Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  さやか「あっ、転校生起きた?朝ご飯できてるよー」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
なんか切なくも大人な雰囲気のさやほむ。オマイラは一体何歳なんだと問い詰めたい。
いつもケンカ腰なイメージだけど、管理人は仲良い二人が好きなんですよ。あとカオスが。乙!


10:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 07:07:57.51 ID:z5lvJxYFO

ほむら「……」

さやか「ありゃ? まだ寝ぼけてるの?」

ほむら「……あぁ、いえ……頂くわ」

さやか「ん。待ってるから顔洗ってきなよ」

ほむら「えぇ……」







ほむら(……そうだった。
    この時間軸では早々にまどかやマミとは
    修復不能なほど険悪な関係になってしまったから……)






13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 07:13:11.29 ID:z5lvJxYFO

さやか「ふんふんふ~ん♪」



ほむら(お遊びのつもりでさやかと接近してみたんだったわ……)



さやか「さぁ、さやかちゃん特製モーニングだぞっ」

ほむら「……朝からオムライス?」

さやか「ご飯少なめ、野菜多めで食べやすいように工夫してあるんだよ。
    だまされたと思って食べてみなって」

ほむら「えぇ……」





14:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 07:16:33.72 ID:z5lvJxYFO

さやか「どーよ?」

ほむら「美味しいわ……」

さやか「でしょ! えへへ」

ほむら「……美樹さやか」

さやか「あ、ダメダメ」

ほむら「え?」

さやか「『さやか』って読んでよ、ちゃんと」





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 07:18:50.04 ID:z5lvJxYFO

ほむら「……あなただって私のこと『転校生』って呼ぶじゃない」

さやか「『ほむら』って呼んでほしい?」

ほむら「……」

さやか「もぅ、素直じゃないんだからぁ」

ほむら「……」

さやか「ベッドの中ではあんなに素直で可愛いのになぁ」ツンツン

ほむら「やめなさい」

さやか「はいはい。えへへへ」





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 07:21:15.84 ID:ocMt89go0

しかしこのさやかデレッデレやな





18:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 07:23:49.65 ID:z5lvJxYFO

さやか「あ、ねぇねぇ、ほむら」

ほむら「……何?」

さやか「ケチャップ、ついてるよ」クイッ

ほむら「そのくらい自分で取れるわ」

さやか「私がしてあげたかったんだもん」ペロッ

ほむら「……」





ほむら(私はあなたをお遊びで利用してるだけなのに……
    ……そんなにニコニコしないでほしいわ)





19:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 07:28:09.76 ID:z5lvJxYFO

さやか「ごちそーさま」

ほむら「ごちそうさま」

さやか「洗い物は私がやっとくからさ。くつろいでていいよ。
    それか、シャワー浴びる?」

ほむら「……借りるわ、お湯」

さやか「ごゆっくりー」






ほむら(……どうせ、ワルプルギスの夜までのごっこ遊びでしかないわ)





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 07:33:03.31 ID:z5lvJxYFO

さやか「あっ、ちょっと待ってほむら」

ほむら「……何かしら」

さやか「あのね……私も、後で一緒に入っていい?」

ほむら「……」

さやか「ダメ、かな……」

ほむら「……好きにしなさい」

さやか「ほんとっ? ありがと、ほむら!」

ほむら「……」





22:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 07:37:23.00 ID:z5lvJxYFO

ザァァァアアア……


さやか「あ。ほむらのうなじに、キスマークが残ってる」

ほむら「……」

さやか「……怒ってる?」

ほむら「別に、そんなことはないわ」

さやか「……」

ほむら「……」

さやか「ごめんね、ほむら」

ほむら「だから謝る必要なんて」

さやか「私、ほむらのこと、大好きだから」





24:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 07:40:13.21 ID:z5lvJxYFO

ほむら「……」

さやか「だから……その、ちょっと、乱暴にしちゃったりするんだけど、……
    ……えと、えっとね……あの……うん、だから」

ほむら「はっきり言いなさい、さやか」

さやか「……私のこと、嫌いにならないで?
    ほむらが嫌だったら、絶対もうしないようにするから……」

ほむら「……」





26:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 07:45:25.73 ID:z5lvJxYFO

さやか「お願いだから……お願い……」

ほむら「……そんなに泣きそうな顔しないでちょうだい。
    さっきも言ったけど、別に気にしてはいないわ」

さやか「うん……ありがとう、ほむら……」

ほむら「……」

さやか「ねぇ……こっち来て、一緒にお湯につかって?」





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 07:47:59.67 ID:z5lvJxYFO

ほむら「……」チャプ

さやか「ん……」

ほむら「狭いわ」

さやか「そうだね」ギュッ…

ほむら「……」

さやか「ちょっとだけ、……」ペロッ

ほむら「ん……っ……」



ザァァァアアア……





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 07:53:41.62 ID:z5lvJxYFO

さやか「もう行っちゃうの?」

ほむら「近くに魔女の反応があるもの」

さやか「……マミさんとまどかが、やっつけてくれるよ」

ほむら「グリーフシードはいくつあっても足りないわ」

さやか「わ、私が言ったら、二人からいくつかぐらい分けてもらえるからさ……」

ほむら「……さやか」

さやか「……」





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 07:59:04.33 ID:z5lvJxYFO

ほむら「……もし、巴マミやまどかの二人では手に負えない魔女だったら?」

さやか「……」

ほむら「二人が気付かないうちに、結界が大きく広がっていたら?」

さやか「……」

ほむら「……聞き分けてちょうだい」

さやか「うん……ごめん……」

ほむら「……」

さやか「……気を付けて」

ほむら「えぇ」





32:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 08:03:16.94 ID:z5lvJxYFO

さやか「絶対……帰って来て」

ほむら「……」

さやか「約束……」ギュッ…

ほむら「……わかったわ」

さやか「もし、あの二人がほむらの敵になっても、
    私は……ほむらの味方だから……ずっと、ほむらのこと信じてるから……」





ほむら(……不毛だわ。本当に、何の意味のない……)





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 08:08:39.06 ID:z5lvJxYFO

ほむら「ぐっ……!
    ひとりで戦うには、少し手強いわね……」



まどか『ほむらちゃん、今だよ!』

マミ『明美さん! 任せたわ!』



ほむら「……ひとりぼっちでも、寂しくなんかない……っ!」



ドゴォォオン……





34:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 08:13:45.76 ID:z5lvJxYFO

ほむら「はぁっ……はぁっ……」



マミ「辛勝ってところかしら?」

まどか「……」



ほむら「……一足、遅かったわね」

マミ「みたいね。
   じゃあ、私たちはもう行きましょう、鹿目さん」

まどか「……はい」





37:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 08:16:45.78 ID:ocMt89go0

ほむぅ…





38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 08:18:21.70 ID:z5lvJxYFO

ほむら「どうしても……私のことは、信用出来ないのね?」

マミ「くどいわよ」

まどか「……」

ほむら「……なら、いいわ」

マミ「美樹さんはあなたの肩を持つみたいだけど、
   私はあなたを信用する気にはなれない」

ほむら「……」





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 08:21:02.83 ID:z5lvJxYFO

マミ「さぁ、もう次の魔女が結界を作ってるかもしれないわ。
   急ぎましょう、鹿目さん」

まどか「……もし」

ほむら「……?」



まどか「もし、さやかちゃんになにかあったら、私、あなたを許さないから」



ほむら「……そう」



マミ「……じゃあね、暁美さん」

まどか「……」





40:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 08:24:49.24 ID:z5lvJxYFO

