Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  雪歩「ひぃ へ、蛇」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
蛇はちょっと・・・足がないところとか、毒があって危険なところとか、にょろにょろしているところとか、
鱗が光っているところとか、生理的にとか、全てにおいて苦手と自負しております乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/01(月) 23:59:50.89 ID:RBMHmzixO

小鳥「あ、お帰りなさい 雪歩ちゃん」

雪歩「こ、小鳥さん ど、どうしてそんな平然と作業をしていられるんですかぁ」ガクガク


小鳥「あら、大丈夫よ だって響ちゃんのでしょう?」

雪歩「で、でも…」

貴音「し、心配ありません雪歩 ヘビ香は響の家族 こちらから攻撃しない限り 噛みついたりすることはありません」プルプル


雪歩「し、四条さん …でもこんな近くに」


小鳥「きっとそこが暖かいからよ」

小鳥「さっきからずっと動かないもの」






3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/02(火) 00:07:00.83 ID:z6u8uaVAO

雪歩「そ、それで響ちゃんは?」


小鳥「…そういえば」


貴音「…見ておりませんね」


雪歩「…ま、まさか響ちゃんが」


貴音「お、落ち着きなさい この体からして響を食べられる訳がありません」


小鳥「そうよ 雪歩ちゃん 響ちゃんの背が小さくても出るところは凄く出てるんだから」


雪歩「…」
貴音「…」


小鳥「あれ?」


雪歩「ま、まぁ動かないなら大丈夫ですよね、 真ちゃん来るまで待ってれば…」





5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/02(火) 00:23:47.47 ID:z6u8uaVAO

貴音「…私は大きな間違いをしておりました」

雪歩「ど、どう言うことですか?」

貴音「私は今までこの蛇と言う生き物に、見た目だけで判断し、嫌っておりました」

貴音「何故 響はこのニョロニョロとした生き物と生活を共にできるのか」

貴音「今こうして真剣に向き合うことで判りました」

貴音「大人しく、つぶらな瞳を持つ蛇に、きっと響は心を引かれたのでしょう」スッ


雪歩「し、四条さん!?」


貴音「大丈夫です この様に心を通わすこともできました。今まで蛇に対し偏見を持っていました 申し訳ありません」サスサス


小鳥「テレビの裏に回り込んだ蛇に話しかけながら触る貴音ちゃん…」

小鳥「何でかしら 蛇が別の…卑猥なモノに見えてきたわ」


雪歩「…」

小鳥「じ、冗談よ」



小鳥「あ、そう言えばお料理さしすせその時間だわ 雪歩ちゃんテレビつけてくれる?」


雪歩「は、はい」





7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/02(火) 00:35:09.69 ID:z6u8uaVAO

ガチャ

真「たっだいまー」
響「ただいまー」

雪歩「ま、真ちゃぁん!」ギュ

真「え、雪…」ギュゥ

雪歩「ま、真ちゃん苦し」


真「へ、蛇…蛇!?」ギュゥゥゥウ


雪歩「お、落ち着いてぇ んっ」


小鳥(ま、真ちゃんが蛇を怖がって雪歩ちゃんに抱きついて…)ブッシャー


響「ま、真、雪歩が!雪歩が!」


雪歩「…」にへら


響「…幸せそう だから良いか」


響「で貴音は何してるんだ?」


貴音「響、私は謝らねばなりません」


響「え?な、どうしたの?」


貴音「今まで蛇について、知りもせず嫌っていた事です」





8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/02(火) 00:41:52.66 ID:z6u8uaVAO

貴音「真も落ち着きなさい 皆こちらへ」


雪歩「ケホッ」

真「…雪歩」ギュ


貴音「一見しただけでは本質は見抜けません… こんなに可愛いものだとは」


響「ふふ そうか、あんなに苦手だったのに 何だか自分嬉しいぞ」


雪歩「…何か私も大分平気になってきたかも」

真「へ?ほ、本当!?」


響「一見しただけでは判らない…か」





9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/02(火) 00:59:26.10 ID:z6u8uaVAO

貴音「雪歩も触ってみませんか?」

雪歩「ぅ…」

蛇「…」ジー

雪歩(すべては初めの一歩から…)チョン



響「…パッと見わかんなかったけど この蛇はヤマカガシって言うんだぞ」

雪歩「…え?」


響「自分の飼ってる蛇はアオダイショウ」

貴音「?」サスサス


響「ヤマカガシって言うのは模様が地域とか個体によって違いがあるんだ」


雪歩「え、ち、ちょっと待って この蛇は響ちゃんのじゃないの!?」


響「? そうだぞ」


響「こいつは…確か冬眠しない蛇なんだぞ」


響「そんでもって、ヤマカガシって言うのは、マムシとかハブよりも強い毒があるからあんまり触んない方が良いぞ」


貴音「…」スッ

雪歩「…」スススス…



……


……………






























貴音「キェェェェェェエエエエ フォアタァァァアアア」


終わり





10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/02(火) 01:59:31.25 ID:pZZc46lFO

乙乙





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/02(火) 02:01:55.77 ID:HuYdHymDO

貴音かわゆす





14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/02(火) 02:45:17.32 ID:5wM9Jr0po

響は物知りダナー






元スレ:雪歩「ひぃ へ、蛇」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417445990





  

【 関 連 記 事 】


好き
[ 2014/12/04 10:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: