Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  アイギス「潜入捜査、ですか?」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
潜入捜査には、環境にとけ込める人が最適なような気がします。アイギスでは・・・。
存在感放ちまくりですよね。シャドウ相手なら大丈夫なのでしょうか。乙!


2:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:12:03.33 ID:OQY4CHvHo

美鶴「ああ、東京都内で弱いシャドウ反応が見られた。早速だが今晩から向かって欲しい」

アイギス「しかし、シャドウ反応が弱いときは、順平さんが出向くことが多いのでは」

美鶴「その通りだ。で、昨日伊織を急行させたのだが」

アイギス「・・・失敗した、のですか?」

美鶴「そういうことだ」






3:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:13:18.75 ID:OQY4CHvHo

アイギス「わかりました。伊織さんの尻拭いということですね」

美鶴「相変わらず理解が早くて助かる。潜入場所だが、アルコールも提供するような飲食店らしい」

アイギス「飲食店・・・ですか」

美鶴「私も詳しくは聞いていないのだが、レストランの類だろう」

アイギス「潜入となると、客として伺うのですか?」

美鶴「アイギスはふつうの食事はとれないだろう。給仕として潜入して欲しい。店には話を通してある」

アイギス「給仕ですか。給仕服ということでしたら、ゆかりさんの方がお似合いかもしれませんが」

美鶴「アイギスに何かあるようだったら、検討しよう」





4:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:16:14.65 ID:OQY4CHvHo

アイギス「店主、よろしくお願いいたします」

店主「ええ、うちは構わないのですが、捜査に必要・・・なんですよね?うちのお客さんなんてだいたい顔なじみなんだけど、殺人犯とかじゃないんですよね・・・?」

アイギス「ええ、そういった刑法犯の方を探しているわけではありません。ご安心ください」

店主「それならいいんですが・・・それで、実際にどうされるんですか」

アイギス「はい、臨時で雇った短期のアルバイト学生、という設定にしていただけないでしょうか」

店主「つまり、うちの仕事手伝ってくれるってこと?」

アイギス「はい、得意ではありませんが、頑張るであります」





5:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:19:40.85 ID:OQY4CHvHo

女性「すいませーん、注文おねがいしまーす」

アイギス「お待たせいたしました。ご注文は何でしょうか」

女性「焼酎お湯割りのおかわりに、煮込みで!ってあら、見ない顔、そして美人!新人さんですか?」

アイギス「はい、今日からこちらでお世話になっています。アイです」

女性「アイちゃんかー。よろしくね」

アイギス「あなたのお顔や声はバッチリメモリーさせていただきます」

女性「嬉しいけど、できれば男性に言われたいわね・・・」

アイギス「焼酎と煮込み、少々お待ちください」





6:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:21:14.51 ID:OQY4CHvHo

アイギス「店長、焼酎お湯割りと煮こ・・・!」

店主「?アイちゃん?」

アイギス「いえ、なんでもありません、焼酎お湯割りと煮込み入ります」
(一瞬、何かの気配が・・・シャドウというよりは影人間のような・・・ いずれにせよ、これは美鶴さんに報告であります)





7:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:23:07.61 ID:OQY4CHvHo

アイギス「・・・というわけであります」

美鶴「そうか、ご苦労だった。アイギスでも迷うような話となると山岸を連れていく方がいいか」

アイギス「風花さんでありますか?あの店舗のサイズで急にバイトが2名も増えるのはさすがに怪しまれるかと」

美鶴「いや、風花は客として行かせよう。明彦をボディーガードに付ければ問題ないだろう」

アイギス「なるほどなー」

美鶴「しかし客として行かせるとなると・・・席をリザーブしておく方がいいな」

アイギス「確保しておきます」

美鶴「ああ、宜しく頼む」





8:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:24:42.56 ID:OQY4CHvHo

アイギス「というわけで私の友人が2人来るのですが、リザーブしていただけますでしょうか?」

店主「お客さん連れてきてくれるなんて助かるなあ。ほんとうにうちのバイトだったらいいのになあ。2人ね、とっておくよ」

アイギス「ありがとうございます」





9:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:26:58.10 ID:OQY4CHvHo

店員「ラッシャッセー ゴヨヤクノオキャクサマゴライテンデース」

アイギス「いらっしゃいませ」

明彦「おう、やってるな、アイギス」

風花「お疲れ様。疲れてない?」

アイギス「大丈夫です、どうぞこちらへ」

風花「桐条先輩からの説明を聞いて、てっきりレストランかと思いました。居酒屋なんですね」

明彦「こんなことだろうと思ったさ。美鶴の辞書には居酒屋なんて言葉はないからな」

アイギス「お通しの、ホウレン草の胡麻和えです」

明彦「一応、怪しまれない程度に、ふつうの食事を摂る体裁でいないといけないな。とりあえず俺はビールにしよう。山岸は何にする?」

風花「え、それじゃあカシスオレンジでお願いします」





10:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:29:23.06 ID:OQY4CHvHo

明彦「さて、一応、客として振舞おう。とりあえず乾杯だ」

風花「は、はい」

「「かんぱーい」」ゴクゴク

明彦「ふぅ、さすがに空きっ腹に染みるな」

風花「そうですね。ところで真田先輩はお酒、飲まれるんですね?」

明彦「ああ、意外だったか?」

風花「ボクサーの方は、アルコールは禁忌なのかと思ってました」

明彦「確かに、スパーリング後や試合後などは厳禁だ。忘年会すらアルコールなしでやるジムもあるくらいだしな。しかし、タイミングと量を選べば問題ない」





11:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:30:52.76 ID:OQY4CHvHo

風花「そういうものなんですね、あ、真田先輩、注文どうしましょうか」

明彦「とりあえずは肉だな、串盛り合わせでも頼むか」

風花「」クスッ

明彦「?何が可笑しい…?」

風花「いえ、やっぱり真田先輩はお肉からなんだなあって。でも、お野菜も食べないと荒垣先輩に叱られますよ」

明彦「クッ、後輩に諭されるとはな…。まあ確かにシンジに笑われるか。山岸、なにかサラダを頼もう。メニューは任せる」

風花「♪わかりました!」

明彦「ま、待て!」

風花「?」

明彦「で、出来ればニンジンの入っていないもので頼む!」





12:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:32:29.51 ID:OQY4CHvHo

◆暫く飲食が進み・・・

アイギス「お待たせしました、豚平焼きです」

明彦「おお、旨そうじゃないか」

アイギス「!」

風花「どうしたの?アイギス」

アイギス「センサーが反応しました」

明彦「いるのか?」キョロキョロ

アイギス「この室内にはいません、上、でしょうか」

風花「アイギス、ここのお手洗いって広い?」

アイギス「はい、お化粧直しをする女性のために広めのつくりです」

風花「私、ちょっと行ってきます」トテテテ





13:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:33:41.27 ID:OQY4CHvHo

風花「うわ、やっぱりお手洗いじゃちょっと狭いかな…でもしょうがないよね…ユノ!」

ボワーン
ユノ(うわ狭い)

風花「サーチ!・・・これは…人?人間!?」



明彦「そういえばここの上のフロアは何が入ってるんだ?店は1階だけだな」

アイギス「普通のオフィスが入居しているであります」


風花「…なにか聞こえる?」

??『...じゃ後は...せた...ミィ...』

風花「男の人の声?」





14:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:34:47.08 ID:OQY4CHvHo

風花『真田先輩、聞こえますか!』

明彦「ああ、どうした?」

風花『怪しい反応が階段を降りてきます!』

明彦「数は?」

風花『目標1体、人間のようです』

アイギス「私も同行しましょう!」

明彦「いや待て、敵が複数だった場合、この店の防衛戦になる。アイギスはここで待機だ」

アイギス「わかりました、ではフロア業務に戻ります」

明彦「それじゃここは頼んだ!」ダッ


アイギス「・・・お待たせいたしました、お客様。はい、本日の焼き物は、エボダイが入っています...はい、ありがとうございます」





15:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:35:58.81 ID:OQY4CHvHo

明彦「山岸、階段の下に来た、足音が聞こえるが」カツーンカツーン

風花『はい、あと10秒で接触します。真田先輩、くれぐれも慎重にお願いします』

明彦「わかっている」

明彦(来た!)

??「私の事務所の下にいる、ということは、うちのアイドルたちの出待ちかな?」

明彦「あ、アイドル?」

??「うーん、アイドルのことを知らないということは、違うようだね。その顔は、私に用なのかな?」

明彦(な、なんだこの男は・・・真っ黒だ。表情も伺えない・・・シャドウを思わせる黒さだが・・・違うのか?)





16:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:37:51.34 ID:OQY4CHvHo

??「はっはっは、さては私の顔がよく見えなくて戸惑っているのかな?名乗るのが遅くなったね。私はこの上で小さい芸能事務所をやっている、こういうものだ」

明彦「高木・・・順二朗・・・」

高木「小さいとはいえ、かよわいアイドルがいる芸能事務所だ。あまりウロウロとされていると、警察を呼ばなければならないのだがね」

明彦(どうやら高木氏はこの様子だと、シャドウでも影人間でもないな、しかしこの感覚は・・・)

高木「キミィ、事情を話して貰えないかな?」

明彦(俺の勘が、この男は大丈夫だと言っている、ならば・・・)
「・・・影人間、というのをご存じでしょうか?」

高木「影人間?ああ、何年前だったかねぇ。そういう事件があったねえ。最近はめっきり聞かなくなったが」

明彦「実は、この近隣で、影人間、またはそれに類する目撃情報、というか反応が見られまして、調査をしています」

高木「・・・ということは君は研究機関か・・・いや、公安の人間かな?」

明彦「それはお答えしかねます」

高木「いいだろう。嘘だとしたらあまりに突飛過ぎる。そしてキミの目は、信用に値するよ」

明彦「え」

高木「これでも私は、人を見る目には自信があってねぇ。君は信じるに値する、そう感じたんだ」

明彦「あ、ありがとうございます」

高木「ただ、この階段より上に立ち入っていただくのはちょっとまずいねぇ」

明彦「・・・わかりました」

高木「それじゃ私は失礼するよ」スタスタ





17:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:39:08.49 ID:OQY4CHvHo

ガラッ
風花「真田先輩、お疲れ様です」

明彦「ああ。山岸は状況を理解しているみたいだな」

風花「はい。ユノで先ほどまでモニタリングしていましたから」

明彦「あの高木という男性、本当に真っ黒な男性だったが、彼がシャドウなり影人間に近い雰囲気を醸し出していた、というところか」

風花「そうですね。反応は彼そのものだったので間違いないです」

明彦「これで打ち止めということだったら、問題なしで任務完了なんだがな」

風花「今のところ、近辺にそれらしい反応はありません」

明彦「まあシャドウはシャドウを呼ぶ、という傾向もある。もう暫く様子を見よう」

風花「はい、実は追加の注文を頼んでおきました!」

明彦「用意がいいじゃないか」

風花「実はこの写真に写ってる、アボカドとポテトのクリーミーグラタンっていうのが美味しそうだなって思ったので・・・」

明彦「栄養満点で旨そうな、いいチョイスじゃないか。グッジョブだ!それじゃ飲み物も頼むとしよう」





18:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:40:22.56 ID:OQY4CHvHo

アイギス「お待たせしました、アボカドとポテトのクリーミーグラタンです、あとドリンクが、銀色の王女と、My wishですね」

風花「わー、このカクテル、綺麗!」

明彦「むぅ、このカクテルも女性向けだったか?」

アイギス風花「「!」」

風花「アイギス?」

アイギス「はい、感じました」

明彦「ど、どうした!?」

アイギス「上の階から強い負のエネルギーです」

風花「階段を降りてきます」

明彦「ユノを召喚しなくても、風花が感じられる強さだと!?」





20:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:41:35.28 ID:OQY4CHvHo

アイギス「何か聴こえます、解読を試みます・・・

『はるxはなxてベタすxx、はxxこ、ちはゆき、いおひx・・・無限の可能性が私にはある・・・』

明彦「なんだそれは、呪文かなにかか?」」

風花(これって・・・カップリングの話なのかしら・・・?)「あ、お店の前に立ち止まりました!」

明彦「何!?」

ガラッ

店員「ラッシャッセー」

風花「え、女性?」





21:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:43:09.72 ID:OQY4CHvHo

店主「あれー小鳥ちゃん、今日も来たの?」

小鳥「店長ー!ちょっと煮詰まっちゃって・・・」

店主「まだ同人誌ってやつのテーマが決まらないのか?綺麗どころを毎日目にしていると、なかなか迷っちゃうもんなのかな?」

アイギス「あの・・お席にご案内し「あーアイちゃん!今日も入ってたのねーちょっとおねえさんの話聴いてよー!」

明彦「アイちゃん?」

風花「アイギス、知り合いなの?」

アイギス「え、ええ、昨日もいらっしゃったおky「あらその美男美女もアイちゃんの友達なの?ちょっと一緒に聴いてよ!」

アイギス「あ、あの、店主・・・」

店主「あちゃー、今日の小鳥ちゃん、荒れてるな・・・また仕事しながら飲んでたのかなあ。ちょっと相手してあげてくれるかなぁ」





22:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:44:17.03 ID:OQY4CHvHo

◆1時間後

店主「それじゃ運転手さん、この子、いつものマンションまで乗せてってください」

運転手「はい、わかりました」

小鳥「zzz」


アイギス「彼女が眠ったら、シャドウ反応が完全に消失しましたね」

風花「ここの上のオフィスって765プロの事務所だったのね」

明彦「女性同士とか男性同士とか、アブノーマルなイラストばかり見せられて、苦行だったぞ」ゲッソリ

アイギス「私にはそういった感情がないので、問題ありませんでしたが、風花さんもクールに対応していましたね。むしろノリノリだったようですが」





23:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:46:39.97 ID:OQY4CHvHo

風花「えっ!?まあそれはいいから。それより、結局小鳥さんの、内面のドロドロしたものが、シャドウ反応として表に出てしまっていた、ということなんでしょうか」

アイギス「ええ、彼女とシャドウ反応の位置は完全に一致していましたし、眠りについてその反応が消えたのは、証左と言えるでしょう」

明彦「どうやら本日は、一件落着、かな」

風花「あ、もうこんな時間!?」

明彦「山岸、送って行こう」

アイギス「私は今日一杯、お店のクローズまではこちらにいますので、お先にどうぞ」

風花「そう?それじゃアイギス、先に帰るね」

明彦「あとは頼んだぞ」
ガラッ





24:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:47:37.38 ID:OQY4CHvHo

アイギス「店主、2日間お世話になりました」

店主「いえ、こちらこそ。あの・・・うちの店はおチカラになれたのでしょうか・・・?」

アイギス「はい、大変助かりました。ご協力感謝します。それでは失礼します」
ガラッ


高木「いやあ参った、重要な書類を事務所に忘れてしまうとは・・・ おや、たるき亭さんが・・・ちょうどお店を閉めるところか。 ん・・・?なんだあの女性は?」

アイギス「それでは店主、こちらで結構ですので」

高木「ティンと来た!キミ、うちでアイドルになってトップを目指さないかね?」





19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2014/12/23(火) 23:40:28.22 ID:a6TsCQgDO

アイマスか。
居酒屋はだるき亭か。





25:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/23(火) 23:48:58.74 ID:OQY4CHvHo

以上、おしまいです。

>>19
そのとおり。
但しカクテルメニューとフードメニューの一部は、明日から秋葉原のアイマスカフェでご賞味いただけます。





26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2014/12/24(水) 00:34:40.34 ID:YWTBuPDao

トリソで肉彦がどうしてドルオタになったのか
その原因はP4U2のりせちーだけではなかったと言う事が分かったわ





27:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/24(水) 21:49:07.06 ID:K/kW+ZeLo

なんだかんだでアイギスのナンパ勝負に乗るくらいだから、明彦もそれなりに女子に興味があるわけで・・
(但し女子を掴む会話力皆無)
女子との会話が捗らないとドルオタになりやすかったり・・・とかの設定があったらイヤですね。





28:ムグフォー ◆MG4BqOMSNc:2014/12/25(木) 17:41:18.26 ID:mtw7wumQo

いずれ後日談を書くかもしれませんが、一旦このスレはHTML依頼に出します。

ありがとうございました。






元スレ:アイギス「潜入捜査、ですか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419343867





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。