Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  まどか「にほむむかしばなし」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
なんと役にピッタリとはまっているんだ!「これまど☆マギじゃなくても・・・」なんて
野暮なことは言いっこ無し!素晴らしくほのぼのした。昔話イイね!久々に楽しんだ乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 04:08:00.74 ID:n5cnioFQi

まどか「むかーしむかしあるところに、さやかにと、あんおさるがおった」


さやか「今日のお昼はおにぎりかにー!」

杏子「よっさやかに!いい所にきたな!」

さやか「あんたは、あんおさる!」

杏子「まあそう怒るなって。今日はあんたにもいい話だ」

さやか「また騙そうっての?」

杏子「そんなんじゃないよ。ほら、こいつをご覧。この種とそのおにぎりを交換して欲しいんだ」

さやか「いやだ。どうしておにぎりが、そんな豆粒にされなきゃなんないのさ」

杏子「ところがどっこい、ただの豆粒じゃあないんだな」

さやか「?」






3:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 04:12:56.90 ID:n5cnioFQi

杏子「こいつは柿の種さ。こいつを地面に撒いて水をやれば、みるみる大きく育って、柿がたくさんできる」

さやか「柿がたくさん・・・?う、うそだ!」

杏子「嘘じゃないよ。あたしゃ悪どいこた山ほどやってきたけど、嘘だけは嫌いなのさ」

さやか「うぅ、じゃあ、交換!あとで返してーとか、なしだかにね!」

杏子「そんなこたわかってるよ。ほらよ」

さやか「やった!ありがにー!」



杏子「うききっ!あんな豆粒で喜ぶなんて、ばかなさやかにだな!」





5:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 04:20:35.51 ID:n5cnioFQi

杏子「あーうめえおにぎりうめえな」



さやか「はーやっくめーをだせかっきのったねー!出さなきゃはっさみーでちょんぎるぞー♪」ジョロジョロ


まどか「するとさやかにの柿の種は、みるみる大きな木になって、柿の実をたくさんつけました」


さやか「やったー!おにぎりがまんしてよかったあー」

さやか「あ、あれ?でもあんな高い所にあったら取れないな・・・」

杏子「うききっ!困ってる見たいだね」

さやか「あっ、いい所に!ねえ、あたしの代わりに柿の実をとってきてほしいんだけど」

杏子「お安い御用さ。ちょっとまってな」





6:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 04:25:45.05 ID:n5cnioFQi

まどか「そう言うとあんおさるは、得意の木登りでスルスルと登り、きれいに色づいた柿をとって・・・」


杏子「パクッ」

さやか「あっ!こらー!あたしにもよこせー!」

杏子「うるさーい!あんたにゃこいつがおにあいさ!」


まどか「あんおさるは、まだ青くて固い柿の実を、さやかにに力一杯なげました」


さやか「いたっ!いたたっ!ちくしょー、覚えてろよ!」





7:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 04:27:40.88 ID:vXT6h4PC0

さやかに可愛いな





9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 04:30:49.89 ID:n5cnioFQi

さやか「うぅ・・・おにぎりも、かきもとられたぁー!」

QB「さやか、どうしたんだい?浮かない顔をして」

さやか「それがかくかくしかじかで」

QB「またあんおさるかい?僕もあいつには仮がたっぷりあるんだ。仕返しなら力を貸すよ」

さやか「やったあ!」


まどか「こうして、栗のキュゥべぇが仲間になりました」





10:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 04:34:12.86 ID:n5cnioFQi

マミ「それは、許せないわ!」


まどか「正義感に燃える、臼のマミさんも協力してくれることになりました」


ほむら「なにやら楽しそうなことを始めたわね。わたしも仲間にいれて」


まどか「さみしがりやなほむバチもいっしょに戦ってくれそうです」





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 04:38:14.40 ID:n5cnioFQi

QB「作戦はこうだよ。僕たちはみんなであんおさるの家に隠れるんだ」

マミ「ほむバチさんは水桶、栗のキュゥべぇは囲炉裏、私は屋根の上に隠れるわ」

ほむら「各々最適なタイミングであんおさるに襲いかかるのね」

さやか「えへへっ、あたしはー?」

QB「きみは・・・」

マミ「・・・」

ほむら「罵声係よ」

さやか「了解!」





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 04:45:17.53 ID:n5cnioFQi

まどか「そんなこんなで、猿蟹合戦奇襲攻撃作戦が始まりました」


杏子「ふーんふふーん♪おにぎりも柿も食えてラッキーだなー」

杏子「にしても冷えるなー!囲炉裏であったまろーっと」


杏子「ふぃー!あったけー!やっぱこれだわー」


QB「っそぉい!」バチンッ

杏子「いった!なんだよこの栗!こんなもんあったっけ?ちっくしょーあっちー!水、水!」

パチャパチャ

ほむら「うりゃあー」

ちくちく

杏子「いたっいたたっ!なんだよここ!あたしんちだろ!どうなってんだ!」タタッ

マミ「そーれっ!」

どしーん

杏子「うきゅっ」





16:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 04:48:43.13 ID:n5cnioFQi

さやか「ばーか!あーほ!」

マミ「死んだ・・・わね」

さやか「まぬけー!おち●ちん!」

ほむら「帰りましょ」

さやか「さる!さる!」

QB「そうだね」

さやか「柿マニアー」


まどか「こうして悪いおさるは倒され、村に平和が戻りましたとさ」

おわり





18:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 04:52:23.24 ID:iFcvUX7CQ

次のお話(屮°□°)屮





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 04:55:00.67 ID:bRUFlavi0

杏子「・・・畜生」





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 06:03:28.03 ID:pNtrA1Jy0

さやか「むかーしむかしあるところに、まずしいおじいさんと、おばあさんがくらしていました。」


ほむら「あなた、もうお米がありません。これじゃあ暮らせないわ」

まどか「そっか。それじゃあ街に出て薪を売って、お米を買ってくるね」

ほむら「気をつけて」





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 06:20:54.66 ID:pNtrA1Jy0

まどか「うぅ、あんなにいっぱいの薪を売ったのに、これっぽっちのお米しか買えなかったよ・・・これじゃあおばあさんが悲しむなぁ・・・」

ばさっばさっ

まどか「鶴だー!縁起が良いなー、何かいいことあるかも」

マミ「く、くえぇ」

まどか「鶴ってくえって言うんだ・・・」

マミ「くえ、くえっ・・・」

まどか「えっ、とらばさみ?!」

マミ「くえぇ・・・」

まどか「今、助けるからね!」





32:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 06:29:28.93 ID:pNtrA1Jy0

まどか「うーんっ!」

カシャン

まどか「やったー!」

マミ「くぇー!」

バッサバッサ

まどか「元気でねー」


まどか「いいことをすると、気分が良いなあー」

まどか「ただいま、おばあさん!」





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 06:42:55.16 ID:pNtrA1Jy0

ほむら「おかえりなさい。やけに嬉しそうね。お米は買えた?」

まどか「あ、うん、まぁ・・・これだけ」

ほむら「ふふっ、お疲れ様、おじいさん」

まどか「てぃひひっ。あ、そうだ、おばあさん」

ほむら「どうしたの?」

まどか「町から変える時に、罠に掛かってる鶴を見つけたから、助けてあげたんだ!」

ほむら「そう、おじいさんはやさしいわね」ナデナデ

まどか「てぃひひっ」





34:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 06:57:42.49 ID:pNtrA1Jy0

ほむら「寒かったでしょ?ほら、あったまって」

まどか「ぬくぬくー」

コンコン

ほむら「こんな時間にお客様かしら?」

ガラッ

マミ「こんばんは」

ほむら「まあ、美しい娘さん」

マミ「ありがとうございます。私、道に迷ってしまったんです。
申し訳ございませんが、一晩だけ泊めてはいただけないでしょうか?」





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 09:13:41.14 ID:Tx8wS+xr0

ほむら「でも、おもてなしも出来ませんし・・・」

マミ「おもてなしなんて、そんな・・・」

まどか「いいよ!こんなに寒い中に放っておけないよね?おばあさん」

ほむら「それもそうね。どうぞ、あがってください」

マミ「ありがとうございます」





47:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 09:37:17.50 ID:EbqGJU190

マミさんは鶴可愛い





48:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 09:46:15.67 ID:S2fHjE9R0

夜中にマミさんやってきたら興奮するな





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 09:59:18.02 ID:PshRC//t0

ほむら「ごはんが出来ましたよー」

まどか「わー、ちょこっとー」

ほむら「ごめんなさいね。ほんとにおもてなしができなくて」

マミ「いえ、こちらこそ、貴重なご飯を分けてもらってありがとうございます」

まどか「いいのいいの!ささ、いただきーす」

ほむマミ「「いただきます」」

ぱくっ

まどか「てぃひひっ、ごちそうさま!」

ほむら「ごちそうさま」

マミ「ごちそうさま。ふふ」





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 10:42:08.37 ID:/xijdjd40

まどか「そろそろ寝よっかー」

ほむら「そうね。それくらいしかすることもないし」

マミ「あ、すいません、そこの部屋って・・・」

まどか「昔は子供部屋だったけど・・・」

ほむら「いまはすっかり空き部屋ね」





58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 10:56:59.59 ID:R8aXZEeF0

マミ「では、一晩だけ、あのお部屋を貸してもらえますか?」

ほむら「さすがにこんなきれいな子が私たちみたいな者と一緒の部屋で寝る訳にはいかないものね」

まどか「ん、そうだね。いいよ、その部屋使って」

マミ「いえ、断じてそんなことではございませんよ!」

まどか「大丈夫大丈夫、きにしてなんかないよ」

ほむら「さて、布団を敷くからすこしまっててね」

マミ「あ、布団はいいです」

まどか「汚なくないよ?」

マミ「そうじゃなくって、本当にいいんです」

ほむら「?」

マミ「それと、一つだけお願いがあるんですけど」

まどか「なに?」

マミ「絶対に、部屋の中をのぞかないでくださいね」





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 11:48:54.47 ID:olgapDr80

ほむら「」チラッ

まどか「だっ、大丈夫だよ!覗かない、覗かない」

マミ「それでは、おやすみなさい」

まどか「おやすみー」

ほむら「おやすみなさい」





69:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 11:59:27.52 ID:KJ9Kv6vOi

まどか「不思議な人だね」

ほむら「そうね。なにか隠してるようにもみえたわ」

まどか「お客さんを疑っちゃだめだよ」

ほむら「それもそうね」


さやか「すると、娘がいる部屋から、なにやら音が聞こえてきましたよ」

杏子「とんとんからり!とんからり!とんとんからり!とんからり!」


ほむら「・・・?」

まどか「機織りの音だね」

ほむら「どういうことかしら」

まどか「明日になればきっとわかるよ」

ほむら「そうね」





74:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 12:12:45.01 ID:KJ9Kv6vOi

まどか「ふぁーあ、よくねたぁ」

ほむら「おはよう。ごはんの用意はできてるから、お客さんをよんできて」

まどか「はいはーい」


ガラッ

まどか「おっはよー!」

マミ「くえっ!」

まどか「くえっ?!」

マミ「み、みたなぁ」

まどか「ひえぇ」

マミ「じゃなくって・・・」





76:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 12:23:06.52 ID:KJ9Kv6vOi

まどか「あなた、もしかして昨日の?」

マミ「そうです。貴方に助けて貰った鶴です。貴方に恩返しがしたくて、娘に姿を変えてきたんです」

まどか「そっかぁー、うれしいな」

マミ「でも、姿を見られてしまったので、もうお別れしなければなりません」

まどか「どうして?私は別に気にしてないよ」

マミ「そういう決まりなんです」

まどか「そうなんだ・・・悪いことしちゃったね」

マミ「いえ、それよりも、これ」

まどか「わぁ、すごい!」

マミ「それを売って、お金にしてください。それが私の恩返しです」

まどか「おばあさんにいってくるね!」





79:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 12:50:26.48 ID:w9P/CkW80

まどか「おばあさーん!」

ほむら「あらあらおじいさんどうしたの?」

まどか「これ、鶴の娘さんが、恩返しにって!」

ほむら「あら、随分きれいな織物ね!」

まどか「おばあさんも鶴の娘さんにお礼を言うといいよ!」

ほむら「そうね!」





81:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 13:06:16.32 ID:e0HxUXK40

ほむら「あれ、いませんよ?」

まどか「まさかもう帰っちゃったのかな?!」

ガラッ

タッタッ

まどか「あっ、あれ!」

ほむら「あ!」


バッサバッサ


ほむら「さよーならー!」

まどか「げんきでねー!」


マミ「くえっ!」


さやか「こうして鶴からもらった織物を売った二人は、とても裕福になりましたもさ」





82:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 13:06:44.78 ID:e0HxUXK40

さやか「も・・・もさ・・・」





92:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 14:05:28.00 ID:ebJLEPJfi

和子「むかーしむかし、あるところに、貧乏で運の無い、だけど素直な若者がおりました」


杏子「うぅ、真面目に毎日毎日働いてるのに、まるで楽にならない・・・。こんなことなら、観音様に導いていただこう」


杏子「観音様ー!苦労しても、ぜんぜん楽になれません!いったい、どうしたらいいんですか?」

QB「いまから1番最初に触ったものを大切にすれば、きっと君は幸せになれるよ」

杏子「あ、ありがとうございます!」


杏子「よーし、最初に触ったもの・・・最初に触ったも、うわっ!」

ずてん

杏子「いったたた・・・ったく、つくづくついてねーよ・・・あ!」



杏子「これだ!この藁を大切にするぞー!」





96:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 14:38:08.60 ID:oZRYLgVN0

杏子「ふんふふーんふふーん」

ブンブブーンブブーン

杏子「なんだこのアブうるせーなー」

っぱし

杏子「へへっ、まぬけめ。ここにこうやって、くっつけてやる」

ブブブブーンブブブ

ゆま「うわああああん」

杏子「なんだあいつ、親とはぐれたか?」

ゆま「うぁあぁあぁあぁあぁ」

杏子「おーい、こんなところでなくなよー」

ゆま「おねえちゃん・・・」

杏子





98:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 14:52:08.03 ID:oZRYLgVN0

杏子「いいかい、なにがあったかしらないけどな、悲しいことがあったって、泣いてちゃなんにもならないんだよ」

ブンブブンブブブ

杏子(ちっ、かっこいいこと言ってる時に・・・)

ブブブンブンブブーン

ゆま「ぷぷっ、はははっ」

杏子「わらうなっ!」

ゆま「えぇーだって面白いんだもん。っふふ」

杏子「そうか?じゃあこれやるよ」

ゆま「えっ、ほんと?!」

杏子「ああ。だからもう泣くんじゃないよ」

ゆま「うん!ありがと!」

杏子「いいってことよ。じゃなっ」

ゆま「あっ、まって、お姉ちゃん」

杏子「ん?」





132:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 15:20:47.62 ID:oZRYLgVN0

ゆま「はいっ、あげる!」

杏子「おっ、みかんかー!悪いね、遠慮なくもらっとくよ」

ゆま「うん!またねー!」

杏子「あいよー」


杏子「あーあ、せっかくの藁、もうなくなっちゃった。ま、いい事したし、結果オーライってね」





134:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 15:24:35.46 ID:D/eC4A0m0

わらしべ長者か





141:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 15:55:04.64 ID:oZRYLgVN0

さやか「やっば!もー水ないじゃん。うー、のどかわいた」

杏子「よっ、商人かい?やけに苦しげな顔してるね」

さやか「いやー、この辺りを回ってたんだけど、水がなくなっちゃってさ。もー死にそうだよ」

杏子「そうか。じゃあ」ポン

さやか「おっと」

杏子「くうかい?」

さやか「おぉ、みかん!ナイスタイミング!」

杏子「さっきガキにもらったんだ。別に盗んだもんじゃないよ」

さやか「いやーありがたい!命の恩人だよ」

パク

さやか「うーん、ジューシー!」





150:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 16:14:48.07 ID:oZRYLgVN0

さやか「お礼といっちゃなんだけどさ、これ。もってってよ」

杏子「ん、布か?って、なかなか上等な物じゃんか!いいのか?」

さやか「えへへっ、いいってことよ!」

杏子「たかがみかんでこんなものもらっちゃって、悪いね」

さやか「たかがみかんで命救われたんだからねー」

杏子「それもそうか。それじゃ、またな」

さやか「じゃーね、命の恩人!」





162:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 17:24:42.61 ID:PyVsbPUKi

杏子「いやあ、今日はやけにいいこと続きだねー。観音様に感謝感謝だよ。ん?」

まどか「うぅ、エイミー!」

ほむら「まどか殿、今はもうエイミーの事は見捨てるしかない。かわいそうだけど、時間がないわ。」

杏子(お侍さん?エイミーってのは、あの馬か?)

まどか「やだ・・・」

ほむら「まどか殿!」

まどか「だって、エイミーはここまでいっしょにきたんだよ?!」

ほむら「病気にかかってしまえば、もう歩けない。それとも無理に歩かせたいの?」

まどか「じゃあここにエイミーをおいて行くの?!」

ほむら「・・・私がなんとかする」

まどか「・・・」

ほむら「さあ、先に行ってください。後から追いかけます」

まどか「うわぁぁぁん」とぼとぼ





168:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 17:54:36.52 ID:PyVsbPUKi

杏子「なになに、困ってるみたいだね」

ほむら「ほんと、あの人の優しさには困ったものよ。まぁ。そこが好きなのだけど」

杏子「あぁ、そーゆうのはいいから」

ほむら「で、あなたは何の用?」

杏子「その馬、あたしに譲ってよ」

ほむら「えっ?」

杏子「もちろんタダでとはいわないさ。この布、なかなのもんだろ?こいつと交換だ」

ほむら「この馬をもらってくれるの?」

杏子「そう言うこった」

ほむら「その話、のったわ!」

杏子「そーこなくちゃ」





173:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 18:12:03.36 ID:PyVsbPUKi

杏子「さ、持ってきな」

ほむら「ありがとう。この鞍は持って行っていいかしら」

杏子「べつに構わないけど、どうして?」

ほむら「まどか殿お気に入りの馬がつけていた鞍だから、きっと大切になさるわ」

杏子「なるほど。形見ってわけだ」

ほむら「そんな感じね」

杏子「早く行かなくていいのかい?お侍殿が泣いてるよ」

ほむら「そうね。それじゃ。この子は任せたわ」

タタッ





177:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 18:45:11.21 ID:BzE+A26w0

杏子「ほら、立てるかい?」

エイミー「ヒーン」

杏子「無理か・・・ちょっとまってな。水をもってきてやる」


杏子「ほら、のみな」

エイミー「ヒヒン」ぴちゃぴちゃ

杏子「喉が乾いてたんだね。よしよし、立てないなら、今日はここで寝よっか。大丈夫だよ。あたしがいるからね」

エイミー「ヒーン」


杏子「zzz」





179:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 18:54:05.86 ID:BzE+A26w0

杏子「ん、どこだここ?」

杏子「・・・あー、昨日はこいつと寝たんだっけな。ほら、起きろー」ぺちぺち

エイミー「!」パカパカっ

杏子「あんた、元気になったじゃん!」

エイミー「ヒヒーン!」

杏子「ははっ、よかったよかった!これであのお侍も安心だね」

エイミー「ヒヒヒーン」

杏子「よーし、もっと遠くにいってみるか!よいしょっと、それ!」

パカッパカッ





180:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 19:05:39.63 ID:uuvSXGNH0

杏子「えらいところまで来たねー。あんたと一緒ならどこまででも行けそうな気がするよ、エイミー」

パカッパカッ

杏子「ここは、お屋敷かな?いいなあ、こんなところにあたしも住んでみたいなー。ん?」

仁美「こまりましたわ・・・」





181:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 19:10:09.47 ID:uuvSXGNH0

杏子「なにかお困りかい?」

仁美「・・・!突然すみません、その馬、譲ってくれませんか?」

杏子「そりゃあ、突然だ・・・」

仁美「ごめんなさい、だめですか?」

杏子「まあまあ、落ち着きなって。どうしたんだい?」

仁美「それが、今すぐにでも都に行かなければならない急用ができたのですが、馬がいなくて・・・」

杏子「都にか・・・もしかしたら、あのお侍さんに会えるかもしれないな」

仁美「お侍さん?」





186:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 19:35:54.25 ID:M5SpaHO40

杏子「いや、大した事じゃない。そんなことより急いでるんだろ?貸してやるよ。こいつはエイミーってんだ、大事にしてくれ」

仁美「まあ、エイミー。よろしくおねがいいたします」

杏子「あ、鞍が無いね・・・」

仁美「鞍なら、物置にありましたわ」

杏子「そっか、よかったよ」

仁美「あなたは、どちらからいらしましたの?」

杏子「あたしは田舎から用もなくきた暇人だよ」

仁美「そうでしたの。それでは、私が留守の間、この屋敷の留守番をしていただけませんか?」

杏子「えぇっ?!」





190:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 19:47:17.74 ID:M5SpaHO40

仁美「ただし、もし私が三年後、帰ってこれなければ、この屋敷はあなたにお譲りします」

杏子「えぇぇぇ!」

仁美「いかがですか?」

杏子「いや、馬をあんたに上げた以上、足も泊まる場所もなくなって困ってたんだ。けど、本当にいいのか?」

仁美「構いません。大切な馬をかしてくださった方になら、この屋敷もまかせられますわ」

杏子「そっか。じゃあ、あんたが帰ってくるの、まってるからな」

仁美「うふふ、きっと帰ってきますわ。残念ですか?」

杏子「ははっ、参ったなこりゃ」

仁美「それでは、私は急ぎですので、これで」

杏子「あっ、待ってくれ」





191:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 19:57:45.28 ID:M5SpaHO40

杏子「エイミーの主にあったら宜しく伝えといてくれ」

仁美「どんなお方ですの?」

杏子「桃色の髪の侍さんと、黒髪の付き人だったな」

仁美「かならず見つけて、この馬をお返しいたします」

杏子「ああ、たのんだよ」

仁美「ふふっ、それでは、また会う日まで」

杏子「あぁ、またなー!エイミーもな!」

パカッパカッ





195:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 20:12:16.80 ID:M5SpaHO40

和子「結局、屋敷の主は三年たっても帰ってきませんでした。若者は、観音様の教えを守って、わらしべをみかん、みかんを布、布を馬、馬をお屋敷にかえ、裕福な暮らしを手に入れました。若者はお金持ちになっても、わらしべ一本、むだにすることはなかったそうです」




まどか「あっ、エイミー?エイミーだ!!」

ほむら「えっ?!」

仁美「あなたは、お侍さん?」


おわり





196:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 20:14:40.25 ID:7BdBmhWi0

わらしべ長者は杏子にぴったりだな





202:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 20:46:09.50 ID:M5SpaHO40

和子「100万回生きた猫がいました。
100万回も死んで、100万回も生きたのです。
りっぱなとらねこでした。
100万人のひとがその猫を可愛がり、
100万人のひとがその猫が死んだ時泣きました。
猫はいっかいも、泣きませんでした。」





205:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 20:52:08.59 ID:M5SpaHO40

和子「ある時猫は、王様のねこでした。」


杏子「ほむら、今日の西の攻防戦、圧勝だったぞ!」

ほむら「ふん・・・」

杏子「ほむらには難しくてわかんねーか。今度、戦場に連れていってあげよう」





211:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 20:56:40.85 ID:M5SpaHO40

杏子「ほーら見えるか?これが戦争だぞー」

ほむら「・・・」

杏子「ほむらは戦争は嫌いなのか・・・」

ドスッ

ほむら「っ!!」

杏子「おっ、おい、ほむら、ほむら?!」

杏子「嘘だろ・・・畜生!ちくしょおおおお!」

杏子「お前ら、戦争はやめだ・・・帰るぞ・・・」



和子「戦争をやめてお城に帰って来た王様は、お城の庭に、猫を埋めました。」





214:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 21:03:28.84 ID:M5SpaHO40

あるとき猫は、サーカスの手品使いの猫でした。


さやか「ほら、ここみててねー!」

ポンッ

さやか「ほーら、すごいでしょ!」

ほむら「ふん・・・」

さやか「ほむらには難しくてわからないかな?」





215:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 21:08:50.40 ID:M5SpaHO40

さやか「こんど、ほむらもいっしょに手品、やってみよっか」

さやか「それではみなさん、この箱にご注目ー!」

ほむら「・・・」

さやか「この箱の中に、猫をいれましてー・・・」

シャキンッ

さやか「この剣で・・・それっ!」

サクッ

キャーッ!

さやか「ご安心ください!箱のなかをみてみれば、この通り!」

ほむら「・・・」

おぉーっ





216:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 21:11:48.58 ID:M5SpaHO40

さやか「ほーむらっ!」

ほむら「・・・」

さやか「おつかれ!とっても良くで来てたよ。明日もがんばろーね!」

ほむら「・・・」





219:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 21:18:58.15 ID:M5SpaHO40

さやか「はーいこの箱、種も仕掛けもありません」

さやか「ここに猫をいれちゃいます!」

ほむら「・・・」

さやか「そしてこの箱をー、この剣で!」

シャキンッ

キャーッ!

さやか「真っ二つにー・・・切っちゃいましょうか!」

ブンッ

バキッ





223:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 21:22:42.03 ID:M5SpaHO40

さやか「えっ、うそ・・・」

ざわざわ

さやか「そんな、嘘でしょ?!私、私が・・・」

パカッ

さやか「ひいっ!」

ほむら「」





224:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 21:23:01.84 ID:37zdIsTN0

ホムラチャン......





225:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 21:26:45.79 ID:M5SpaHO40

さやか「うそうそうそ!ははっ、うそだよ!夢かなにか見てるんだ!」

いやあああ!

おえぇ・・・

さやか「ねえ、そうでしょ?ほむら、ほむら!」

ぷらーん

さやか「ほ・・・むら・・・」

おいなにやってんだはやく引っ込めろ!


手品使いは、サーカス小屋の裏に猫を埋めました。





226:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 21:30:38.11 ID:o7+zrhSqO

ほむぅ…





232:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 21:42:16.94 ID:M5SpaHO40

あるときねこは、一人ぼっちのおばあさんのねこでした。


マミ「ほむら、お茶を淹れましたよ」

ほむら「ふん・・・」

マミ「さぁ、お飲み」

ほむら「・・・」ぴちゃぴちゃ

ほむら「!!」

マミ「あ、ごめんね、熱かったわね」

ほむら「・・・」

マミ「今日ものどかな一日ね」

ほむら「zzz」





235:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 21:46:19.91 ID:M5SpaHO40

マミ「今日ものどかな一日ね」

ほむら「zzz」

マミ「私、あなたと一緒に居られて幸せよ。だってこうやって一緒にお茶を飲んで、外の景色をみていられるんですもの」

ほむら「zzz」

マミ「いつまでも、こうしていたいわね・・・」





238:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 21:54:58.75 ID:M5SpaHO40

マミ「今日ものどかな一日ね」

ほむら「」

マミ「こんな平和な毎日が、いつか終わるのかしらね」

ほむら「」

マミ「ほむら?あなた・・・」

ほむら「」

マミ「私を置いて、うぅっ。先に、いってしまったのね・・・」

マミ「あなたと居られて、ぐすん。本当に幸せだったわ。うっ、ううぅぅぅぅぅ!」



よぼよぼのおばあさんは、よぼよぼの猫をだいて、一日中泣きました。

おばあさんは、庭の木下に猫を埋めました。





246:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 22:10:16.89 ID:M5SpaHO40

ねこは、死ぬのなんか、平気だったのです。

あるときねこは、だれのねこでもありませんでした。

ねこは、始めて自分のねこになりました。

ねこは、自分が大好きでした。

なにしろりっぱなとらねこだったので、

りっぱなのらねこになりました。





253:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 22:23:18.13 ID:M5SpaHO40

どんなメスねこも、ねこのおよめさんになりたがりました。


ネコa「ほむらさん!このお魚、とってきたんです!」

ネコc「ほむらさん、私はネズミをとりましたよ!」

ネコf「このマタタビ、とってもめずらしいんですよ!」

ネコd「りっぱなトラもようですね、かっこいいです!」ペロペロ


ほむら「私は100万回もしんだのよ。いまさらおかしいったらないわ!」


ねこは、誰よりも自分が好きだったのです。





258:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 22:28:46.10 ID:M5SpaHO40

たった一匹、ねこに見向きもしない、白い美しいねこがいました。

ねこは、白いねこのそばに寄って


ほむら「私は、100万回も死んだのよ!」

といいました。

白いねこは、

まどか「そっか」

と言ったきりでした。





260:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 22:33:27.48 ID:M5SpaHO40

ある日ねこは、くるくると三回宙返りをしていいました

ほむら「私、サーカスの猫だったこともあるのよ!」

まどか「そっか。」

ほむら「私は、100万回も・・・」


ほむら「そばにいても、いいかしら」


まどか「いいよ。」





262:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 22:37:26.65 ID:M5SpaHO40

白いねこは、可愛いこねこをたくさん産みました

ねこはもう

「100万回も・・・」

とは、決していいませんでした。

ねこは、白いねことたくさんのこねこを、

自分よりも好きなくらいでした。





265:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 22:45:54.68 ID:2Opyq5fK0

やがて子ねこたちは大きくなって、それぞれどこかへ行きました。

ねこは、満足げにいいました。

ほむら「あの子たちも、立派なのらねこになったね」

まどか「そうだね」

そして、グルグルと優しく喉をらならしました。

白いねこは、すこしおばあさんになっていました。

ねこは、いっそう優しくグルグルと喉を鳴らしました。


ねこは、白いねこと一緒にいつまでも生きていたいと思いました。





266:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 22:46:49.36 ID:p1oC9zjj0

せつねぇ





267:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 22:50:32.48 ID:2Opyq5fK0

ある日、白いねこはねこのとなりで、静かに動かなくなっていました。

ねこははじめてなきました。

夜になって

朝になって

また夜になって

朝になって

ねこは100万回も泣きました。

朝になって

夜になって

ある日のお昼に、ねこは泣き止みました。



ねこは 白いねこの となりで しずかに うごかなくなりました。





おわり





269:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 22:52:35.83 ID:2Opyq5fK0

いやあ、難しい
これはいつかもっと上手いひとにぜひやって欲しい





272:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 22:55:44.53 ID:eKEBI1gY0

>>269
やっぱテーマが明確な分、返って弄りづらいんだろうな
けど上手く纏まってたぞ、乙です





271:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 22:55:22.45 ID:ce8PKZBT0

しんみりするわ





275:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 22:58:20.16 ID:hcLwu7Yu0







276:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 22:59:07.99 ID:Xhizzi830

よくやったよ






287:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 23:11:05.32 ID:giGXbmCM0

まどか「むかーしむかし、ある雪の降る家に、貧しいおじいさんとおばあさんがすんでいました。」


さやか「おじいさん、おじいさん」

杏子「どうした?」

さやか「もうすぐ年越しだっていうのに、おモチがありません。これじゃあ年は越せませんよ」

杏子「それじゃあこのかさを売って、年越し用のおモチを買おう」

さやか「風引かないようにしてくださいねー」

杏子「へへっ、大丈夫だよ。んじゃ、ちょっくらいってくるよ」





291:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 23:22:10.95 ID:giGXbmCM0

まどか「ところがおじいさんのかさはまるで売れません」


杏子「ちぇっ、全然売れないじゃんか。そろそろ吹雪になりそうだし、ばあさんに心配かけちゃ悪いから、そろそろしまいにするか」


杏子「あー。こんな寒いなかわざわざ出てきて損したなぁ」


まどか「おじいさんがあるいていると、7体のお地蔵様が、雪をかぶっていました」


杏子「お地蔵様もこんななか立たされて、寒いだろうなぁ。そうだ!」





292:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 23:23:11.83 ID:eKEBI1gY0

しかし毎回カップリングが基本に忠実だなwww





293:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 23:26:19.28 ID:AX238oBe0

一番信心ありそうなあんこがハマリ役杉





295:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 23:29:19.22 ID:xcz4k67d0

かさじぞう懐かしい





298:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 23:35:34.22 ID:giGXbmCM0

ガサゴソ

杏子「お地蔵様、売れ残りで悪いけど、せめてこれでも使ってください」


まどか「おじいさんは、それぞれのお地蔵様に一つずつ、かさをかぶせていきました」


杏子「よーし、これでお地蔵様も・・・あっ」

杏子「まいったな、かさが1つたりねー・・・そうだ!」

パサッ

まどか「かさが足りないお地蔵様には、おじいさんがつけていたかさをつけてあげました」


杏子「あたしの使い古しでわるいね。でも、お地蔵様なら分かってくれるよな」





299:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 23:41:39.58 ID:giGXbmCM0

杏子「うぅさむっ!ばあさん、ばあさーん、帰ったよ!」

さやか「おじいさん!」

ガラッ

杏子「いろりいいい!」

さやか「ちょっと、雪を落としてくださいよ!」

杏子「ん、あぁ、わりいな」

さやか「そんなに売れたんですか?」パンパン

杏子「いや、それがさ」





306:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/06(金) 23:54:31.80 ID:giGXbmCM0

さやか「へぇー、そんなことがあったんですか!きっと、ご利益がありますね!」

杏子「ははっ、これでモチがなくてもとしが越せるよ」

さやか「あーぁ、でもやっぱりおもちは欲しかったですね」

杏子「言ったってしょうがないさ。それよりばあさん、腹減ったよ」

さやか「てっきりおもちが食べられる物かと思ってたから、なにもないですよー」

杏子「えぇー、漬物くらいはあるだろ?」

さやか「たべちゃったでしょー」

杏子「そうだっけかー?まま、そんな日もあるって。腹が減っても飯がなけりゃ、とっとと寝ちまおうや」

さやか「うぅ、おもち・・・」





316:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/07(土) 00:03:03.92 ID:wqfRfb9F0

杏子「くぁー、くぅー」

さやか「すー、すー」


ドサッドサドサッ

さやか「・・・?どなた?」

ガラッ

さやか「わっ、これ・・・あっ!おじいさん、おじいさん!」

ゆさゆさ

杏子「な、なんだよこんな時間に?」

さやか「あれ!あれ見てください!」





318:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/07(土) 00:10:22.27 ID:wqfRfb9F0

杏子「なんだこれ!米に、野菜に、モチもあるじゃねーか!」

さやか「そっちもそうですけど、あれ!」

杏子「あっ、お地蔵様!」

さやか「ご利益が、あったんですよ!」

杏子「これで、年が越せるな!」

さやか「はい!」


まどか「こうしてふたりは、楽しいお正月をむかえました」




おわり





319:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/07(土) 00:11:54.39 ID:bHj9A7hB0

乙です





321:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/07(土) 00:13:17.25 ID:+r/Qrtdd0


和めた





326:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/07(土) 00:21:06.93 ID:+r/Qrtdd0

さやかにちゃんがかわいすぎて生きるのが辛い









  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: