Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  ゴルゴ13 【魔術師の聖杯】

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
オオォ~!ワロタwwwケリーに頼むより最初からこの御方に依頼すれば良かったのか・・・。
魔術なんてなくてもテクニックさえあれば、聖杯戦争なんて余裕余裕乙!


1:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/20(木) 09:57:50.20 ID:i5y4Z+nAO

カリカリカリカリ


時臣「む?魔術協会からの連絡が入ったようだ。」

言峰「どのような連絡でしょうか?」

時臣「聖杯によって新たにアインツベルンからマスターが選ばれたそうだ」

言峰「そうですか、」

時臣「そのマスターは『G』と呼ばれている男らしい」

言峰「な、なんですと!?」


ゴルゴ13シリーズ

魔 術 師 の 聖 杯






3:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/20(木) 10:00:27.54 ID:i5y4Z+nAO

時臣「知っているのか?」


言峰「『G』、生年月日、国籍、経歴はいずれも不明。
判明しているのは『依頼の成功率は99%以上と言われている超A級の凄腕スナイパー』だという事です。
彼以上の暗殺者はこの世界に存在しないでしょう」


時臣「アインツベルンめ、前回までの聖杯戦争の失敗に痺れを切らして本気で挑んで来たというわけか.......」


言峰(G.....この男は危険だ!)





4:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/20(木) 10:01:54.71 ID:i5y4Z+nAO

ーーーーーーーーー




〜数年前〜
ードイツー

ゴルゴ13「.....用件を聞こうか」

アハト爺「おお、ゴルゴ13!?来てくれたのか.....!」





5:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/20(木) 10:02:49.94 ID:i5y4Z+nAO

ゴルゴ13「............」

アハト爺「実は君に『聖杯戦争』に参加して欲しいのだ」

ゴルゴ13「........『聖杯』、万能の願望器か」

アハト爺「おお、知っているのなら話が早い。我ら以外の六人のマスターと六体のサーヴァント、これを全て狩り尽くしてもらいたい」

ゴルゴ13「.........」





6:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/20(木) 10:04:41.06 ID:i5y4Z+nAO

アハト爺「そしてアインツベルンに聖杯をもたらし、第三魔法ヘブンズフィールを成就させて欲しい!......やってくれるかね、ゴルゴ13?」


ゴルゴ13「......わかった、引き受けよう」

アハト爺「では、報酬はスイス銀行に振り込んでおくぞ」

ゴルゴ13「.....これだけは言っておく」

アハト爺「なんだ?」





8:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/20(木) 10:05:26.20 ID:i5y4Z+nAO

ゴルゴ13「依頼内容に偽りのある事を、俺は、許さない……わかっているな?」

アハト爺「わ、わかっている」





9:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/20(木) 10:06:23.75 ID:i5y4Z+nAO

ーーーーーーーーーー

アイリ「あなたがお爺様の言っていたゴルゴって人?」

ゴルゴ13「..........」

アイリ(不思議、なんだかこの男の人が気になるわ......)

アイリ「あなたのこと、色々知りたいかな.....////」

ゴルゴ13「..........俺をあまり詮索するな」





10:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/20(木) 10:07:09.55 ID:i5y4Z+nAO

ーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーー
ーー


アイリ「オオオッ、ゴルゴ!!ゴルゴ〜ッッ!!す、すごい、こんな!!! 」

ゴルゴ13「.........」

アイリ「アアア~~ッ!! オオオ~~ッ」

ーーーーーーー





12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/20(木) 10:08:05.47 ID:jCakadZmO

アイリわろたwww





13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/20(木) 10:10:21.71 ID:AIcATZCo0

安定の塗れ場





11:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/20(木) 10:07:58.71 ID:i5y4Z+nAO






ー現在ー

言峰「師よ、報告があります。」

時臣「どうした、」

言峰「マスターが1人脱落しました.....」

時臣「なっ!?誰が脱落したのだ?」

言峰「『ケイネス・エルメロイ・アーチボルト』」





14:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/20(木) 10:23:31.37 ID:i5y4Z+nAO

時臣「まさか!?」


言峰「ホテルで頭と心臓に一発づつ.......どうやら『G』による狙撃を受けたようです」

時臣「私は魔術師として『G』を倒さねばならんようだな......」

言峰「師よ!『G』はあなたの想像以上に危険です!」





15:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/20(木) 10:25:02.12 ID:i5y4Z+nAO

時臣「常に優雅たれ、綺礼。そんな事で臆するようでは魔術師はつとまらないよ」

言峰「ですが......」



サァァァア

ギルガメッシュ「暗殺者ごときにいちいち騒ぎおって」

言峰「英雄王......」





16:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/20(木) 10:26:12.48 ID:i5y4Z+nAO

ギルガメッシュ「『G』という男、すこし興味が湧いたぞ」

時臣「これはこれは、英雄王」

ギルガメッシュ「たかだか人間の暗殺者だ。程度がしれておろう。万が一の時は我が仕留めてくれよう」

時臣「おお、心強い!」





17:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/20(木) 10:27:50.21 ID:i5y4Z+nAO

言峰「『G』を人間扱いしないほうがいい.....念のため屋敷の周囲をアサシンに監視させていますが安全は保証できません」

ギルガメッシュ(代行者の綺礼がここまで恐れる『G』とはいったい.
......)

ーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーーー
ーーー





18:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/20(木) 10:30:08.46 ID:i5y4Z+nAO

ー数日後ー

ライダー「ゆくぞ、マスター!いざ戦場へ!!!」


雷牛「ブモォォオオオ」


ウェイバー「うわぁぁぁぁあ!!!降ろせ!降ろせってば!」


ライダー「アァァァアララララララララライ!!!」





19:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/20(木) 10:31:00.07 ID:i5y4Z+nAO

ズキューーーーーーン!!!




ウェイバー「銃声!?」

ウェイバー「ん?」

ウェイバー「お、おい、ライダー!!!??」


ライダー「」ガクガクガク





20:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/20(木) 10:31:44.39 ID:i5y4Z+nAO

ウェイバー「そ、そんな死んでる......!?まずいぞ、戦車の操z......」


ガッシャーーーン


ウェイバー「」
ライダー「」




ゴルゴ13「...........」





37:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 13:21:40.66 ID:i52uGZHbO

セイバー「ゴルゴ13、何故ゆえ私に『戦え』と命じない?
これではサーヴァントとしての存在価値など私に無いではないか!!!」

イリヤ「セイバー、」

ゴルゴ13「..........」

セイバー「私にも騎士としての誇りがあるのだ!」





39:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 13:25:26.08 ID:i52uGZHbO

アイリ「...........」


ゴルゴ13「.........殺し合いに『誇り』や『名誉』なんてない、あるのは単純な命のやりとりだけだ」

セイバー「だがそれでは、......」

ゴルゴ13「........」ギロッ

セイバー「うっ!?」

ゴルゴ13「......俺は自分の依頼をこなすだけだ」

セイバー(なんという気迫だ....!?)





40:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 13:26:36.73 ID:i52uGZHbO

ーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーーー
ーー

〜数日後〜
ゴルゴ13「...........」

警察官「ん?お兄さん、ここに何の用だい?」

ゴルゴ13「......最近起きている『冬木市 児童連続誘拐事件』の資料が欲しい」

警察官「ダメだよ、規則で捜査資料なんか一般の人に公開d....」

バサッ

ゴルゴ13「..........この封筒に100万円程用意してある」

警察官「おっといけねぇ!最近規則が変わったんだったな」

ゴルゴ13「.........」





41:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 13:36:44.71 ID:i52uGZHbO







ズキュンッ!ズキューーーンッ!

ビシッ!
キャスター「ぐぁっ!」


龍之介「そっかぁ……そりゃぁ気付かねぇよなァ……こんな綺麗なモノが体の中にあったn.......」ドクドクドク


ズキューーーーーン!!!


キャスター「」
龍之介「」





ゴルゴ13「..............」





42:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 13:37:55.15 ID:i52uGZHbO

ーーーーーーーーーーーー

臓硯「フォッフォッフォッ、雁夜。蟲達の報告によればキャスターが脱落したようじゃのう。意外と健闘しておるではないか」

雁夜「いや、なんかまだ一度も戦って.......」

バーサーカー「AAAaaaAAAAAAA!!!!」

雁夜「ぐぁぁあああああああ」

臓硯「安心するのはまだ早いぞ、雁夜。貴様が聖杯を手にいれなければ桜の解放はできんからのぅ。」

雁夜「吸血鬼め......」





43:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 13:41:29.47 ID:i52uGZHbO

臓硯「しかし、雁夜よ。ワシも少し期待が持ててな。賭け金を上乗せしてやろうと思ったのよ。ほれ」

チ○コ蟲「................ッッ!!!」

雁夜「なっ!?ガァァァァァアアアアアアッ!!!」


臓硯「新たな刻印蟲じゃよ......、そいつは桜の『初めて』の蟲でな.......」

雁夜(桜...ちゃ....ん.....)





44:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 13:46:40.63 ID:i52uGZHbO

ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー

セイバー「先の戦い、見事な手腕でした」

ゴルゴ13「............」

セイバー「警察から入手した資料からキャスターの魔術工房特定、その後の速やかな襲撃、そして子供達の救出」

ゴルゴ13「............俺は自分の仕事をしただけだ」

セイバー(相変わらず寡黙な男だ.....)





47:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 14:00:20.21 ID:i52uGZHbO

ーーーーーーーーー

アサ子「報告です、ライダーとキャスターの両陣営が脱落しました。」

時臣「なっ!?」

言峰「まさか、」

アサ子「ザイードの報告によれば、ライダー陣営は事故死にみせかけた銃による他殺。キャスター陣営は魔術工房に襲撃された痕跡があり、そこで銃殺されたマスターの死体が見つかりました。恐らくは『G』の仕業かと.......」

時臣「残るは我々とバーサーカー、そして『G』か.....」





48:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 14:06:13.50 ID:i52uGZHbO

言峰「ご苦労だった、アサシン。引き続き監視を続けてくれ。」

アサ子「御意」


時臣「綺礼、これをどう考える?」

言峰「このままでは.....我々も殺されますね」

時臣「何か対策を講じなければな......。綺礼、英雄王はいま何処に?」

言峰「あそこの部屋でファミコンして遊んでます」

時臣「まあいい、呼び出して機嫌を損ねられても困るからな.....」





50:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 14:34:44.22 ID:i52uGZHbO

言峰「ここはバーサーカー陣営を『G』と戦わせて共倒れを狙うのが良いのでは?」

時臣「なるほど、最良ではないかもしれんが得策ではあるな」







雁夜「あんた....誰だ?」

言峰「初めましてと言ったところか、『間桐雁夜』。私はアサシンのマスター『言峰綺礼』というものだ。」





51:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 14:37:48.77 ID:i52uGZHbO

雁夜「どうした?.....俺のバーサーカーと戦いに来たのか...?」

言峰「いいや、違う。今回は君と同盟関係を結びたくてここに来たのだ」

雁夜「ど...同盟.....?」

ーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーー





52:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 15:17:30.37 ID:i52uGZHbO

ユッサユッサ
アイリ「ああっ男!!あなたこそ男だわ!!」

ゴルゴ13「............」

アイリ「は、はやく貴方の火かき棒で! アアッ〜!」

ゴルゴ13「.............」

アイリ「アッ!アアア〜ッ!アオオ〜〜ッッ!!!」






アイリ「!?」

ゴルゴ13「.......どうした?」

アイリ「誰かが侵入したみたい......この魔力、恐らくサーヴァントかしら」





53:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 15:24:40.86 ID:i52uGZHbO

ゴルゴ13「...........迎撃する」チャキッ

アイリ「無茶よ、ゴルゴ!セイバーに任せて!」

ゴルゴ13「.................」

ーーーーーーーーーーーー

バーサーカー「AaaaaaaAAAAA!!!!」

雁夜「行け....バーサーカー.....敵を倒しt...ウヴェッ!ゲホッゲホッ!ぐぅぅぅうあう!!!!」





55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/21(金) 15:38:22.60 ID:tfXOgP2w0

相変わらずおじさんテラ哀れ





56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/21(金) 15:46:55.91 ID:Ap1bQ+sTO

おじさんの願い(桜救出の方)をゴルゴが聞き届けてくれたらなぁ…





57:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/21(金) 16:20:42.92 ID:Uz0Lg7ZrO

おじさんには依頼するための報酬が……





60:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 17:26:56.94 ID:i52uGZHbO

雁夜「ハア....ハア......まだだ、まだ倒れるわけには......」


バーサーカー「GAAAAAaaAaaaa!!!!」

雁夜「くそっ.....なんで指示に従わない.....ッッ!」

セイバー「はぁぁぁぁあ!!!」

キィンッ!

バーサーカー「!?」



バーサーカー「Ar....thur.....」


セイバー「この屋敷を襲撃してくるとは、返り討ちにしてくれる!!!」





61:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 17:32:35.92 ID:i52uGZHbO

雁夜「バーサーカー....お前が襲うのは...そいつじゃない.....」ハァハァ



バーサーカー「GAAAAAAAAAA!!!」

ガシンッキィンガシャン!!!


セイバー(狂化して理性を失っているはずなのに、この精巧な太刀筋!?)


セイバー「強いな....」





62:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 17:40:06.24 ID:i52uGZHbO

雁夜「お前が襲うのは....セイバーのマスターだぞ.....」ハァハァ





バーサーカー「GUAAAAAAAAAAA!!!!」


セイバー「ぐっ!!」




ズキューーーーーンッッ!!!

雁夜「はっ!?」

セイバー「なっ!?」



バーサーカー「」



ゴルゴ13「............」





63:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 17:53:01.38 ID:i52uGZHbO

雁夜「バ、バーサーカー?」


バーサーカー「」

サァァァァアッ.........消滅


雁夜「う、嘘だろ...........こんなあっさりやられるなんて」

セイバー(通常、大口径の弾丸をもってしてもバーサーカーの鎧を貫通することは難しいはず......)


バーサーカー「」


セイバー(鎧の頭部にある目の隙間をぬって頭に一発、私との戦闘で動き回るバーサーカーにこれを撃ち込むとは.......)


ゴルゴ13「.............」


セイバー(とんでもない男だッ!)





64:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/21(金) 18:06:12.16 ID:2a1KAcqfo

何が困るって実際できそうで困る





65:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 18:06:54.18 ID:i52uGZHbO

雁夜「ああ....そんな.....負けちまったのか......」


セイバー「.............」

ゴルゴ13「.........間桐雁夜だな?」

雁夜「......畜生、畜生」


ゴルゴ13「.......何か言い残すことはあるか?」


雁夜「俺は....遅かれ早かれ死ぬ運命だ.....今更命乞いなんかしないさ......ただ、」


ゴルゴ13「...........」


雁夜「俺が負けたことで....ぐっ......1人の少女を救えなかったのが心残りだがな........」



ズキューーーーーンッ!

雁夜「さ...くら....ちゃ....」ガクッ



ゴルゴ13「.............'」





67:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 18:15:07.17 ID:i52uGZHbO

ーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーー
ーー

時臣「なにっ!?バーサーカーも脱落しただと?」


言峰「はい、アサシンからの報告です。」


時臣「ヤツにとって残る敵は我々だけということか........」

言峰「とりあえず外は危険ですな」

時臣「綺礼のアサシン達による監視に加えて、遠坂の魔術によって要塞化したこの屋敷。いかに『G』といえどもここを攻め込むのは不可能だ。籠城を決め込むか?」

言峰「それが確実かもしれません。」





68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/21(金) 18:17:08.24 ID:BDOEz8tZo

死亡フラグだぞ





69:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 18:25:04.14 ID:i52uGZHbO

ーーーーーーーーーーー

ゴルゴ13「..............」ガサガサ



カチャッ(サイレンサー付きM16)

プチュンッ!

アサシンA「ぐあっ!!」

アサシンB「ど、どうした!?」
アサシンC「敵襲か?」


プチュンッ!プシュンッ!!

アサシンB「ぐえっ!!」
アサシンC「うわっ!!」



アサシンA「」
アサシンB「」
アサシンC「」


ゴルゴ13(........ルートクリア)





70:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 18:33:03.48 ID:i52uGZHbO

ガサガサ

ゴルゴ13「...........」


結界装置『』


ゴルゴ13(.........宝石をエネルギー源とした結界魔術)


ゴルゴ13「.........」カチャッ


プチュンッ!

結界装置『!』パリンッ!


ゴルゴ13「............」

ゴルゴ13(.........あとは装置の破壊に気づかれるまでにC4爆弾の設置)

ーーーーーーーーーーー

時臣「むっ!?」

言峰「どうしましたか?」

時臣「屋敷を守るための結界装置に異常が起きたようだ......」

言峰「至急アサシン達を確認に向かわせます」





71:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/21(金) 18:43:55.35 ID:i52uGZHbO

ーーーーーーーーーー

結界装置『』


アサシン達
「これは...?」
「粉々に砕かれておるぞ!」
「敵襲か?」


アサ子(潜入するにしても、結界装置の破壊などという目立つ破壊工作をする理由とは.........)


ザイード「む?」

アサ子「何だ?」

ザイード「あの結界装置に貼り付けられているものは........」


C4『』ピーッピーッ


アサ子「!?」


チュドドドーーーンッッッ!!!!





ゴルゴ13「..............」





92:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/22(土) 00:50:41.26 ID:XF5FckKo0

ーーーーーーーー

時臣「あの音は!?」

言峰「恐らく....『G』の襲撃かと」

時臣「私も覚悟を決める時が来たようだ.......」

ーーーーーーーーー

アサ子「くっ.....何人やられた!?」

アサシン達『恐らく10人程は.....』


アサ子「ヤツだ、ヤツを探せ!『G』を殺すのだ!」





93:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/22(土) 11:36:09.51 ID:XF5FckKo0

アサ子「あっ!?」


ゴルゴ13「........」チャキッ


アサ子「お前達!散れッ!散るんだ!」




ゴルゴ13「.........」
バババババババババババッッ!!!



ビシビシビシビシッ!
アサシン達

「ぐわぁぁあ!」
「うわぁあ!」
「ひぃぃ!」



アサ子(くっ....まんまと一杯くわされたかっ!)


アサ子「うろたえるな!敵は人間1人だぞ!?さっさと殺せ!!!」





94:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/22(土) 11:52:14.47 ID:XF5FckKo0

アサシン達
「殺せ!殺せ殺せっ!」

「たかが人間風情でッ!」

「調子に乗るなよ!」

「殺せ!」



ゴルゴ13「..........」
ババババババババッ!!!!


アサシン達
「がぁっ!?」
「ぐぉぉっ!?」
「ち、ちくしょぉおお!!」


アサ子「な、なんて強さなんだ....ッ!?」





97:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/22(土) 21:14:18.71 ID:qwqciXC5O

アサ子(なんという....なんということだ.....!)


アサ子「他の者はマスターと時臣氏の護衛につけ!こいつは私が仕留めるッ!」


アサシン達
『御意!』サッ
『お気をつけを!』
『Gを屋敷に近づけるな!』ササッ


ゴルゴ13「...........,」

アサ子「............」




アサ子「最強のプロフェッショナル……“G”!」

アサ子「貴様にかかればどんな人物も殺害をまぬがれないというが、」

アサ子「私もこの手で何人もの人間を死に追いやった.......」

アサ子「どちらが優れているか......勝負だッ!『G』!!!」





98:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/22(土) 21:24:38.16 ID:qwqciXC5O

アサ子「はぁぁぁぁああ!!!」

キィィンッ!キィンッ!

アサ子「くっ.........」

グググ.......ッ!

アサ子(力は互角!ならば技の技術で勝負してくれる!)シュッ

ゴルゴ13「...........ッ!」パシッ


アサ子(蹴りが止められた.......!?)

ゴルゴ13「............」シュッ

ザシュッ......!

アサ子「が、がはっ......」ドサッ





99:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/22(土) 21:39:09.74 ID:qwqciXC5O

アサ子(何故だ....何故サーヴァントである私が人間などに......)

アサ子「お前の......強さは一体.....」

アサ子「英霊である私を超えた....この強さは........」


ゴルゴ13「俺は“強さ”には興味がない……」

ゴルゴ13「あるのは……」

ゴルゴ13「依頼者の求める結果を、確実に残すための任務遂行力を持つこと、だ……」

アサ子「な、なるほど……」

アサ子「サーヴァントすら倒しうるその強さは……」

アサ子「それを求める上でついてきた付属品に過ぎない、というわけか……」

アサ子「み、みごとだ……『G』……!」ガクッ

ゴルゴ13「...........」





100:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/22(土) 21:48:59.96 ID:qwqciXC5O

ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーー

アサシン達
『時臣氏!我々が迎撃に出ているにもかかわらず『G』を足止めできません!』

『奴の強さは規格外です!』



時臣「ええい!君達はそれでもサーヴァントか!?人間1人も殺せないなどと!!!」


アサシン達
『"G"への攻撃に向かった我々の仲間は全てが返り討ちにあいました!』

『ここに奴が来るのも時間の問題です、早くお逃げください!』


時臣「くっ.........,」





101:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/22(土) 21:56:07.24 ID:qwqciXC5O

ギィィィイ

アサシン達『む?誰かがドアを?』

パタンッ

ゴルゴ13「...........」


アサシン達
『貴様は!?』
『!?』
『!?』

時臣「くっ!」サッ


ゴルゴ13「.........!」

バババババババッ!!!


アサシン達
『うぎゃあっ!』
『がぁぁあああ!』
『ひぃい!』

時臣「ぐぁぁぁあ!!」




時臣「」ドサッ





105:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/23(日) 07:09:41.95 ID:DN8bkjcoO

ーーーーーーー
ーーーーーーー
ギルガメッシュ「む?」

言峰「どうした?」

ギルガメッシュ「時臣の奴が殺されたようだ。最後までつまらん男だったな」

言峰「なんと......くっ」





106:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/23(日) 07:10:18.93 ID:DN8bkjcoO

言峰「英雄王、今回ばかりは貴様にも動いてもらうぞ」


ギルガメッシュ「綺礼、顔に焦りが見えているぞクククッ」

言峰「笑い事ではない!殺されたのでは元も子もないからな」

ギルガメッシュ「ふん」










107:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/23(日) 07:11:19.23 ID:DN8bkjcoO

ーーーーーーー

?「随分と好き勝手に暴れてくれたようだな、下郎」


ゴルゴ13「.........!?」

ギルガメッシュ「我がこの手で直接葬ってくれる。」

ギルガメッシュ「我と戦えるのだ、光栄に思うがいい。"G"」





108:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/23(日) 07:12:24.13 ID:DN8bkjcoO

ゴルゴ13「..........」チャキッ

バババババババッ!!!


カキンカキンッ!!


ギルガメッシュ「無駄だ、その程度の銃弾で我の鎧を貫くことはできん」





109:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/23(日) 07:13:22.35 ID:DN8bkjcoO

ゴルゴ13「..........」チャキッ


ギルガメッシュ「おっと、無防備な頭を狙う腹づもりか?あいにくそれも効かんぞ?」

バババババッ!!!

カキュンカキュンッ!!!

ギルガメッシュ「ハハハハハッ!ジワジワとなぶってくれるわ!」

ゴルゴ13「...........」





110:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/23(日) 07:14:23.72 ID:DN8bkjcoO

ギルガメッシュ「貴様はもはや追い込まれたネズミも同然....!」



ゴルゴ13「.................」





〜数日前〜

ゴルゴ13「銃も弾丸もそれなりのものが・・・ほしいのだ・・・・」


デイブ「い、いったい・・・・ターゲットはなになんですか?」





111:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/23(日) 07:16:18.24 ID:DN8bkjcoO

ゴルゴ13「対魔力効果A以上の分厚い黄金の鎧だ.......」


デイブ「おおっクレージー!!」

デイブ「ふ、ふつう魔力を弾丸に持たせようとするなら素材は『銀』になるんですよっ!!」

デイブ「しかし『銀』というのは柔らかい金属ってわけだっ!!!」


ゴルゴ13「........」


デイブ「う、運動エネルギーが留まることによる人体内部への破壊力はあっても『貫通力』はない!」





112:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/23(日) 07:22:36.37 ID:DN8bkjcoO

デイブ「ぶ、分厚い鎧をブチ抜くならタングステン合金や劣化ウラン弾を使うんですよっ!!こ、これらの素材なら十分な硬度があって弾も先鋭化して貫通力があるっ!!」

デイブ「だ、だが『銀』では対象に命中しても弾頭が潰れてしまうっ!!」

デイブ「ま、『魔力』と『貫通力』を持った弾.....!!!」

デイブ「ク、クレージーだ! まさにクレージーだ! まるで玩具の銃でスチール缶に穴を開けるようなもんだ!」





113:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/23(日) 07:23:34.62 ID:DN8bkjcoO

ゴルゴ13「だから、それだけの銃と弾丸がほしくて、おれはここへ来た!」


デイブ「ト、トンプソン・コンテンダーを、」

ゴルゴ13「土台にしてつくるより・・・なさそうだな・・・・」

デイブ「わ、わかった。すぐにかかかろう......」











114:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/23(日) 07:33:38.41 ID:DN8bkjcoO

デイブ「重量は8.6キロ・・・ふつう体重の5、6パーセントがいいといいますが、あなたならこの重い銃でも平気のはずだ! どうです、できばえは!?」


ゴルゴ13「上出来だ......」

デイブ「け、拳銃式ですが、あなたなら強力な反動も問題ないでしょう」

ゴルゴ13「デイブ.....」

デイブ「え?」

ゴルゴ13「ありがとう.....」










ーーーーーーーーー





115:ギルガメッシュ:2014/11/23(日) 07:38:14.03 ID:DN8bkjcoO

ゴルゴ13「..........」チャキッ


ギルガメッシュ「どうした?今更そんな古臭い拳銃が我に効くとでも思ったか?」


ギルガメッシュ「貴様の活躍を耳にしてどんな男かと思えば......つまらん男だったな、G」


ゴルゴ13「.............」


ギルガメッシュ「せめて死に様で我を興じさせよ!」





116:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/23(日) 07:52:12.36 ID:DN8bkjcoO

ゴルゴ13「............」カチッ


ズキューーーーーンッッ



ギルガメッシュ「が、がはぁっ.....」


ゴルゴ13「..........」


ギルガメッシュ「き、貴様.....」


ギルガメッシュ「M16での攻撃で弾が効かないと我に油断させ......,」


ギルガメッシュ「その銃で仕留めにくるとは.........謀りおって.....」


ゴルゴ13「人を殺す時にはつまらんおしゃべりをしているひまにさっさと殺すことだ……」


ギルガメッシュ「ぐっ.......」ガクッ





119:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/23(日) 11:16:50.28 ID:Dm1HlnYlo

慢心王だからね、しょうがないね





121:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/26(水) 09:42:05.50 ID:bhB0DQKVO

ギルガメッシュ「」ドクドクドク



言峰(英雄王.....お前まで.....)


言峰(アサシンの集団戦から英雄王との一騎打ちまでのその実力と備え)

言峰(まさに『G』こそ、"1人の軍隊(ワンマンアーミー)"と呼ぶのにふさわしい.......ッ!!!)




ゴルゴ13「聖堂教会、代行者.....言峰綺礼だな.......」


言峰「.............」




ズキューーーーンッ

ーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーーー
ーーー





126:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/26(水) 11:21:17.32 ID:bhB0DQKVO

聖杯「」

ゴルゴ13「..........ミッションコンプリート」

セイバー「正直なところ私の存在は........」

ゴルゴ13「.......役割は『聖杯に触れる』ということだ」

聖杯「」

セイバー「愚弄するな、私だって命じられれば何か役立てたはずだ!」

ゴルゴ13「...........」

セイバー「そう思わないか?」



ゴルゴ13「俺は先の戦いにおいて....相手を倒すだけの"必要な戦力と条件"が十分揃っていると判断したから動いた........それだけだ」


セイバー「それでは敵陣営のサーヴァントも1人で十分に倒せると......」

ゴルゴ13「............」





セイバー(クレイジーだ....っ!)





141:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/26(水) 21:20:46.29 ID:bhB0DQKVO

セイバー「しかしともかく......我々は『聖杯』を手に入れました。」


ゴルゴ13「..........」


セイバー「アインツベルンのホムンクルスであったアイリスフィールの犠牲は居た堪れませんが ..........」


セイバー「これで、私は......ブリテンを滅びの運命から救うことができる.......ッ!!!」




ゴルゴ13「.............」





142:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/26(水) 21:25:45.83 ID:bhB0DQKVO

セイバー「貴方には感謝の言葉が言い尽くせない、」

ゴルゴ13「...........」

セイバー「....?」

ゴルゴ13「............」スッ


セイバー「ど、どうしたのだ、ゴルゴ?............突然令呪をかかげて」


ゴルゴ13「令呪をもって命ずる.......」


セイバー「なっ!?」





143:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/26(水) 21:31:19.64 ID:bhB0DQKVO

ゴルゴ13「我がサーヴァント、セイバーよ............」


ゴルゴ13「......『自害』せよ」


セイバー「うっ!......や、やめろ....そんな .........,」ガクガクガクガク


ゴルゴ13「............重ねて命ずる、セイバーよ『自害』せよ」


ザシュッ

セイバー「がっ!.....うぅ...くっ.....」ドサッ.......


ゴルゴ13「................」


セイバー「な、何故だ....何故.......」





144:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/26(水) 21:57:13.83 ID:bhB0DQKVO

ゴルゴ13「『聖杯』が叶える願いは一つ.
......依頼主にのミッションを確実に成功させる必要上、排除させてもらった........」


セイバー「そんな...ゲホッ.......こんな......こと......」

ゴルゴ13「...........」


セイバー「まさに.....プロフェッショナルというのは伊達では...ないな......貴様」ガクッ




ゴルゴ13「..........」


セイバー「」

ーーーーーーー
ーーーー
ーー
ーーーー
ーーーーーーー





145:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/27(木) 00:20:43.83 ID:MhEe9YBNO

すいません、話の展開がこれ以上思いつかないので完結ということにさせてください。
m(_ _)m

雁夜おじさんの死に際のお願いをこなしてあげる話とか考えてたのですが、なんかややこしいので無しにしときます





146:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/27(木) 00:23:07.26 ID:wkaru3zFo

実は依頼主が嘘ついてたとか言う展開でもいいのよ?





148:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/27(木) 00:29:45.61 ID:p2U0Tm5o0

>>146
なんかオチにもってこうと思って書いてたけど、そもそもアハト爺さん自体は「聖杯戦争勝ち残ってねー」って依頼でいったもんで聖杯の汚染も糞もないかなってなって詰んだ......





147:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/27(木) 00:25:58.53 ID:pGuve4wvo


依頼時に嘘について言及してたのは前振りじゃなかったんだなww





148:ギレン ◆mUfbMLI5AI:2014/11/27(木) 00:29:45.61 ID:p2U0Tm5o0

>>147
なんかオチにもってこうと思って書いてたけど、そもそもアハト爺さん自体は「聖杯戦争勝ち残ってねー」って依頼でいったもんで聖杯の汚染も糞もないかなってなって詰んだ......






元スレ:ゴルゴ13 【魔術師の聖杯】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416445070





  

【 関 連 記 事 】


このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2014/11/30 09:04 ] SS:Fate/stay night系 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。