Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  まどか「ほむらちゃんのカチューシャ美味しいペロペロ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
単なるマジキチSSじゃなかった。もっと斜め上を行くマジキチSSであった。
クソワロタwww乗っ取りでこんな発想できる作者に管理人はなりたい乙!!!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 18:57:30.02 ID:Ku79Y+150

まどか「はい!これ返すね」

カチューシャヌトヌト

ほむら「…」

まどか「つけないの?」

ほむら「えっえぇ…」

まどか「あ、鏡がないから付ける位置がわからないんだね」

ほむら「そういうことにしておくわ…」

まどか「じゃあつけてあげる!」

ベトォ

まどか「ほむらちゃんの髪が唾液だらけで可愛い!」

ほむら「……」

さやか「うわっきたな!」






4:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 19:02:52.47 ID:Ku79Y+150

まどか「ほむらちゃんのソウルジェムの指輪美味しいペロペロ」

ほむら「…」

まどか「はい!これ返すね」

ソウルジェムヌトヌト

ほむら「…」

まどか「つけないの?つけてないと危ないよ?」

ほむら「えっえぇ…」

まどか「あ、私が左手薬指につけてあげる!」

ほむら「えっその指じゃ…」

まどか「手かして!」

ヌルッベトォ

まどか「ほむらちゃんの左手薬指が唾液だらけで可愛い!」

ほむら「……」

さやか「うわっきたな!」





9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 19:12:41.84 ID:Ku79Y+150

まどか「ほむらちゃんの魔法少女の紋章のある中指美味しいペロペロ」

ほむら「…」

中指ヌトヌト

ほむら「…」

まどか「ふやけてしわしわになってるね!」

ほむら「えっえぇ…」

まどか「あ、代わりに私の指舐めてみる?」

ほむら「えっ遠慮するわ…」

まどか「はい!」

ほむら「むぐ!」

まどか「ほむらちゃんの口内暖かくて気持ちいい」

ほむら「はひまわはなひへ」

さやか「うっわー…」





14:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 19:22:13.35 ID:Ku79Y+150

まどか「ほむらちゃんの口内って美味しそうだよね」

ほむら「…」

まどか「牛タンって舌だし…美味しいよね」

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃんべーして」

ほむら「…べー」

まどか「ほむらちゃんの舌美味しいペロペロ」

さやか「あんたら何教室でベロチューしてんの…せめて隠れてしなよ…」





8:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 19:10:30.85 ID:8q9NnEyJ0

いいぞもっとやれ





18:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 19:40:51.18 ID:tAp0civl0

なにげに左手薬指に指輪をはめるまどっちかわいい





19:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 19:49:55.02 ID:2OuyB0Nl0

まどか「ほむらちゃん、今日はほむらちゃんのパンツ舐めさせて」

ほむら「それは…ちょっと…」

まどか「駄目なの?」

ほむら「……」

まどか「いいでしょ?」

ほむら「ごめんなさい…だってパンツだなんて」

まどか「ええー」

ほむら「そんなの完全に…へ、変態じゃない…」

まどか「!?」

さやか「うわ、凄い心外って顔してるよこの子」





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 19:58:29.43 ID:2OuyB0Nl0

まどか「ほむらちゃんに変態呼ばわりされちゃった…」

まどか「パンツ舐めるのってそんなにおかしいかなあ」

まどか「でもほむらちゃんのパンツ舐めたくてたまらないよぉ」

まどか「そうだ!マミさんに相談してみよう!」



~マミホーム~

ピンポーン

マミ「はーい、あら鹿目さん」

まどか「こんにちはマミさん、いきなりお邪魔してごめんなさい。今お時間大丈夫ですか?」

マミ「ええ、平気よ」

まどか「今日はマミさんに相談があって…」

マミ「相談?…まあとりあえずあがって頂戴」





26:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 20:08:54.67 ID:2OuyB0Nl0

マミ「はい、お茶どうぞ。今日はちょっと趣向を変えて、中国茶よ」

まどか「ありがとう、マミさん」

マミ「それで、相談って何なの?」ズズー

まどか「実は…ほむらちゃんのパンツが舐めたくてたまらないんです」

マミ「ぶはっ!?」

まどか「マミさん!?」

マミ「げほっげほっ」

まどか「大丈夫ですか?マミさん」

マミ「こ、こっちの台詞よ!いきなり変なこと言うからびっくりしちゃったじゃない!」





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 20:14:02.92 ID:2OuyB0Nl0

まどか「変なことって…」シュン

マミ「……」

まどか「やっぱりマミさんもパンツ舐めるなんて変態だって言うんですか?」

マミ「鹿目さん…貴方疲れてるのよ…」

まどか「うー…」

マミ「お茶でも飲んでゆっくり休みなさい」

まどか「…はい…」

マミ「ほら、今日のこのお茶凄いのよ」

まどか「…?なんですかコレ…ガラスポットの中にお花が咲いてる…綺麗…」

マミ「これはね、工芸茶っていうのよ。可愛いでしょう」

まどか「はい…すごく素敵です…」





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 20:16:17.57 ID:TudKhpP70

えっ 
ほむほむのパンツ舐めたいって思うのは普通じゃなかったのか





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 20:23:57.28 ID:EdraZMI20

         ,.. -y======┐.、
       /:::::::/      ヽ:\
      /:::::::::ノ  .まどか.  \::ヽ
      /__/      ∞     \',   
     [___________]
     |:::::::::l::::::::/-/_|///,' |::/|:::i;:::::::|     >>28
     |::::,/|:::::::::l:/,__!_-`/ レ-rA::::|::|
     l:::i、 |::::::r' {,J/`   z-r.l:::|::!     ええ
     /::::::::i:::::::| ,,,`´    じ' /::lレ'
    /:::::::::::l:::::|ト、   __ ' ,,, ノ:::/      残念ながらパンツは舐めるものじゃないのよ
    /:::r -、_|l:::||ヽ、ヽ、 __ ,.. イ::::/
  . /::/     、:|ゝ、` ̄7:::L、/:::/
  /::/   r'´ヾ{ ̄ヽ--t->イ:::/
  /::/    ヽ ヽ  ヲ, {` /:::,イ





29:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 20:22:46.21 ID:8CS2V+gP0

普通だろ





32:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 20:24:16.55 ID:2OuyB0Nl0





まどか「うーん、なんでみんな理解してくれないんだろう」

まどか「結局マミさんにも変態扱いされちゃった…」

まどか「でもあの工芸茶っていうの、素敵だったなあ」

まどか「……」

まどか「そうだ!」ピコーン

まどか「舐めるから変態扱いされちゃうんだ!煎じて飲めばいいんだよ!」

まどか「工芸茶みたいにガラスポットの中にパンツを飾れば見た目も華やか!」

まどか「これならみんなに理解してもらえるよ!」





34:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 20:29:19.53 ID:2OuyB0Nl0

次の日


まどか「そういうわけだから、ほむらちゃんのパンツ一枚ちょうだい!」

ほむら「……」

さやか「マジキチだわこの子」

まどか「ええー?みんなこのアイディア分かってくれないの?」

ほむら「ええっと…」

さやか「さすがにさやかちゃんもドン引きだわ」

まどか「そんなぁ」シュン

ほむら「……わかったわ」

まどか「!」





45:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 21:00:08.70 ID:2OuyB0Nl0

さやか「ええっ!あんた本気!?」

ほむら「一枚でいいなら…」スルスル

さやか「ちょ、こんなところで!」

まどか「ありがとうほむらちゃん!もう授業なんか受けてる場合じゃないよ!」ガタッ

まどか「さっそく作ってくるよ!おパンTeaを!」タタタタ…

さやか「あの子最後おもいっきりドヤ顔してたわ」

ほむら「……」

さやか「本当によかったの?あの子マジでおパンTea作って啜ると思うけど」

ほむら「これでまどかが満足してくれるなら…」





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 21:06:24.97 ID:2OuyB0Nl0

次の日


まどか「ほむらちゃん!ありがとう!おパンTeaすっごく美味しかったよ!」

ほむら「そう…」

さやか「朝から話題がきっついわー」

まどか「それでね、ほむらちゃんにお礼にね」ゴソゴソ

ほむら「?」

さやか「悪い予感しかしない」

まどか「私のおパンTea作ってきたの!」ドーン!!

ほむら「!?」

さやか「この子あたまおかしい」

まどか「どう…かな…?」ドキドキ

さやか「やめなって、まどか。困ってるじゃん」

ほむら「…素敵…」

さやか「!?」

まどか「ほんと!?」





52:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 21:08:05.81 ID:VyToO4zx0

え、何これは(ドン引き)





53:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 21:11:30.04 ID:S18Mj5rX0

え、何これは(wktkが止まらない)





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 21:17:36.97 ID:2OuyB0Nl0

ほむら「ええ、これ飲んじゃっていいのよね?」ドキドキ

まどか「うん!出涸らしになるまで飲んで欲しいなっ」

さやか「えええ、本気?」

ほむら「本気よ…だってこれ…まどかの愛がこもってるもの…」

まどか「えへへ、照れちゃうな」

さやか「引くわー…本気で引くわー」

さやか「あたしには理解できない世界だわー…」

まどか「そんなことないよ、さやかちゃん。」

まどか「さやかちゃんだって、上条君のおパンTeaだったら嬉しいでしょ?」

さやか「恭介のおパンTea…?」

さやか「恭介の…おパン…Tea…!!」





58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 21:18:14.06 ID:1OE8Swk50

さやか…





60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 21:22:15.45 ID:TudKhpP70

さやかちゃん・・・(ドン引き)





62:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 21:25:56.39 ID:2OuyB0Nl0





さやか(うーん…恭介のおパンTeaかー…)

さやか(うう、あの二人のせいで変な方向に目覚めちゃいそう)

仁美「あの…さやかさん?」

さやか「え!?な、なに?」

仁美「どうかなさったんですか?今朝からずっとボンヤリしてますけれど」

さやか「い、いやいや何でもないよ!なんでもない!」

仁美「そうですか…」

さやか「……」

さやか(仁美は…)

さやか(恭介のおパンTea…飲みたいって思うのかな…)





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 21:35:12.76 ID:2OuyB0Nl0

さやか「あのさあ、仁美」

仁美「はい?」

さやか「仁美はさ、恭介のパンツを…煎じて飲んだりとかって」

仁美「!?」

さやか「あ、いや、ゴメンあたし何言ってるんだろね、アハハ…」

さやか「いやさ、まどか達が今朝、おパンTeaとか言って…」

仁美「ごめんなさいいいいい!!」ドゲザァッ!!

さやか「!?」

仁美「出来心だったんですの!!一枚だけしか盗んでません!!許して下さい!!」

さやか「…あんた…何を…」





68:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 21:44:06.21 ID:2OuyB0Nl0





仁美「では…淹れてまいりますので、こちらでお待ちください」

さやか「……」

さやか(恭介への口止めの対価がおパンTea一杯だなんて)

さやか(あたし、まどか達と同じレベルの変態だったんだ…)

さやか(でも…変態と言われようと…なんと罵られようと…)

さやか「…恭介のおパンTea、飲みたいんだもん…」





70:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 21:51:09.30 ID:2OuyB0Nl0

仁美(ごめんなさい…さやかさん)

仁美(上條君のパンツは…食べてしまいました…)

仁美(けれどそれを言ったら、貴方は怒り狂って全てをバラしてしまうでしょう)

仁美(私も女の子ですもの…そんなの耐えられません)

仁美(ここは、お父様のパンツで誤魔化させていただきます…)

仁美(本当にごめんなさい…)





仁美「出来ましたわ」

さやか「これが…恭介のおパンTea…」ドキドキ





71:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 21:51:36.08 ID:8CS2V+gP0

おいwwwwwwww





73:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 21:52:36.85 ID:TudKhpP70

最低wwwwww





74:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 21:55:13.07 ID:V1rATw070

こんなの絶対おかしいよ





76:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 21:59:28.34 ID:2OuyB0Nl0

仁美「冷めないうちにお召しあがり下さいませ」

さやか「……」ドキドキ

さやか「……」クンクン

さやか「……?」

仁美「…どうしましたの?」

さやか「違う…」

仁美「!?」

さやか「これは恭介のおパンTeaじゃない!偽物だ!」





77:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 22:01:06.60 ID:PK8tf/xY0

さやさやすごい





78:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 22:03:38.86 ID:pWcmjbY/0

おパンTeaマイスターだったか





80:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 22:05:33.05 ID:TudKhpP70

一流芸能人もびっくり





81:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 22:07:18.12 ID:VyToO4zx0

なんだこれwwwwwww





82:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 22:09:03.40 ID:2OuyB0Nl0

仁美「そ、そんな…」

さやか「あたしにはわかるよ!これは恭介の匂いじゃない!」

さやか「そもそも恭介は白ブリーフ派なんかじゃない!」

仁美「!!…ううう…」ガクッ

さやか「仁美…あんた、あたしを騙そうとしたね!」

仁美「ごめんなさい…ごめんなさい…」

さやか「なんでこんな事を…恭介のパンツは!?」

仁美「食べてしまいました…」

さやか「oh...」





86:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 22:19:42.90 ID:2OuyB0Nl0

仁美「上條君に…バラされたくなかったんです…」

仁美「ごめんなさい…本当に、ごめんなさい…」

さやか「…仁美…」

さやか(…許せない…でも…)

さやか(もし逆の立場だったら?あたしは同じ事をしないって言えるだろうか)

さやか(まどか達の事だって、あたしは二人をあんなに変態呼ばわりしたくせに)

さやか(今では恭介のおパンTeaに必死になってる)

さやか「……」

仁美「…うう…」

さやか(あたしも仁美も…人は皆、弱い生き物なんだ…)





91:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 22:29:16.78 ID:2OuyB0Nl0

さやか「仁美」

仁美「…はい…」

さやか「あたし、あんたを許すよ」

仁美「!!」

さやか「あんたの気持ち、わかるもん」

仁美「さやか…さん…」ポロポロ

さやか「ほら、泣かないで。顔を上げなよ」ナデナデ

仁美「うわああん!さやかさん!さやかさぁん!」ギュッ

さやか「泣かないでって。恭介のパンツの一枚や二枚、かまいやしないって」

仁美「ありがとう…本当にありがとうございます…」

さやか「だから今度、恭介のパンツの入手方法教えてね」



こうして精神的に一回り大きくなったさやかちゃんは
絶望することなく魔法少女として活躍した
ほむほむは対人活動において大いにサポートを受け
ワルプルギスの夜撃退に成功したという

おわり





92:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 22:29:57.12 ID:VyToO4zx0

クソワロタwwwwwwww







95:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 22:30:39.82 ID:tLUTQgoU0

乙ェー





96:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 22:30:46.42 ID:S18Mj5rX0

終わりかいwww
乙っつつつ





98:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/13(金) 22:31:46.92 ID:9syjPpNk0

乙!

あれ?杏子は?








  

【 関 連 記 事 】


感動した
[ 2012/01/29 04:42 ] [ 編集 ]
現代人が忙殺される日々の中で失ってしまいがちな心の柔らかい部分を、瑞々しくもシニカルな視点で鮮やかに切り取って見せる>>1の手腕にいち童貞として少なからず感銘を受けた。
[ 2012/01/29 15:22 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/05/31 14:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: