Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  亜美「兄ちゃんとそっくりな人形拾った」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
コピーロボット・・・ってあれは大きさもそっくりになるんでしたっけ。この世の中、
不思議なアイテムがあってもおかしくないはず。きっとこうして書き込んでいる管理人の人形も・・・乙!


1: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 16:52:12.29 ID:GNn02lra0

真美「う~むこいつは確かにクリソツですなぁ」

亜美「触ってみるとなんか無機質な感じだけど、見た目だけならちっちゃい兄ちゃんそのものって感じっしょ?」

真美「うんうん! いやぁ~こうしてまじまじと見ると兄ちゃんって……」

真美「イタズラしたくなる顔してるよね!」

亜美「だよねっ! んっふっふ~、さっそく挨拶程度に……」キュッキュッ

真美「真美も真美も~!」キュキュキュッ

スタスタスタ

ガチャッ

P「おはよう」

亜美「あっ兄ちゃん!」クルッ

P「今日はレッスンの予定だが、調子はどうだ?」

亜美真美「「ぶーーーっ!!!」」

P「?」






2: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 16:53:36.78 ID:GNn02lra0

P「どうしたんだ急に吹き出して」

亜美「な、なんでもないっぽいよー」ササッ

P「あ、今何か隠したろ」

亜美「ううん、全然!」


真美「ねぇ亜美、兄ちゃんのあの顔の落書き……」ヒソヒソ

亜美「うん、間違いなくこの人形にマジックで描いたのと同じっぽいよ」ヒソヒソ

真美「何がどーなってんのかわかんないけど……どうする?」ヒソヒソ

亜美「バレるとめんどーだし……逃げよっか」ヒソヒソ

真美「だね」ヒソヒソ


P「今の動きで何も隠してないってのは無理があると思うけどな……絶対その後ろに何か」スタスタ

真美「!! かっ、仮に隠したとしても乙女のプライスレスだからセンサクしちゃダメだよ!」

亜美「そうそう! 隠してないけどね!」

P「プライベートって言いたいのか? そんな言い逃れして、さてはまたよからぬことを」

亜美「あーっ! 三丁目の野崎さんの危険がピンチだ!」ダッ

真美「なんだって!? そんじゃヘルプで助けに行かないとだね!」ダッ

亜美真美「「いっそげー!!」」タタタッ

P「あっこら待て二人とも!」ダッ





3: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 16:54:38.98 ID:GNn02lra0

真美「うあうあ~! 追っ手が迫ってくるよ~! 帰宅部で鍛えた兄ちゃんの足がフルスロットルっぽいよ~!」タタタッ

亜美「時に真美よ、この人形に描いた落書きが兄ちゃんにも描かれてるってことはさ」タタタッ

真美「……! つまりはこの人形は兄ちゃんであるも同然ってこと!」タタタッ

亜美「ってことは、足のとこをこうグイッとすれば……」グイッ


P「待てー! どうせまーたイタズラしたんだろ! お前らなぁ、いつもいつもやめろって言って……ん?」グイッ

P「のわーーーー!!!!!」ズザーーッ


真美「すっころんだ!」タタタッ

亜美「今のうちに逃げろーっ!」タタタッ


P「いたた、俺としたことが転ぶとは……!」

春香「……」

P「春香……見てたのか? なんかな、足が誰かにこうグイッとされて……」

春香「…………」

春香「フッ」

P「お前だけは笑うな!!!」





4: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 16:56:01.32 ID:GNn02lra0

真美「はぁ、はぁ、逃げ切った……それにしても」

真美「すごいよ亜美! この人形!」

亜美「うん! まさかこんなすごいシロモノを手に入れられるなんて……」

真美「どうやらこの人形に起こったことは兄ちゃんにも起こるみたいですな。んっふっふ~、イタズラしほーだいっぽいよ!」

亜美「そんじゃ、どうする? 亜美としては兄ちゃんのとこに戻ってその効果をもっと確かめたいところなんだけど」

真美「真美も同じこと考えてたよ~。これさえあれば逃げるのも楽チンだしね」

亜美「そうと決まればレッツゴ→!」

真美「おーっ!」





5: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 16:57:32.81 ID:GNn02lra0

春香「とにかく、あんな転び方じゃ怪我しちゃいますよ! 転びのプロとして怪我しない転び方を教えてあげますね」

P「いやだからさっきのは誰かになぁ……」

春香「誰もいませんでしたけど?」

P「ぬぐぐ……」


亜美「いたいた。はるるんと話してるっぽいよ」ヒソヒソ

真美「ふむふむ……ちょっと人形貸して」ヒソヒソ

亜美「はい」スッ


春香「怪我しないように転ぶには、どこが大切だと思いますか? えへへ、クイズです♪」

P「そもそも転びたくないんだが……って、ん?」


真美「……」グイッ


P「なんだ、手が勝手に……!」スッ


むにっ





6: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 16:58:42.16 ID:GNn02lra0

春香「なっ……!! ? !!?」カァァ


亜美「おーっ、真美ってば大胆」ヒソヒソ

真美「んっふっふ~、コミュニケーションの基本だよね」ヒソヒソ


P「なっ、ちっ、違うんだ春香!手が勝手に……というかその!」

P「そう、心だ! 怪我しないよう気を付ける心が大切なんじゃないかと思ってだな!」

春香「ひ……人の胸触っておいて、そんな言い訳が通用する世界がどこにありますか」

春香「あんまりですプロデューサーさん!!」ダッ

P「ま、待ってくれ春香ぁー!!」


真美「……ちょっとひどいことしちゃったかな?」ヒソヒソ

亜美「はるるんメチャおこだったね……」ヒソヒソ





7: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 17:00:08.05 ID:GNn02lra0

P「ああ、俺はなんてことを……」

P「転んだ時といい、何かに体を動かされたような気がしたが……言い訳だよな、そんなの」

P「犯罪者はみんなそう言うんだ。気付いたらやってた。無意識に手が出た……って」

P「そりゃ俺も男だ。アイドルに対してそういう欲情が全くないわけでもない。でもこれまでは普通に抑え込んでこられたし、大丈夫だと思ってたんだが……」

P「まさかこんな……くそ、最低だ……最低だ俺は……」

P「ごめん春香……ごめんな……ううっ……本当にごめん……」



亜美「に、兄ちゃんマジヘコみしてんね」

真美「メッチャ辛そうな顔してるよ」

亜美「亜美、兄ちゃんのあんな顔見たくないよ」

真美「真美も……兄ちゃんには笑っててほしいよね」

亜美「というわけで」スッ


こちょこちょこちょ


P「ブフッ」


P「あーっははははは!!!! はははっ、ははひぃーーっ!!!うっひひひひひははは」ゴロゴロ





8: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 17:01:19.40 ID:GNn02lra0

亜美「それそれそれ~!」コチョコチョ

P「あっははははは!!! ひぃーっ、ひぃーっははは」

P「最低だ……なんでこんな時に笑いが込み上げて……っふはははは!!!!」

真美「に、兄ちゃん泣きながら笑ってる……亜美、一旦ストップしない?」

亜美「あっははは! いやいや、まだまだこれからっしょ~!」コチョコチョ

P「ぶわーっはっはっは!! おーうおうおう」

真美「ちょっ、やめよってば! 貸して!」ガシッ

亜美「あ、何すんのさ! 後で代わったげるから!」グググ

真美「やりすぎだってば~! 流石に兄ちゃん可哀想っしょ!」グググ

亜美「渡すもんか~……!」グググ

真美「む~っ……!」グググ





11: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 17:04:26.46 ID:GNn02lra0

P「はぁ、はぁ……なんだったんだ……ん?」


わーわー! ぎゃーぎゃー!


P「この声は……亜美! 真美!」


亜美「!!」

真美「やばっバレた!」


P「さてはお前らの仕業だな! 今日という今日は許さん!」ダッ


亜美「うあうあ~! 逃げるよ真美! 捕まったら長い長~いお説教が待ってるっぽいよ~!」

真美「う、うん! そんじゃこの人形は……」

亜美(こんな取り合いで時間かけてたら捕まっちゃうし……)

真美(二人で争ってる場合じゃないし、ここは……)


亜美真美「「任せるね!」」パッ



亜美真美「「あ」」



ヒューーーー










ガシャーンッ!





12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/25(火) 17:06:18.38 ID:3d90QCVDO

oh…





13: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 17:07:03.20 ID:GNn02lra0

P「うっ……!」



亜美「あ……」

真美「に、兄ちゃんの人形が……落っこちて……」

亜美「お腹のとこから……真っ二つに……」

真美「って……」

亜美「ことは……」

亜美真美「「……」」

亜美真美「「…………」」ダラダラ



真美「せっ……」


真美「せーので後ろ、見てみる?」

亜美「う、うん……」




真美「せ……」


亜美「せー…………」


真美「……」ドキドキ

亜美「……」ドキドキ








真美「せ」

P「亜美、真美」

亜美真美「「!!」」ビクゥッ





14: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 17:08:25.37 ID:GNn02lra0

亜美「にっ……」クルッ

真美「兄ちゃっ……」クルッ


P「座れ。話がある」


亜美「う、うん」

亜美(座り込んでるけど……血とか出てないし、無事っぽいね)


真美「分かったよ……」

真美(よ、良かった……)


P「……二人とも」

P「俺がいつもしつこいくらいに怒ってるのは何故か、分かるか?」

真美「そ、そりゃ真美たちがイタズラするから……誰だってイタズラされたら嫌っしょ?」

亜美「でも亜美たちはやめないよ! 楽しく生きる、それがモットーだかんね!」

P「別にイタズラされるのが嫌ってわけじゃない。俺は良いんだ、別に何されても」

亜美「え?」

P「……俺はな」

P「めちゃくちゃ期待してるんだ、お前たちに」

真美「真美たちに……」

亜美「期待……?」





15: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 17:10:50.86 ID:GNn02lra0

P「最初にお前たちと会った日、感じたんだ。この子たちなら絶対トップアイドルになれる、って」

P「愛くるしいルックスに場を盛り上げるトークスキル。それだけじゃなく、歌唱力やダンスパフォーマンスにも光るものを感じた」

P「今までにない斬新な、それでいて理想的なアイドルの形を俺はお前たちに見たんだ。そんなの、期待しちゃうに決まってるだろ」

亜美「な、なんかそこまで褒められると……」

真美「照れるっていうか……恥ずかしいよ」ポリポリ

P「でもお前たちは全ッ然本気になってくれない。イタズラばかりして、遊んでばかりいて、本気でトップを目指してくれない」

P「現に今日だってレッスンに行こうともせず、遊んでるわけだろ? まぁ若いんだし、今をとことん楽しみたいって気持ちも分かるよ」

P「でもな……お前たちなら、本気で頑張ればトップアイドルになれるはずなんだ。トップに立てば、今よりずーっと楽しい日々が待ってるはずなんだ」

P「期待してるからこそ、俺はお前たちにもっと真剣になって欲しいんだよ。だから怒るんだ。今ちょっと我慢すれば、いつかきっと、いや、絶対!」

P「最高に楽しくて輝ける未来が、待ってるから……!」

亜美「兄ちゃん……そこまで亜美たちのことを……」

真美「本気で思ってくれてたなんて……」





16: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 17:12:16.74 ID:GNn02lra0

亜美「……真美」

真美「うん、分かってる」

真美「レッスン行こっ! 兄ちゃんの期待に応えなきゃだよね!」

亜美「うんっ! 兄ちゃん、今までごめんね。亜美たちもっと頑張るよ!」

P「お前たち……」グスッ

P「ははっ……言ってみるもんだな。今までは気恥ずかしくて言えなかったが……本当の気持ちを伝えれば、伝わるものなんだな」

真美「でも……なんで急にこんな話しようと思ったの?」

亜美「そーだよね。なんというか、トートツすぎるっていうか」

P「……なんでだろうな。俺にもよく分からん」

P「ガシャンって音がしたと思ったら、急に腹を割って話したくなったんだ。ほんと、なんなんだろうな」ハハハ

真美「腹を……」

亜美「割って……?」

亜美真美「「……!」」


真美「な、なんでだろーねー? 亜美」

亜美「さ、さぁ? 神様のイタズラかな?」

P「まあ、どうだっていいよ。さ、二人ともレッスン、頑張ってこい!」

P「俺は色々あって今動けないが……サボるんじゃないぞ?」

亜美真美「「うん!」」





17: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 17:14:04.07 ID:GNn02lra0

亜美「……ふふっ」タタタッ

真美「あははっ。腹を割って……かぁ」タタタッ

亜美「ってことはやっぱアレ、兄ちゃんの本心ってことだよね」タタタッ

真美「そう考えると……メッチャ嬉しいね」タタタッ

亜美「……頑張ろーね、真美」

真美「うん。兄ちゃんのためにも、真美たちのためにも」



亜美真美「「めざせ! トップアイドルーッ!!!」」








P「……」

P「良かった……行ってくれたな」

P「これで見られずに……済……む…………」





19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/25(火) 17:15:50.45 ID:0hK2KfwSO

えっ?





20: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 17:16:59.24 ID:GNn02lra0

春香「つい走り出しちゃったけど……あのくらいで私、怒りすぎだったかなぁ」スタスタ

春香「プロデューサーさんにも何か事情があったって可能性もゼロじゃないし……話くらい聞かなくちゃだよね」スタスタ

春香「元はと言えば私が調子に乗ってレクチャーなんて始めちゃったのが悪いのかもしれないし」スタスタ

春香「信頼関係って大切だもんね。うん、ちゃんと話を……」スタスタ


P「……」

春香「あ、いた。さっきの場所で座り込んで……プロデューサーさーん!」タタタッ

P「…………ん」

P「!?」

P「春香、なんで…………ッんぅ!!」

P「来るなぁぁぁぁぁぁあああ!!!!」

春香「へ?」






ブリブリビチビチバビュビュビュボフッブリッビチッビチビチッ!!!!!





21: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 17:18:14.20 ID:GNn02lra0

P「……」

春香「え? 今の音……!!」

春香「臭っ……え? その、え?」

春香「最悪……」


P「……」

P「腹をな……」



P「壊したんだ……」













23: ◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/25(火) 17:20:17.12 ID:GNn02lra0

終わりです
こんな糞SSですが、読んでくれてありがとうございました!





24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/25(火) 17:22:24.16 ID:v+MwtJgJo

二段落ちとはたまげたなあ





26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/25(火) 18:55:08.15 ID:8Sul9feE0

良ssだと思ったら糞ssだったでござる





28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/25(火) 20:25:01.74 ID:pJ9QN+XH0

これはいい糞SS





29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/25(火) 21:13:22.54 ID:ezudeggQ0

落語みたいなオチww
面白かった





31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/25(火) 23:43:48.92 ID:RSSzIGeD0

まごうことなき“糞”スレだったな、なかなか面白かった。






元スレ:亜美「兄ちゃんとそっくりな人形拾った」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416901922





  

【 関 連 記 事 】


真っ二つに裂かれるのかと思ったら、予想以上に上手かった
[ 2014/11/28 15:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。