ガチャッ…



さやか「おっ、お帰りほむら!」

ほむら「……ただいま」

さやか「って、ちょっ、大丈夫?! ずぶ濡れじゃん!」

ほむら「雨が、降ってるのよ」

さやか「知ってるよ! タオル取ってくるからちょっと待ってて!」

ほむら「……」





43:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 08:28:48.19 ID:z5lvJxYFO

さやか「傘ぐらい持って行きなよー。風邪でも引いたらどうすんのさ」ゴシゴシ

ほむら「……そうね」

さやか「あ、魔法少女はそう言う心配ないからとかの問題じゃないんだよ?」

ほむら「……」

さやか「私は、ほむらが心配なの。わかる?」ゴシゴシ

ほむら「……えぇ」

さやか「ほんとにわかってるんだか……」ゴシゴシ

ほむら「……」





45:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 08:32:53.46 ID:z5lvJxYFO

さやか「……ひょっとして、まどか達に会った?」

ほむら「……」

さやか「……」

ほむら「……」

さやか「……ほむら」ギュッ…

ほむら「……」

さやか「私が……私が、いるから」

ほむら「……」

さやか「私が、ほむらの味方だから」ナデナデ





ほむら「……」ギュッ…





49:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 08:40:54.92 ID:z5lvJxYFO

さやか「晩ごはん、温め直すね」

ほむら「……ごめんなさい」

さやか「え? いや、いいよ別に。
    元々一緒に食べるつもりだったしさ」

ほむら「……」

さやか「晩ごはん食べたら……たくさん、ぎゅってする続きね」

ほむら「……たくさん?」

さやか「ほむらが、満足するまで……たくさん」

ほむら「……」





54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 08:57:23.66 ID:z5lvJxYFO

さやか「……」

ほむら「……」

さやか「……ねぇ、ほむら」

ほむら「……」

さやか「ほむらってさ……」

ほむら「……」

さやか「……」

ほむら「……」

さやか「……ほんとは、私じゃないんだよね?
    ほむらが一緒に居たいのは」

ほむら「……なんでそう思うの?」





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:00:28.75 ID:z5lvJxYFO

さやか「……わかっちゃうんだよ。好きな人のことだから」

ほむら「……」

さやか「……否定、しないんだ」

ほむら「あなただって、……そうなんじゃないの?」

さやか「……」

ほむら「……」

さやか「……ごめん、ほむら」

ほむら「……」

さやか「代わりだった。ほむらは、代わりだった」

ほむら「……」





57:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:00:57.62 ID:Iwa1gzlmO

さやさや…





58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:01:24.25 ID:Wbo3gfcF0

大事なのは今このときなんだぜ





59:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:02:33.15 ID:ocMt89go0

切ないお…





62:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:06:42.06 ID:z5lvJxYFO

さやか「……でも、今は違うんだよ。
    もう、何も持ってない私だけど……
    それでも、全部と引き替えにしてでも、ほむらと一緒にいたいんだよ」

ほむら「……」

さやか「みんなの気持ちを無視して、ほむらの気持ちも無視して、
    それでも、ほむらと一緒にいたいんだって思ってる」

ほむら「……」





65:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:09:17.75 ID:z5lvJxYFO

さやか「自分勝手でごめんね、ほむら……
    私、ほむらのこと、傷付けることしか出来ない」

ほむら「……」

さやか「だから、……だからね……」

ほむら「……」



さやか「だから……私のこと、嫌いになっても、いいよ……」ポロポロ…





71:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:18:11.33 ID:z5lvJxYFO

ほむら「……もう、あと何日かで、みんな死ぬ。
    どうしようもない魔女にやられて、あなたも、まどかも、マミも」

さやか「……」

ほむら「もし奇跡でも起きて、あなたが生き残るようなことがあっても、
    私は、決してそこにはいない」

さやか「どうして……?」





ほむら「これは、私の望んだ未来じゃないからよ」





74:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:22:34.28 ID:z5lvJxYFO

さやか「……そっか。そうだよね」

ほむら「……」

さやか「うん……私、バカだから、難しいことはよくわかんないけど」

ほむら「……」

さやか「……ふられたってことだけは、ちゃんとわかるよ。えへ、へへ……」ポロ、ポロポロ…

ほむら「さやか……聞いて」ギュッ

さやか「え……?」





76:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:29:09.39 ID:z5lvJxYFO

ほむら「今は。今だけは。未来なんて、どうでもいい」

さやか「……」

ほむら「あなたと一緒に、いたいわ」

さやか「……ずるいよ、ほむら」

ほむら「嫌いになっても、いいわよ」

さやか「ずるい、ほんと……ずるいんだからぁ……」ギュウッ

ほむら「ごめんね、さやか……」ナデナデ





78:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:38:47.78 ID:z5lvJxYFO

ドゴォォオン…

まどか「    」

マミ「    」

ゴゴゴゴゴゴ…
キャハハハハハハハハハハ…





さやか「ほむら……大好き。大好きだよ……ずっと一緒に、いたかった……」

ほむら「私もよ、さやか。
    あなたのことが本当に、本当に大好きだったわ」





カチッ、
キィィイイイインッ……!!





79:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:40:13.39 ID:XJCEyy6tO

ほむら…さやか…





80:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:46:03.14 ID:tPwtx3gIO

覆せなかったか…





81:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:46:22.87 ID:z5lvJxYFO

さやか「……グリーフシード……ほむらの最後の……
    えへへ……私のソウルジェムも、撃ち抜いてくれたらよかったのに……」



ドゴォォオン…
ドゴォォオン……



さやか「……幸せになってね、ほむら。
    私、……私って、ほんとバカ……」

ドゴォォオンッ
ガラガラガラガラ……





BAD END





83:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:48:22.14 ID:qgzgyZbqO

からの





84:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:48:50.56 ID:s95jh8TW0

おいおいおい





85:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:49:37.80 ID:XJCEyy6tO

BADがついてるって事はhappyも存在すると信じる!





88:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:50:35.50 ID:Iwa1gzlmO

なんかもう朝から泣きそうなんだけど





94:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 09:57:59.54 ID:tPwtx3gIO

まだ終わってはおらんぞ…





170:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 18:43:27.11 ID:MMMiAkB50

ザァァァァァァ……

ほむら(………)

ほむら(今は、さやかとも顔を合わせるのがつらい……)

ほむら(どこか、雨宿り出来るところに移動しましょう……雨の感触が、目ざわりだわ)

バス停―――

ほむら(………なぜ、まどかやマミとはここまで険悪な関係になったんだったっけ……)

ほむら(あれは……時間を巻き戻して、一週間後のことだったわね)

―――――

―――







174:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 18:50:14.25 ID:MMMiAkB50

QB(―――るかい―――どか―――たなら―――をし―――)

ほむら「!」

ほむら(インキュベーター……この時間軸ではずいぶんとまどかに接触してくるのが遅かったのね)

ほむら(おかげでわたしも今まで補足することが出来なかったけれど……)

ほむら(まどかと接触する前に、始末してしまいましょう)スタスタスタ

地下駐車場―――

QB「まさか、まどかよりも先にキミが来るとはね」

ほむら「あなたのテレパシーは魔法少女には筒抜けなのよ。恐らく、マミも今こちらにむかっているところでしょう」

ほむら「まどかとだけは接触させないわ。ここで死んでくれるかしら?」ジャコッ

QB「僕もあっさりと殺されるつもりはないよ」ピョン タッタッタ

ほむら「逃がさない…!」タッ





181:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 18:55:54.85 ID:MMMiAkB50

マミ(キュゥべえっ!?どこにいるの!?)

QB(マミ!?今、この町で工事中の建物があるだろう!そこで、とある魔法少女に追われてるんだ!助けて!)

マミ(ええ、わかったわ、今行く!)タッタッタ


QB「はぁ…はぁ…」

ほむら「ここまでよ、インキュベーター」ジャコッ

QB「マミは間に合わなかったか…やれやれ、諦めるしかないのかな」

ほむら「死になさい」パァンッ!

バタァンッ!

ほむら「!」

マミ「……キュゥ……べえ……?」

QB「」





185:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 19:02:33.90 ID:MMMiAkB50

ほむら「遅かったわね、巴マミ」

マミ「あ、あなた……わたしのこと、知っているの?」

ほむら「ええ。もっとも、あなたはわたしのことは知らないでしょうけれど」

マミ「見たところ、あなたも魔法少女みたいだけれど……いえ、そんなこと、今はどうでもいいわ」

マミ「なぜ、キュゥべえを殺したのかしら?」ギロッ

ほむら「新しい魔法少女を生み出させない為よ」

マミ「へぇ……確かに、キュゥべえを殺せば新しい魔法少女は生まれてこないでしょうけれど」

マミ「その子は、わたしの命の恩人なの。それを殺された気持ちがあなたにわかるかしら?」

ほむら「どうせ代わりが来るわ。今ここで個体をひとつ始末したのは、ある人物に接触させない為」

マミ「是非教えて欲しいものね。その『ある人物』について」

ほむら「……あなたには関係ないわ」





190:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 19:09:02.85 ID:MMMiAkB50

マミ「……いいわ、もう。ここであなたなんかと押し問答をしている程わたしも暇じゃないの」ヒョイ

ほむら「それをどうするつもりかしら?」

マミ「遺体をそのまま放置しておくわけにはいかないでしょう?」

ほむら「………」

マミ「あと、この町で魔女を狩るのは好きにしてもいいけれど……」

マミ「あまりわたしを怒らせないことね?」スタスタスタ

ほむら(……最悪のタイミングで現れたわね、巴マミ…これで、彼女との仲はもう修復出来そうもない)

ほむら(協力関係にはなれないでしょうけれど……お互い、ワルプルギスの夜を無視するわけにもいかない)

ほむら(彼女に関しては死ななければいいと言う程度のスタンスで構えることにしましょう)





197:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 19:16:37.32 ID:MMMiAkB50

マミ「……ごめんね、キュゥべえ。間に合わなくって…」

QB「落ち込むことはないよ、マミ」ヒョコッ

マミ「……え?」

QB「どうかしたかい?」

マミ「え、どうして……キュゥべえは、さっきあの人に……」

QB「ああ、僕という個体は無数に存在していてね、一人潰された程度ではどうってことないのさ」

QB「まぁ、むやみやたらに殺されるのはなるべくなら避けたいんだけれどね」

マミ「よかったっ…キュゥべえっ!」

QB「それよりも、マミ。キミが通っている学校で一人、探してほしい人がいるんだけれど。頼めるかな?」

マミ「グスッ……探してほしい人?魔法少女の素質のある子なのかしら?」

QB「うん。鹿目まどか、って言う子なんだけど―――」





205:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 19:22:36.56 ID:MMMiAkB50

ほむら(まどかは……もう、帰ったみたいね)

ほむら(一人で行動していないのならば、キュゥべえとも接触する心配はないでしょうね)

ほむら(今日は、わたしも家に帰ることにしましょう)スタスタスタ

住宅街―――

ほむら「!」(あれは……美樹さやか?)

さやか「はぁ……」スタスタ

ほむら「美樹さやか」

さやか「ん?あ、転校生……どうしたの?こんな夜遅くに」

ほむら「ちょっとした私用で出歩いていただけよ。そう言うあなたこそ、どうかしたのかしら?」

さやか「うん……あたしも、ちょっと、ね」





214:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 19:29:17.72 ID:MMMiAkB50

ほむら(上条恭介に関することで落ち込んでいるのね……)

ほむら「わたしでよければ、話聞くけれど?」

さやか「…………」

ほむら「……美樹さやか?」

さやか「グスッ……」

ほむら「ちょ、ちょっとっ?」

さやか「ごめんっ……今まで堪えてたのに……なんで、今堪えられなくなるかなっ……」ポロポロ

ほむら(今優しい言葉を掛けたのは失敗だったかしら……)

ほむら「と、とりあえずここは人の目があるから、わたしの家に行きましょう?ね?」

さやか「……うんっ……」ポロポロ





217:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 19:35:12.75 ID:MMMiAkB50

ほむらの家―――

ほむら「……落ち着いた?」

さやか「うん……ありがと、転校生」

ほむら「気にしなくてもいいわ。それで?話、聞かせてくれるのかしら?」

さやか「………ちょっと長くなるけど、いい?」

ほむら「ええ。焦らずに、ゆっくりと話しなさい」

~~~

さやか「……馬鹿、だよね。あたし。長い間一緒に過ごしてきた幼馴染のこと、なんにも理解出来てなかった」

ほむら「………そんなこと、ないと思うわ」

さやか「え……?」





218:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 19:41:41.84 ID:MMMiAkB50

ほむら「あなたの話し方から察するに……あなた、その幼馴染のことが好きなんでしょう?」

さやか「っ……」

ほむら「なら、理解できていないなんてことはないでしょう?」

ほむら「今は、彼もちょっと自棄になっているだけ。……月並みなセリフだけれど、彼の問題は時が解決してくれるのを待つしかないと思うわ」

さやか「……そう、かな」

ほむら「奇跡か魔法がなければもう腕が治らないと言うのなら、後は彼がその奇跡を自ら引き寄せるしか、道はないでしょう?」

さやか「…………もう、あたしじゃ恭介の力にはなれないのかな……」

ほむら「少なくとも、今はそうでしょうね」

さやか「あっはは……ばっさり言ってくれるね、転校生」





221:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 19:49:19.08 ID:MMMiAkB50

さやか「ん、ありがと、転校生。話したら、ちょっと気が楽になったよ」

ほむら「あなたは元気が取り柄でしょう?常に明るくなければ、こちらの調子も狂うわ」

さやか「なんかあたしのことを全部理解してるーって感じの言い方だね?」

ほむら「あら、おかしかったかしら?」クスクス

さやか「……でも、そうだね。なんかあんたとは、転校初日に初めて会ったって気がしないかな。まどかも似たようなこと、言ってたけど……」

ほむら「……そう言えば、言い忘れていたことがあったわ」

さやか「なに?」

ほむら「もし……あなたの前に、奇跡を与えてくれるという者が現れても、決して心を許したらダメよ?」

さやか「…どういうこと?」

ほむら「その時が来ればわかるわ。この言葉だけ、覚えていてちょうだい」

さやか「……ん、わかった。それじゃ、あたしは帰るね」

ほむら「ええ、気を付けて帰りなさい」





222:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 19:53:07.57 ID:MMMiAkB50

公園―――

まどか「えっと……マミ、さん?」

マミ「何かしら?」

まどか「なんでわたしの家、知ってたんですか?」

マミ「ああ、それはね。キュゥべえ!」

QB「やあ、よく来てくれたね、まどか」

まどか「え?え?お人形さんがしゃべってる!?」

QB「自己紹介が遅れたね。僕の名前はキュゥべえ―――」


さやか(……ん?公園に誰かいる……あれは…まどか……?)





223:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 19:59:40.21 ID:MMMiAkB50

QB「―――というわけさ」

マミ「今すぐ、と言うわけではないけれど、考えておいて欲しいの」

まどか「……」

さやか「まどかー!」タッタッタ

まどか「え?あ、さやかちゃんっ!?」

さやか「何やってんの、こんなところで?」

マミ「鹿目さんのお友達?」

まどか「あ、はいそうです!」

さやか「誰、この人?」

QB「……話は後だよ、三人とも。魔女の気配だ」

さやか「人形がしゃべったっ!?」

マミ「ちょうどいいわね。魔女退治がどういうものか、見せてあげるわ!」





226:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 20:04:41.93 ID:MMMiAkB50

廃工場―――

マミ「……ここね」

QB「やっかいだね。既に何人かが魔女の口づけでここに集まってきている」

まどか「え、えっと……」

マミ「まあ、見てなさい。結界は……こっちね」スタスタスタ パァァァ…

ズズズズッ…


ほむらの家―――

ほむら「!」

ほむら(魔女の気配……!くっ!)タッ





227:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 20:09:18.28 ID:MMMiAkB50

エリーの結界内―――

マミ「……これは、苦戦しそうね」

手下「ケタケタケタケタ!」

マミ「はっ!」ドドンッ


まどか「すごい……わたしたちとひとつしか違わないのに、ああして戦ってるなんて……」

さやか「………」

まどか「キュゥべえ。マミさん、一人で勝てるかな?」

QB「どうだろうね。でも、彼女ならやってくれると思うよ」

さやか「まどか…?まさか、あんた……」

まどか「……」





228:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 20:14:03.93 ID:MMMiAkB50

マミ「はぁ、はぁ……っ!く、しまっ……」ガシッ

まどか「マミさんっ!!」パシュパシュ!

マミ「えっ…!?」

手下「!」ドスドス!

まどか「大丈夫ですか、マミさん!?」

マミ「鹿目さん、あなた…!?」

まどか「話は後です!魔女を…!」

エリー「カタカタ…」ズルリッ

マミ「っ……ティロ・フィナーレ!」バシュウウウウ!

エリー「カタカタ」ドゴォォォォ……ン

シュウウウウウ………





230:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 20:16:24.41 ID:MMMiAkB50

マミ「ありがとう、鹿目さん。助かったわ」

まどか「いえ、マミさんが無事でよかったです」

マミ「契約……したのね」

まどか「はい……わたしも、マミさんと一緒に戦いたいって思っただけですけど」

さやか「………」

マミ「…美樹さん?」

さやか「……まどか」

まどか「? どうかしたの、さやかちゃん?」

さやか「えっと……ホントに、考え抜いて決めたことなの、それ?」

まどか「え?」





231:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 20:20:09.07 ID:MMMiAkB50

さやか「あたしは……すぐに決断出来なかったけど……」

まどか「マミさんが助かったんだよ?」

マミ「ええ。一人だったら、もしかしたらやられていたかもしれないもの。助けてくれてありがとね、鹿目さん?」ニコッ

まどか「えへへ……これからは、わたしもマミさんと一緒に戦いますから!」

タッタッタ……

ほむら「っ!? まどか、あなたっ……!」

まどか「あ、ほむらちゃん!?」

マミ「………」

ほむら「その姿……っ!」

QB「遅かったね、暁美ほむら」

ほむら「っ……!!」





234:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 20:24:52.88 ID:MMMiAkB50

さやか「転校生……?」

ほむら「なんて愚かなことをっ……!!」

まどか「ほ、ほむらちゃん?なんでそんなに怒って……」

マミ「鹿目さん。その人の言うことに耳を傾けちゃダメよ」

まどか「え?」

マミ「暁美さんは、キュゥべえを殺したのよ。わたしの目の前で……ね」

まどか「嘘、そんな……」

ほむら「美樹さやか、あなたはっ!?」

さやか「っ! あ、あたしは転校生に言われたことを覚えてたから、その……」





237:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 20:30:07.55 ID:MMMiAkB50

マミ「……なるほどね、既に美樹さんはあなたの口車に乗せられている、と言うわけね」

ほむら「っ………」

さやか「え、え?」

マミ「………ごめんなさいね、美樹さん。わたし、暁美さんとは仲良く出来そうにないの。あなたのことを嫌うわけではないけれど……」

マミ「あなたが暁美さんの側につくと言うのなら、わたしの魔女退治にももう付き合わせるわけにもいかないわ」

まどか「えと、えと……」

マミ「鹿目さん、行きましょう」スタスタ

まどか「あ、マミさん!……っ」タッタッタ

ほむら「………っ」ギリッ





239:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 20:36:54.56 ID:MMMiAkB50

さやか「どういうことなのさ、転校生?」

ほむら「………」

さやか「あんたも、魔法少女なの?」

ほむら「……ええ、そうよ」

さやか「なんか、込み入った事情とか?」

ほむら「………もう、わたしが戦う意味は、ここにはなくなった」

さやか「え?」

ほむら(でも……ワルプルギスの夜が来るまでは、そうね……)

さやか「えっと……」

ほむら(ふふ……美樹さやかで遊ぶのも、悪くはないかもしれないわね………)

―――――

―――







246:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 20:47:19.45 ID:MMMiAkB50

ほむら(……ふふ、なんだ……)

ほむら(思い返してみればなんてことのない話……)

ほむら(なるべくしてなった結果ってだけじゃないの……)

パシャ……パシャ……

ほむら「………」

さやか「……ほむら」

ほむら「………あはは……」

さやか「ほむら……帰ってこないから心配したんだよ?」

ほむら「ええ……そうね、ごめんなさい」

さやか「まどか達に……会ったの?」

ほむら「ええ。わたしが魔女を倒したのを見計らったかのように、姿を現したわ」





248:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 20:53:07.23 ID:MMMiAkB50

さやか「もう、あの二人とは仲直り出来ないの?」

ほむら「でしょうね。あの二人のわたしを見る目に、感情が籠っていなかった」

ほむら「…いえ、まどかには少しだけ、籠っていたかしら」

さやか「………」

ほむら「あなたのことを心配する感情が、ね」

さやか「まどか………」

ほむら「いずれにしても、仮にあの二人が謝罪して来たとしても、わたしの方にはそれを受け入れる気がない」

ほむら「もう、何もかも手遅れ………ふふふ」

さやか「ちょっと、ほむら?」

ほむら「滑稽ね……わたし一人、この世界には邪魔な気しかしないわ」





249:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 20:58:25.03 ID:MMMiAkB50

さやか「とりあえず、家に帰ろう?」

ほむら「あなたがわたしの味方をしてくれなければ……わたしは、魔女化していたかもしれないわ」

ほむら「ありがとう、さやか……」チュッ

さやか「ン…。……さ、帰ろ?」

ほむら「ええ」

ほむら(あと一週間後には、ワルプルギスの夜がこの町に訪れる……)

ほむら(その結果がどうであれ、わたしは時を巻き戻すでしょう)

ほむら(……もう、この世界にはわたしは邪魔にしかならないもの、ね)





251:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 21:03:29.69 ID:MMMiAkB50

ほむらの家―――

さやか「元気出しなよ、ほむら」

ほむら「わたしはいつも通りなつもりよ?」

さやか「そんなこと言って、空元気なの目に見えてわかるよ」

ほむら「………」

さやか「ほら、お風呂湧いてるから。体、温めてきなよ」

ほむら「あら、一緒には入らないの?」

さやか「ぅえ!?あ、いや……ほむらがいいんなら……」

ほむら「今更、遠慮することなんて何もないわ。ほら、一緒に入りましょ?」

さやか「……うん」





253:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 21:16:49.53 ID:MMMiAkB50

チャプ…

さやか「はぁ、いい湯だねぇ……」

ほむら「わたしは、あなたの体のほうがよかったけれどね?」クスクス

さやか「っ、もう、そういうことは言わないのっ!」ザバァ

ほむら「あら、もう上がるの?」

さやか「あたしはほむらが出掛けてる時に既に入ってるからね」

さやか「ご飯の支度、して待ってるからね!」ガララ ピシャッ

ほむら「………」

ほむら「最低ね、わたし……」





254:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 21:20:23.59 ID:MMMiAkB50

さやか「あ、上がったねほむら!」

ほむら「ええ」

さやか「はい、ご飯」コト

ほむら「ありがとう」

さやか「さて、それじゃ食べよっか!」

ほむら「いただきます」

さやか「いただきます!」

ほむら「……………」

さやか「? どうかした、ほむら?」モグモグ

ほむら「……いえ、なんでもないわ」


ほむら「……やっぱり、ご飯はいいわ。喉を通りそうにない」コト

さやか「ほむら……」

ほむら「…ごめんなさい」





257:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 21:26:39.23 ID:MMMiAkB50

ほむら(わたしは一体、何をしているの?)

ほむら(まどかとの約束も果たせず)

ほむら(本来の目的から横道に逸れて)

ほむら(そして、その逸れた横道が今はとても居心地がよくなって)

ほむら(………さやかは、まだ魔法少女の契約はしていない)

ほむら(いっそ、さやかさえ無事なら、それで……っ)ブンブン

ほむら(ダメ、それはいくらなんでもダメだわ)

ほむら(そうか……強くなったつもりでも、わたしは弱いままだったのね)

ほむら(あの頃と、何も変わっていない……)

ほむら(ちっぽけで、一人じゃ何も出来ない、誰かに守ってもらうしか脳のない……)

ほむら(無力な人間……)

ほむら「………っ」ポロポロ

さやか「ほ、ほむらっ!?」





261:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 21:33:23.67 ID:MMMiAkB50

ほむら「っ……さや、か……っ」ポロポロ

さやか「どうしたの!?いきなり泣いて!?」

ほむら「もう、ダメなのよ、わたしはっ……」ガシッ

さやか「……一人で、思い詰めちゃったの?」

ほむら「何、もっ……守れないのよ、わたしはっ……」ポロポロ

さやか「………」

ほむら「どうすれば、いいのよぉっ……」ポロポロ

さやか「何も守れないなんてこと、ないよ」

さやか「現にほむらは、あたしのこと守ってくれてるじゃん?」ギュッ

ほむら「……さやかぁっ……」





262:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 21:41:22.69 ID:MMMiAkB50

さやか「………戦いでは、ほむらはあたしのこと、守ってくれてるよ」

さやか「あたし、ほむらの味方でよかったって思ってるよ?」

さやか「何があったって、あたしはほむらを裏切らない」

ほむら「………」

さやか「たとえ、ほむらの守る対象があたしじゃなかったとしても、あたしはほむらの味方で居続ける」

さやか「だから、何も守れないなんて、そんな寂しいこと言わないで?ね?」

ほむら「………っ」ギュッ

ほむら「……気付いてる、のね?わたしの、本当の目的」

さやか「ん、まぁ……薄々と、だけどね。上辺ではほむらの瞳はあたしを映してるけど」

さやか「その奥底では、他の人が常に映ってる」

さやか「でも、それでもいいんだよ」

さやか「上辺だけでも、あたしを見てくれてるんなら、ね……」





265:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 21:49:12.52 ID:MMMiAkB50

ほむら「なんで、あなたはそんなにわたしに優しいのっ……?」ポロポロ

さやか「忠告、してくれたじゃんほむらは」

さやか「きっとほむらがあたしに忠告してなければ、あたしはキュゥべえと契約してたよ」

さやか「それを、止めてくれたのはほむらだよ」

さやか「バカなあたしを……気に掛けてくれた」

さやか「あたしには、それで十二分に理由になるよ」

さやか「あたしがほむらに優しい理由に、ね」

ほむら「っ……」

さやか「ね、ほむら」

ほむら「……何?」

さやか「やっぱりさ、あの二人と和解すべきだと思うんだよね、あたしは」

さやか「ほむらはもう手遅れって言ってたけど、あたしはまどかの親友だから」

さやか「ちゃんと話せば、きっとわかってくれるって!」





267:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 21:54:08.38 ID:MMMiAkB50

ほむら「……それ、は…」

さやか「無理?」

ほむら「今のわたしに、あの二人は……」

さやか「受け入れられない?」

ほむら「っ……」コクン

さやか「だったらさ、受け入れられる強さを身につければいいんだよ」

ほむら「……え?」

さやか「それだけの強さを身につけられればさ、もう怖いものなんてないよね?」ニコッ

ほむら「さやか……」

さやか「まだ、手遅れなんかじゃないよ。あたしは、そう信じてる」

さやか「何て言っても、あたしの親友に、その親友が信じる先輩だもん!」





268:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 21:57:44.70 ID:MMMiAkB50

ほむら「………」

さやか「どう?あたしの言葉、信じるに足らないかな?」

ほむら「あなたのことは、いつでも信じてる……」

さやか「なら、さ。やってみる価値は、あるんじゃないのかな?」

ほむら「………」

さやか「ね?」

ほむら「………………とう」ボソッ

さやか「ん、なんか言った?」

ほむら「ありが、とうっ……さやかっ……」ポロポロ

さやか「あーあー、また泣いて……綺麗な整った顔が、ぐしゃぐしゃだよ?」

ほむら「っ、うるさいわね!誰が、わたしにこんな顔をさせてるのよっ!」ゴシゴシ





269:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 22:01:20.70 ID:MMMiAkB50

さやか「うん、その調子その調子!元気、出た?」

ほむら「…ええ、もう大丈夫よ」

さやか「そっか、よかった!」

ほむら「元気が出たら、お腹が空いたわ」

さやか「ご飯、用意する?」

ほむら「お願いしていいかしら?」

さやか「了解!何をするにしても、まずはお腹を満たさなきゃね!」

ほむら(……まどかが契約してしまったこの世界に、居座り続けるつもりはない)

ほむら(けれど……さやかが笑って暮らせる世界になるならば、それを見届けるのも悪くはない…わね)





276:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 22:34:44.54 ID:MMMiAkB50

マミの家―――

ピンポーン ガチャ

マミ「はい……あら」

さやか「こ、こんにちはマミさん!」

ほむら「………」

マミ「……何の用、かしら?」

さやか「ほら、ほむら」

ほむら「話が……したいの。あなたとまどか、二人と………」

マミ「……………。わざわざウチまで来てくれたのに、突っ返すわけにはいかないわ」

マミ「気は進まないけれど、あがって。ここで立ち話もなんでしょう?」





277:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 22:41:34.81 ID:MMMiAkB50

まどか「あっ……」

さやか「やっほ、まどか」

まどか「さやかちゃん……それに……」チラッ

ほむら「……」

まどか「…っ」サッ

ほむら「………」

マミ「何も出せないけれど、座って。話くらいは、聞いてあげるわ」

ほむら「ええ……」

さやか(ほら、とりあえず第一関門クリアだよ、ほむら)ヒソヒソ

ほむら(……問題は、ここからだけれどね)





279:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 22:45:36.82 ID:MMMiAkB50

―――――

―――



マミ「……つまり、こういうこと?」

マミ「『わたしたちが邪魔だから、ワルプルギスの夜の戦いで死んでほしい』」

ほむら「………」

さやか「ちょっ、いくらなんでもそれはっ……」

マミ「美樹さん。わたしはね、もう暁美さんの言葉を全て信じる気になれないの」

マミ「問答無用で無抵抗の相手を殺めるような人の言葉は、ね」

マミ「実際、今の話だって信憑性も何もない」

マミ「魔法少女が絶望したら魔女になる、だったかしら?」

マミ「よくもまぁそんな狂言を思いついたものね」





281:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 22:51:42.56 ID:MMMiAkB50

マミ「鹿目さんは今の話、どう思う?」

まどか「えと……わたしも、ちょっと信じられないです」

マミ「……だ、そうよ」

ほむら「………信じてもらえるとは、最初から思っていない」

ほむら「ただ……ワルプルギスの夜には、一人では勝てないの」

ほむら「わたしでもダメ、マミでもダメ……それに、恐らくはまどか一人でも、勝てない」

ほむら「その為に、わたしに協力して欲しいと言いに来たの」

マミ「背中から撃たれるのはごめんよ、わたしは」

マミ「それに、一人では勝てないと言うけれど、今のわたしは一人ではないの」

マミ「鹿目まどかっていうパートナーがいるのよ」

マミ「二人ならば、ワルプルギスの夜にだって勝てるんじゃないのかしら?『二人ならば』、ね」





284:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 22:57:46.56 ID:MMMiAkB50

ほむら「それじゃ、やっぱり……」

マミ「ええ。あなたと共闘するつもりはないわ」

マミ「……話は、それだけかしら?」

ほむら「………そうね。邪魔したわ」スック

さやか「あ、ちょっとほむらっ!」

ほむら「……」スタスタスタ

さやか「そっ、それじゃお邪魔しました!」タッタッタ

マミ「……ふぅ」コト

まどか「………ねぇ、マミさん」

マミ「何かしら?」

まどか「………わたしには―――」





286:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 23:03:53.43 ID:MMMiAkB50

ほむら「………っ」スタスタスタ

さやか「ちょっとほむらっ!待ってよ!」タッタッタ ガシッ

ほむら「…やはりダメよ、あの二人は。最初からわたしの話を真面目に聞こうとすらしない」

ほむら「キュゥべえも都合が悪いとでも悟ったのか、姿を現さなかったし」

さやか「そんなことない!少なくともまどかは、真面目に聞いてたよ!」

ほむら「仮にまどかが信じてくれたとして、彼女があの頑固なマミを説得出来ると思う?」

さやか「それは……」

ほむら「もう、マミに関しては手遅れよ、さやか。これ以上話をしても、いい結果にはならない」

ほむら「それなら……ワルプルギスの夜とあの二人の戦いに、乱入する以外方法はもう方法は残っていない」

さやか「!」

ほむら「背中からマミやまどかを撃つなんてことは、わたしはしない」

ほむら「わたしが求める世界は……」

ほむら「あなたが笑って過ごせる世界、それだけよ」

ほむら(この時間軸では、ね)





289:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 23:12:01.29 ID:MMMiAkB50

一週間後―――

―――ハハハハ……キャハハ……

マミ「来たわね……少なくとも、ワルプルギス襲来に関しては、暁美さんの言っていたことは本当だった、ってことね」

まどか「やっぱり、ほむらちゃんは……」

マミ「今更、よ、鹿目さん。いずれにしても、今この町を守れるのは、わたしとあなた、あとは暁美さんしかいない」

マミ「その暁美さんが今この場にいないと言うことは、わたしとあなたがやるしかないの」

マミ「……わかって、くれるわね?」

まどか「っ……」ギュッ

マミ「さあ、やるわよ!」パァァァ

まどか「……はい」パァァァ





292:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 23:17:40.61 ID:MMMiAkB50

ほむら「………」

キャハハハハ………アハハハハハハハハハ………

ほむら「これで……何度目になるかしらね、その顔を見るのは」

ワルプルギス「キャハハハハハハハハハハハ!!」

ほむら「そう何度も拝みたい顔ではないけれど……愚痴を言っても、どうしようもないわね」

さやか「……やっぱり、魔法少女じゃないあたしには、ワルプルギスの夜は見えないんだね」

ほむら「あんな奴、別に見る必要もないわ。あなたは、未来だけを見ていればいい」

ほむら「その視界を遮るものは……わたしが、全て薙ぎ払う」

ドゴォォォン……ガラガラガラ…ゴオオオォォォォォ

マミ「――――――!」

まどか「―――っ―――!?」





295:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 23:22:23.21 ID:MMMiAkB50

ヒュンッ

まどか「――――――あっ」(やられ……)

カチッ

ほむら「大丈夫よ、まどか。あなたもマミも、殺させはしない」バシュ ピタッ

カチッ

ドォォォォン!!!

まどか「っ!?っ、けほっ、けほっ…!」

マミ「鹿目さん、大丈夫!?」スタッ

まどか「は、はい、なんとかっ……!」(今、間違いなくやられたって思ったのに、どうして……?)

ほむら「………」コソッ





297:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 23:27:50.88 ID:MMMiAkB50

マミ「ティロ・フィナーレ!!」バシュウウウ!!

ドォォォォォンッ!!

ワルプルギス「キャハ……ハハハ……」ボロボロ

ヒュッ

マミ「っ!」

カチッ

ほむら「ここぞと言うところで油断する癖は、相変わらずね、巴マミ」バシュ ピタッ

カチッ

ドォォォォォン!!!

マミ「ごほっ、げほっ……」(火薬の匂い……?)

ほむら(ワルプルギスの夜も、これで相当消耗しているはずね……まどか、マミ、あとひと押しよ)





299:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 23:40:23.51 ID:XiA7jA9x0

陰ほむ





300:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/16(木) 23:43:08.51 ID:4eZpJ+mo0

陰から応援するほむほむ可愛い!





331:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 02:09:17.70 ID:H4MGT0rZ0

ワルプルギス「キャ―――ハハハ―――」ボロボロボロボロボロ

まどか「ワルプルギスの夜が……」ハァ、ハァ…

マミ「消滅、していく……?」ハァ、ハァ…

ほむら(倒した、のね……)

ワルプルギス「キャハハハハハハハ……………」シュウウウウウウウウウ………

ほむら(やはり、まどかがいれば……倒すことは、比較的容易…ということね)

まどか「っ……、うぅっ…!」ガクッ

マミ「か、鹿目……さん……」ガクッ

ほむら「!」





334:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 02:15:45.49 ID:H4MGT0rZ0

まどか「なんで……?か、体、が……っ、思うように動かないよっ………」ガクガク

マミ「うっ……ぐぅっ……はぅ、はっ……」ガクガク

ほむら「まどか、マミ!」タッ

さやか「大丈夫っ!?」タッ

まどか「さやかちゃん、ほむらちゃんっ……?」ガクガク

マミ「ひ、一足、遅かったわね、暁美さんっ……ワルプルギスの夜は、もうわたしたちが倒してしまったわよっ……?」ガクガク

ほむら「話は後!今は黙ってこれを受け取って!」

まどか「ぐ、グリーフシード……っ?」

マミ「どういう風の、吹きまわしかしら……?和解出来ないと知って、今度は下手に出たと言うこと……?」

ほむら「いいから早く!お願い、手遅れにならないうちにっ……!」





338:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 02:21:19.51 ID:H4MGT0rZ0

マミ「あなたからそんなもの、受け取る理由もつもりもないわよっ……」ガクガク

ほむら「いつまで維持を張って……っ!」

さやか「あーもうっ!ていっ!」パァァァ

マミ「っ、美樹さん……」パァァァ

ほむら「まどかも!」パァァァ

まどか「あ……」パァァァ

―――――

―――



マミ「……一応、礼は言っておくわ。暁美さん、ありがとう」

ほむら「……別に、あなたを思ってしたことじゃないわ。ただ、目の前で魔女化してもらっても後味が悪いだけだもの」





339:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 02:26:56.99 ID:H4MGT0rZ0

まどか「……わざわざ仲の悪いマミさんを助けたってことは、やっぱりあの話は………?」

ほむら「…信じる気は、ないのでしょう?それでいいわ。わたしももう、無理に信じてもらおうなんて思わないことにしたから」

さやか「ほむらも負けず劣らず素直じゃないねぇ」

ほむら「本心よ」

マミ「………でも、やっぱりそれとこれとは話が別だわ。助けてくれたことに関しては礼を言うけれど、それだけであなたの言葉を全て信じる気には、なれない」

まどか「………」

マミ「それに、何故今の今になって姿を現して、わたしたちを助けたりなんかしたのかしら?わたしには、死に底なった二人に恩を売りに来たとしか思えない」

ほむら「………」

マミ「嫌な事を言っているってことは十分理解しているつもり。でもね、それだけの事を思われても仕方のないことをあなたはしてきたわ」





341:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 02:33:28.81 ID:H4MGT0rZ0

ほむら「わたしの事は、どれだけ悪く思ってくれても構わないわ」

ほむら「ただ……さやかの事は、悪く思わないで」

さやか「ほ、ほむら……?」

ほむら「わたしが言いたいのは、それだけよ」

マミ・まどか「………」

ほむら「行きましょう、さやか。わたしたちの目的は、達成したわ」スタスタスタ

さやか「う、うん……それじゃまどか、マミさん。また……『明日』、ね」タッタッタ

ほむら「さようなら、まどか、マミ……せめて、ほんの少しだけでも幸せな世界を堪能しなさい………」

まどか「……ねぇ、マミさん」

マミ「………ええ……わたしも、反省したわ」

まどか「! それじゃ……」

マミ「明日……美樹さんは明日、と言ってくれたわ。なら、わたしたちも明日。暁美さんと、もう一度だけ話しあってみましょうか?」ニコッ

まどか「は、はいっ!」





343:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 02:39:38.07 ID:H4MGT0rZ0

ほむら(これで……この世界にも、ホントに用が無くなったわ)

ほむら(日が明ける前に、時間遡行をしなければ)

さやか「ほむら……?」

ほむら「何かしら?」

さやか「ほむらは、どこにも行かないよね……?」

ほむら「っ!」ピタッ

さやか「ずっと、あたしの側に……いて、くれるよね?」

ほむら「それ、は……」グッ

さやか「嘘でもいいから……側にいる、って言って欲しい」ギュッ

ほむら「さやか………」

ほむら「……ええ。わたしはどこにも行かないわ。ずっとずっと、さやかの側にいる……」

さやか「…………ありがと、ほむら」





345:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 02:44:28.98 ID:H4MGT0rZ0

ほむらの家―――

さやか「ほむら……Zzz……」

ほむら「……」ムクッ

ほむら(勝手に一人でいなくなるわたしを、どうか許して、さやか……)

さやか「どこにも……行かないで……あたしと、一緒……Zzz……」

ほむら(あなたは、この世界でマミやまどかと……幸せに、暮らしなさい)カチッ キュイイイイイイン

ほむら(わたしの戦いは、まだ終わってはいないから……)キュイイイィィィィィ……シュンッ


さやか「……行って、らっしゃい……あたしの、大好きなほむら……Zzz」ポロポロ





348:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 02:49:18.74 ID:H4MGT0rZ0

翌朝―――

さやか「……ン」ムクッ

さやか「……ほむら……?」

さやか「…………………」

さやか「嘘、つき……」

さやか「ずっと側に……なんて、最初からそのつもりなかったんじゃん……」ポロポロ

さやか「……ほむ、らぁっ……ヒック、グス」ポロポロ





352:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 02:57:37.31 ID:H4MGT0rZ0

まどか「あっ、さやかちゃん!おはよ!」タッ

さやか「……まどか。………おはよ」トボトボ

マミ「美樹さん?その……暁美さん、は?」

さやか「……行ったよ。ほむらの戦いは、まだ終わってないから………」

マミ「………そう、なの」

まどか「結局……ほむらちゃんとはすれ違ったまま、だったね」

さやか「ほむらは、これからも孤独に戦い続けるのかな……」

マミ「彼女が、あの姿勢を正さなければ……今までのわたしは、信じることは……出来ないでしょうね」

さやか(あたしは……あたしだけでも、ほむらのこと、応援させてね、ほむら………)


HAPPY END…?





353:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 02:58:39.67 ID:SU+jJpDM0







355:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 02:59:33.85 ID:BRz+dV1G0

はよtrue endをはじめるんだ





356:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 02:59:42.38 ID:6f3h1B/t0

乙ほむらとさやか結婚ENDも書いてくれたら嬉しいなって





358:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 03:03:05.49 ID:H4MGT0rZ0

スレタイからは想像もつかないほど暗い話だった
あれからここまで持ってくるのが俺の限界だった
続きは他の人に任せたい
俺ではこれ以上は無理だ

























370:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 05:52:40.16 ID:ZIDTAW7h0

ほむら「そろそろ…行かなくちゃ…」

ほむら「さやか、たった数日だったけれどあなたと過ごした日々は本当に楽しかった」

ほむら「永遠の孤独の旅路の途中であなたといられたこと心から感謝するわ」

ほむら「まどかが私の初めての友達なら、あなたは私の初めての……」

ほむら「さようなら。さやか……どうか幸せに生きて…」

カチッ

―――――
―――






372:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 05:56:27.89 ID:ZIDTAW7h0

シーン…

ほむら「あれ……?」

カチッ

シーン…

ほむら「なんで!?どうして、時間を遡れない…なんで…」カチッ…カチッ…

?「当たり前じゃないか」

ほむら「インキュ…ベーター……っ!」

QB「やぁ、暁美ほむら」

ほむら「あなた、あなたなの!あなたが私になにか」

QB「僕はなにもしていないよ。時間遡行…魔法が発動しないのは君自身が原因さ」

ほむら「私、自身……?」





373:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 06:03:36.51 ID:ZIDTAW7h0

ほむら「私のなにが原因だって言うの…?」

QB「君達の魔法の動力源すなわちソウルジェムは魔法を使うと消耗しその輝きを濁らせる。ここまではいいね?」

ほむら「それが、今更なんだって言うの?」

QB「また、仮に魔法を行使しなかったとしても心のちょっとした変化でソウルジェムは濁る」

ほむら「……」

QB「つまり君達魔法少女の魔法と心は、ソウルジェムを通して密接に繋がっているのさ」

ほむら「それが、なんだって言うのよ!私が魔法を使えないことの説明になんて、ぜんぜんなっていないじゃない!」

QB「まだわからないのか?ほむら」

QB「君自身の心が、魔法の行使を拒んでいるのさ」







ほむら「………え?」





374:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 06:24:02.75 ID:ZIDTAW7h0

ほむら「私の心が…私が私の魔法を…やり直すことを拒んでる……?」

QB「ほむら、君には時間をやり直したくない理由が…いや、この時間に留まっていたい理由があるんじゃないのかい?」

ほむら「留まりたい、理由……私が…ここに?………さやか!?」

ほむら「違う私は、まどかに!まどかを救うためにやり直さなくちゃいけないの!」

ほむら「お願い、動いてよ!発動して私の魔法!私を…1ヶ月前に…まどかと、出会う前に…」ポロポロ

ほむら「ううぅぅぅ……ああああああああああっ!!」

QB「ほむら、君の望んだものはここにあるんじゃないのかい?」

ほむら「うう、うええぇぇぇぇぇぇん………」

QB「やれやれ…聞こえてないみたいだね。まぁいいさ僕の仕事はここまで」

QB「後は…」

タッタッタッタッ!

さやか「ほむら!」ハァ…ハァ…

QB「彼女に任せよう」スッ





378:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 06:41:37.50 ID:ZIDTAW7h0

ほむら「さや…か…?」

さやか「ほむら、ほむらぁ…」ギュッ

ほむら「さやか、なんで?」

さやか「わかんない。わかんないけど、あたし聞こえた。ほむらの声、助けてって、泣いてる声が…だから」

ほむら「さやかぁ、私…私行かなくちゃいけないのに…なのに!」

ほむら「ここにいたいって、私はあなたと…さやかと一緒にいたい!」

ほむら「私のことを知らないさやかのいる世界なんて、私には耐えられない…」

ほむら「だって私、知っちゃったもの…あなたの優しさも、温もりも…」

ほむら「私は、ここにいたいよぉ…ううえぇぇぇ…」ポロポロ

さやか「いてよ!ここに、あたしの側に…ずっと一緒に!!」ギュッ

ほむら「でも、だって…私、まどかが、約束…救わないと…」

さやか「救ってくれたよ!どんなに疑われても、どんなに拒絶されても!」

さやか「まどかも、マミさんも、あたしだって……」ポロポロ





380:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 07:04:11.48 ID:ZIDTAW7h0

ほむら「私、救えたの?まどかとの約束…果たせたの?」

さやか「あったり前じゃん!あたしが言うんだから間違いないよ、だってまどかもほむらも、あたしの大切な…」

さやか「それにあたし、2人に約束したんだよ『また、明日』って。それはほむらも一緒にって意味なんだよ」

ほむら「私、もういいの?もう、がんばらなくてもいいの?」

さやか「いいんだよ、ほむら今までいっぱい、いーっぱいがんばったんだもん!」

さやか「だから、これからは…ね?あたしと一緒に」ポロポロ

ほむら「うん、うん…うん!一緒にいて、さやか。ずっと一緒に…いつまでも…」ポロポロ

さやか「ふふん!あんたが愛想尽かしてって、ずっとほむらに纏わりついてやるんだから!」

さやか「だってほむらは……」

さやか「あたしの嫁になるんだから!!」

ほむら「うん!」




QB「やれやれ、まったく不思議な生き物だね人間って言うのは。ワルプルギスの夜を越えた君達にちょっとしたサービスさ」

QB「どうか幸せにお暮らし…暁美ほむら、そして美樹さやか」

おわり





381:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 07:07:19.92 ID:ZIDTAW7h0

完全に蛇足だったよね?
ごめんなさい。寝ます

後、QBはほむら残しとけばまどか魔女化でエネルギー回収できるじゃん!とかそんな意図はないので
勘繰り厳禁ってことでお願いします





390:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 09:09:15.07 ID:h45k0nx20

>>381
乙!
二人を幸せにしてくれてありがとう

これまでに書いてくれた人達も改めて乙!





382:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 07:07:27.99 ID:Y5FHESfL0


二人が幸せになれてなによりだ
ちょっと羨ましくもあるくらい





387:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/17(金) 08:10:09.48 ID:KJaSE/cB0

乙!おやすみ!!








  

【 関 連 記 事 】


クソつまらん
[ 2012/05/06 11:27 ] [ 編集 ]
ほむらにとってマミは赤子の首を捻るより簡単に殺せる相手だって客観視するとマミの上から目線がイラっとくるよね
[ 2012/05/06 12:18 ] [ 編集 ]
蛇に百本の足書いて更に気持ち悪くしたような見事な蛇足だった

管理人もさぁ、どういう神経してりゃあんな大事なしんみりシーンでくだらないレス挟めるわけ?
お前がこのSSが嫌いなことは冒頭の感想で十分伝わったからさ、読む人の邪魔すんのやめてほしいんだよね
[ 2012/05/06 14:43 ] [ 編集 ]
俺にとっては糞みたいなコメントしてるあなたたちの方が蛇足です
[ 2012/05/06 17:04 ] [ 編集 ]
ここには読者様()しかいないのか…
[ 2012/05/06 17:05 ] [ 編集 ]
昔はもっと冷静なコメント多かったな。
[ 2012/05/06 20:58 ] [ 編集 ]
うんこの塊みたいなSS
[ 2012/05/06 23:34 ] [ 編集 ]
お前のうんこ塊じゃないのか
百草丸飲んだ方がいいんじゃないか
[ 2012/05/07 04:11 ] [ 編集 ]
>ほむらにとってマミは赤子の首を捻るより簡単に殺せる相手だって客観視するとマミの上から目線がイラっとくるよね
遠距離から不意打ちできれば確かに簡単に殺せるだろうが、目視できる距離だとリボン使うマミさんには勝てないぞ
[ 2012/05/13 00:46 ] [ 編集 ]
気持ち悪いコメントばっかだな
[ 2012/07/15 12:18 ] [ 編集 ]
>>マミ「嫌な事を言っているってことは十分理解しているつもり。でもね、それだけの>>事を思われても仕方のないことをあなたはしてきたわ」
そうだったか?QBを消した理由は話したし当のQBは生きてるしでそこまでのこととは思えね
まぁでもこの頑なさは本編マミさんっぽいかも
[ 2013/03/26 21:00 ] [ 編集 ]
>遠距離から不意打ちできれば確かに簡単に殺せるだろうが、目視できる距離だとリボン使うマミさんには勝てないぞ

時間停止して至近距離に弾丸配置しまくったら何もできずにお陀仏だぞ?
[ 2013/07/22 15:01 ] [ 編集 ]
杏子が仲間はずれだからつまらん
[ 2013/07/31 02:14 ] [ 編集 ]
珍しくさやかが可愛い
[ 2013/11/23 18:23 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/01/14 21:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: