うっうー!とれましたー!」

P「やよいぃぃぃぃぃぃぃ!!それ以上はいけない!!!」





22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 13:21:55.37 ID:25Uvze65o

やよい「う?これって……」ペラッ

その瞬間、俺は死を覚悟した

時間の流れがやたらゆっくりに感じる

俺のバイブルを確認し、みるみるうちに顔を赤く染めていくやよい

そのやよいの表情を見て罪悪感とともに、死の淵であるにもかかわらず俺はのんきにこんなことを考えていた―――

P「(あ、可愛い……)」

やよい「……」ボンッ

―――
――






23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 13:27:47.85 ID:25Uvze65o

P「本当にすみませんでした」ドゲザ

やよい「い、いえ!ぷ、プロデューサーは悪くないです!」

P「豚箱に入れられても構わない覚悟であります」

やよい「……プロデューサーも男の人ですし」

P「最低な成人男性であります」

やよい「し、仕方ないかなーって……」

P「痛い!やよいの優しさと純粋な心が逆に痛い!」

やよい「……」

P「……」

シーン

やよい「……プロデューサー、お掃除続けましょう」

P「はい……」





24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 13:35:24.95 ID:25Uvze65o

やよい「あ、でもでも……」

P「はい!なんでしょう?」

やよい「お掃除を続ける前にちょっと聞きたいことがあるんですけど……」

P「はい!何でも答えます!」

やよい「え、えっと……」モジモジ

P「……」ゴクリ

やよい「そ、そのぉ……」モジモジ

P「ど、どうしたんだ?」

やよい「ぷ、プロデューサーって……さっきの本みたいな女の人が好きなんですか……?」

P「え?」

やよい「……」

P「あ、えーとだな……それはその……」

やよい「……や、やっぱりいいです!お掃除しましょう!」

P「へ?」

やよい「え、えへへ、変なこと聞いちゃいました!忘れてください!」

P「あ、ああ……」

―――
――






25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 13:39:43.51 ID:25Uvze65o

やよい「うっうー!お掃除完了ですー!」

P「おお……まるで別の部屋のようだ……」

やよい「えへへ、プロデューサー」

P「ん?ああ、やるかやよい」

やよい「はい!」

P「よし!いつでもいいぞ!」

やよい「いきますよー!ハイ、ターッチ!」

パチン

二人「「いぇい!!」」

―――
――






27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 13:45:22.30 ID:25Uvze65o

P「今日は本当にありがとな!やよい」

やよい「いえ!私はプロデューサーのお世話係ですから!」

P「しっかし綺麗になったよなぁ……」

やよい「やっぱり、綺麗なほうが気持ちいいですよね!」

P「ああ、そうだな」

やよい「それじゃあ次はご飯を作っちゃいますね!」

P「え?」

やよい「あ、でも、その前にお買い物に行かないとー」

P「ちょ、ちょっと待ってやよいさん」

やよい「何ですか?」

P「夕飯も作るの?」

やよい「はい!」

P「ありがたいけど……結構遅い時間になっちゃうんじゃないか?」

やよい「そうですねー」





28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 13:51:27.50 ID:25Uvze65o

P「そうですねって……やよい大丈夫なのか?」

やよい「?何がですか?」

P「いや、あんまり遅い時間になると親御さんも心配するだろ?」

やよい「大丈夫です!ちゃんと言ってきましたから!」

P「そうか……でもあんまり遅い時間にやよいを帰すのもあれだし、夕飯は大丈夫だよ」

やよい「う?」

P「暗くなってからじゃ何があるか分からないし……」

やよい「う?う?」

P「まぁ、俺が送っていくのもありだが……」

やよい「何言ってるんですか?プロデューサー」

P「いや、やよいの帰りの話を……」

やよい「私は今日は帰りませんよ?」





29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 13:57:01.39 ID:25Uvze65o

P「え?」

やよい「今日はプロデューサーのお家にお泊りです!」

P「へ?」

やよい「ちゃんと準備もしてきましたー!」

P「ちょ、ちょちょちょちょちょっと待って!」

やよい「どうしたんですか?」キョトン

P「そ、そんな話聞いてないぞ……?」

やよい「え?でも、小鳥さんが大丈夫だって……」

P「ど、どういうことだ?」

やよい「えーと……」

―――
――






30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 14:01:18.84 ID:25Uvze65o

やよい「小鳥さーん!」トテテ

小鳥「あら、やよいちゃんどうかした?」

やよい「あの、プロデューサーのお家までの地図が欲しいんですけど」

小鳥「あ、そういえば、今度お掃除しに行くって言ってたわね」

やよい「はい!それでプロデューサーが小鳥さんから地図をもらってくれって」

小鳥「なるほど、わかったわ、ちょっと待っててね」

やよい「はい!」

―――
――






31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 14:08:43.73 ID:25Uvze65o

小鳥「はい、やよいちゃん」

やよい「うっうー!ありがとうございます!」ガルーン

小鳥「ふふ、しっかりプロデューサーさんのお世話をしてきてね」

やよい「はい!……あ、あの」

小鳥「ん?どうしたの?」

やよい「えーっと……その日は一日プロデューサーのお世話をしたいんですけど……」

小鳥「うん」

やよい「それで、できたらプロデューサーのお家にお泊りしたいなーって……」

小鳥「(やだ、やよいちゃん積極的……)」

やよい「や、やっぱりだめでしょうか……?」

小鳥「だめじゃない!だめじゃないわ!」クワッ

やよい「え?」

小鳥「まかせてやよいちゃん!プロデューサーさんにもあたしから言っておくから!」

やよい「いいんですか?」

小鳥「ええ!お姉さんに任せなさい!」

やよい「うっうー!小鳥さんありがとうございます!」

―――
――






32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 14:13:26.45 ID:25Uvze65o

やよい「それで、小鳥さんがプロデューサーもいいって言ったって……」

P「(何を考えてんだあの人はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!)」

やよい「?」キョトン

P「(……帰れなんて言えないよなぁ……)」

やよい「どうかしたんですか?プロデューサー」

P「いや……何でもないよ……行くか、買い物……」

やよい「はい!」

―――
――






33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 14:18:55.15 ID:25Uvze65o

P「そういえばさ」

やよい「はい!」

P「やよいはいつまで俺のお世話係を続けるつもりなんだ?」

やよい「え?えーとぉ……」

P「はは、考えてなかったか」

やよい「はい、ごめんなさい……」

P「いやいや、大丈夫だよ、ちょっと気になっただけだから」

やよい「うーん、でもできたらこのまま……」

P「うん?」

やよい「このまま、ずっと続けられたらいいなーって」

P「ず、ずっとか?」

やよい「はい!だめですか?」





34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 14:22:40.41 ID:25Uvze65o

P「やよいが大変だろ?」

やよい「私は大丈夫です!」

P「そっか……まぁ、それもいいかもな」

やよい「本当ですか!」

P「ああ、ひとまずこれからも頼むよ」

やよい「えへへ、わかりました!」

P「よろしくな、やよい」

やよい「はい!うっうー!これからも私はプロデューサーのお世話係です!」

―――
――






35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 14:29:03.31 ID:25Uvze65o

~十数年後~

やよい「あ、寝癖がついてます」

P「ん、ありがとう」

やよい「ネクタイも曲がってます」

P「いつも悪いな」

やよい「いえ!お世話係ですから!」

P「はは、そういえばそうだったな」

やよい「はい、そうですよ」ニコッ

P「うん、よし!それじゃ行ってくるよ」

やよい「はい、いってらっしゃい!」

―――
――






36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 14:30:08.26 ID:25Uvze65o

P「これからもずっと、やよいにお世話される幸せな日々が続きますように」


                                    おしまい





37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 14:31:20.02 ID:25Uvze65o

以上で終わりになります短くてすみません可愛いやよいが書きたかっただけなんです反省します





39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 14:33:52.30 ID:rA/WT+VQ0

おつかれさま
やよいかわいい





40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 14:43:21.05 ID:7xmkfhZqO

やよいがかわいいのか、かわいいがやよいなのか。





42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 15:02:52.48 ID:LUH0Mw1io

哲学やな・・・





43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 16:13:55.27 ID:eBarx+ovo

王道って良いよね!





48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/06(土) 19:57:13.59 ID:4tYVY8xz0

ゃょぃヵヮィィ






元スレ:P「やよいにお世話される日々」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409968801





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。