Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  ほむら「まどかが誘拐された」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
まどっちが誘拐!? 目的は何だ!金か!? きっと身代金はオマイラ募金で支払える!!
犯行声明は!? 引き渡し方法は!? 逆探知!?警察には知らせるな!かー!! ドラマの見過ぎか・・・乙。


15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 22:11:14.38 ID:W/Bxzsrb0

ほむら「おはよう、美樹さやか。今朝はまどかは一緒じゃないのね?」

さやか「ほ、ほむらっ!?あ、あぁ、うん、ちょっとね!」

ほむら「?」

さやか「ど、どうしたんだろうね、まどか?あ、あはは……」

ほむら「怪しい……何か隠しているわね?」

さやか「ぅえっ!?」

ほむら「あなたに隠し事は似合わないわよ?」






20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 22:16:18.13 ID:W/Bxzsrb0

さやか「い、いや、実は……」

ほむら「……」

さやか「昨日の夜から、まどかと連絡取れないんだよね……」

ほむら「どういうこと?」

さやか「さ、さあ……携帯に掛けても繋がらないし、家の方に電話してもまどかのお母さんも何も教えてくれないし……」

ほむら「………ま、まさか……」

さやか「い、いやいや!まさか見滝原みたいな平和な街でそんな滅多なことは……」

ほむら「いけない!まどかに危機が迫っている!?」

さやか「えっ」

ほむら「わたし、今日は体調悪いから休むわ!先生にそう言っておいて!」ダッ

さやか「ちょっ、ほむらーっ!?」





21:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 22:19:16.17 ID:W/Bxzsrb0

ほむら〈キュゥべえ!聞こえているなら返事をしなさい!!〉

QB「ここにいるよ、ほむら」

ほむら「! あなた、まどかがどこに行ったか知らない!?」

QB「さあ?知らないね。何かあったのかい?」

ほむら「まどかが誘拐されたのよ!!」

QB「それは大変だ。で、心当たりはあるのかい?」

ほむら「あなたなら何か知ってるかと思って呼び出したのよ!」

QB「残念だけど、僕は何も知らないよ」

ほむら「ちっ!使えないインキュベーターね!」

QB「いつもはまどかに近づくだけで問答無用で殺すのに、その言い草はどうなのさ」





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 22:26:36.26 ID:W/Bxzsrb0

ほむら「なら、あなたの方から呼びかけなさい!」

QB「それはいいけれど、僕になんのメリットが……」

ほむら「ここで死にたいの?」ジャコッ

QB〈まどか!聞こえてるなら返事をして!そして、僕と契約s〉パァン

ほむら「……いけない、思わず撃ってしまったわ」

ほむら「仕方ない!わたしの方で心当たりを……」

ほむら「まどかの行きそうなところ……行きそうなところ……」

ほむら「………お、思いつかない……」





25:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 22:31:25.71 ID:W/Bxzsrb0

杏子「お?ほむらじゃねえか。お前、学校はどうしたんだ?」

ほむら「杏子っ!いいところに!」ガシッ

杏子「お、おうっ?なんだよ?」

ほむら「まどかを見なかった!?」

杏子「まどか?いや、知らないけど……」

ほむら「くっ!どこに行ったの、まどか!」

杏子「なんだよ、行方不明か?」

ほむら「昨日の夜、さやかと別れてから連絡がつかないみたいなのよ!」





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 22:39:47.93 ID:W/Bxzsrb0

杏子「……穏やかじゃねぇな」

ほむら「あなたも探すの手伝ってくれる!?」

杏子「おう、いいぜ。今も魔女の気配しねぇかなーって適当に歩いてただけだし」

ほむら「それじゃあ、心当たりのある場所は!?」

杏子「んー……マミんとこ行ってみるか」

ほむら「マミのところ?」

杏子「ああ。なんか知ってるかもしんねぇだろ?」

ほむら「そ、そうね……あれ、でもマミも今学校じゃ……」





29:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 22:44:43.46 ID:W/Bxzsrb0

杏子「いいか、よく考えろほむら。マミは一人暮らしだぞ?」

ほむら「え、ええ」

杏子「誰かを監禁するにはもってこいな環境だろ」

ほむら「ま、まさかマミが犯人なの!?」

杏子「いや、そうと決まったわけじゃねえけどさ。とりあえず行くぞ」

ほむら「ぐぬぅ……」

マミのマンション前―――

ピンポーン

杏子「………」

ほむら「……出てこないわね。やっぱり学校に行ってるんじゃないかしら?」





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 22:52:35.19 ID:W/Bxzsrb0

杏子「そこでこいつだ」スチャッ

ほむら「あ、合い鍵っ?どうしてそんなものを……」

杏子「いや、昔マミとコンビ組んでたのは知ってるだろ?」

ほむら「え、えぇ」

杏子「そん時にマミから貰ったもんだ。喧嘩別れしてそのままだったから、もう使うこともねぇかなって思ってたんだが……」

杏子「って、今はんなことどうでもいいんだよ!ほら、開けるぞ」

ガチャ

居間―――

ほむら「まどか!いるなら返事をして!」

杏子「………」

ほむら「………」

杏子「いねぇ、のかな」





37:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 22:57:12.92 ID:W/Bxzsrb0

ほむら「いえ……これは……」カチャ

杏子「あん?台所になんかあんのか?」

ほむら「ここに紅茶カップ、お皿、フォークが二人分置いてあるわ」

杏子「あ、ああ」

ほむら「そしてこっちのフォーク」スッ

ほむら「ペロッ……これはまどかの唾液!」

杏子(なんでわかるんだコイツ)

ほむら「ついさっきまでまどかはここにいたのよ!この二人分のお茶会の跡が何よりの証拠!」

杏子「お、おう……」





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 23:03:12.91 ID:W/Bxzsrb0

ほむら〈さやか!聞こえるなら返事をして!〉

さやか〈ほむら?どうしたのさ、今授業中……〉

ほむら〈マミは今日学校に来ている!?〉

さやか〈マミさん?そいや今朝は見てないな〉

ほむら〈そう、ありがとう!〉

さやか「えっ、ちょっ、ほむr〉ブツン

ほむら「犯人はマミね」

杏子「いや、でもそのマミの居場所もわかんねぇんじゃ……」

ほむら「ここに居座っていれば来るでしょう?」

杏子(ここに居座る気かコイツ)





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 23:08:48.79 ID:W/Bxzsrb0

一時間後―――

杏子「………」

ほむら「………暇ね」

杏子「そうだな」

ほむら「マミとまどかは一体どこに……」

二時間後―――

ほむら「………ぐぬぅ……」

杏子「クカー……」

ほむら「……マドカァ……」

三時間後―――

ほむら「はい、杏子」コトッ

杏子「いただきます!」

ほむら「帰ってこないわね、マミ」

杏子「何やってんだろーなー?」モグモグ





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 23:12:55.30 ID:W/Bxzsrb0

四時間後―――

杏子「腹ふくれたらまた眠くなっちまった……」

ほむら「寝てていいわよ?」

杏子「おう、そうさせてもらうわー……」ゴロン

五時間後―――

ほむら「………」ウトウト

杏子「……ン」ムクッ

ほむら「おはよう、杏子」ウトウト

杏子「あぁ……」

六時間後―――

ほむら「スゥ……」

杏子(あたしもほむらもここがマミの家だってこと忘れてるよな完全に)モグモグ

ほむら「マドカァ……」





46:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 23:16:27.00 ID:W/Bxzsrb0

七時間後―――

ほむら「スゥ…スゥ…」

杏子「クカー……」ポリポリ

マミ「…………え、ええっと……」

まどか「どうしてマミさんの家でほむらちゃんと杏子ちゃんが……?」

ほむら「! まどかっ!?」ガバッ

まどか「っ!? お、おはようほむらちゃん」

ほむら「どこに行ってたのよ、まどか!ずっと心配してたのよ!」

まどか(爆睡してたよね今絶対)

ほむら「無事でよかったわ、まどか!」

まどか「無事って……わたしはなんともなってないよ?」

マミ「………」





48:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 23:22:41.34 ID:W/Bxzsrb0

まどか「ほら、マミさん」

ほむら「マミ?」

マミ「……黙って鹿目さんを連れ回して悪かったわね、暁美さん」

ほむら「二人でどこに行っていたのかしら?」

マミ「ちょっとした話し合いに、ね」

ほむら「話し合い……?」

マミ「鹿目さんを狙ってる二人組、と言ったらわかるかしら?」

ほむら「! まさか……」

杏子「えへへ……もう食えねぇよさやかぁ……ムニャムニャ」

まどか(杏子ちゃん空気読んでよ)





50:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 23:26:38.62 ID:W/Bxzsrb0

マミ「心当たり、あるのね?」

ほむら「………」

マミ「もう大丈夫よ。話は付けて来たから」

ほむら「彼女達が、行動していた、と?」

マミ「ええ、そう。昨夜、偶然鹿目さんを狙ってる二人と遭遇してね。今まで匿っていたの」

まどか「マミさん、本当にありがとうございます」

ほむら「性懲りもなく……っ!」

マミ「だから、もう大丈夫だってば!」

ほむら「どういうこと?」





53:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 23:31:23.59 ID:W/Bxzsrb0

マミ「言ったでしょう?話は付けて来た、と」

ほむら「………」

マミ「あの二人……美国、いえ、織莉子さんの未来予知の魔法で、見滝原の崩壊が避けられる未来が視えるようになるまでずっと話し合っていたの」

まどか「だからこんなに遅くなったんだよ」

ほむら「それじゃ、彼女達は……」

マミ「そういうこと。もう鹿目さんを狙うことはないと思うわ」

まどか「正直、あの二人を前にして生きた心地がしなかったよ……」

ほむら「そんな危険な賭けに……何故わたしに声をかけなかったの?わたしだけじゃない、魔法少女なら杏子やさやかもいるじゃないの」

マミ「わたし、これでも一応先輩だからね。後輩を危険な目に合わせるわけにはいかないでしょう?」





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 23:39:34.62 ID:W/Bxzsrb0

ほむら「……そ、それで……彼女達からどこまで話を聞いたのかしら?」

マミ「え?」

ほむら「その、まどかを狙う理由とか……」

マミ「ああ。どうも、鹿目さんが魔法少女になると、高確率で強大な魔女が見滝原に現れるみたいなのよね」

まどか「だから、二人に念入りに警告されたよ。『鹿目まどか、あなたは絶対に、絶対に契約してはいけない』って」

ほむら(……目的は一緒なのに、共闘出来ないなんて……)

杏子「……おぉい、ゆま……それはダメだ、食えるもんじゃねぇって……Zzz」

マミ「ともかく、これで心配ごとがひとつ消えたわけね」

ほむら「……そうなるわね」

マミ「後は、ワルプルギスの夜を如何にして乗り越えるか、ね」





57:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 23:42:59.12 ID:67u5yd/W0

マミさんかっけーッス!





58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 23:43:56.43 ID:0Zo1ZxNJ0

マミさんマジ先輩ってカンジッス!





59:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 23:44:54.35 ID:W/Bxzsrb0

ほむら「! その話は聞いたのね」

マミ「ええ。そして、その話をする為に……入ってきていいわよ、二人とも!」

ガチャッ

織莉子「ごきげんよう、暁美ほむらさん」

キリカ「………」

ほむら「美国織莉子……呉キリカ……」

杏子「……んぅ」ムクリ

まどか「おはよう、杏子ちゃん」

杏子「おう……オハヨー」

織莉子「さあ、話を始めましょう。救世を成し遂げる為に……」


終わってくれ





63:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 23:46:44.94 ID:W/Bxzsrb0

ごめん即興で書いたのすごい久々
色々迷走した末におりきり出して終わりにしといて





66:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 23:51:27.97 ID:NenyGwbA0

乙乙である





68:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/05/11(金) 23:54:42.22 ID:hLkKHPd+0

おー乙








  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: