Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  まどか「ワルプルギスのマミ?」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
巴マミ=ワルプルギスの夜という中の人繋がりだね。また鹿目タツヤもだからから一人三役か。
どうでも良いけどマミプルギスで何故かワロタwww語呂が良すぎでしょこれ・・・乙。


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 02:20:32.60 ID:MEStTA1s0

ほむら「それが絶望して魔女になった今の巴マミよ。この街に災厄を振り撒く前に退治しないといけないわ。」

まどか「分かった、ほむらちゃん。」


マミ「♪~」テクテク


まどか「ってほむらちゃん、マミさん普通に居るよ!?」

ほむら「騙されては駄目よまどか!!アレは魔女よ。世界に絶望を振り撒く魔女なの!!」

まどか(ホントかなぁ…)

ほむら「くそっ、マミプルギスめ!!結界も無しに現れるなんて…ここでは人目につくかもしれない。後を追って人目の無いところで倒しましょう。」

まどか「う、うん…。」






2:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 02:22:07.37 ID:6zz1AJ1Ci

中の人つながり





4:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 02:27:31.64 ID:/2gpQEFO0

たっくんェ…





5:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 02:27:56.10 ID:MEStTA1s0

マミ「♪~」テクテク

まどか「あっ、マミさんがスーパーに入って行くよ!!」

ほむら「マミプルギス!!スーパーに災厄を振り撒くつもりね!!」


マミ「…」モグモグ

マミ「…」ニコッ

マミ「…」スタスタ

まどか「…試食をしてるみたいだね。」

ほむら「まどか!!アレを見てマミプルギスの悪事に気付かないの?」

まどか「えっ?まさか試食品に毒とか??」

ほむら「違うわ!!もっと悪い事よ!!今、マミプルギスが何をしたかちゃんと見てた?」

まどか「えっ…試食品つまんで…そのまま去っただけだよね!?」





7:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 02:35:51.34 ID:MEStTA1s0

ほむら「去っただけですって…貴方の目は節穴なの?
マミプルギスは試食品を食べるだけ食べて…買わなかったのよ!!
見て、あのスーパーのおばちゃんの絶望した顔!!二つも食べたのに買わなかったのよ!!
どう見てもマミプルギスは悪そのものだわ!!」

まどか「それぐらい私もよくやるよ…」

ほむら「まどかは私を信じないって言うの?いいわ!!決定的瞬間を捕まえて魔女だって事を証明してあげる!!」





9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 02:49:44.69 ID:MEStTA1s0

マミ「♪~」

まどか「あっ、マミさんお会計してるみたいだよ。」

ほむら「決定的瞬間を捉えたわ!!見なさい、まどか。マミプルギスの手元を‼」

まどか「?」

ほむら「あれこそ悪の化身よ!!」

まどか「…まさかマミさんが万引を!?」

ほむら「惜しいわね、まどか。でも違うわ。マミプルギスは一万円札を出したのよ!!
高々586円の買い物で!! お釣りの9,414円を出す店員さんのあの全てを諦めた顔…
マミプルギスは悪そのものよ!!」

まどか「たまたま…小銭が無かっただけなんじゃ…」

ほむら「それにほら!!エコバッグを使ってない!!エコバッグを使わないで地球環境を破壊するつもりよ!!」

まどか「スーパーの袋って三角コーナーのゴミとか捨てる時に重宝するんだよね。」





14:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 03:03:04.43 ID:MEStTA1s0

マミ「♪~」

まどか「スーパーから出て…どこに行くのかな?」

ほむら「何をするかは分からないけど、後を追うわよ!!」

メグマレナイコドモタチニアイノテヲー
マミ「♪~」チャリン

ほむら「酷い、酷過ぎる…なんて事なの。あんまりだわ!!」

まどか「マミさん、募金してるけど…?」

ほむら「あの募金は育英会のものよ。それなのに募金するなんて…。」

まどか「?」

ほむら「あの育英会は主に交通遺児の支援を対象にしたNPOよ…そして巴マミも交通遺児。募金をする事によって交通遺児同士の序列付けをしようと企んでいる事は間違い無いわ!!」

まどか「その発想になるほむらちゃんが怖い…。」





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 03:10:35.91 ID:MEStTA1s0

イラッシャイマセー
マミ「♪~」

まどか「マミさんが喫茶店に入って行くよ。」

ほむら「お一人様でウェイトレスを困惑させるつもりね!!絶望させるためには自らの犠牲も厭わない、まさに純粋悪ね…」

アリガトウゴザイマシター
マミ「♪~」

まどか「すぐに出て来たけど…」

ほむら「…」





18:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 03:14:47.81 ID:MEStTA1s0

まどか「あっ、なんか提げてるね。」

ほむら「油断したわ。まさか喫茶店で茶葉を買うなんて…」

まどか「?」

ほむら「あの茶葉は恐らくアールグレイ…ピカード艦長も愛飲してる茶葉よ。それをあんな事に使うつもりなんて…マミプルギス、許すわけにはいかないわ。」

まどか「ここへ来て更に話が読めなくなった…ピカード艦長?」





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 03:33:00.22 ID:MEStTA1s0

ほむら「宇宙連邦の航宙艦、ギャラクシー級エンタープライズ(NCC-1701-D)と
ソヴェリン級エンタープライズ(NCC-1701-E)の艦長を勤め上げた伝説的な人物よ。
Qやボーグとのファーストコンタクト、クリンゴンと連邦の関係改善など功績は枚挙に暇が無いわ。
そして紅茶好きでレプリケーターに"Tea, Earl Grey. Hot."と注文する台詞は一世を風靡したの。」

まどか「うん、訳が分からないよ!!」

ほむら「茶葉の話に移るわ。アールグレイはベルガモットの香りを付けた紅茶で柑橘類系の臭いがするフレーバードティーよ。」

まどか「それで?」





21:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 03:37:43.05 ID:MEStTA1s0

ほむら「柑橘類の臭いは人の体液、特に汗や尿に近い臭いと言われているわ。
つまり…マミプルギスを放置していたら紅茶と偽って汗やオシッコを飲まされる事になるわ!!」

まどか「ほむらちゃんはマミさんに早く謝った方がいいと思う、土下座で。」

ほむら「おのれ、マミプルギスめ…。」





22:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 03:40:00.26 ID:Fa9p5H610

一体、何がほむほむをここまで駆り立てているのか気になって仕方ない





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 03:47:57.25 ID:MEStTA1s0

マミ「あら?鹿目さんに暁美さん。どうしたの、こんなところで?」

まどか「あ、あの…その…」

ほむら「くっ…こんなところで…」

マミ「…」ジーッ

マミ「!!」ポンッ

マミ「あらごめんなさい。野暮な事を聞いちゃって。邪魔してごめんなさいね。」ニヤニヤ

まどか「あっ、マミさん。」

マミ「それじゃ、ごゆっくりぃ」ニヤニヤ

まどか「あっ、行っちゃった。」





25:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 03:53:04.25 ID:MEStTA1s0

ほむら「マミプルギスめ…私とまどかが付き合ってるなんて噂を流すつもりね。いくら私とまどかがラブラブとは言えなんて事を…。恐ろしい程狡猾な魔女ね。」

まどか「付き合ってないし、ラブラブでもないし、今のほむらちゃんとは正直関わり合いになりたく無いな…」

ほむら「マミプルギス!!許せないわ!!幸いここは人通りが少ない…ここで追撃して…」ブツブツ





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 03:57:06.73 ID:MEStTA1s0

ほむら「マミプルギス!!覚悟!!」ドギャアアン

まどか「わっ、ほむらちゃん駄目だよ!!」ガシッ

ほむら「離しなさい、まどか!!私はマミプルギスを!!」ジタバタ

まどか「ほむらちゃん!!ダメだって!!」

マミ「やっぱり…」

まどか「マミさん!!」
ほむら「マミプルギス!!」

マミ「…ごめんなさいね。」タァアンッ

ほむら「…」ガクッ

まどか「マミさん?」





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 04:05:14.77 ID:MEStTA1s0

まどか「マミさん、なんで…ほむらちゃんを…」

マミ「安心して、麻酔弾だから。」ニコッ

マミ「さっき会った時、暁美さんの様子がおかしいと思ってたのよ。そう思ってたらやっぱり…」

まどか「?」

マミ「ほら、ここに魔女の刻印があるわ。暁美さんがおかしかったのはコレのせいよ。」

まどか「元に戻るんですか?」

マミ「気がつく頃には正気に戻ってると思うけど…流石にここに放置してく訳にもいかないから…うちに連れて行きましょう。」

まどか「分かりました。でも良かったです、おかしかったのがほむらちゃんで。ほむらちゃんにマミさんがワルプルギスのマミになったとか聞かされてどうしようかと思ってました。」

マミ「ワルプルギスのマミ?面白い冗談ね。」





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 04:11:35.60 ID:MEStTA1s0

マミ「暁美さんはベッドに寝かせておいて…っと。」ドサッ

ほむら「…」スヤスヤ

まどか「すみません、マミさん。」

マミ「良いのよ。でも暁美さんが魔女の刻印付けられるなんて…。」

まどか「ほむらちゃん、色々抱え込むタイプだから…。」

マミ「まぁ、暁美さんには今日ゆっくり休んで貰いましょう。」

まどか「ええ。」

マミ「あっ、そうだ。今日新しい紅茶の茶葉買って来たの。暁美さんはここに寝かせといて…ちょっと一服しましょ?」

まどか「分かりました。」





34:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 04:14:34.80 ID:MEStTA1s0

マミ「この紅茶、アールグレイって言うの。」

まどか「ベルガモットの香りですね。」

マミ「ええ。鹿目さん、詳しいわね。」

まどか「え、ええ。」

マミ「さ、どうぞ召し上がれ。」

まどか「はい。」ゴクッ

まどか「?」

マミ「…どうかしら?」

まどか「この紅茶…いつもよりちょっとしょっぱいような…?」

マミ「」ニヤリ


おしまい





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 04:15:31.69 ID:+H5HsmvaP

乙ニヤリ





36:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 04:16:06.22 ID:lcTf1xGS0

なん…だと…

乙乙





38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 04:17:10.61 ID:MYalzt8S0

ど、どうなってしまうんだ・・・

まどかの運命はいかに・・・





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/01/23(月) 04:21:59.12 ID:MEStTA1s0

その後
・Aパターン
マミ「実は…レモンティーでした」

まどか「なぁんだ!!」

めでたしめでたし

・Bパターン
まどか「でも…すごく美味しいです。あの…お代わり…いただけますか////」

マミ「ふふっ、じゃ用意してくるわ」ニヤリ

マミさんの聖水中毒になったまどかの運命や如何に!?
以下略な安易なエロ

好きな方を想像しながらID腹筋していってね!!








  

【 関 連 記 事 】


汚いさすがほむほむきた……あ、あれ?
[ 2012/01/28 18:41 ] [ 編集 ]
Bパターン誰も損しないな。
[ 2012/02/11 02:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: