Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  ローラ「ここが雛見沢かー!ひろーい☆」【後編】

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
えっとーあのねーこれはローラ「ここが雛見沢かー!ひろーい☆」の後編なんだよー☆
まだ前編を読んでない人はさきに読んでねー!あ、でも後編も面白いからいっかー☆
あ、ウフフ笑いがキルバーンに見えてきたのはないしょだよー☆ウフフ☆乙!
関連SS
ローラ「ここが雛見沢かー!ひろーい☆」【前編】



397:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 19:58:55.41 ID:uSgWfDRC0

ハーイ☆

あのねーたこ焼き作ろうと粉をたーくさん練ってたのー!

そしたらねー!なんと、ホットケーキになっちゃったー!

とってもかなしー!あ、でもおいしー!ウフフ☆






398:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 20:00:00.54 ID:55WuiMVa0

あー!おかえりー☆





401:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 20:03:14.62 ID:AXLumVB3O

まってたよー





404:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 20:08:13.23 ID:PJSe0KP20

さあ・・・・始めましょう・・・・





405:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 20:08:51.58 ID:uSgWfDRC0

魅音「おっはよー!沙都子、梨花ちゃん!」

沙都子「おはようございますですわ、をほほほ!」

梨花「おはようなのです、にぱー☆」

レナ「はう~!今日も二人共かぁいいよお~☆」

ローラ「ほんとだー!すっごくカワイイー私もがんばろっと☆」



魅音「おっと、そういえば明日は綿流しだね!」

レナ「あっ、そうだったね~!すっかり忘れてたよ、はう」

沙都子「あらぁ~私はバッチリ頭に焼きつけておりましたわよ?」

魅音「今年も部活メンバーが暴れ回るよー!」

レナ「おー!」

沙都子「おーですわ!」

梨花「おーなのです!」

ローラ「おっけー☆」

レナ「梨花ちゃんの演舞も楽しみ楽しみ~っ」





423:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 20:28:17.11 ID:uSgWfDRC0

羽入「ここまでは順調ですね、梨花」

梨花「そうね……そして綿流しの夜に、鷹野と富竹が死ぬ」

羽入「こればかりは避けようがない運命なのです…」

梨花「…本当に、そうなのかしら」

羽入「ど、どういう意味なのですか?梨花」

梨花「私は、ただ私の大事な人達さえ救えればそれで良いと思っていたわ。……でも、」

羽入「……?梨花、まさか貴方は…」

梨花「ええ、そのまさかよ。……鷹野と富竹の死を、止める」

羽入「梨花、落ち着いて下さいっ!いくらなんでも、それは出来るはずがないのですよ!」

梨花「そんなのやってみないと分からないじゃない。そもそも二人の死から、私達の世界は歪み始めるのよ?」

羽入「そ…それは……でも…あう、あうあう」

梨花「だったら二人が死ななければ、惨劇そのものが始まらない…。そう考えても良いんじゃないかしら」

羽入「あうあう……あうあうあう。梨花、全てを求めるのはあまりに無謀過ぎますです」

梨花「分かってるわ。でも、救えるかもしれない命を見捨てて六月を越えても、なんだか夢見が悪いじゃない」

羽入「…梨花…ぼくは、ただ梨花が悲しむ姿はもう見たくないだけなのですよ…」

梨花「そう。じゃあアンタは黙って目を閉じてなさいよ、私は仲間達と一緒に考えるから」





433:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 20:52:49.37 ID:uSgWfDRC0

魅音「鷹野さんと富竹さんが……?」

沙都子「な…なんだか物騒な話ですわねぇ~…」

レナ「ほ、本当なの?梨花ちゃん」

梨花「説明をするのは難しいですが、これは間違いないのです」

ローラ「うそー☆それってとってもこわーい!」





447:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 21:28:11.22 ID:uSgWfDRC0

レナ「それなら二人にも知らせた方がいいんじゃないかな?かな?」

魅音「…だけどさ、私達子供の言うことをおとなしく聞き入れてくれるかねぇ」

沙都子「それは確かに難しいですわね…」

魅音「四六時中張り付いて守るってわけにもいかないしね」

ローラ「あ!そうだねー☆うーん!とってもむずかしいー!」





450:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 21:35:30.32 ID:uSgWfDRC0

沙都子「私の時のように、大石さんにお願いすることは出来ませんの?」

レナ「それこそ聞き入れてもらえないんじゃないかな。沙都子ちゃんの時とは違って、状況証拠すらないからね」

魅音「…まあこうしてたってラチがあかない!とにかく明日の綿流しの日は、極力二人から目を離さないようにしよう」

ローラ「おっけー☆がんばろっと!」

梨花「みんな…ぼくを信じてくれてありがとうなのですよ」

魅音「なーに言ってんの、当然じゃん!」

レナ「私達はみんな大事な友達だもん」

沙都子「お互いを信じなくてどうしますの?をーほほほ!」

ローラ「そうだよー!よかったねー☆私もうれしー!ウフフ☆」





453:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 21:44:57.11 ID:uSgWfDRC0

沙都子「みなさーん、こっちですわよー!」

梨花「こんにちはなのです」

魅音「やぁ~悪い悪い、準備に手間取っちゃってさぁ」

レナ「はう~!遅れてごめん~」

ローラ「綿流しとっても楽しみだねー!ウフフ☆」





詩音「あら?ローラさんじゃないですか、はろろ~ん☆」

ローラ「ハーイ☆ローラだよー!」

魅音「げっ!し、詩音!」

詩音「げっ、ってなんですか?失礼な…。みんなで遊ぶなら私も誘ってくれたって良いじゃないですか~」

沙都子「あら、詩音さん!なんだかご無沙汰してましたわねぇ」

詩音「まっ、いろいろバイトとか忙しくって。その分今日は遊びますよ!私も仲間に入れて下さいねっ」

ローラ「おっけー☆」

レナ「はう~!詩ぃちゃんも一緒だね、だね♪」

魅音「ぶーぶー!イジワル詩音はあっちいけーっ!」

詩音「べーっだ!」





456:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 21:49:06.53 ID:uSgWfDRC0

梨花「それではぼくは演舞の準備がありますから、行ってきますです」

ローラ「そうなんだー!とってもザンネンー!でもたのしみー☆」

詩音「期待してますよ、梨花ちゃま~!」





魅音「…さて、そんじゃ鷹野さんと富竹さんを捜すとしようか」

詩音「え?お祭りに繰り出すんじゃないんですか?」

沙都子「それが少し事情がありまして、二人を監視しないといけないんですのよ」

詩音「あらあら~。なんだかお祭りより面白そうな話ですね、ふふふ♪」

ローラ「えっとーそれはどうかなー?あっ、でももしかしたらそうかもね☆」





457:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 21:57:36.76 ID:uSgWfDRC0

詩音「二人のことですから、きっとその辺りで写真でも撮ってるんじゃないですか?」

ローラ「うそー!それってとってもたのしそー!」

レナ「二人で写真…。はう~ラブラブだねえ~…」

ローラ「なんだかちょっとやらしーね!ウフフ☆」

魅音「じゃあ全員で手分けして捜して、見つからなかった者はここに集合。そして戻ってきてない者のところに全員で向かって合流、ってことでいい?」

ローラ「おっけー☆バッチリー」

沙都子「ええ。では私は早速行きますわよ!」

レナ「レナはこっちの方を捜してみるね」

魅音「みんな、健闘を祈るよ!じゃー解散っ!!」





458:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 22:02:15.05 ID:uSgWfDRC0

ローラ「あ!一人になっちゃった、とってもさみしー!ウフフ☆」





鷹野「…あら、ローラちゃん。一人ぼっちでどうしたの?」

ローラ「うそー!あ!見つけちゃったー☆」

鷹野「あら、もしかして私とジロウさんを捜してたのかしら?」

ローラ「そうだよー!みんなで捜してたのー」

鷹野「……ふぅん、そうなの」





460:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 22:04:53.53 ID:uSgWfDRC0

鷹野「それなら私と一緒にみんなを待つことにしない?あっちにジロウさんもいるのよ」

ローラ「ほんとー!ありがとーとってもうれしー☆」

鷹野「いいのよ。……クスクス」





461:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 22:05:55.39 ID:ZfYm0kxk0

ローラたん逃げてー!





462:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 22:09:11.50 ID:Ga7BVOg1O

どきどき





463:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 22:10:53.64 ID:uSgWfDRC0

鷹野「この車の中にジロウさんもいるわよ…クスクス」

ローラ「あ、そうなんだー!それじゃおじゃましちゃおー☆」







富竹「…!?ローラちゃん、どうしてここに……す、すぐに逃げるんだ!」

ローラ「わー!すごーい!富竹さんたくさん手錠付いてるー!かわいそー☆」

鷹野「あらぁ、逃げる必要なんてないわよぉ……私達みんなで仲良くしましょ?」





464:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 22:12:49.50 ID:hnPLiATe0

富竹まだ生きてたか





466:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 22:14:29.58 ID:ZfYm0kxk0

時報寸前だったか





468:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 22:20:14.90 ID:uSgWfDRC0

富竹「三四さん…何を考えているんだ。今ならまだ引き返せる!こんなことは止めるんだ…っ!」

鷹野「あら、嫌よぉ…。私は"この日の為"に今日まで生きてきたんだから…」

ローラ「そうなんだー!よくわかんないけどすごいねー☆」

鷹野「今日が雛見沢の終わりの始まり…!私達の死は引き金に過ぎない…!!」

ローラ「ウフフ☆え?あ、ごめんねー!よく聞こえなかったのー」

鷹野「古手梨花の死によってもたらされる雛見沢の死…。そして、私は全く新しい伝説の神となって生き続ける!そう…"オヤシロさま"としてッ!!」

ローラ「うそー!ほんとー?がんばってー☆」

鷹野「…………貴方、今の状況分かってるのよね?」

ローラ「わかってるよーとってもこわーい☆ウフフ!」





469:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 22:22:41.09 ID:Ga7BVOg1O

クソッwwwローラ緊迫感ねぇww





473:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 22:29:52.86 ID:uSgWfDRC0

鷹野「…何故かしらぁ。私、ずぅ~っと前から貴方にイライラしてた気がするわぁ…」

ローラ「えー!そんなのひどーい!だめだよそんなこと言ったらー!ウフフ☆」

鷹野「…………ジロウさんの前に貴方から片付けてあげようかしら。死体は二つあればいいけど、隠せば問題ないものねぇ」

ローラ「そういうことは言ったらだめだよ」

鷹野「っ…!あ…、あらあら、何よ。凄んだって無駄よ、こっちには銃があるんだから。クスクス…」

富竹「や…やめろ、その子は何も関係ないッ!!」

鷹野「関係ならあるわよぉ…?貴方なのよねぇ、私が蒔いた絶望の種をことごとく踏み潰して邪魔してくれたのは…」

ローラ「えっとねー!よくわかんないけどそうかもね!ウフフ☆」

鷹野「おかげで台無し…。いったいどんな手を使ったのかしらぁ、最期に教えてくれない?」

ローラ「そうだねー!どうしよっかなー、うーん、おっけー☆」





478:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 22:41:34.76 ID:uSgWfDRC0

ローラ「あ!でもやっぱりやーめた☆ウフフ、ごめんねー」

鷹野「ッ…この!私のことを馬鹿にして…ッ!!」

富竹「…!!や、やめ……」











魅音「そこまでだよ」



鷹野「…!?」

レナ「あっ、動かないで下さいね。私の鉈が鷹野さんの首を狙ってますから」

詩音「ちなみに私のスタンガンも、鷹野さんの大事なとこに当たってますからお忘れなくです☆」

沙都子「ローラさん!お怪我はありませんこと!?」

ローラ「うん!おっけー☆だいじょうぶー!」

富竹「き…君達っ…」

梨花「富竹が手錠プレイをされているのです、かあいそかあいそなのですよ。にぱー☆」

鷹野「どっ…どうしてここが…?や、山狗は何をしているのよ…っ!?」

魅音「はーい、傾注傾注ー!鷹野さーん、山狗ってのはこいつらのことー?」

詩音「車のまわりを固めてらしたんで、軽くのしておきました♪」

沙都子「よわよわのへぼへぼでしたわね~!をーほほほほ!」

山狗A「す…すんません、こいつらガキのくせになんか妙に強くって…っ」





493:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 22:58:20.57 ID:uSgWfDRC0

鷹野「な…なるほどね、ムダ話をして時間を稼いでたってわけ…」

ローラ「そんなことないよー!ウフフ☆あ、でもそうかもね!」

魅音「レナ、富竹さんの手錠を切ってあげて」

レナ「うん。……少しじっとしてて下さいね?」

富竹「あ、ああ…くれぐれも慎重に頼むよ」

鷹野「けど居場所を知らせる暇はなかったはず…。この子の後を追ってきたとでもいうの?」

沙都子「おあいにく様ですわね、それは鷹野さんの運が悪かっただけですのよ」

詩音「梨花ちゃまが突然駆けてきたんですよ、演舞の準備もほったらかして」

レナ「『ローラが鷹野に捕まったのです』、って梨花ちゃんが偶然見かけたみたいで、私達に教えに来たんです」

梨花「にぱー☆ぼくはオヤシロさまの巫女ですよ、ぼくの目はごまかせないのです」





504:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 23:05:49.50 ID:uSgWfDRC0

羽入「あうあうあう~…ぼくなのです!ぼくが梨花に教えたのですよ!?梨花~っ!」

梨花「ああもう、うるさいわね。あの場でそんな説明する時間なかったでしょう?」

羽入「あうあう!あうあうあう~!!」

梨花「ていうかさっきのアンタ、鷹野が犯人だって分かってたような口振りだったじゃないの」

羽入「そそっ、それは、えとあのその~…っ」

梨花「その辺は後でじっくり聞かせてもらうわよ、激辛キムチのおかずにね」

羽入「あう!?あうあうあう…!!」

梨花「……でも、ありがとう。羽入。あなたがいなかったら、多分ローラを助けられなかった」

羽入「……り、梨花…」

梨花「信じてくれたんでしょう?私達を。そして、誰よりもローラのことを。だから力を貸してくれたのよね?」

羽入「……そうかもしれないし、そうじゃないかもしれません」

梨花「何よ、煮え切らないわね?」

羽入「……確かに、ぼくも今回の世界に全てをかけてみたくなったのかもしれません」

梨花「そう、じゃあ私と一緒ね」

羽入「……いいえ、梨花。ぼくと貴方は違います」

梨花「はぁ…。アンタね、さっきから何が言いたいのよ?」

羽入「……直に分かりますですよ」





516:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 23:22:53.19 ID:uSgWfDRC0

富竹「…君は、負けたんだ」

鷹野「…………ジロウ、さん」

富竹「さあ、もう行こう。…君はまだ何もしていない。今なら、やり直せるんだ」

鷹野「…………ジロウさん、そんな言葉はやめて。惨めなだけだわ…」

富竹「…………」

鷹野「一人で、歩けるから」







魅音「よっしゃ!部活メンバーの大勝利~っ!」

レナ「はう~…なんとかなったねぇ」

沙都子「はぁ…なんだか力が抜けましたわ…」

詩音「私もです…。実際かなーり危ないとこでしたよね、これって…」

ローラ「うそー!ほんとー?あ、でもね、私もとってもこわかったー!ウフフ☆」

魅音「でも、びっくりだね。鷹野さんがあんなことするなんて…」

レナ「梨花ちゃんを殺す…とか、そういう話もしていたんだよね?」

梨花「はいですよ、この耳でしっかり聞いたのです」

沙都子「でもそんなのどうやって聞いたんですの?」

梨花「にぱー☆」

ローラ「よくわかんないけどすごーい!あ、そういえば私もそういう話を聞いたかもしれなーい☆」

詩音「梨花ちゃまはともかく、ローラさんは絶対に嘘つきませんしね。ふふふっ」

ローラ「そうかなー!そんなことないよー☆」

梨花「みー、ぼくはいつも正直者なのですよ~?」





520:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 23:28:33.72 ID:uSgWfDRC0

ローラ「あ!そーだ、忘れてたー☆」

レナ「…?ローラちゃん、どうしたの?」





ローラ「鷹野さーん!富竹さーん!」

鷹野「……?何かしら。負け犬をあざ笑いに来たの?」

富竹「ローラちゃん…。今はそっとしておいてあげて欲しいんだ…」

ローラ「あのねー。さっき屋台で買ったのー!とってもおいしいから二人で食べてねー!ウフフ☆」

富竹「……た、」

鷹野「……たこ焼き?」

ローラ「そうなのー!たこ焼きって知ってるー?笑っちゃうくらいとってもおいしいんだよー☆すごーい!ウフフ!」





524:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 23:29:46.00 ID:HGCdEzU70

ローラさんマジでパネェっす!





525:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 23:30:33.46 ID:cxNojBG30

ここでたこ焼きかwww





529:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 23:32:20.86 ID:uSgWfDRC0

ローラ「あ!じゃあねー、ばいばーい☆」









富竹「……えっと。一緒に食べるかい?」

鷹野「……そう、ね。冷めない内に」





鷹野「…おいしい」

富竹「うん、そうだね」

鷹野「……あら、ジロウさんったら口元にソースが付いてるわよ」

富竹「えぇ?ほ、本当かい?ははは」

鷹野「取ってあげるわ……じっとしていて。……クスクス」





530:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 23:33:04.81 ID:ZfYm0kxk0

たかのんのケアまでwww

ローラ最強www





531:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 23:33:32.45 ID:5QUbNrn70

ローラに惚れたああああ





536:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 23:41:04.89 ID:GWd3K4NT0

ローラすげえwwwwww






























540:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 23:47:46.92 ID:uSgWfDRC0

羽入「今日は6月20日……明日ですね、梨花」

梨花「そうね。村中の人間が全滅する雛見沢大災害が起こる日だったわね。21日は」

羽入「はい…」

梨花「でも、もうそんなことも起こったりしない。ふふふっ…今日はみんなで何をして過ごそうかしらね」

羽入「…梨花、今日は学校をお休みしてはどうですか?」

梨花「何言ってるのよ、這ってでも行くわよ!みんなが待ってる学校に」





沙都子「梨花ーっ?早く行かないと遅刻してしまいますわよー!」

梨花「みー!わかりましたのです~っ。…ほら、行くわよ、羽入!」





羽入「…梨花。"みんな"では、ないのですよ」





547:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/14(土) 23:54:45.20 ID:uSgWfDRC0

ガラッ



梨花「みー☆ちょっぴり遅刻してしまいましたのですー!」

沙都子「んもーっ!梨花のせいですわよ~!」

魅音「あっ、梨花ちゃん、沙都子おはよう!今日は遅かったじゃん」

レナ「はう~。危なかったねぇ。おはよう、二人共!」

梨花「にぱー☆おはようございます、なのですよー♪」

魅音「あれれ?梨花ちゃんってばなんかご機嫌じゃない?」

沙都子「全くもう…、そうですの、朝からずーっとニヤニヤしていましてよ。おかげで危うく大遅刻しそうに…」

レナ「あはは、そんな梨花ちゃんもかぁいいよ~☆」

魅音「こらこら、レナおちつきなってば~。そろそろ先生来るよ?」





556:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:00:58.54 ID:uSgWfDRC0

梨花「……みぃ?そういえばローラがいないのですよ。もしかしてぼくたちより遅刻なのですか?それはかあいそかあいそなのですよ~」

魅音「あぁ、いや、それがさ…ねぇ?レナ」

レナ「うん、ローラちゃんね。今日待ち合わせ場所に来なかったの」

魅音「だから、二人でローラの家の方まで行ってみたんだよ。でも、いくら待っても誰も出てこなくて」

レナ「どうしちゃったのかな?かな?」

沙都子「あら…それはなんだか心配ですわね」

梨花「…き、きっと風邪でもひいてしまったのですよ!放課後に、みんなでお見舞いに行きましょうです!」

魅音「おっ、それいいね~!」





566:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:03:51.47 ID:uSgWfDRC0

知恵「はい、皆さん席について下さ~い」



魅音「おっと。じゃ、お見舞いの話はまた後でねっ」

レナ「はう~!ローラちゃんのおうち、きっとかぁいいよ~☆」

沙都子「ご両親がどんな方なのかも見てみたいですわね、をほほほ」



梨花「……大丈夫よ。何も起こるはずがない、何も……」





578:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:12:04.06 ID:BJ9M9EPB0

知恵「…皆さん、今日は残念なお話があります」



魅音「…ん、なんだろ?」

梨花「…っ!?」



知恵「今日までこのクラスの一員として、みんなのお友達として一緒に過ごしたローラさんが……」



知恵「ご両親のお仕事の都合で、転校することになりました」



梨花「……え…っ」

レナ「ほ、本当なんですか?知恵先生」

知恵「…先生も驚きました、突然のお話でしたから。貴方達は何か聞いていませんでしたか?」

魅音「いや……私達も、な、何が何だか……」

沙都子「じ、じゃあ今日レナさんと魅音さんが、おうちに行っても誰もいなかったのは……」

知恵「…ええ。もうあの家には、ローラさんもご家族もいないんですよ」





579:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:13:10.87 ID:f3xQSU/T0

Oh...





582:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:13:44.14 ID:9hBC4pQ5i

え…





558:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:01:53.56 ID:ZtzAERhK0

ローラ…





560:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:01:59.84 ID:VlVOVIsH0

oh my god





561:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:02:00.29 ID:zcDr6/kE0

なんということだ…





562:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:02:02.23 ID:f3xQSU/T0

ああああああ





592:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:18:01.51 ID:BJ9M9EPB0

梨花「どういうこと、なの……」

羽入「……………」

梨花「……嘘でしょ、なんで。…そ、そうだわ!きっと山狗か何かが手を回してあの子を…」

羽入「梨花…」

梨花「は…羽入、今すぐ戻るわよ!今度はローラの運命を変えるために私は」

羽入「……梨花っ!!」

梨花「っ……!」

羽入「……これは、決まっていることなのですよ」

梨花「決まってる…?何よ、それ!!運命だなんて言わないでよ!?」

羽入「…あるいは、これこそが"運命"と呼ぶに相応しい物なのかもしれませんね」





602:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:27:23.55 ID:BJ9M9EPB0

羽入「ローラの"転校"、それは絶対に変えられない運命なのです。彼女は、この世界ではいわば"招かれざる客"」

梨花「…どうしてよ…。アンタ、なんでそんなことが分かるのよッ…!」

羽入「梨花……これまでのローラがいた世界を、ぼくは見ていたのですよ?」

梨花「……知ってた、ってこと?」

羽入「……はい。梨花は死んでしまっているから、知らなくても無理はないのです」

梨花「っ…!!なんで、さっさと言わないのよ…!なんでそうやって大事なこと…っ、すぐ言わないのよ!?」

羽入「言ったら、貴方はどうしましたか。笑顔で彼女に別れを告げられましたか?」

梨花「それは…っ、でも……」

羽入「貴方にとっては歴戦を駆け抜けたかけがえのない友でしょう。けど、彼女にとっては貴方は……」

梨花「……ローラにとっては、私はただの友達って言いたいの……?」





612:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:36:20.50 ID:BJ9M9EPB0

羽入「そうかもしれません…」

梨花「………う、っ……うぐっ、ぅぅ…っ」

羽入「…でも、ローラはこれまでの世界とは違う方法で、梨花達と別れました」

梨花「っ…、……?」

羽入「今日、ローラはみんなの前で、いつもと変わらない笑顔を見せて言ったのですよ」











ごめんねー!ばいばーい☆











梨花「っ、……ローラらしいわね…」

羽入「でも、この世界では何も言わずにみんなに内緒で去ってゆきました。その理由はぼくには分かりません」



羽入「…でも、もしかしたらローラは、こう思ったのかもしれません」



羽入「『みんなと笑顔でさよならができない、だからこっそり出て行こう』と」





615:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:38:35.32 ID:fFzNnwgjO

ローラアアアアアア





617:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:40:35.53 ID:BJ9M9EPB0

羽入「あのいつも笑顔でいたローラが泣いてしまうほどに、梨花達のことを想っていたんじゃないか…。ぼくはそう思います」

梨花「……それは、ただのアンタの期待でしょ?」

羽入「ぼくはこれからの世界は、何事も期待をして生きていくことに決めましたですよ?あうっ♪」

梨花「そう、か。でも、そうね…。もしも、そうだったら…」



梨花「…私達はローラにとって、友達以上の関係と思ってもらえたってことになるわよね…?」

羽入「はい。なりますです」

梨花「……うん」





625:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:47:46.89 ID:BJ9M9EPB0

えっとねー?うん、そーかもね!おっけー☆









梨花「あっ」

羽入「…?どうしましたか、梨花」

梨花「…ふふ、今聞こえたわ」

羽入「何が聞こえたのですか??」

梨花「……………」

羽入「……………」

梨花「えっとねー、ナイショー」

羽入「あうあう!?ご、ごまかしましたです~っ!!」

梨花「ふふふ。私とローラだけの秘密よ」









いつか、みんなでローラに会いに行こう。

焦る必要なんかないわ。

私には、私達には、時間は有り余るほどあるんだから。

だから、その時が来たら、貴方は変わらない笑顔で私達を迎えてちょうだいね。





630:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:49:17.14 ID:BJ9M9EPB0

えっとねー!あ、終わっちゃったー☆

うれしいけどなんだかとってもさみしいー!ウフフ☆





636:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:50:06.34 ID:zcDr6/kE0

>>630

乙☆

とてもよかったよー





639:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:51:01.70 ID:BDGmsUfn0

>>630

ギャグかと思ったらとんでもない良スレだった乙





641:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:51:05.74 ID:P24G5n9h0

>>630

おっつー☆





648:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:52:26.85 ID:fFzNnwgjO

>>630

すごくよかったよ~!☆

ハーイ!おっつー☆





635:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:50:05.87 ID:6i8aLWKY0

ローラすばらしかった!





637:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:50:36.91 ID:9hBC4pQ5i

ここで第一期エンディングが





650:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 00:53:40.29 ID:BJ9M9EPB0

つかつかつか どんっ



圭一「おわっ!?す、すいません、前見て歩いてなくて。大丈夫ですか?」

ローラ「あ!うん、ぜんぜんおっけー☆だいじょうぶー!」

圭一「…妙に明るいですね」

ローラ「そうかなー?でも、そうかもねー☆」





666:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 01:00:24.21 ID:BJ9M9EPB0

ローラ「あー!もしかしてこの駅にいるってことはー、えっとー、雛見沢に行くのー?」

圭一「あ、はい、確かそういう名前の村だったかな…。家族でそこに引っ越しなんですよ」

ローラ「うそー!そうなんだー☆よかったねー!とってもいいとこだよー」

圭一「そうなんですか?」

ローラ「そうなの!楽しいー☆」

圭一「あっ、ってことはもしかしてあなたも雛見沢の……」

ローラ「あー!そろそろ時間だー!行かなきゃー☆」

圭一「え!?あ、はぁ。すいません、引き止めちゃって」

ローラ「おっけー☆じゃあねー、ばいばーい☆」











圭一「…雛見沢、か。あの人のおかげで、ちょっと楽しみになってきたな…」





667:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 01:01:32.51 ID:BJ9M9EPB0

ハーイ、ほんとにおわりー☆





669:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 01:02:18.93 ID:P24G5n9h0

>>667

ホントにおっつー☆





668:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 01:01:58.24 ID:vyIml6XA0

SSでこんなに楽しめたのは初めてだ

>>1





670:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 01:02:38.51 ID:95BFMsd90

とっても楽しかったよー!乙って言っちゃお☆ウフフ!





675:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 01:05:52.59 ID:/oAIfGnt0

すごーい!雛見沢救っちゃったー!

>>1乙ー!ウフフ☆





684:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 01:17:29.95 ID:BJ9M9EPB0

あのねー!えっと、どうしようかなー☆

『魔法少女ろーら☆マギカ』、ここで書いちゃだめかなー?

思いついちゃっただけだから途中で終わっちゃうかもしれなくて、スレは立てづらいのー☆ウフフ!





688:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 01:20:31.04 ID:eGHfxrTL0

>>684

早く書かないとだめだよ。





690:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 01:22:03.07 ID:/oAIfGnt0

>>688

だからwwwww素になるなwwwwwwww





698:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 01:27:24.48 ID:BJ9M9EPB0

魔法少女ろーら☆マギカ







ローラ「わー☆すごーい、あの人飛んでるー!あ、ふっとんじゃったー!ひどーい!ウフフ☆」

QB「仕方ないよ、彼女一人では荷が重すぎた」



ほむら「クッ……」



QB「でも、君なら運命を変えられる。こんな結末を変えられるんだよ」

ローラ「あ、そうなんだー!ふーん、じゃあおっけー☆」

QB「君の願いはエントロピーを凌駕した」



キュイイイイィィィン





704:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 01:33:11.76 ID:BJ9M9EPB0

ローラ「あー!夢だったー!とってもかなしいー☆ウフフ!」



さやか「おっはよー!ローラ!」

ローラ「あー!おはよー☆今日もいい天気でとってもぷいんぷいんだよー!ウフフ☆」

さやか「相変わらずよく分かんないなぁ。そこか~?そこがローラの魅力ってやつなのか~!?」

仁美「男子にもローラさんのファンは多いって聞きますわよ」

さやか「なんだとー!?けしからーん!ローラは私の嫁になるのだ~!!」

ローラ「うそー!えっとねーちょっとこまっちゃうかなー!ウフフ☆」





707:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 01:37:24.17 ID:BJ9M9EPB0

和子「目玉焼きとは……固焼きですか?それとも半熟ですか?はい、ローラさん!」

ローラ「えっとねー!どっちもおいしくってたべすぎておなかぽんぽんになっちゃうのー☆」

和子「そう、つまりどっちでもよろしい!」

さやか「ダメだったか…」

ローラ「そうだねー!とってもかなしいー☆」



和子「あ、それから今日は皆さんに転校生を紹介します。どうぞ、入って」





708:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 01:42:41.41 ID:BJ9M9EPB0

さやか「うおぉ、すげー美人」

ほむら「暁美ほむらです、宜しくお願いします」

ローラ「あー!あの人夢で会った人だよー、すごーい☆」







女子A「きれいな髪だよねー。シャンプー何使ってるのー?」

ほむら「ごめんなさい、緊張して疲れてしまったから保健室に行かせてもらえるかしら」



ツカツカツカ キリッ



ほむら「ローラさん、貴方がこのクラスの保健係よね?案内してもらえる?」

ローラ「おっけー☆」





711:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 01:49:15.23 ID:BJ9M9EPB0

えっとー!やっぱり眠いから寝るねー☆ごめんねー!

ここまでのレスはまた今度スレ立てた時に使っちゃおっと☆

『ローラ』で検索してスレを見つけてねー!おやすみー!

ばいばーい☆





714:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 01:51:18.59 ID:rRgJbXJm0

>>711

おやすみー!

あのねーとぉーっても楽しかったー!

次スレも見るねーウフフ☆

あっそうそう!>>1乙だよー!





717:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 01:54:34.80 ID:B/j34nRv0

えー終わっちゃうのー

まぁいっかー☆ばいばーい





724:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 02:11:06.44 ID:jnBlcLipO

いいスレだった





730:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 03:36:05.99 ID:+kQtLewG0

えー!うそー!ねるのー!?

仕方ないねー!おやすみ!ウフフ☆





731:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/04/15(日) 03:51:28.17 ID:zRTRrN1G0

このスレがローラの好感度を更に上げたな








  

【 関 連 記 事 】


このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2012/04/27 09:25 ] SS:その他 評価:【S】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: