Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  北斗「温泉に入りたいって?」冬馬「ああ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
温泉、良いですね。昔は週に一度近くの温泉に通っていたことがあります。
なんと言っても、あがった後の一杯。これが格別でビール腹を加速させられました乙!


1:ほのぼの:2014/10/22(水) 22:03:53.41 ID:QbN1TS8L0

北斗「いきなりどうしたんだ?」

冬馬「最近俺たちライブで疲れ気味だからリフレッシュをしたほうが良いと思ってな」

冬馬「こんな涼しい時期には入ってみたいだろ、温泉」

冬馬「しかも今は時期的に紅葉とか見れるぜ」

北斗「確かに冬馬の言うとおりちょっと疲れが溜まってるからな…」

冬馬「そうだろ、だからみんなで行かないか?」

北斗「まあ気分転換にはちょうど良いな」

北斗「わかった、今度の休日4人で行こうじゃないか」

北斗「俺が予約とかをしておくよ」

冬馬「サンキュ」






2: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:06:12.45 ID:QbN1TS8L0

休日

ブオオオオオオン

翔太「温泉とは気が利くね、リフレッシュにはちょうど良いや♪」

静「私も誘ってくれるなんて嬉しいわ!」

冬馬「マネージャーには世話になっているからな」

北斗「恩返しのようなものですよ、一緒にゆっくりしましょうよ」

静「ええ!」

北斗「ところで旅館までまだ時間があるのでバスが到着するまで何かしませんか?」

冬馬「じゃあスマブラやろうぜ!」

翔太「いいね、やろうやろう!」

静「暇つぶしにはもってこいね」

北斗「手加減はしないぞ」





3: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:07:21.35 ID:QbN1TS8L0

2時間後

翔太「冬馬君、そんなところに消火栓置かないでよ!」

冬馬「うるせぇ! お前こそ投げからのアッパーやめろ!」

北斗「二人とも、まだそんなことで喧嘩しているのか」

シュウウウウウウウ

静「あ、もう着いたようね」

静「やっぱゲームをやってると時間が早く過ぎるわね」

冬馬「じゃあ降りるとするか、続きはまた後でな」

翔太「次は負けないからね」





4: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:08:27.87 ID:QbN1TS8L0

温泉旅館前

冬馬「この近くでは紅葉が見れるらしいな」

北斗「それが目当てで来る人もいるみたいだね」

静「私たちも行く?」

冬馬「そうだな、途中で歩いたりなんか見たりして疲れが溜まったら温泉で一気に取ればいいしな」

翔太「一理あり」

北斗「なら荷物を置いて散歩でもしようか」

静「そうね」





5: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:09:58.33 ID:QbN1TS8L0

ヒラヒラヒラヒラ

冬馬「もみじとかがたくさんあるな」

静「綺麗ねぇ~」

ヒラヒラヒラヒラ

北斗「見てごらん翔太、イチョウだよ」

翔太「たくさんあるねぇ~」

冬馬「これ見てると和むっていうか、落ち着くな」

翔太「そうだねぇ~」

静「日本でしかこういう光景は見られないからね」

静「日本人に生まれてよかったわ」

翔太「ほんとだねぇ~」

猿「ウキッ!」

翔太「まったくだねぇ~」





6: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:11:15.78 ID:QbN1TS8L0

4人「…えっ?」

猿1「ウキッ!」

猿2「ウキキッ!」

猿3「ウキキキキッ!」

静「さ、猿!?」

北斗「何でこんなところに?」

冬馬「創世記だ…創世記だあああああああああ!」

猿たち「ウキャー!」

ワアアアアアアアアアア!





7: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:13:05.84 ID:QbN1TS8L0

猿「キッキィ☆」

翔太「またね~」

冬馬「あー、それにしてもびっくりした」

冬馬「俺たちが持ってたお菓子が食べたかっただけか」

静「食べてる姿、かわいかったね☆」

翔太「一匹北斗君にメロメロだったね」

北斗「俺にとってはメス猿でもエンジェルちゃんさ…って締まらないな、これじゃあ」

冬馬「あー、クタクタだ、早く入って汗流そうぜ」

静「そうね」





8: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:13:51.73 ID:QbN1TS8L0

旅館

冬馬「さぁて、男湯にレッツゴーだ」

翔太「見てご覧北斗君、エンジェルちゃん達だよ」

北斗「何!?」クルッ

婆達「ゆっくり浸かろうかしらね」

幼女達「わーい!」

北斗「………」

翔太「そんな捨てられた子犬のような顔をしないでよ」

静「それじゃあ私はこれで」

冬馬「またな」





9: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:14:51.93 ID:QbN1TS8L0

露天風呂

カポーン

冬馬「見ろ翔太、北斗、俺たちしかいないぞ!」

翔太「貸しきり状態だね」

北斗「流石にこの時間帯では入る層はまだいないか、夜に増えていくんだろうね」

冬馬「とりあえず入るか」

北斗「その前に体を洗え、基本だぞ」

二人「はーい」

ザバアアアアン

冬馬「あああああああ、生き返るぜええええ」

翔太「親父臭いよ」

冬馬「そうだなぁ」

北斗「さて、俺も入るとしようか」

冬馬「タオル入れるなよ」

北斗「入れないよ」





10: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:15:48.85 ID:QbN1TS8L0

ザバアアアアン

北斗「ふぅ…」

翔太「生き返るねぇ」

冬馬「だな」

翔太「きてよかったね」

北斗「ああ」

冬馬「だな」

北斗「………」

翔太「………」

冬馬「………」





11: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:17:00.41 ID:QbN1TS8L0

翔太「ねぇ、この沈黙何?」

北斗「いざ入ったはいいが特に話すことはないからな」

冬馬「温泉でしか話せない会話なんて思いつかないな、普通の日常会話で十分だしな」

翔太「温泉でしか話せない会話って何だろうね?」

冬馬「なんだろうな?」





12: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:19:09.16 ID:QbN1TS8L0

将太「例えば男同士の風呂についてとか?」

北斗「俺は野郎の風呂シチュは正直NGだ」

翔太「そう? 僕は面白いと思うけど」

冬馬「俺は風呂とかのシチュエーションはどうでもいいや」

翔太「えっ!? 冬馬君、数あるシチュの中でもトップに君臨する風呂をどうでもいいというの?」

冬馬「いやどうでもいいだろ」

北斗「見損なったぞ冬馬、あの男のロマンをどうでもいいなんて!」

翔太「失望したよ冬馬君、全国の風呂シチュ大好きな人たちに謝ってよ!」

冬馬(な、なんだこの状況…、何もしてないのに、俺が悪いのか?)

冬馬(とりあえず話にあわせておこう…)

冬馬「冗談だ、本当は風呂に興味がある、むしろ大好きだ」

北斗「冬馬、お前にそんな変態的な趣味があったなんて…」ジトー

翔太「むっつりスケベ」

冬馬「おまえらあああああああああ!」





13: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:19:59.71 ID:QbN1TS8L0

冬馬「もう怒った、これでも喰らえ!」バシャアアアアアアン!

北斗「うわっ、お前いきなりかけるな!」

翔太「マナー違反だよ! 温泉で遊んじゃダメだよ!」

冬馬「うるせぇ! 俺を馬鹿にした罰だ!」

冬馬「オラオラオラオラァ!!」バシャアアアアアアン!

北斗「くっ、いい加減にしろよな…流石の俺も切れたぞ!」

翔太「やられたらやり返す、それが孤高なる木星の流儀だよ!」





14: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:21:21.60 ID:QbN1TS8L0

オリャリャリャリャリャリャリャリャ!

バシャアアアアアン

トリャアアアアアアアア!

バシャバシャ

ウキイイイイイイイイイイ!

バッシャアアアアアアアアアアアアアアアン!

三人「ウキィ?」

猿軍団「…」

翔太「な、なんでお猿さんたちが…」

北斗「この子達も温泉が大好きなようだね…」

冬馬「新世記だ…新世紀だあああああああああ!」





15: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:22:45.31 ID:QbN1TS8L0

猿軍団「ウキャアアアアアアア!!!!!」

翔太「お湯かけられて怒っているようだよ」

北斗「どうする冬馬」

冬馬「…面白ぇじゃねえか、いいぜ、貴様らまとめてかかってこいよ!」

冬馬「俺たちの本気を…ジュピターの力を見せてやるよ!」

翔太「わかった、来てよお猿さんたち♪」

北斗「君たちの全力を見せてもらおうか☆」

猿軍団「ウキャアアアアアアア!!!!!」

ジュピター「おりゃああああああああああ!」





16: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:24:25.60 ID:QbN1TS8L0

ウキャキャキャキャキャキャキャキャキャ!

ギャアアアアアアアアアア!

静「男の子って元気があって良いわねぇ~、正直うらやましいわ」

静「しかし温泉ってホント凄いわね、生き返るわ~」

静「なんか10歳若くなった気分ね☆」


――――
――――――――
――――――――――――





17: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:26:40.95 ID:QbN1TS8L0

――――――――――――
――――――――
――――

冬馬「そんなことが昔あったんだ」ヴヴヴヴヴヴ

娘「馬鹿じゃないのか~」ヴヴヴヴヴヴ

冬馬「まあな、だが今となってはいい思い出だ」ヴヴヴヴヴウ

娘「そうなのか~」ヴヴヴヴヴヴ

冬馬「ところで娘たち二人はどこだ?」ヴヴヴヴヴヴ

娘「アホ毛双子姉貴共ならまだ露天風呂じゃないか?」ヴヴヴヴヴヴ

冬馬「アホ毛がアホ毛言うのか?」ヴヴヴヴヴヴ

娘「親父だってアホ毛だろ」ヴヴヴヴヴヴ

冬馬「それもそうだ、みんなアホ毛だな」ヴヴヴヴヴヴ





18: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:27:32.50 ID:QbN1TS8L0

キャアアアアアアアア サルウウウウウウウウウ

娘「なんだ? 姉貴たちの声だ」ヴヴヴヴヴヴ

冬馬「猿に遭ったようだな、ここら辺はよく出るからな」ヴヴヴヴヴヴ

娘「そうなのか~」ヴヴヴヴヴヴ

冬馬「それにしてもこのマッサージチェアの座り心地良いな」ヴヴヴヴヴヴ

娘「そうだな~」ヴヴヴヴヴヴ

冬馬「今度はまたあの二人をよんで一緒に来ようかな」ヴヴヴヴヴヴ

娘「そうしなよ~」ヴヴヴヴヴヴ

冬馬(それにしてもたまに来る温泉も悪くないな)ヴヴヴヴヴヴ

冬馬(この安らぎがいつまでも続くと良いな)ヴヴヴヴヴヴ





19: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:33:30.87 ID:QbN1TS8L0

冬馬「さて、また入るとするか」

娘「そんなにたくさん入るとふやけるぞ」ヴヴヴヴヴヴ

冬馬「いいさ、せっかく来たんだから楽しまないと」

冬馬「それに思い出はたくさん作ったほうが良いからな」

娘「ふ~ん、それもそうだな」ヴヴヴヴヴヴ

冬馬(あの頃の思い出はもう作ることはできない…)

冬馬(だけどその代わり、この娘たちと一緒に新しい思い出を作ることができる)

冬馬(静、あなたの分まで楽しい思い出をたくさん作っておくよ)

冬馬(そしていつか二人で思い出についてゆっくり話そうじゃないか)

終わり





20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/22(水) 22:39:18.19 ID:TjI1S8M1o

おいいきなりジョバさん死んだことになってるじゃねえか





21: ◆5m18GD4M5g:2014/10/22(水) 22:42:44.65 ID:QbN1TS8L0

おいおい、一言も死んだとは言ってないぜ

ちなみにこれの続編

冬馬「今日はスパイスからのカレーを作るぜ」






元スレ:北斗「温泉に入りたいって?」冬馬「ああ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413983023





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。