Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  勇者「チ○ポには勝てなかった」魔王「テメエ男だろ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
勇者、男なんですか・・・。スレタイの魔王の言葉がなければ、沢山のオマイラを釣れたことでしょう。
そこはスレタイですから。しかし、コレを読んでいるオマイラは読んだ上で興味が・・・?乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/25(火) 23:56:53.65 ID:/3iWn0i60

者「お前のせいで俺はホモになったんだ! 責任取れや!!」

魔王「私が! いつ! テメエに! 厭らしいことをしたって言うんだッ!?」

勇者「忘れもしない……アレは初めてお前と対峙した頃」

―――
――


勇者「お前が魔王だな!? お前を倒して世界を平和に戻させてもらう!」キリッ

魔王「人間風情が……! 我が闇の力で滅ぼしてくれるッ!!」カッ!

勇者「んほぉおおおおおおおおお――ッ!!」バリバリバリ


――
―――

勇者「だから責任取れよ!」

魔王「さっきの回想の何処に責任があると言うんだよ!」






3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/26(水) 00:01:18.64 ID:ja3GIdOq0

勇者「お前の闇魔法が俺の性感帯を狂わせたんだ!」

魔王「普通は死んどるわ!」

勇者「オレは勇者だぞ! あの程度でくたばるか!」

魔王「なら勇者らしくちゃんと掛かってこい!」

勇者「わかった! ならオレと一発――」

魔王「やらねえよ!?」

勇者「なら、闇魔法(新感覚[田島「チ○コ破裂するっ!」])を!」

魔王「我が至高の魔法を変な呼び方で穢すな!!」





5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/26(水) 00:09:22.35 ID:ja3GIdOq0

勇者「魔王の癖にいちいち文句が多いな!」

魔王「勇者の癖に世界も救わず魔王に変なプレイを要求する奴が言うなや!」

勇者「じゃあどうすればシてくれるんだよ?」

魔王「前提が間違っているんだよ! テメエを喜ばせる事なんてするか!」

勇者「くっ……! 流石は魔王、人の心を平気で踏みにじってくれる」

魔王「テメエが勝手に苦しんでるだけだろ、変な解釈は止めろ」

勇者「魔王なんだから精神的じゃなくて肉体的に苦しめろよ!」

魔王「私は精神的に追い詰めるのが好きなのだ」

勇者「ハッ! つまりオレの為にこんな会話を?」

魔王「んな訳あるか! 貴様には一生放置プレイで十分だ!」

勇者「この人でなし!」

魔王「……人じゃねえんだよ!」





6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/26(水) 00:13:59.49 ID:ja3GIdOq0

勇者「どうやら言葉で行っても解ら無い様だな」

魔王「ったく、ようやく戦う気になったか」

勇者「ああ、言って解らないようなら体で解らせる」モロンッ

勇息子<ヘアッ!

魔王「」

勇者「イくぞ、我が息子よ!」ダッ!

勇息子<ミキミキィッ!

魔王「ヒィイイッ! 寄るな来るな近付くな――っ!!」





7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/26(水) 00:14:53.50 ID:ja3GIdOq0

こうして勇者は魔王を開発して世界は平和になりましたとさ。








11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/26(水) 13:09:50.25 ID:J9sSbnxz0

次章!
勇者「子供が出来た!?」魔王「男同士で出来るか――ッ!!」
乞うご期待(需要がなかったら書かずにHTML化へ出します)





8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/26(水) 00:22:20.59 ID:61Akm5nfo

くっだんねーwwwwww





12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/26(水) 13:44:37.50 ID:L8GhSvSHO

モロンッで吹き出した





13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/26(水) 23:04:52.14 ID:y7UCgfYPo

このふたり普通に仲いいだろ





18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/29(土) 20:26:02.49 ID:9l+QUD/I0

勇者「どうしよう!? 妊娠しちゃったよ!」

魔王「んなわけあるか!」

勇者「でも見てくれ、こんなポテ腹になっちゃったんだ!」ブヨ

魔王「……最近ちゃんと動いてないから太っただけだろうが――ッ!」





25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/02(火) 22:56:17.09 ID:ylFrJsdz0

勇者「毎晩深く愛し合っただろうが!」

魔王「テメエが無理矢理ハメられに来たんだろうが!」

勇者「魔王のチ○ポ最高!」ウヒィイイイ!

魔王「うぅ、なんでこんな奴に童貞を奪われたんだろう」グス

魔王「しかも攻撃したら攻撃したで喜ぶし」

勇者「ドMの血が騒ぐぜ!」

魔王「どうして勇者としての血は騒がないんだよ!?」

勇者「馬鹿野郎! 勇者の血こそドMの血なんだって古事記にも書いてあるだろ!」

魔王「そんな古事記あるか!!」





20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/29(土) 20:39:15.05 ID:9l+QUD/I0

魔王「いい加減本気で戦わないか?」

勇者「オレはいつだって本気で昂っている!」ギンギン

魔王「そうじゃなくてお互い生死をかけた戦いを――」

勇者「オレだってこっちばっか掛けてないでお前の精子を浴びたいよ!」

魔王「いい加減にしろ! 私が言いたいのは全力で殺し合う勝負の事を!」

勇者「解ってるよ! 精も根も尽き果てるような全力の勝負をしようって言いたいんだろ!?」

魔王「何なんだよ、テメエ何なんだよ!」





21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/29(土) 20:47:43.91 ID:9l+QUD/I0

勇者「知っているか? 激しい営みは結構な運動量になるんだぜ?」

魔王「そそそ、それがどうした!?」

勇者「もし俺の腹がただの贅肉だって言うのなら、」

魔王(私の全身の細胞が言っている……ここから逃げろと!)ダッ!

勇者「この贅肉をお前の業火(精子)で焼き尽してくれ!」ダンッ!

魔王「やっぱり来たー!?」ヒィイイイイイイッ!





22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/29(土) 20:50:28.13 ID:9l+QUD/I0

その後、暫らくの間各地で全裸の2人組が追いかけっこをしている姿が見かけられたそうな








24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/30(日) 15:21:01.53 ID:3gcysHAio

なんでハメてる方が妊娠するんだよww
いやまあそういう問題じゃないというかそれ以前の問題だが

しかし平和な世界だな(一部から目を逸らしつつ)





27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/04(木) 21:44:13.45 ID:W5v8eilW0

次章!
勇者「オレ、所帯持つことになったわ」魔王「良かったな」
涙あり……? いや、多分ない(確信)





28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/05(金) 00:48:19.34 ID:IelChBLjo

何を言ってるんだ、確実にあるだろう?

魔王の涙がな





29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/09(火) 21:01:13.27 ID:HJd4ZHYr0

勇者「いい年だから結婚しろって言われたんだよ」

魔王「結婚したらいいじゃないか。そしてもうくんな」

勇者「ちょっと位引き止めろや!」

魔王「むしろ結婚してくれた方が嬉しいわボケ!」

勇者「5年間も愛し合って来たじゃない!」

魔王「愛してねえよ! 5年間も耐え忍んで来たんだよ!」

勇者「なら5年も50年も変わらないでしょう?」

魔王「サラリと何怖いこと言ってるんだよ!?」





30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/09(火) 21:08:13.51 ID:HJd4ZHYr0

勇者「魔族からしたら短いだろ」

魔王「短かろうと嫌なものは嫌だわ!」

勇者「それにオレはもうお前のチ○ポなしでは生きられないんだ」

魔王「なら尚更くんな!」

勇者「人間相手じゃ満足できなくしたんだから責任取れよ!」

魔王「なら適当に我が配下の奴らにでもやってもらえ!」

勇者「相手してくれる奴がいなくなったから言ってんだよッ!!」

魔物の群れ「」ピクピク

魔王(そもそも魔姦すんなや! いや逆魔姦? ってかそんな事は今どうでも良い!)





31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/09(火) 21:13:12.39 ID:HJd4ZHYr0

魔王「というか良い機会じゃないか。所帯を持ったら案外更生するかもしれないぞ」

勇者「でもオレ、女じゃ勃たないし……」

魔王「だから結婚しろって言ってんだよ。一緒にいたら感覚が元に戻るぞ」

勇者「うーん」

魔王(良し、もう一息だ)

魔王「わかった。それでもしダメだったなら私が相手してやるから! 試しに暮らしてみたらどうだ?」

勇者「そこまで言うのなら」

魔王(YES!)





32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/09(火) 21:36:52.93 ID:HJd4ZHYr0

魔王「あの話をしたからか、今日はいつもの時間に来ない」

魔王「これは成功したな!」

魔王「ようやく、ようやく平穏な日々が――」グス

バンッ!

勇者「ゴメン、遅くなって!」

魔王「°°( Д)」

勇者「どうしたんだよ、凄い顔して……あ! もしかして怒ってる?」

魔王「な、な、な」プルプル

魔王「な゙ん゙でぐる゙ん゙だよ゙ォオオオオオッ!」ブワッ





33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/09(火) 22:35:05.36 ID:HJd4ZHYr0

魔王「所帯持つんじゃなかったのかよぉ」

勇者「いや結婚したよ」

魔王「じゃあくんなよ!」

勇者「でもヤる事は済ませたし」

魔王「は? どういう事だ?」

勇者「だから妻と行うであろう事は一通り済ませたんだよ。だから遅くなっちゃってさ」

魔王「半日で済むか! それに少し一緒にいたくらいで元に戻る訳ないだろ!」





34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/09(火) 22:42:05.54 ID:HJd4ZHYr0

勇者「いや、魔王の言った通り久々に人間の女性を好きになれたんだよ」

魔王「えっ?」

勇者「オレの妻になってくれた人がさ、とてもいい人で久々に女性の暖かさを思い出したんだ」

勇者「だから今日は魔王にお礼をと思ってさ」

魔王「そ、そうだったのか。ならもうここには――」

勇者「今日は魔王も一緒にイかせてあげるよ!」

魔王「なんでや!?」





35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/09(火) 23:02:07.52 ID:HJd4ZHYr0

魔王「妻を好きになれたんだろ? だったらもう来るなよ!」

勇者「俺気付いたんだ。確かに妻も好きだけど、魔王のチ○ポも忘れられないって事が!」

魔王「そこは頼むから忘れてくれよ!」

勇者「そして考え、至った――1つだけを選ぶ必要はないって!」

魔王「もっとよく考えろ! お前の妻がこんなんだと泣くぞ!?」

勇者「いや、もうオレと魔王の関係は話してあるから問題ない」

魔王「妻も終わってたか……!」コフッ!

勇者「そういう訳だから、今日は共にイこう!!」

魔王「アッー!」





36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/09(火) 23:04:00.18 ID:HJd4ZHYr0

そして結局、勇者は変わらず魔王の城へと通うのだった。


感!(ビクンビクン!





37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/11(木) 04:32:20.62 ID:dytLdWIvo

妻が腐ってやがる遅すぎたんだ!
つか、もうこれ通ってくる意味ないんじゃねえかな……ww

完結乙~






元スレ:勇者「チ○ポには勝てなかった」魔王「テメエ男だろ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416927403





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。