Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  P「この前の話なんですけどね」小鳥「はい」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
とりとめのない話の中にこそ、人間性が出るというか真実が見え隠れするというか。
油断しきっているときのお話ですから。ツッこまれるとあたふたしますよね乙!


1: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:21:46.36 ID:pLgDpWEjO

P「春香はよくお菓子作りの話をしてくれるんですけど」


P「話を聞いて行くうちに、俺も少し興味が湧いちゃいましてね」


小鳥「はいはい」


P「それで、一緒にお菓子作りをすることになったんですよ」


P「で、俺が初心者なばっかりに、小さなミスを連発しちゃいまして…」


小鳥「まぁ、仕方ないですよね」


P「終いには春香に「いつも頼りになるプロデューサーさんでも、初めはそうなんですね」ってニコニコしながら言われちゃいまして……」


小鳥「春香ちゃん、プロデューサーさんの頼りになる所ばかり見て来たからギャップに驚いたんですよ、きっと」


P「あ、でもですね、最後に砂糖を入れる作業になったらですね…」


P「春香のやつ、ベタな事に間違って塩を入れたんですよ!」






2: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:24:25.92 ID:pLgDpWEjO

小鳥「ふふふ、春香ちゃんらしいですね」


P「気付いた時には、2人で静かにニッコリ笑みを浮かべるしかなかったですよ」


P「俺の家の調味料の容器には、ちゃんとラベルが貼ってるのに、ねぇ?」


小鳥「…………………」


小鳥「……自宅に招いたんですか?春香ちゃんを?」


P「…………えっ」


小鳥「……年頃の子を、現在男が一人住む家に?」


P「…………………」


小鳥「…………………」


P「…………………」


小鳥「…………………」


P「…………………」


P「……え、えっと」


P「……この前の話なんですけどね」


小鳥「はい」





3: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:26:07.79 ID:pLgDpWEjO

P「千早が、映画館であまり映画を見たことないって言いましてね」


小鳥「えぇ?珍しいですね……」


P「今の社会、そういう子の方が多いと思いますよ」


P「それを聞いて、映画に出演してる人がそれはダメなんじゃないかと思いましてね」


P「それで、一緒に映画を観に行ったんですよね」


P「そしたら、千早のやつ映画館の音響機器の音質の良さに感動しちゃって」


P「映画も観ずに、音に耳を傾ける事に集中してましたよ」


小鳥「あらら…目的からずれちゃいましたね」





4: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:28:23.34 ID:pLgDpWEjO

P「全く……俺は映画館で観る環境を経験して欲しかったのに」


P「レンタルのDVD映画を自宅で集中して観てるので、映画自体はきっと嫌いではないと思うんですよね〜」


小鳥「…………………」


小鳥「何で、それ知ってるんですか」


P「え?」


小鳥「いやだから……自宅ではって……」


P「…………あっ」


小鳥「…………………」


P「…………………」


小鳥「…………………」


P「…………………」


P「……んっ、んんっ、ゴホッ」ゴホッゴホッ



P「……この前話なんですけどね」


小鳥「はい」





5: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:31:17.74 ID:pLgDpWEjO

P「あずささんと収録現場に行ったんですけどね」


P「車が故障してまして、歩いて行く事になったんですよ」


小鳥「歩いて行くなんて、大変じゃないですか?」


P「いえ、事務所から近い場所だったので軽い運動に、と思いまして」


P「それで、現場に向かって行ってたらあずささんったら……」


P「俺が右に行こうとしてるのに左に行ったり、俺が左に行こうとしたら右に行ったりで……」


小鳥「ふふふ、あずささんの方向音痴は天下一品ですからね」





6: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:33:12.20 ID:pLgDpWEjO

P「本当、大変でしたよ……逆の方向に行くから体が引っ張られて引っ張られて……」


小鳥「…………引っ張られる?」


P「…………あ」


小鳥「………もしかして、手を繋いでたんですか?」


P「…………………」


小鳥「…………………」


P「…………………」


小鳥「…………………」


P「…………………」


P「……んーっ…んーっ…んっんっんー……」ゴホッゴホッ


P「……この前の話なんですけどね」


小鳥「はい」





8: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:35:10.53 ID:pLgDpWEjO

P「真と柔道の試合を観に行きましてね」


P「観戦してる時、真のやつメチャクチャテンション上がってましてね」


小鳥「真ちゃん、格闘技とか好きですもんね」


P「それで帰り道、スポーツ店によって柔道着見に行きましょう!って言われちゃいましてね…」


P「あいつ、本気で柔道始めようとしてたんですよ」


小鳥「意外と形から入るんですね、真ちゃん」


P「そうなんですよ、だからもうちょっと考えてから買うように説教してやりましたよ」





9: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:37:24.83 ID:pLgDpWEjO

P「前に、小一時間寝技の練習に付き合ってその日以来今日まで柔道なんてしなかっただろ?って言ったら渋々納得してくれましたよ」


小鳥「…………………」


小鳥「寝技……掛け合ったんですか?小一時間?」


P「……………あ」


小鳥「年頃のアダムとイヴが、身体と身体を密着しあったんですか……?小一時間?」


P「…………………」


小鳥「…………………」


P「……………………」


小鳥「……………………」


P「……………………」


P「……ん〜と……その…」ゴホッゴホッ


P「……この前話なんですけど」


小鳥「はい」





10: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:39:36.07 ID:pLgDpWEjO

P「律子と、ライブ会場の下見をして来まして」


P「なかなか広い会場でして……奥の席までちゃんと見えるか心配になるくらいで」


P「その話を律子にしたら、律子は真ん中の観客席からボヤけて見えるって言うんですよね」


小鳥「律子さん、視力が落ちて眼鏡の度が合わなくなったんですかね…?」


P「いやぁ、眼鏡と視力の不一致は無いと思いますよ?」


P「ちょっと前に、一緒にちゃんとしたアパレルショップに行って、律子の視力に合う眼鏡をプレゼントをしてあげたんですから」


小鳥「…………………」


小鳥「……デートした上に、プレゼントまでしたんですか」


P「…………あ」


小鳥「……眼鏡だけですか?」


P「…………………」


P「……う、うn」


小鳥「眼鏡だけ、ですか?」


P「…………………」


P「……あと、髪留め」


小鳥「…………………」


P「…………………」





11: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:41:29.73 ID:pLgDpWEjO

小鳥「……もしかして、浮気がバレない様にワザと隠して話してるんですか?」


小鳥「でも、隠してるのがバレてたら、正直に話されるより最悪ですよ?」


P「い……いや……別に浮気してるワケじゃ……それに、隠してるワケでも……」


小鳥「恋人が浮気を隠すだなんて、嫌ですよ?」


P「……でも、こっちも最初プロフィールを見せて貰った時、本当の数字を……」


小鳥「……Pさん?それは……ね?」


P「………あ、すみません」


小鳥「…………………」


P「………………」


小鳥「…………………」


P「………………」


P「………んっんん…んっふっふ……」ゴホッゴホッ


P「……この前の話なんですけどね」


小鳥「はい」





12: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:43:28.48 ID:pLgDpWEjO

P「雪歩の収録の仕事が終わって、その後時間があったからですね」


P「ちょっと雪歩とご飯食べにいったんですよ」


小鳥「………………」


P「な、何ですか、その疑いの目は……」


小鳥「いえ、また何か雪歩ちゃんにもいい思いさせてるんじゃないかと……」


P「い、いやいや、してませんよ!!確かに奢りはしましたけど!でも、飯代くらいいいじゃないですか!」


P「職場仲間と食べに行ったら、男が出すことなんてザラじゃないですか!」


小鳥「……まぁ、そうですかね」


P「それで、雪歩は焼肉が好きだって言うもんですから焼肉食いに行くことになって」


P「俺がお勧めのお店を電話で予約して、食べにいったんですけど……」


P「雪歩のやつ、鍋奉行ならぬ、焼肉奉行なんですよね」


P「焼き加減やら、野菜や肉の食べる順番やら、醤油のこだわりやら……いつもの雪歩とは別人のように仕切ってとんですよ」


P「あの勢いを、アイドル活動での自信に変えてほしいですよ〜」





13: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:45:28.44 ID:pLgDpWEjO

小鳥「へぇ〜…あの雪歩ちゃんが、焼肉奉行…」


小鳥「……ちなみに、どこの焼肉店に?」


P「えっ………」


小鳥「どこの焼肉店だったんですか?」


P「……………」


P「………じょ」


小鳥「じょ?」


P「……叙々苑」


小鳥「……………………」


P「……………………」


小鳥「………もう一度聞きます、お会計は?」


P「………俺持ち…で…」


小鳥「………………」


P「………………」


小鳥「………………」


P「………………」


P「……んんっ、マーマー♪…」ゴホッゴホッ


P「……この前の話なんですけどね」


小鳥「はい」





14: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:47:40.62 ID:pLgDpWEjO

P「貴音と事務所にいた時に、貴音が公園に散歩したいって言い出しましてね」


P「だから、事務所の近くの公園に散歩する事になりましてね」


小鳥「あぁ……あの、昼食時に子連れの方達が居るのが多い……貴音ちゃん、散歩好きなんですかね?」


P「気分転換に、と本人は言ってましたよ……それで、公園に散歩ついでに色々したんですよ」


P「ジャングルジムを知らなかったから教えてやったり、試しにシーソーに乗ってみたり」


P「ベンチで一緒に自動販売機のおしるこの飲みながら961プロのファアリー時代の事話したり、星空を眺めながら互いの仕事での将来はどうしたいか話したり」


P「そんで俺、貴音もまだまだ人に頼る所があって子供っぽいよな、ってその時思いましたよ」


小鳥「…………………」


小鳥「星空を眺めたりって……それ、夜の公園だったんですか?」


P「……え……あっ」





16: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:49:30.83 ID:pLgDpWEjO

小鳥「……夜の公園で、ジャングルジムの事を教えてやったり、試しにシーソーに乗ってみたり」


小鳥「ベンチで一緒に自動販売機のおしるこの飲みながら961プロのファアリー時代の事話したり、星空を眺めながら互いの仕事での将来はどうしたいか話したり」


小鳥「………したんですか……夜の公園で……若い男女が2人……」


P「…………………」


小鳥「…………………」


P「…………………」


小鳥「…………………」


P「…………………」


P「……んっ、んんっ、んあー……」ゴホッゴホッ


P「……この前の話なんですけどね」


小鳥「はい」





17: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:51:34.31 ID:pLgDpWEjO

P「事務所で亜美と2人っきりになった時にですね、亜美が嫌々テスト勉強をしてたんですよ」


P「で、勉学は大切だと思って俺が自ら進んで勉強を教えてやった後、ちゃんと覚えたか簡単なテストをしたんです」


P「そしたら、1問も当ってなくて!しかも、回答もふざけてるのばかりだし!」


P「見た所、明らかに覚える気が無い様子でですね、何で真剣に勉強する気がないか聞いたんですよ」


P「そしたら、『将来は兄ちゃんに養ってもらうから勉強しなくていいも〜ん』って」


P「本当、困ったもんですよ」


小鳥「…………………」


P「……い、いや、本当に養うわけじゃありませんよ!?」


小鳥「……いえ、そこじゃなくてですね」


小鳥「何の勉強を教えたんですか?」


P「え………」





18: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:53:44.15 ID:pLgDpWEjO

小鳥「何の勉強なんですか?」


P「…………………」


P「……ほ、保健体育」


小鳥「………何の内容ですか?」


P「………………」


P「………雄しべと雌しべが……」


小鳥「性教育ですか?」


P「……はい」


小鳥「……思春期真っ盛りの女の子と事務所で2人っきりの状態で、性教育を勉強してるJCを見て」


小鳥「勉学は大切だからと頭の中で唱え、自ら声を掛け、性の儀式について教えたんですか」


P「…………………」


小鳥「…………………」


P「…………………」


小鳥「…………………」


P「…………………」


P「………お、オホン……」ゴホッゴホッ


P「……この前の話なんですけどね」


小鳥「はい」





19: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:55:37.62 ID:pLgDpWEjO

P「真美が勉強を教えて欲しいっていいだしてですね、色々質問して来たんですよ……」


小鳥「…………………」


P「いやいや、今度は保健体育じゃないですよ!社会ですよ!」


P「それで、俺も真剣になって教えてやろうとして、とりあえず教科書を見せてもらったら……」


P「それがまた、難しくって!最近の勉強の進み具合も馬鹿にできませんよ!本当!」


P「全然知らない事ばかりで困っちゃいましたよ〜……ちゃんと新聞を購読しようと思いましたよ」


小鳥「…………………」


小鳥「内容はどんなのでしたか?」


P「え?いや、だから社会って……」


小鳥「社会の何を真美ちゃんから質問されたんですか?詳しくお願いします」


P「………あの……えっと」





20: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:57:30.80 ID:pLgDpWEjO

P「にゅ……入籍の方法とか……入籍の時に関わりそうな法学とか……何歳で結婚可能かとか………」


P「俺の理想とする結婚相手の事や……理想とする結婚生活や……欲しい子供の人数……とか……」


小鳥「……後半、社会とはほぼ無関係ですね」


P「……………………」


小鳥「………理想の相手、教えてあげたんですか?JCに?真剣に?」


P「………まぁ、一応……」


小鳥「何て答えたんですか?」


P「……事務服が似合う素敵な女性って……」


P「そしたら真美のやつ、将来ピヨちゃんになるーって……あはは……」


小鳥「…………………」


P「…………………」


小鳥「…………………」


P「…………………」


P「……ゴホゴホッ、ゴホッ、ンフッ、エッホッ、便器、ンンッ、ゴホッ」ゴホッゴホッ



P「……この前の話なんですけどね」


小鳥「はい」





21: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 16:59:27.15 ID:pLgDpWEjO

P「美希がソファで寝てて、レッスンの時間が近づいたから起こそうと声を掛けたんですけど」


P「でも、全然起きなくって……体を揺すってもずっと眠り続けてですね、困ってたんですよ」


小鳥「あぁ〜、私も経験あります」


P「どうしようかと悩んでたらですね……事務作業をしていた律子が来てですね」


P「『こらぁ!起きなさいっ!』って一喝したら、美希が飛び起きてですね」


小鳥「765プロでの、よくある場面ですね」


P「その後、律子が美希の身支度の用意をしてあげながら、くどくどと説教してですね」


P「そしたら、美希が『ムゥー……ハニー?鬼より怖い律子がいるなら、どんな事をしてでも起こして欲しかったの……』とボソッと言ったんですよ」


P「そしたら、律子の怒りが頂点に達しちゃって!その後、律子の暴走を止めるのに大変だったんですよ!」


小鳥「…………………」


P「………あ、あれ?どうしました?」





22: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 17:01:24.12 ID:pLgDpWEjO

小鳥「……いや、ハニーって何ですか?」


P「え…………」


小鳥「文脈から聞いた感じ、美希ちゃんが呼ぶ、プロデューサーさんへの呼称っぽいですけど……」


小鳥「少し前まで、美希ちゃんはプロデューサーって呼んでたんじゃ……?」


P「…………………」


小鳥「……何ですか?ハニーって?」


P「…………………」


小鳥「…………………」


P「…………………」


小鳥「…………………」


P「…………………」


P「………ゴホッゴホッ父と同じ症状……ゴホッゴホッ、ゴホッ」ゴホッ


P「……この前の話なんですけどね」


小鳥「はい」





23: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 17:03:38.60 ID:pLgDpWEjO

P「伊織って、リムジンに乗って事務所に来る時が多いんですよね」


P「それって結構目立つ事だから、他の通勤手段で来る事を勧めたんですよ」


P「そしたら伊織のやつ、『じゃあ、あんたん家の車に乗って迎えに来なさいよ』とか言い出すんですよ」


小鳥「ふふふ、伊織ちゃんなら言いそうですよね」


P「もう付き合いきれませんよ……」


P「伊織の家の家からリムジンで運転するのも大変なのに、俺の家から伊織の家に行って事務所なんて大変ですよ〜」


小鳥「………リムジンの時の運転手、プロデューサーさん何ですか?」


P「………え」


小鳥「……伊織ちゃんの通勤の時、いつも一緒なんですか?」


小鳥「リムジンで運転して」


P「……………………」


小鳥「……………………」


P「……………………」


小鳥「……………………」


P「………え、えぇっと」





24: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 17:06:34.76 ID:pLgDpWEjO

P「やよいの家に飯食いに行った時……」


小鳥「……………………」


P「……あ、この時点でアウトですか……」


小鳥「………はぁ」


小鳥「……もう、いいですよ」


P「えっ……」


小鳥「あのですね、プロデューサーさん?」


小鳥「あなた、交際してる自覚あるんですか?」


P「そ、そりゃあ、まぁ……」


小鳥「そんな調子だと、響ちゃんが怒って別れちゃ……」












ガチャッ


響「プロデューサー!迎えに来たぞー!」





27: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 17:08:54.49 ID:pLgDpWEjO

P「お、おぉ、響」


小鳥「あ、噂をすれば……ほら、恋人が来ましたよ」


響「そ、そんなにハッキリ言わないで欲しいぞ……///」


小鳥「ほら、プロデューサーさん!今日は早上がりでいいので、響ちゃんと一緒にいてあげて下さい!」グイグイ


P「そ、そんな……悪いですよ」


小鳥「あなたの普段の行動を見直した時に、その気持ちを思い出して下さいよ!」グイグイ


小鳥「さぁ!ほら!」グイグイ


P「わ、わかりましたよ……じゃあ、お疲れ様でした」


響「じゃあね、ピヨ子!」





28: ◆p3yuNM37DY:2014/12/04(木) 17:10:21.88 ID:pLgDpWEjO

響「それで、普段の行動って?」


P「あ、あぁ…いつもの仕事の事だよ……それより、飯食いに行こうか」スタスタ


響「本当!?じゃあ、最近出来たレストランに……」スタスタ
















小鳥「……………………」


小鳥「フッ……心のサンドバッグ状態は、慣れてるピヨ……」









29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/04(木) 17:12:30.52 ID:k3ggLY0p0







30:VIPに変わりましてNIPPERがお迭りします:2014/12/04(木) 17:16:21.07 ID:J+8Jy0hKo

ひびきん事務抜く似合うもんな





31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/04(木) 17:19:58.50 ID:hVXOs8cx0

ぷちますで事務仕事の手伝いしてるしな





32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/04(木) 17:28:55.24 ID:0mzd5yKV0

小鳥さんは俺が貰うから乙





33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/12/04(木) 17:41:49.24 ID:ua2Qrdgw0

やよいと家に飯食いに行った時何をしたのかもう少し詳しく





34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/04(木) 18:01:34.81 ID:e1QXGiWDO

いつもの安定ピヨだった。良い乙






元スレ:P「この前の話なんですけどね」小鳥「はい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417677706





  

【 関 連 記 事 】


すげえな
本当の数字としか書いてないのに年齢だと思い込んでた
[ 2014/12/13 21:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。